鉄道ホビダス

大手私鉄の最近の記事

加藤孝英(埼玉県)
20180817190821-e7cf35a4faa06016ccd6d7d5c22123292e1d403f.jpg
深夜の国道を等々力へ向けて走るクハ7555。
'18.8.13 国道17号線(さいたま市内) P:加藤孝英
20180817190845-88c4a0110e75aaef2953e74e6664ba01946e1284.jpg
目的地ではマスコット「ふろん太くん」と「カブレラ」がお出迎え。
'18.8.15 等々力陸上競技場(川崎市) P:加藤孝英
20180817191443-41da3917ac9c24437e830136bd02d69818b8b1f4.jpg
等々力競技場で展示される上田電鉄クハ7555号車。
'18.8.15 等々力陸上競技場 P:福田智志
 8月15日、神奈川県川崎市の等々力陸上競技場にて、東急電鉄と同所を本拠地とするサッカーチーム「川崎フロンターレ」がコラボしたイベント「川崎の車窓から~東急グループフェスタ~」が開催され、今年の5月12日まで上田電鉄別所線で活躍していた7200系7255編成"まるまどりーむ号"のうちクハ7555号車が展示された。イベント開催中はフロンターレファン向けに車内の開放や、電車の構造講座での教材として使用された。
 展示に先立ち、8月13日夜から15日未明にかけて、クハ7555号車が上田市中塩田から等々力陸上競技場へ陸送された。また、イベント終了後は15日深夜から再度陸送が行われ、譲渡先へ輸送された。 なお、電動車であるモハ7255号車も13日夜より中塩田から陸送が行われ、直接譲渡先へ輸送されている。
松田重彦(大阪府)
20180809170644-0ae59d8b267b7d8d5d77650f17aad0a7d97d5372.jpg
助士席側に高校野球の副表を掲出する阪神8000系。
'18.8.6 阪神本線 西宮―香櫨園 P:松田重彦
20180809170709-e4fefd06464b5270073aae35e212939316d50939.jpg
阪神8000系8023編成には100周年記念HMを掲出。
'18.8.9 阪神本線 淀川―姫島 P:松田重彦
20180809170736-13ffdb2abfc00e253584ac9edd61e131535ff7cb.jpg
例年とは異なる副標を掲出する山陽5030系直通特急。
'18.8.7 山陽電鉄本線 山陽塩屋―須磨浦公園 P:井上遼一
 山陽電鉄・阪神電鉄では、8月4日から開幕した「第100回 全国高等学校野球選手権記念大会」をPRする副票を、8月5日~21日の期間、阪神電車の6連の一部および山陽電車6連車の運転助士席側上部に掲出している。また、阪神電車では8000系8023編成にヘルメットをデザインしたHMを掲出している。
 なお、甲子園駅の列車接近メロディーをABCテレビ「熱闘甲子園」のテーマソング「夏疾風(なつはやて)」のサビ部分を大会終了日までの期間限定で採用している。
海老澤瑛一(埼玉県)
20180808200927-6beb4725a9950b519c1a0303263a91123fe77c63.jpg
狭山線を行く特急レッドアロー〈MISATO TRAIN〉。
'18.8.4 西武鉄道狭山線 下山口―西武球場前
 西武鉄道では今年、傘下に収めるプロ野球チーム「埼玉西武ライオンズ」の誕生から40周年を記念したイベントを行っているが、8月4日プロ野球開催日には、歌手の渡辺美里さんのメットライフドーム来場に合わせ、13年ぶりに「MISATO TRAIN」を池袋~西武球場前間で片道運行した。
 当日は事前に募集された400名の参加者が乗車し、特製記念乗車証が配布されたほか、事前録音による渡辺さん本人のメッセージが車内で放送された。なお、西武鉄道アプリ内の運行位置情報にも「MISATO TRAIN」が表示された。
森 政貴(東京都)
20180730143439-ac34e046acdb86c9a86f470ae46ca354bd7dba2e.jpg
龍王祭50周年記念HMを掲出したC11 207。
'18.7.27 東武鉄道鬼怒川線 下今市
 東武鉄道では、7月27日から29日に運転の〈SL大樹〉に「龍王祭」のヘッドマーク掲出を行った。これは同イベントが開催開始より50周年になるのを記念したもので、車内はSL観光アテンダントによる「龍王祭」をイメージした装飾が施された。
佐藤 峻(神奈川県)
20180720210839-a81444f7bc2ad75b0d7053186e5dafe049f4edd4.jpeg
再び新7000系の増備が始まった。
'18.7.17 中央本線 豊田―八王子
 7月17日から19日にかけて、総合車両製作所で新製された東急多摩川線・池上線用の新7000系が逗子~新鶴見~八王子~長津田の経路で甲種輸送された。
 今回輸送されたのは7110F・7112F・7114Fの3輌編成×3本で、新鶴見まではDE10 1749〔新〕、新鶴見~八王子間はEF65 2117〔新〕がそれぞれ牽引した。7月17日に八王子まで回送された後、八王子~長津田間は編成を6輌と3輌に分割され、18日に6輌(7112F・7114F)、19日に3輌(7110F)と2回に分けて長津田へ輸送された。その際の牽引機はいずれもDE10 1749〔新〕であった。
前川昌廣(奈良県)
20180719190455-b026e045b4a962c8c4519e856e775232c864cb2d.jpg
ダークグリーンに塗装された8400系。
'18.7.18 近畿日本鉄道田原本線 但馬―箸尾
 近畿日本鉄道田原本線の開通100周年を記念した復刻塗装列車の第2弾が、7月18日より運用開始された。
 第2弾は8400系(8409+8459+8309)の3輌編成で、塗装は第1弾のマルーン+銀帯に対しダークグリーン1色とされ、田原本線での運用時に限り100周年記念ヘッドマークが掲出されて運転される。
RM
20180713220356-a2399d88da775384e22de1d22cdecb1fa318253b.jpg
 新宿発15時40分の〈はこね41号〉発車前に執り行われた記念式典。
'18.7.10 小田急電鉄小田原線 新宿
 小田急電鉄7000形LSE車の定期運行が7月10日をもって終了、箱根特急の最終運用となった新宿発〈はこね41号〉および箱根湯本発〈はこね34号〉のそれぞれの発車前に記念式典が執り行われた。当日の最終営業列車は新宿19時15分発の〈ホームウェイ83号〉で、通常は藤沢行きのところを片瀬江ノ島まで延長運転されている。
 なお、7000形は今後、臨時列車として運行されるものの今年度中の引退・廃車が予定されている。
山口真輝(栃木県)
20180713223735-207ac38c28d8f34c43961158406da9d3ebd90f74.jpg
定期特急待避のため、1番線に到着。
'18.7.10 東武鉄道日光線 板倉東洋大前
 7月10日、東武鉄道20400系21411編成の試運転が新栃木~南栗橋間で2往復実施された。到着時に自動放送が流れていたため、案内放送などの確認を行っていたと思われる。
 なお、20400系は本年の夏に、日光線南栗橋以北と宇都宮線で運行を開始する予定である。
森 政貴(東京都)
20180709191049-d5de4c8d6c13d016a075b07c8e1cc914c95d8bcb.jpg
七夕HM掲出と「龍」の特別装飾を施されたC11 207。
'18.7.6 東武鉄道鬼怒川線 鬼怒川温泉
○七夕限定オリジナルHM掲出
 7月6日~9日運転分の〈SL大樹〉に、かつて国鉄~JR西日本などで活躍した寝台特急〈彗星〉をイメージしたオリジナルHMが掲出され運転された。SL側とDL側で、それぞれ異なるデザインであった。
○「龍」の特別装飾
 7月6日より、C11 207のデフレクターに「龍」をイメージした装飾が施されている。これは7月27日より鬼怒川・川治地区で開催される「龍王祭」を記念したものである。この装飾は7月29日までの予定。
大野克樹(神奈川県)
20180709192646-67f3463e1d4031c0d9d6084f1ec5b409949044dc.jpeg
HMを掲げて成田に向かう。
'18.7.7 京急電鉄久里浜線 北久里浜―京急久里浜
 京急・都営・京成の3社局相互直通50周年を記念した臨時列車が運転された。京急線からは三崎口発成田行(高砂まで定期列車・高砂~成田間延長運転)の〈成田山〉号、京成線からは成田発三浦海岸行の〈城ヶ島マリンパーク〉号がそれぞれ特製HMを付け運転された。京急車は1707編成、京成車は3038編成が使用された。
中村直樹(埼玉県)
20180709193744-abc8c1f2110353197dcf4828c7f9b75062857f19.jpg
早朝の4編成の並び。左端より253・247・249・251(開いている踏切より撮影)。
'18.7.8 西武鉄道多摩川線 白糸台
 7月7日と8日、西武鉄道は多摩川線の車輌交換を実施し、近江鉄道100系仕様で水色の新101系251編成が小手指車両基地から白糸台車両基地へ、また白糸台車両基地から小手指車両基地へ白色の245編成が輸送された。西武線内の牽引は新101系263編成で、JR線内甲種輸送の牽引は新秋津〜新座貨物ターミナル〜八王子〜武蔵境〜八王子が新鶴見機関区所属のEF65 2084、八王子〜新秋津が新鶴見機関区所属のEF65 2068であった。
 今回の車輌交換により、多摩川線で運行される新101系は251編成のほか黄色とベージュの249編成、赤電仕様の247編成、白色の253編成となり、多摩川線でも新101系ワンマン運転改造車が運行を開始した2010年以来初めて、4編成すべてが色違いとなった。251編成は7月11日より多摩川線で運行の予定。
中司朔良(兵庫県)
20180703203442-f301642d34a67f59884c681087d88bb028e6803f.jpg
「祇園祭」HMを掲出する1000系1014編成。
'18.7.1 阪急電鉄神戸本線 神戸三宮―春日野道
 阪急電鉄では、毎年恒例の「祇園祭」ヘッドマークを7月1日~24日の予定で、各本線6編成ずつ計18編成に掲出している。 なお各本線2編成(計6編成)は、7月18日以降に「天神祭」ヘッドマークに変更される予定である。
中村直樹(埼玉県)
20180629203614-f8005b60c7e20147412144d49d90c501226e1fa2.jpg
伊豆箱根鉄道仕様車のすれ違い。左が241編成、右は261編成。
'18.6.29 西武鉄道多摩湖線 八坂―武蔵大和
 西武鉄道新101系の241編成が伊豆箱根鉄道1300系仕様のラッピング車となり、6月28日に多摩湖線で運行を開始した。ラッピングは玉川上水車両基地で施工された。
 これにより新101系10編成のカラーバリエーションは、白(245・253・257・259編成)、赤電(247編成)、近江鉄道仕様(251編成)、黄色とベージュ(249編成)、伊豆箱根鉄道仕様(241・261編成)、黄色(263編成)となった。伊豆箱根鉄道仕様車は2編成とも多摩湖線で運行されている。


