資料館

紀勢本線/多気ー相可

2011.08.10
緑豊かな大カーブを行く
ota_110811_kiha.jpg
2011.8.2
泉谷 純(大阪府)
【ガイド】紀勢本線多気周辺といえば櫛田川橋梁が有名だが、多気駅から徳和方とは逆、相可方面へ行くと大カーブがあり森林をバックに行く姿を狙う事が出来る。光線は午後からが順光。ファンの注目を集めている貨物列車2089レ通過時(6:37頃)は早朝のため、逆光となる。作例は322D(多気7:28-33)の後打ち撮影。
【レンズ】90mm
【アクセス】多気駅から線路沿いの道を相可方面へ800mほど歩くと踏切にあたる。丁度紀勢本線・参宮線が分岐した直後の場所である。東名阪自動車道松阪ICから伊勢自動車道経由で南下。
【国土地理院1/25,000地形図】多気
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加