鉄道ホビダス

福知山線の最近の記事

宝塚駅

jr_takarazuka_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県宝塚市栄町に所在。明治30年12月27日開業。橋上駅舎化が完了し、平成22年2月20日より供用開始。2面3線のホーム構成に変化はないが、バリアフリー化とともに駅北側と阪急との連絡の利便性が向上した。

丹波竹田駅

tanbatakeda_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県丹波市(旧氷上郡市島町中竹田字中島)に所在。明治32年7月15日開業。次の「福知山」までの駅間距離は8.3kmで、福知山線最長。近年、国道175号線バイパスが開通し、駅周辺の交通量が激減した。

北伊丹駅

kitaitami_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県伊丹市北伊丹に所在。昭和19年4月1日開業。伊丹市の北端に位置し、駅北側は川西市に属している。この界隈唯一の島式1面2線の構成。駅の真上を大阪空港からの離陸機が轟音とともに通過する。

西宮名塩駅

nishinomiyanajio_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県西宮市名塩新町に所在。昭和61年11月1日、城崎電化に伴なう生瀬―道場間の新線切り替えにより開業。生瀬隧道と名塩隧道に挟まれ、駅ホーム部分のみが開削部にある。ニュータウンの玄関口となっている。

生瀬駅

namaze_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県西宮市塩瀬町生瀬に所在。明治31年6月8日開業。昭和61年11月の城崎電化に伴ない、同駅から道場までは新線に切り替り、この先しばらくはトンネル続きとなる。旧線は同駅の西から武庫川渓谷に沿っていた。

中山寺駅

nakayamadera_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県宝塚市中筋に所在。明治30年12月27日開業。ごく最近まで周囲は田園地帯だったが、近年の急速な都市化により、特に駅南側の風景は一変し、大型ショッピングセンターが隣接している。全快速列車が停車する。

広野駅

hirono_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県三田市広野に所在。明治32年3月25日開業。2面3線の有人駅。この駅以北は、急激に列車本数が減り、篠山口までデータイムは30分ヘッドとなる。駅西側は古くからの集落、東側には武庫川が流れる。

新三田駅

shinsanda_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県三田市福島字道野上に所在。昭和61年11月1日、城崎電化と同時に開業。「西宮名塩」とともに、福知山線で最も新しい駅である。快速・普通列車の折返し駅で、約1.5km広野寄りに車輌基地がある。

三田駅

sanda_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県三田市駅前町に所在。明治32年1月25日開業。昭和61年の城崎電化以降、急速に都市化が進行した街の中心地にある。神戸電鉄三田線三田駅が、駅の南側に隣接した乗換駅。全ての特急列車が停車する。

道場駅

dojo_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市北区道場町生野に所在。明治32年1月25日開業。かつてのローカルムードから、通過車輌は一変したが、駅周辺にはまだまだ自然が残る。千刈水源地方面へのハイキングコースの拠点となっている。

南矢代駅

minamiyashiro_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県篠山市南矢代に所在。昭和30年10月24日開業で、広野以北では草野に次いで歴史の浅い駅。国道176号線に近く、道路周辺には集落があるが、東側には広い田園地帯が続く、ローカルムードある駅である。

谷川駅

tanigawa_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県丹波市(旧氷上郡山南町池谷)に所在。明治32年5月25日開業。加古川線が分岐し、福知山線では最も西に位置する駅である。特急同士の交換もあるが、昼間は客扱いのない運転停車となる。

丹波大山駅

tambaoyama_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県篠山市西古佐に所在。明治32年5月25日開業。島式1面2線の無人駅。ここから谷川にかけて、沿線は篠山川沿いの渓谷となる。同駅は国道176号線にも近く、周囲は民家も多い。南には新興住宅街が迫る。

篠山口駅

sasayamaguchi_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県篠山市大沢に所在。明治32年3月25日開業。福知山線中部の中心的駅で、同駅以南は複線、以北は単線。
 「篠山口」の名が示す通り、篠山市の中心は、同駅より約4km北東にある。かつて篠山線が分岐していた。

草野駅

kusano_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県篠山市草野に所在。昭和33年3月27日開業と、広野以北では最も新しい駅である。対向式2面2線の無人駅。近年、東側の駅前ロータリーが整備された。
 すぐ東を武庫川の源流が流れ、春には桜並木が美しい。