松田信彦(大阪府)
20180629204815-923aa8a03895bc8e0c46a8d4e9861eb6e6fe0a58.jpg
宝塚線最新編成の1013編成にもHMが掲出された。
'18.6.24 阪急電鉄宝塚線 三国―十三
 阪急電鉄は、6月20日より「阪急宝塚線 7.7 ダイヤ改正」のPRヘッドマークおよび側面大型ステッカーを掲出中である。宝塚線の列車10編成を対象に、7月14日まで掲出の予定。
黒澤 鉄(東京都)
20180625190850-7ab3b4bcc3d2374e4c92594bd3c40786a7e60943.jpg
ロゴマークを掲出し快走する"LSE"7004編成。
'18.6.24 小田急電鉄小田原線 向ヶ丘遊園―生田
20180625190918-5c0fcf7921157c45737ba8ec004ade4181ee6599.jpg
38年の活躍をたたえるロゴマーク。
'18.6.24 小田急電鉄小田原線 百合ヶ丘―新百合ヶ丘
 小田急電鉄では、7月10日に特急ロマンスカー"LSE"(7000形)が定期運行を終了するのに伴うキャンペーンの一環として、6月23日から"LSE"の車体へ「ラストラン記念ロゴマーク」の掲出を開始した。ロゴマークは3・4・8・9号車の各側面計8ヶ所に掲出されている。
 駅構内や車内広告等でも同キャンペーンが告知されており、一時代を築いた同車輌の引退への関心が一般の利用客も含め高まっている。
大野克樹(神奈川県)
20180621192044-ff0d64258e77174f4251e56cbb18ed554388a1e1.jpeg
回送時は装飾が落ちぬようにネットで保護して運転。
'18.6.21 京浜急行電鉄本線 品川―北品川 P:大野克樹
20180621192113-0940c188c4d1e5b603c52695c29cb6167ce33e63.jpg
品川駅3番線で展示された1500形1549編成。
'18.6.21 京浜急行電鉄 品川 P:崎山喜一朗
 6月21日、京浜急行電鉄線と都営地下鉄浅草線の相互直通運転が50周年を迎えたのを記念して、品川駅で記念式典が実施された。式典にあたって品川駅3番線ホームには、50年前の「花電車」と同様のデザインに装飾された1500形1549編成が展示された。花電車が運転されるのは、羽田空港国際線ターミナル開業時以来のことと思われる。
井上遼一(大阪府)
20180621141125-cdda42b12c532c15a8968dda69496b7e48c7307b.jpg
「宝塚記念」HMを掲出する7000系7019編成。
'18.6.19 阪急電鉄神戸線 神崎川
 阪急電鉄今津線仁川駅が最寄りの阪神競馬場では、6月24日に国内で最も格付けの高い「GIレース」のひとつ「宝塚記念」(第59回・2018年)がメインレースとして開催されるのに合わせて、阪急電鉄では6月15日頃~レース当日の6月24日までの期間、仁川を通る今津線の車輌と神戸本線の車輌4編成に「宝塚記念」のヘッドマークが掲出されている。
 4編成の内訳は今津線の5000系6連3編成(5004・5006・5008編成の各編成)と神戸本線の7000系8連1編成(7019編成)で、今年のヘッドマークには昨年(2017年)の宝塚記念での勝馬「サトノクラウン号」が描かれている。
高橋賢士(奈良県)
20180619180530-043aea98286fa2cbb9cd81a76f2cc5f8194d7b0b.jpg
EF65 2127に牽引される13000系甲種輸送。
'18.6.17 東海道本線 湯河原―真鶴
 東京メトロの新造車13000系13122編成が近畿車輌を出場し、6月16日から18日にかけて徳庵~越谷(タ)間を甲種輸送された。中でも吹田(タ)~横浜羽沢間はJR貨物新鶴見機関区所属の今や唯一の広島更新色となったEF65 2127号機が牽引するとあって、レイル・ファンの注目を集めた。
堀 裕一(神奈川県)
20180619184839-007178dea24214ce0c278992ea12b281d848de56.jpg
宇都宮線フリー乗車DAYの臨時列車に抜擢された634型。
'18.6.16 東武鉄道宇都宮線 壬生―国谷
 東武鉄道では6月16日、栃木県民の日記念イベントに合わせて東武宇都宮線で「東武宇都宮線フリー乗車DAY」が実施された。それに合わせて634型"スカイツリートレイン"を使用した臨時列車が栃木~東武宇都宮間で3往復運転された。
中田祐介(埼玉県)
20180615201306-490e7f7ae0f60043b5884365d69b647f8312e261.jpg
出発式にはアナウンサーの久野知美さん、沿線の小学生らが参加した。
'18.6.14 東武鉄道東上線 池袋
 〈TJライナー〉の運転開始から10周年を迎えた6月14日、10周年記念ヘッドマークを掲出した〈TJライナー1号〉の出発式が、池袋駅にて行われた。
 〈TJライナー1号〉の乗客には乗務員が製作した記念品が配布され、「運行記念10周年乗車券」購入者には14日限定配布のオリジナルクリアファイルが配布された。
加藤広敏(埼玉県)
20180613222408-025c1a9231a23f5de3fb65c916d0a97f531dae18.jpg
251編成が出場し試運転を行った。
'18.6.13 西武鉄道池袋線 小手指―西所沢
 6月13日、武蔵丘車両検修場に入場していた251編成が近江鉄道100形「湖風号」カラーとなり、玉川上水へと回送された。
 同編成は6月2日に武蔵丘車両検修場で行われた一般公開にて先行展示されたもので、西武鉄道より6月14日~6月28日の期間で多摩湖線、7月11日からは多摩川線での運行予定が発表されている。
大谷真弘(静岡県)
20180607213023-707e14ed3a62301a122cc06efd32f2028d953d21.jpg
第2編成目の70052編成7輌が輸送された。
'18.6.7 東海道本線 掛川―菊川
 日本車輌製造豊川製作所で新製された、小田急電鉄70000形ロマンスカー"GSE"の第2編成目となる70052編成7輌が6月7日、豊川から松田まで甲種輸送された。西浜松からの牽引は新鶴見機関区所属のEF65 2066が担当した。
中村直樹(埼玉県)
20180604163518-69a25fc47125f019212b4790fc20d1bf55f00226.jpg
近江鉄道開業120周年のレプリカHMを装着した1251号車。
'18.6.2 西武鉄道 武蔵丘車両検修場
 6月2日、西武鉄道武蔵丘車両検修場にて「西武・電車フェスタ2018 in 武蔵丘車両検修場」が開催された。会場では、西武グループの近江鉄道が開業120周年を迎えたことを記念して、近江鉄道100形のカラーリングが施された新101系251編成が展示された。251編成は5月7日より同検修場に入場していた。
 これで新101系10編成のバリエーションは、白(241・245・253・257・259編成)、赤電(247編成)、近江鉄道仕様(251編成)、黄色とベージュ(249編成)、伊豆箱根鉄道仕様(261編成)、黄色(263編成)の6種となった。
吉田克也(神奈川県)
20180601221233-7abbcfc743fdb56fe5854ab114eb2c151bc7d94c.jpg
EF65 2088に牽引される京急新1000形。
'18.6.1 東海道貨物線 藤沢―大船
20180601221256-87582cc97c71be257b4c3114cd3a2a3953ec996d.jpg
新鶴見(信)からはDE10 1749が牽引。
'18.6.1 高島貨物線 東高島―桜木町
 5月31日から6月1日にかけて、京浜急行電鉄の新造車・新1000形1631編成(6輌)が、兵庫県の川崎重工業兵庫工場から横須賀線逗子まで甲種輸送された。牽引機は川崎重工~吹田(タ)間が岡山機関区所属のDE10 1743、吹田(タ)~新鶴見(信)間が新鶴見機関区所属のEF65 2088、新鶴見(信)~逗子間が同DE10 1749であった。
 逗子到着後は引き続きDE10 1749により、JR線と京浜急行線間の短絡線を使用して京浜急行電鉄逗子線の神武寺へと引き上げていった。
中村 駿(静岡県)
20180529174118-fe699edf3553e201af2406bc2e2cb964ba6af2db.jpg
朝日を浴びて上京する13000系。
'18.5.27 東海道本線 興津―由比
 5月26日から28日にかけて、東京メトロの新造車13000系13121編成が近畿車輌を出場し、熊谷貨物ターミナルまで甲種輸送された。
 牽引機は徳庵~吹田までが岡山機関区所属のDE10 1561、吹田~横浜羽沢間が新鶴見機関区所属のEF65 2138であった。 

