資料館

ED192

2005.07.21
75.12.29駒ケ根2のコピー.jpg
ボールドウィン・ウエスチングハウス製ED53に歯車比を変更するなどの改造を加えたのがED19で、仙山線、南武線、身延線で活躍後、6輌全機飯田線に集まった。6輌それぞれに細かな点で差異が見られるが、2号機は前面窓の縁取りとやや離れて取り付けられたPS14形パンタグラフが特徴。’75.12.29 駒ヶ根 P:山下修司

  • このエントリーをはてなブックマークに追加