資料館

羽越本線/南鳥海-本楯

2011.06.03
雄大な鳥海山を背景に、上り貨物列車を正面がちに狙う
P1830208.JPG
2010.8.10
中司朔良(兵庫県)
【ガイド】この区間の撮影地と言えば、「日向川橋梁」北側、「興休(おこやすみ)」の踏切が有名だが、日向川橋梁の南側から橋梁を渡る上り列車を、鳥海山バックに狙うことができる。この橋梁は、架線柱が線路東側にあり、午後の列車を狙うのに好都合なのだが、西側に手摺と通信ケーブルのラックが架設されており、ロングで狙うと列車足廻りが少々目障りである。これをかわすために、日向川左岸堤防の線路近くで構えたのが作例のアングル。雄大な鳥海山が背後にそびえる。15~16時台の上り列車が順光。作例は当地を15:00頃に通過する4094列車。線路との間に柵などはないので、十分に離れて安全を確保してほしい。
【レンズ】90mm
【アクセス】本楯駅下車。一旦駅東側に出て、県道60号線を北上、「大正橋」手前で、日向川左岸堤防に入り東進すればすぐ。車なら山形自動車道「酒田みなと」ICより県道59号線を東進、同60号線を北上して「大正橋」南詰へ。
【国土地理院1/25,000地形図】羽後観音寺
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加