【東武】1800系ラストラン

笠原総人(神奈川県)
20180522182248-d1ca5e6d0c035cb9b419b28c6853ec9430f0716d.jpg
初夏の日差しの中、通り慣れた伊勢崎線を上る。
'18.5.20 東武鉄道伊勢崎線 茂林寺前―川俣 P:笠原総人
20180522182310-8fbff182887f2362caf0e8512c3c9318ad825884.jpg
終着の浅草駅を目指す1819F編成。
'18.5.20 東武鉄道伊勢崎線 とうきょうスカイツリー―浅草
 P:唐木 徹
 5月20日、東武鉄道の1800系がラストランとなることを記念し、最後の1編成である1819編成を使用した団体列車として「ありがとう1800系ラストラン記念ツアー」が実施された。
 東武動物公園~太田~赤城~太田~伊勢崎~浅草という経路で運転され、かつて運転されていた〈ビジネスライナーりょうもう〉を模した特製ヘッドマークが掲出された。
近藤規夫(東京都)
20180521222711-ae40420b6f6e0cfb5ed2d66064749dbb7691ec73.jpg
車輌展示には「京急120年の歩み」ラッピング1521編成が加わった。
'18.5.20 京浜急行電鉄 久里浜工場
20180521222739-01ab45fdab1f94d377f06e59f97c168282405c59.jpg
先日引退したばかりの2011編成もヘッドマーク付きで展示。
'18.5.20 京浜急行電鉄 久里浜工場
20180521222805-2342bcc3c32588cb6d7302e460eaf7173cd00154.jpg
当時の花電車をイメージした装飾が施された1356号車。
'18.5.20 京浜急行電鉄 久里浜工場
 京浜急行電鉄では、5月20日に久里浜工場にて「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」を開催した。会場では、各種車輌の展示のほか車体上げや軌道補修等の実演、 架線作業車や車輌関連機器操作体験、バス関連の展示などが行われた。
 車輌展示では、先日引退した2000形が各所に配置されていたことと、地下鉄直通50周年を記念して、旧1000形保存車1356号に往時の花電車をイメージした装飾が施されていたことが特に注目されていた。
森 政貴(東京都)
20180516190452-14dbe314cb17ba6cce83c872fecdd2a314357149.jpg
デフレクターへの装飾は今回が初めてとなる。
'18.5.11 東武鉄道鬼怒川線 鬼怒川温泉
 東武鉄道では、4月27日の〈SL大樹〉運転日より、牽引機であるC11 207号機の側面(デフレクター)に鳳凰をイメージした装飾を施して運転している。この装飾は、日光東照宮の陽明門・唐門・拝殿などの彫刻で見ることのできる想像上の神獣「鳳凰」にちなんだもの。装飾は5月28日まで行われる予定である。
堀 裕一(神奈川県)
20180516190252-8a3f13f32937952a12c44fcba4f2f199b02b8594.jpg
今年も期間限定で登場した、スクールアイドルのラッピングトレイン。
'18.5.13 西武鉄道西武秩父線 芦ヶ久保―横瀬
 西武鉄道では5月11日より、10000系10102編成を使用したラッピング電車の運行を開始した。これは6月9日と10日の2日間にメットライフドームで開催されるライブコンサート、「ラブライブ! サンシャイン!! Aqours3rdLoveLive! Tour~WONDERFUL STORIES」の開催を記念したスタンプラリーが実施されるのに合わせて登場したもの。ラッピング電車は6月24日までの運行予定である。
佐藤 峻(神奈川県)
20180425121959-88ea1c3878eec11f09a2d70c2125f3b44887c1ed.jpg
貨物更新色EF65が新車を牽引する。
'18.4.22 東海道本線 湯河原―真鶴
 4月21日から23日にかけて、東京メトロの13000系13119編成が近畿車輌を出場し、熊谷貨物ターミナルまで甲種輸送された。
 牽引機は吹田~横浜羽沢間が新鶴見機関区所属のEF65 2080、横浜羽沢~熊谷貨物ターミナル間が新鶴見機関区所属のEF65 2067であった。
森 政貴(東京都)
20180424151329-e8bd8535ad065604548fa45bba3f081c6748e04b.jpg
特製のHM及び方向板を掲出して運転された。
'18.4.21 東武鉄道伊勢崎線 館林
 4月21日、東武鉄道1800系(1819編成)を使用した臨時快速〈春の花めぐり号〉が野田線運河から佐野線佐野まで運転された。
 なお、1800系は来たる5月20日の「ありがとう1800系ラストラン記念ツアー」をもって引退することが決まっているため、今回のような臨時列車への充当はこれが最後になると思われる。
福田智志(埼玉県)
20180424150620-a24ceff1b2684f677bec73195fe4a115de4e149c.jpg
京成本線を走行する北総7800形。
'18.4.22 京成電鉄京成本線 京成関屋―堀切菖蒲園
 北総鉄道と京成電鉄は、4月22日に千葉ニュータウン中央駅で開催された「ほくそう春まつり」に合わせて、臨時列車〈ほくそう春まつり号〉を京成上野~千葉ニュータウン中央間で運転した。〈ほくそう春まつり号〉の運転は今年で9回目、今年は北総7800形が使用された。北総7800形が京成上野~青砥間を走行するのは今回が初めてのことと思われる。
中村直樹(埼玉県)
20180417165824-7d8db67f2807cb2134001662a3efdb49eff669f1.jpg
新101系の黄色編成とツートンカラーが連結。
'18.4.14 武蔵野線 新秋津