石生駅

isou_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県丹波市(旧氷上郡氷上町石生猪尾)に所在。明治32年7月15日開業。2面3線の簡易委託駅で、瓦葺の駅舎。近くに日本一海抜の低い分水嶺「水別れ公園」があることで有名。

下滝駅

shimotaki_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県丹波市(旧氷上郡山南町下滝字森本)に所在。明治32年5月25日開業。対向式2面2線の無人駅だが、特急同士の交換も見られる。最近、同駅の東で恐竜の化石が発見され、一躍脚光を浴びている。

黒井駅

kuroi_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県丹波市(旧氷上郡春日町黒井)に所在。明治32年7月15日開業。「春日局(かすがのつぼね)」の生地として有名な観光地の拠点。対向式2面2線の交換駅で、朝の上り・夜の下り特急列車も停車する。

市島駅

ichijima_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県丹波市(旧氷上郡市島町市島)に所在。明治32年7月15日開業。朝の上り・夜の下り各3本の特急〈北近畿〉が停車する。駅東側が駅前広場。竹田川を挟んだ東に、国道175号線が並走する。

藍本駅

aimoto_nakatukasa_sakura.jpg
兵庫県三田市藍本に所在。明治32年3月25日開業。対向式2面2線の無人駅。下りホームに桜の樹があり、開花時は美しい。駅の西側は集落、東側は田園地帯で、広々とした水田の向うを国道176号線が走る。

柏原駅

kaibara_minato_yoshinori.jpg
花博で使用された山の駅を移設して使用されています。

古市駅

furuichi_minato_yoshinori.jpg
駅前に駄菓子屋、レコード屋、タクシーの営業所がありましたが、現在はすべて廃業されています。

相野駅

aino_minato_yoshinori.jpg
駅前にたこ焼屋があります。但し営業日に注意。休業日が多いです。

尼崎駅

jr_amagasaki_matsuoka_nobuhiko.jpg
以前は都市間路線の都市の小駅的な存在であったが、JR東西線開業を機に、アーバンネットワークの中核駅の一つになった。駅前は再開発が進み、高層住宅や各種商業施設が建ち並ぶ。レイル・ファンのメッカでもある「ホビスタ」はこの駅の北側。

武田尾駅

takedao_ikeda_hiromu.jpg
この駅は無人駅ですが、とても綺麗な駅です。

川西池田駅

kawanishiikeda_matsuoka_nobuhiko.jpg
開業以降長年「池田駅」を名乗るが、所在は川西市(川西町)。全国でも珍しい県境を跨いだ都市複合駅名。1980年に現在の位置と殆どの形が形成されるが、本格的な賑わいは、JR化と東西線開業まで待つことになる。 阪急・能勢電の川西能勢口駅とは距離があるものの、この駅もJR対私鉄の激戦地。

福知山駅

fukuchiyama_obara_makoto.jpg
JR山陰本線、福知山線、北近畿タンゴ鉄道宮福線の駅。後者2線は始発駅。北近畿の中心駅となっている。

伊丹駅

jritami_kosaka_hiroyuki.jpg
相対式ホーム2面2線の橋上駅であるが、島式ホーム2面4線にする準備がされている。もともと伊丹市の中心地は阪急伊丹駅周辺であったが、福知山線の列車本数の増加や工場跡地の再開発など、中心商業地が同駅周辺へ移ってきている。大阪国際空港に近く、伊丹市バスが空港との間を接続している。伊丹駅と空港への連絡鉄道が計画されたが、現在LRTによる連絡が研究されている。

塚口駅

jrtsukaguchi_kosaka_hiroyuki.jpg
尼崎港への支線(昭和59年廃止)の分岐や三菱電機伊丹製作所への引込み線があり、さらには展望車付きの特急〈つばめ〉、〈はと〉が折り返しのため回送ながらも入線したこの駅も、今では中間駅となっている。現存する側線には通勤電車が羽根を休めている。

猪名寺駅

inadera_kosaka_hiroyuki.jpg
駅名は猪名寺廃寺(7世紀~16世紀)に由来する。昭和22年の尼崎市と園田村の合併の際、条件として「新駅の設置」とあり、昭和56年にようやく実現し開設された。駅の東口の正面には小学校、西口正面には県立高校があり、駅前に商店はコンビニ程度しかない。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.