特集・コラム

大井川鐵道の「きかんしゃトーマス」ワールドに新キャラ「トビー」が登場! 初めて井川線を走る‼

2022.08.17

text & photo:RM
取材日:’22.8.17 取材協力:大井川鐵道

 大井川鐵道では今年も「きかんしゃトーマス」 の公式イベント「DAY OUT WITH THOMAS ™2022 」を開催中ですが、2022年8月19日より、新キャラクター「きかんしゃトビー号」の運転を開始します。本日はそのプレスツアーが開催されましたので、この新しいキャラ(列車)をご紹介しましょう!

▲井川線で初めて運転されることになったトーマスワールド。先頭に立つのは箱型の「きかんしゃトビー」です! ’22.8.17 大井川鐵道井川線 川根小山

 このイベントにきかんしゃトーマスの新しい仲間が加わるのは、2020年の「2かいだてバスのバルジー」以来約2年ぶり。鉄道を走るキャラクターとしては約7年ぶりとなります。トビー号は「DAY OUT WITH THOMAS ™」として初めて井川線を走るきかんしゃトーマスのキャラクターとなり、トーマスフェア会場の千頭駅から井川線で北上し奥泉駅へ、更にイベントの舞台が広がることになります。

トビーについて(大井川鐵道WEBサイトより引用)
 四角いボディと “牛よけ” が特徴的な木製の路面機関車。田舎の路線でスクラップになりかかっていたところを、客車のヘンリエッタと一緒にトップハム・ハット卿に助けられてソドー鉄道にやってきました。トビーは優しくてマイペースな性格で、いたずら好きな貨車たちにてこずりながらも石切り場の支線で頑張って働いています。

▲劇中の「トビー」。木造の箱型ボディを持つ路面蒸気機関車(スティームトラム)で、番号は「7」。

▲折り返しとなる奥泉駅では、機関車の機回し作業があります。トビーの特徴である「牛除け(カウキャッチャー)」も的確に再現されていることにご注目! ’22.8.17 大井川鐵道井川線 奥泉

 初めて井川線で運行されることになった「トビー号」。客車自体は井川線の通常の営業用車両が連結されます。

運転区間
 井川線の千頭駅と奥泉駅の間を往復運転します。乗降は千頭駅のみ、乗車は千頭⇒奥泉⇒千頭の往復のみで、奥泉駅を含む千頭駅以外の各駅での乗り降りはできません。

トビー号運転時刻
 1便 千頭 09:50発⇒奥泉《折り返し》⇒千頭 11:05着
 2便 千頭 11:22発⇒奥泉《折り返し》⇒千頭 12:40着
 3便 千頭 14:15発⇒奥泉《折り返し》⇒千頭 15:30着

 ちょっとマニアックな注目点としては、井川線の通常の客車列車はすべて機関車が麓側に連結され、頂上側の制御客車から運転操作を行うペンデルツーク方式なのですが、「トビー号」では機関車を頂上側に連結し、折り返しの奥泉駅で「機回し」を行って今度は機関車を麓側に連結して帰ってくることが挙げられます(奥泉駅で車外に出ることはできないため、ホームから機回しを見学することはできません)。

 なお、奥泉駅は井川線アプト区間(アプトいちしろ~長島ダム)より手前であり、当列車がアプト区間に乗り入れることは計画されていません。

 「きかんしゃトビー号」への乗車には原則的にツアーへの申し込みが必要ですが、空席があれば当日乗車券が販売されます。

 運行開始は8月19日(金)で、当日の空き状況はWEBサイトでも確認できます。

大井川鐵道WEBサイト内きかんしゃトビー号 当日乗車券の販売について

▲トビーの「顔」は片側にしか付いていません(劇中でもそうなっています)。なので復路では顔がない方が正面に出ることになります。 ’22.8.17 大井川鐵道井川線 奥泉~川根小山

大井川鐵道WEBサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系