 西武鉄道では、4月14日から15日にかけて多摩川線の新101系の車輌交換が実施された。黄色とベージュのツートンカラーの249編成が小手指車両基地から白糸台車両基地へ、またその入れ替わりに白色の241編成が白糸台車両基地から小手指車両基地へ、それぞれ輸送された。
 4月14日の小手指~新秋津間では牽引車263編成と249編成が連結したことで、新101系の黄色編成とツートンカラー編成の8輌編成が見られた。
近藤規夫(東京都)
20180416155527-fd896ad81d0c2f61ddc41a23fcbcfc358bdf4b92.jpg
八王子までの牽引はDE10 1749〔新〕が担当。
'18.4.15 中央本線 立川―日野
 4月15日~16日にかけて、東京地下鉄07系103編成が綾瀬~八王子~中野間で甲種輸送された。同編成は、昨年8月から新木場車輌基地でB修繕工事を受けていたもので、15日の日中は八王子に留置され、16日の深夜に中野まで送られた。
大野克樹(神奈川県)
20180412183808-51e3727d99eccf930df2ff9c576b1a9ca9a50277.jpg
本線浦賀までの運行は初と思われる。
'18.4.12 京浜急行電鉄本線 浦賀
 通常は京浜急行電鉄の大師線で運行されている"京急120年の歩み号"が4月12日、4輌編成で日中の本線運用に充当された。
 "京急120年の歩み号"は、1500形1521編成4輌に歴代車輌のカラーリングをラッピングで再現したもので、京急創立120周年記念日である2月25日より運行を開始している。大師線以外ではこれまで朝ラッシュ時間帯に、増結車として本線を走行したことはあるものの、単独で本線の営業列車に使用されたのは今回が初と思われる。
山口真輝(栃木県)
20180411120603-927e5784631c0e2f0eab9069d66cb16dc12e55e4.jpg
菜の花咲く日光線を往く。
'18.4.10 東武鉄道日光線 楡木―東武金崎
 4月10日、C11 207の南栗橋車両管区入場に伴う回送列車が下今市→南栗橋間で運転された。DE10 1099が牽引し、ヨ8634も連結された。
 なお、4月14日・15日は、C11の修繕・検査が予定されているため、DE10が客車を牽引するDL大樹として運転される予定である。
板垣優大(埼玉県)
20180410174422-3288f65cedec2c4535e1764c9b56484c1dcc0c28.jpg
東海道を上るEF65 2089と東京メトロ13118編成。
'18.4.8 東海道貨物線 平塚―茅ヶ崎
 4月7日、東京メトロの13000系13118編成が製造先の近畿車輌から出場し、途中の熊谷貨物ターミナルまで甲種輸送された。牽引機は徳庵~吹田が岡山機関区所属のDE10 1561、吹田~横浜羽沢が新鶴見機関区所属のEF65 2089、横浜羽沢~熊谷貨物ターミナルが新鶴見機関区所属のEF65 2088であった。
松田重彦(大阪府)
20180410112051-729a248d320aa4e2faa0d15552364ad498229c8b.jpg
検査直後の美しい5000編成。
'18.4.7 阪急神戸線 神埼川―十三
 阪急電鉄では、4月7日より「5000系車両誕生50周年記念列車」の運行が5000系5000編成で行われている。運転期間は6月30日までの予定で、記念ヘッドマーク掲出のほか、車体側面の旧社章の掲出・現社章の撤去を実施しており、神戸本線・今津線で運行中である。
二ノ宮忠勝(東京都)
20180403131111-76b08bb87daa54935f8441e4532d60420b1442d3.jpg
SL大樹に「本物の出会い栃木」DCバージョンヘッドマークが掲出。
'18.4.1 東武鉄道鬼怒川線 大谷向―大桑
東武鉄道では4月1日~6月30日までの「本物の出会い栃木」デスティネーションキャンペーン開催開始に合わせて、4月1日の〈SL大樹〉に「本物の出会い栃木」DCバージョンのヘッドマークが掲出された。
福田智志(埼玉県)
20180403124616-ba1f5cb90b4cf58ef681d9a3e8b5cb94ff55c2d6.jpg
田園都市線の2020系、東武直通非対応を示すKマークが貼られている。
'18.4.1 東急電鉄田園都市線 あざみ野
 東急電鉄は、3月28日から田園都市線の新型車輌2020系と大井町線の新型車輌6020系の営業運転を開始した。営業運転開始を記念して、全編成にヘッドマークを掲出して運転している。さらに2020系の2023編成は沿線の子供たちが描いた絵が車内に展示された特別仕様となっている。
 2020系には前面の貫通ドアに東武直通非対応を示すKマークが貼られており、現在のところ田園都市線と東京メトロ半蔵門線内のみの運転となっている。
高橋賢士(奈良県)
20180402143231-54f191f4f3b62ab942c4d99ed025ed6ee9e847ca.jpg
820系復刻塗装の8400系。
'18.4.1 近鉄田原本線 但馬―箸尾
 近鉄では田原本線開業100周年を記念して、8400系を820系と同様に、マルーンの車体に銀帯を再現した編成が4月1日より運行を開始した。同編成には昔の角型の行先表示板を再現した100周年記念マークが掲出されている。
大沢航平(東京都)
20180330204103-abe98775501c5d7ebc529953d3117ce7a59186c2.jpg
営業運転に向けて試運転をする2003F。
'18.3.28 東急電鉄田園都市線 田奈
 東急電鉄では、3月26日から2000系2003Fの試運転が行われている。
 同車は長津田工場で、パンタグラフの交換・増設、制御装置の交換、フリースペースの増設などのリニューアル工事を受け、3月に出場した。なお、付随車のリニューアルは行われていない模様。

