資料館

東北本線/野崎-矢板

2015.03.19
箒川橋梁で午前の貨物列車群を撮る
20150319124540-ebf4b46da8e9a34d32d2437b399f6a1a1a6cbea7.jpg
2015.3.12
工藤大介(千葉県)
【ガイド】箒川橋梁は線路が北東-南西方向となっているため、臨時「北斗星」「カシオペア」の撮影の後に通過する9時台以降の貨物列車がメインになる。春先からは光線が西側にシフトしていくため9時頃から列車の正面に、当たり始め、11時30頃に通過するタンカーとレインの1070レまで5本の貨物列車が撮影可能。また臨時の寝台特急が2時間以上遅れた場合、矢板駅以南ではサイドが弱くなるのでこちらで狙うのも選択肢ひとつだろう。橋梁には転落防止柵があるので構図を工夫する必要がある。線路から離れた場所でも中望遠レンズでも撮影可能。
【レンズ】200mm
【アクセス】野崎駅をから国道4号に出て野崎橋渡りきったあたり。徒歩約15分。車なら東北自動車道矢板ICから約10分。
【国土地理院1/25,000地形図】西那須野 ・矢板
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加