資料館

矍鑠たり

2016.04.13
20160413130051-dc2b4d0557fff952fdc5a44c975b5e59c42dc434.jpg
営業線での活躍は終わっていたが、大宮工場にはまだ2120が活躍、時折ホームの近くまで顔を出していた。川越線のホームからは大きな9600との顔合わせも見られた。 ’58.7.18 川越線 大宮 P:中島正樹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加