【京急】2000形 現役引退

春日岳大(神奈川県)
20180329193506-da4e3b05863eece634a7eaa92024d31d10f5fc3a.jpg
上り最終運用となった、特急品川行の2011編成。
'18.3.28 京浜急行電鉄本線 追浜―金沢八景
 京浜急行電鉄では、2000形最後の編成であった2011編成の最終運行が3月28日行われた。2000形は、1982年から快速特急を中心として活躍したのち、3ドア化への改造を経てエアポート急行を中心に運用を行っていた。最終日には長年慣れ親しんだ快特運用で35年強の現役生活に別れを告げた。
中村直樹(埼玉県)
20180327200359-df1e891d106a5c08bbc57ce64cd0ffc1f20a3aca.jpg
2018年度末の引退が発表されている9108編成と並んだ9101編成。
'18.3.27 西武鉄道池袋線 小手指
 西武鉄道では3月27日、9000系9101編成が小手指車両基地から横瀬車両基地へ回送された。廃車になるものと思われる。
 3月15日には9000系9107編成が小手指から横瀬車両基地へ回送されており、 運行中の9000系は9102編成・9104編成・9105編成(いずれも黄色)、9103編成(京急仕様)、9108編成(2代目"L-train"仕様)の5編成となった。
 なお9108編成は、2018年度末の引退が西武鉄道から発表されている。
黒田 伸(神奈川県)
20180327195909-ef8ea4680c6f7a816b00d1ce0ef9f92ed8a8bdbe.jpg
回送で品川に向かう2000形。
'18.3.25  京急電鉄本線 京急鶴見駅
 京急電鉄では、2000形の3月下旬の営業運転終了を前に、引退記念乗車券購入時のくじ引き当選者による貸切運転である「ありがとう2000形」が、品川→京急ファインテック 久里浜工場→京急久里浜間で運転された。
松田信介(大阪府)
20180326191801-ee511d4e6926894e22b361add2223b10aabadfee.jpg
HMとステッカーで装飾された"スヌーピー&フレンズ号"。
'18.3.25 阪急電鉄宝塚線 曽根
 阪急電鉄では3月24日より、「PEANUTS」とのコラボ企画第2弾の企画の一つとして、"スヌーピー&フレンズ号"の運行が行われた。編成は、各線1編成の合計3編成(各8輌編成)で、青色HMが1011編成(神戸線)、桃色HMが1009編成(宝塚線)、緑色HMが1306編成(京都線)となっている。
 また、ヘッドマークは前後異なるデザインのものが掲出されており、運行期間は8月31日までを予定している。
森山智仁(神奈川県)
20180326182436-c2199c109e81e47491ed254c6983a09891ea9ce4.jpg
新たなデザインとなって、今年も走り出した。
'18.3.23 相模鉄道相鉄本線 西谷―上星川
 相模鉄道では、マスコットキャラクターをデザインしたラッピング電車"そうにゃんトレイン"を5代目となる新しいデザインに3月23日から切替え、相鉄各線で運行開始した。また、編成も先代を務めた11004編成から変更されており、11003編成となっている。
 なお22日まで運行した11004編成は、同日中に通常の状態へ戻され、運用に復帰している。
中村直樹(埼玉県)
20180326181200-6903c99da1597c027938914b076b7cf74817094d.jpg
前面の運転席回りのベージュは側面の帯より色が濃い。
'18.3.23 西武鉄道池袋線 小手指―西所沢
 西武鉄道では 3月23日、新101系249編成が黄色とベージュの塗装で武蔵丘車両研修場を出場した。同編成は3月24日より多摩湖線で、4月18日からは多摩川線で運行される予定である。
 今回の塗装変更により新101系10編成のバリエーションは白一色(241・245・251・253・257・259編成)・赤電塗装(247編成)・黄色とベージュ(249編成)・伊豆箱根鉄道ラッピング(261編成)・黄色(263編成)の5種となった。

