資料館

福知山線/生瀬-宝塚

2015.09.25
都市近郊の市街地で上り「こうのとり」を
20150925121745-b513fc39a7bd24c3bb1e59dfd42a78c48c3ca81e.jpg
2015.9.23
中司純一(兵庫県)
【ガイド】10月末に新型289系への置換が決定した福知山電車区の381系を駅から徒歩圏内の市街地で撮影できるポイント。
惣川採石場のヤードがあった区間で、上り本線手前に引込線のスペースがあるので、複線区間ながら列車の進行左側から引きが取れる。以前は、上り本線手前に信号機器、標識等があり、このポイントから撮影するには500mm以上の超望遠レンズが必要であったところ、最近これらの標識類が撤去され、中望遠レンズで6輌編成が障害物なく撮影出来るようになった。上り列車が東南東を向くストレート区間を北側から狙うため、夏場の早朝
の光線が良く、作例の3006M(9時02分通過)は、日の短い季節には、列車側面が若干翳る。曇りの日なら、381系の3012M(11時59分通過)も撮影対象となる。
【レンズ】200mm
【アクセス】宝塚駅南側の歩道を生瀬方向へ。駅西の「溜池踏切」を越え、暫く線路沿いに歩くと地下道があるので、これをくぐって線路北側へ出、生瀬方向へ歩いてすぐ。駅から徒歩約7分。車でのアクセスは不可能。
【国土地理院1/25,000地形図】宝塚
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加