【京急】デト11-12運転

黒田 伸(神奈川県)
20180323135754-013c2d562883a18f6bdaf46779bc2bdce885629c.jpg
京急鶴見駅を通過するデト11-12。
'18.3.17 京急電鉄本線 京急鶴見
 京急電鉄では、通常神奈川新町以北で運転される事のないデト11-12の臨時運転が京急川崎~神奈川新町間で行われた。この運転はテレビ番組の撮影によるものと思われる。
松田重彦(大阪府)
20180320203821-587a9c4ded66ef89f889ce5c42030cf476b502c1.jpg
2代目「宝夢」は1001Fが起用された。
'18.3.18 阪急電鉄宝塚線 十三―三国
 阪急電鉄では、沿線の観光スポットなどを車輌側面にデザインした新たなラッピング列車の運行を、神戸線・宝塚線・京都線の各線で3月17日より開始した。それぞれ1列車8輌編成である。
 2017(平成29)年11月まで運行していたラッピング列車の愛称は引き継がれるが、編成は変更されており、「爽風KAZE」が1002編成(神戸線)、「宝夢YUME」が1001編成(宝塚線)、「古都KOTO」が1301編成(京都線)となっている。運行期間は2019(平成31)年3月31日までを予定している。
大野克樹(神奈川県)
20180320192933-38a73a9b215fdcedac99b4c39b8bfda8bbfecce9.jpg
白い細帯の2000形が見納めに。
'18.3.14 京浜急行電鉄本線 鶴見市場―京急鶴見
 京浜急行電鉄では、3月16日より新造車である1000形1209編成が運用を開始したことから、3月15日をもって2000形2061編成が運用を離脱することとなった。8輌編成が2本残存する2000形のうち、白い細帯を纏った最後の編成であったが、今回の運用離脱により白い細帯の2000形は消滅した。
磯野 建(東京都)
20180314195034-b27f7c4293b406f6f5c448eaa40e17907d88833c.jpg
いつもとは違う装いで池袋線を駆ける。
'18.3.13 西武池袋線 ひばりヶ丘―保谷
 西武鉄道では、「スマイルトレイン10周年×ぐでたま5周年記念」のコラボレーション企画として、西武30000系38105編成に「ぐでたま」のラッピングが施された"ぐでたまスマイルトレイン"の運行を開始した。
 なお当編成はLCD更新工事のため玉川上水車両基地に入場しており、3月4日に行われた40000系"拝島ライナー"のお披露目会で初めて公開された。
中村直樹(埼玉県)
20180313172152-d6b18562a6c59f93344bf9c1336c4c562df2d631.jpg
新宿線でも運行が始まった40000系"拝島ライナー"。
'17.3.10 西武鉄道拝島線 萩山
 西武鉄道では3月10日にダイヤ改正が実施された。今改正では新宿線系統において、40000系を使用した西武新宿発拝島行きの有料着席列車"拝島ライナー"が平日・土休日とも1日当たり5本設定された。なお改正初日の10日には、40102編成と40106編成が充当された。
 新宿線の40000系は、"拝島ライナー"以外の運用もあり、10日の朝より40105編成と40106編成が新宿線の定期列車に充当された。
松田重彦(大阪府)
20180307195833-163142e77187b8c5a4cb618c19c0bcc230e31001.jpg
HMで万博誘致をアピール
'18.3.7 阪急電鉄千里線 北千里
 阪急電鉄では、2025年に大阪・関西での開催を目指している国際博覧会(万博)の誘致活動をさらに盛り上げるため、3月5日より神戸・宝塚・京都の各線5編成・計15編成にヘッドマークの掲出および側面扉横へのステッカーの掲示を開始した。
松田信彦(大阪府)
20180307121620-08958ff778e5c126701d638ba05a53d7cf34228d.jpg
側面に日本語と英語で万博誘致をPR。
'18.3.6 南海線 住吉大社
 2025年に大阪での開催を目指している国際博覧会(万博)の誘致活動をさらに盛り上げるため、ラッピングを施された「空港特急 ラピート万博誘致号」が2月26日より運行を開始した。11月まで運行の予定。
松田信介(大阪府)
20180305210327-0cfeaa26ed53ef2f50281739b6044b7c7ff77936.jpg
快晴のもと吉野へ向かう混色編成。
'18.3.4 近畿日本鉄道南大阪線 古市―駒ヶ谷
 近鉄南大阪線では汎用特急車輌で唯一の4輌編成であるY08+Y51編成のうち、大阪阿部野橋方2輌であるY08編成が新塗装となり出場、その後Y51編成と組んで通常運用に復帰した。
 新塗装化の途中での新旧塗装編成の併結は多くみられるが、1編成内での混色は今回が初めてと思われる。
森 政貴(東京都)
20180228214015-9fa1d4915d103f2dec5843721bddc5f80cf718d7.jpg
「ひな祭り」HMを掲げ、出発を待つ〈DL大樹6号〉。
'18.2.24 東武鉄道鬼怒川線 鬼怒川温泉
 2月24日と25日に運転された〈DL大樹〉に、「SL大樹・DL大樹でひな祭り」ヘッドマークが掲出された。これは「日光鉢石宿のおひなさま」と「きぬ姫まつり」が開催されることに合わせたものである。
 またヘッドマークの他、客車内の窓や網棚にひな祭りの装飾及び記念乗車証の配布が行われた。
 なお、このヘッドマークは3月3日・4日の〈SL大樹〉にも掲出予定であったが、蒸気機関車修繕工事の延長に伴い、〈DL大樹〉での代走となる予定である。
松田重彦(大阪府)
20180228212749-ac108b8b0c91cadfd9c116a467f0fde145fb94cd.jpg
HM掲出で万博誘致をPR。
'18.2.27  京阪電気鉄道京阪本線 関目
 京阪電気鉄道では2月26日より、2025年万博誘致PRの一環として3000系全6編成を対象に、PRヘッドマークと扉横PRステッカーを掲出中である。
佐藤 峻(神奈川県)
20180227200347-ec68a4380c85ce80c447f193b94d687dc964de95.jpg
京急歴代4色をひとつの編成に。
'18.2.26 京急電鉄大師線 京急川崎―港町
  京急電鉄では2月25日より、1500形1521編成×4輌を使用した「京急120周年の歩み号」が運行を開始した。この編成は京急の歴代塗装4色を4輌それぞれの号車に施している。なおこの塗色は、2019(平成31)年2月24日まで継続の予定である。
中村直樹(埼玉県)
20180227194803-8797ecbcf2a0931ac5052aaeff23cac7da51b811.jpg
2編成目の伊豆箱根色となった261編成。
'18.2.26 西武鉄道多摩湖線 武蔵大和―八坂
 西武新101系261編成が2月23日に武蔵丘車両基地を白一色の塗装で出場した後、玉川上水車両基地にて伊豆箱根鉄道1300系仕様にラッピングされ、2月25日より多摩湖線で運行を開始した。同じく伊豆箱根鉄道1300系仕様のラッピング車249編成は、2月25日に玉川上水車両基地から南入曽車両基地へ回送され、26日に武蔵丘車両基地に入場した。
 なお、車体側面上部の青帯の位置が249編成では側灯の上部であったが、261編成では側灯の中央部となり、1300系の外観により近くなった。

◆関連記事

listmark【西武】多摩川線新101系に開業100周年イベントラッピング

近藤規夫(東京都)
20180226200522-1be815ac0b2ca916e65abb048bf0cb4aca620ff3.jpg
いよいよ京王初の有料座席指定列車が始まった。
'18.2.24 京王線 新宿
 京王電鉄では2月22日にダイヤ改正を実施した。 本改正の目玉は、同社初の有料座席指定列車"京王ライナー"の運行開始で、車輌は5000系がクロスシート状態で用いられる。 平日及び土休日の夕刻以降に下りのみが設定され、 京王八王子および橋本行きが運行される。
 なお、直通する都営新宿線も同日に改正を行っている。

【京急】2133編成 試運転

大野克樹(神奈川県)
20180221195340-09bfe6e179ab2348595e3172cafabd3c83b95794.jpg
いつもよりシンプルな青い2100形。
'18.2.21 京急電鉄久里浜線 北久里浜―京急久里浜
 2月21日、久里浜工場信号所〜金沢文庫〜久里浜工場信号所間で、2133編成の検査出場試運転が実施された。今回の試運転は営業運転時とは異なり、「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」のロゴがない状態での運転となった。
中村直樹(埼玉県)
20180220180726-6ef5d5216bf03d0609350873f444af7ec254d4b9.jpg
多摩川鉄橋を通過する西武40000系甲種輸送。 
'18.2.18 武蔵野貨物線 梶ヶ谷―府中本町 P:田部井毅大
20180220180929-c56eafe59b22c79fa2cde692bdf6fe67ee017b70.jpg
40006号車ほか5輌が263編成の牽引で小手指へ向かう。
'18.2.18 西武鉄道池袋線 所沢―西所沢 P:中村直樹
 2月15日から18日にかけて、40000系の第6編成となる40106編成が製造先の川崎重工業兵庫工場から西武鉄道小手指車両基地へ輸送された。牽引機は工場~吹田(タ)間が岡山機関区所属のDE10 1743、吹田(タ)~新秋津が新鶴見機関区所属のEF65 2092、新秋津~小手指間が新101系263編成で、工場~神戸貨物ターミナル間および新秋津~小手指車両基地間は5輌ずつに分けて輸送された。
 西武鉄道の2017年度鉄道事業設備投資計画の40000系4編成増備は、10月に小手指基地に輸送された40103編成、11月の40104編成、1月の40105編成、今回の40106編成をもって完了した。
大野克樹(神奈川県)
20180219192621-59f11a00cc834c5d239933657372dc83f4b3ae2b.jpg
塗装途中の白い車体で走る1209編成。
'18.2.19 京浜急行電鉄久里浜線 北久里浜―京急久里浜
 2月19日、総合車両製作所で製造された京浜急行電鉄1209編成が総合車両製作所~金沢八景~金沢文庫~京急久里浜~久里浜工場(信)の経路で試運転を兼ねて回送された。
 昨年12月に出場した1201編成と同様、車体側面が白塗装されたままの状態で回送されていることから、今後赤色の塗装が行われるものと思われる。
杉本 浩(三重県)
20180219191600-338737eed0d26e8a419b4901366ad221f8bfcd35.jpg
特製マークを掲出し運行に就く〈ひまわり号〉。
'18.2.18 近畿日本鉄道大阪線 伊勢石橋
 2月18日、近畿日本鉄道では15200系"あおぞら2号"を使用した臨時列車〈ひまわり号〉が、大阪線大阪上本町~名古屋線近鉄弥冨間にて運転された。
 編成は伊勢方から15203編成(PN03編成)×2輌+15205編成(PN05編成)×4輌からなる6輌編成で、伊勢方・大阪方とも先頭車には特製マークが掲出されていた。
森 政貴(東京都)
20180209171910-e84265dc69c58fb103bb9813dfd9ef0872735912.jpg
「鬼まつり」HMを掲げ、出発を待つ〈SL大樹〉4号。
'18.2.4 東武鉄道鬼怒川線 鬼怒川温泉
 「鬼まつり」のヘッドマークを掲出した〈SL大樹〉が、2月3日・4日に運転された。これは「鬼怒川温泉鬼まつり」とのコラボレーション企画によるものである。
 また、〈SL大樹〉2号と3号には、鬼怒川温泉のキャラクターである「鬼怒太」が乗車したほか、鬼怒川温泉駅駅前広場ではSL観光アテンダントによる「ガラまき」が行われるなど、様々なイベントが開催された。
松山政昭(神奈川県)
20180207180425-1651bb3acf06cbc9b7a74928764d8a1e32d287e8.jpg
多摩線を往復する新型ロマンスカー。
'18.2.4 小田急電鉄多摩線 はるひ野―小田急永山
 しばらく小田原線で行われてきた新型ロマンスカー"GSE"こと70000形の試運転が、多摩線に場所を移して行われた。
 短い間隔で多摩線内を数往復し、小田原線への回送も設定されていた。
小山田祥(神奈川県)
20180206180436-bc0589ed04bba10cf190f64154ec257dfdbc24a7.jpg
平塚駅を通過する東武70000系。
'18.2.4  東海道貨物線 相模貨物―横浜羽沢
 2月3日から4日にかけて、東武鉄道70000系の第8編成(71708編成)の甲種輸送が徳庵→熊谷貨物ターミナル間で行われた。
 徳庵~吹田貨物ターミナル間(9894レ)では岡山機関区所属のDE10 1743が、吹田貨物ターミナル~熊谷貨物ターミナル間(9866レ~8860レ)では新鶴見機関区所属のEF65 2138が牽引した。
廣島一貴(東京都)
20180206175936-cfbbc619a295387d4acc88c2feb39363fe82f82f.jpg
前面向かって中央にさよならマークが掲出された。
'18.2.4 京王線 下高井戸―桜上水
 1月29日より、都営地下鉄新宿線で最後まで残った10-000形8次車10-280編成の引退を記念して、さよならステッカーが両先頭車の前面に掲出された。東京都交通局によると、同編成は2月上旬に引退するとアナウンスされている。
 また、同編成の引退をもって都営地下鉄新宿線開業時から約40年間活躍してきた10-000形車輌は全車引退となり、形式消滅となる。
黒澤 鉄(東京都)
20180126130634-e34c0efafe10b839f0937312c2b610017f164914.jpg
各編成先頭車輌の最前部と最後部に掲出されている。
'18.1.26 小田急電鉄小田原線 梅ヶ丘
20180126143508-02cec5b7c6db8b4fb9fb4125743c50d6a1e4e57f.jpg
複々線を表現する4本のラインをイメージ化したデザイン。
'18.1.26 小田急電鉄小田原線 梅ヶ丘
 小田急電鉄では、今春予定されている代々木上原~登戸間複々線完成による新ダイヤでの運行開始に向け、先頭車輌へのPRヘッドマーク掲出を1月26日から始めた。
 ヘッドマークは通勤車輌全編成の最前部と最後部に順次掲出され、新ダイヤでの運行が始まる3月17日以降の撤去が予定されている。
大野克樹(神奈川県)
20180125112828-50f355113c8c2d7bfe06991a7e1379f36b089faf.jpg
さらにバリエーションが増えた1000形。
'18.1.25 京浜急行電鉄本線 京急富岡―能見台
 1月24日から、京急1000形17次車1613編成(6輌編成)の営業運転が開始された。
 車体はステンレス製であるが、今回の17次車よりアルミ製の車輌同様に塗装が施されている。京急において塗装された新造車輌は約11年ぶりの登場である。
田中翔貴(東京都)
20180125111913-09d0a0bcc37b81a26f0b75609d9b6ba1508bd067.jpg
古くからの撮影地を最新編成が行く。
'18.1.23 東急電鉄池上線 石川台―雪が谷大塚
 昨年甲種輸送されてきた7000系7108F・7109Fであるが、7109Fは1月18日に営業運転を開始、7108Fについては1月22日より試運転を開始した。今後、老朽化した7700系を置き換えていくものと思われる。
椎橋 甫(東京都)
20180124165210-2f27e4abdca18545d6c256ca548afd155e78b59d.jpg
前日の残雪の中を甲種輸送される東急6020系。
'18.1.23 東海道貨物線 鶴見―新鶴見(信)
 1月23日、東急電鉄6020系第2編成の甲種輸送が逗子~大船~東高島~新鶴見(信)~府中本町~立川~八王子間で実施された。逗子~新鶴見(信)間は新鶴見機関区所属のDE10 1666、新鶴見(信)~八王子間は同機関区所属のEF65 2076が担当した。
 1月24・25日に八王子~長津田間を回送されたのち、運用に入るものと思われる。
中村直樹(埼玉県)
20180123145729-4c03045af6a8644c2daef0f9accffeefd2c17bb2.jpg
3代目"L-train"は20105編成と20104編成の2編成。
'18.1.22 西武新宿線 航空公園―新所沢
 西武鉄道20000系20105編成が、20104編成に続いて埼玉西武ライオンズチームカラーのレジェンド・ブルーの"L-train"仕様にラッピングされて、1月22日より新宿線で運行を開始した。
 なお、現在西武鉄道では3編成の"L-train"が運行中で、2016年1月よりラッピング運行中の2代目"L-train"9000系9108編成と3代目"L-train"20104編成の2編成が池袋線、3代目"L-train"20105編成は新宿線の配置である。

◆関連記事

listmark【西武】20104編成が"L-train"仕様に

近藤規夫(東京都)
20180122151847-bd87b364736a1f394e3db2cd7ebf9157dbe84ca0.jpg
12月にデビューした赤電塗装車が多摩川線へ向かう。
'18.1.20 中央本線 立川―日野
20180122151345-31b688f58740c64ddc07f6babe87868ca5bbaa9b.jpg
EF210+伊豆箱根塗装という珍しい組み合わせ。
'18.1.21 中央本線 豊田―日野
 1月20日から21日にかけて、西武鉄道本線系統と同多摩川線の車輌交換に伴う、新101系電車の甲種輸送が行われた。今回は、本線で運行されていた赤電仕様(247編成)および多摩川線で運行されていた伊豆箱根仕様(249編成)の、特別塗装車同士の入れ替えであった。
 なお21日に行われた八王子~新秋津間の249編成の輸送では、牽引機にEF210-113〔新〕が充当された。一連の車輌交換に伴う輸送で、EF210形が充当されたのは初めてのことと思われる。
大谷真弘(静岡県)
20180118180610-e3d68560f80253909c1e9739ac586d3513f02c00.jpg
3036編成が制御車を中間に挟み輸送された。
'18.1.18 東海道本線 掛川―菊川
 日本車輌製造豊川製作所で新製された京成電鉄3000形3036編成8輌が、1月18日から19日にかけて豊川から逗子へ甲種輸送された。
 牽引機は、豊川から西浜松まで愛知機関区所属のDE10 1562、西浜松からは新鶴見機関区所属のEF65 2094が充当された。
 なお、営業運転では見られない制御車を中間に挟んでの輸送となった。
中村直樹(埼玉県)
20180115175928-bdea7fa2bdf0e5639675e2b1fc4ff9af3760f1ce.jpg
3代目"L-train"が登場。
'18.1.15 西武鉄道拝島線 東大和市―小川
 西武鉄道20000系20104編成が、埼玉西武ライオンズのチームカラーであるレジェンド・ブルーの"L-train"(エルトレイン)仕様にラッピングされ、1月14日夕方より新宿線で運行を開始した。
 "L-train"は、すでに廃車された3000系3015編成、2016年1月よりラッピング運行を開始した9000系9108編成に続いて3代目となる。20104編成は9108編成よりも少し明るめのブルーである。

◆関連記事

listmark【西武】2代目"L-train"運行開始

黒澤 鉄(東京都)
20180105163643-8570e74f32da4484bcf12f286295b3e20aece1cb.jpg
恒例の干支マークが掲出された"VSE"。
'18.1.1 小田急電鉄小田原線 成城学園前
20180105163719-14133c407da2728683be0ceb98d565aeff19e52d.jpg
"LSE"も2編成が運用に就いた。
'18.1.1 小田急電鉄小田原線 成城学園前
 小田急電鉄は、2017(平成29)年12月31日から2018(平成30)年1月1日元旦にかけて全線で終夜運転を実施し、全席指定制臨時特急ロマンスカー〈ニューイヤーエクスプレス号〉を新宿~小田原・片瀬江ノ島間に13本、北千住発片瀬江ノ島行〈メトロニューイヤー号〉を1本を運行した。
 また50000形"VSE"と60000形"MSE"の一部には、2018年の干支(戌)のヘッドマークが掲出された。
瀧井翔一(東京都)
20180104143430-83a2af8db008f3f85e73c31e84b58b55e4ddb44f.jpg
ヘッドマークを掲出して走行するAE7編成。
'18.1.1  京成電鉄本線 京成成田
 京成電鉄では、成田山新勝寺の参拝客対応のため、1月1日よりAE形を使用した臨時シティライナー〈成田山開運号〉が京成上野~京成成田駅間(※京成本線京成船橋経由)で1往復運転されている。
 なお、1月28日までの土曜・休日ダイヤに運転される。
上田将大(大阪府)
20171228143250-2261b1aeb8d27aa2e94321e7625c3acb81f09fec.jpg
久々に本線上に姿を現した5000系5553編成。
'17.12.27 京阪電気鉄道京阪本線 京橋―天満橋
 12月27日、京阪5000系5553編成が寝屋川信号所~中之島間で、検査後の出場試運転を2往復行った。
 京阪電気鉄道は、2020年頃に京橋駅に可動式ホーム柵を設置する計画をすでに発表しており、そのために5扉車である5000系を前倒しで3扉車に置き換える予定となっている。そのため、今回の5000系5553編成が京阪5000系最後の出場試運転になるものと思われる。
松田信彦(大阪府)
20171228142540-4b03b307d3f5d8fcd2dbf5d9631bf937be29face.jpg
クリスマスが終わると新年の準備に入る。
'17.12.27 阪急電鉄京都線 南茨木
 阪急電鉄では毎年恒例の「2018年初詣」「阪急沿線西国七福神めぐり」のヘッドマークを12月26日より掲出している。
 「2018年初詣」ヘッドマークは2018(平成30)年1月7日頃まで、「西国七福神めぐり」ヘッドマークは2018(平成30)年1月31日頃までの予定である。
松田信彦(大阪府)
20171227160413-c6326337ee47aa89cb3123e26b6ddd6ad252284a.jpg
先月の2020系に続き新形式の出場である。
'17.12.26 横須賀線 逗子
20171227170135-2dc14aea4d14c1aec41a9421e7c1afc527c31bbb.jpg
6020系先頭車側の表情。
'17.12.26 横須賀線 北鎌倉
 12月26日、総合車両製作所横浜事業所で落成した東急大井町線用の新型車輌6020系が、逗子から八王子まで甲種輸送された。
 経路は逗子~大船~桜木町~東高島~新鶴見信号場~府中本町~八王子~長津田間で、新鶴見(信)までは新鶴見機関区のDE10 1189号機が牽引を担当した。八王子にて分割されて輸送される。
佐久間信宏(神奈川県)
20171227154819-ac79404858e450aed72fc02653f839d9a3594032.jpg
試運転をする2121F。
'17.12.26 東急電鉄田園都市線 すずかけ台
 12月25日から、東急電鉄2020系2121Fが田園都市線長津田~鷺沼~中央林間間での日中試運転を行っている。
 なお、2121Fが鷺沼まで入線したのは、今回が初めてのことである。
中尾信太郎(埼玉県)
20171225201357-f91be43395757b4fd74a5aa9079a9854e78e92f0.jpg
クリスマス仕様のヘッドマークを掲げた東武鉄道SL〈大樹〉。
'17.12.23 東武鉄道鬼怒川線 大桑―大谷向
 運行開始から初めての冬を迎え、東武鉄道のSL〈大樹〉は12月に入ってからクリスマス仕様のヘッドマークを取り付けて運転された。
 車内でも特別な記念乗車証の配布や装飾が行われ、クリスマス気分を盛り上げた。
古橋佑介(千葉県)
20171221124906-0883f566bcf664a70f5fde5671895a6ebc5fa6f6.jpg
東武70000系の増備は進む。
'17.12.17 東海道本線 茅ヶ崎─辻堂
 12月16日~17日にかけて、東武70000系(71705編成)7輌の甲種輸送が徳庵から熊谷貨(タ)まで実施された。
 牽引機は徳庵~吹田貨(タ)間はDE10 1743、吹田貨(タ)~新鶴見(信)間はEF65 2080、熊谷貨(タ)まではEF65 2092であった。
佐久間信宏(神奈川県)
20171219162502-23997e889ce41ee2fe5545f103dfb00449de0335.jpg
試運転をするTOQ-i+サヤ。
'17.12.18 東急電鉄田園都市線 すずかけ台―南町田
 12月18日、東急電鉄のデヤ+サヤ+デヤの性能試運転が長津田~中央林間~長津田で2往復行われた。
中村直樹(埼玉県)
20171218124228-dda8fe4fd2fa8f0c50803d5d0f0649d42a6f78f1.jpg
多摩湖線を行く赤電塗装の新101系。
'17.12.17 西武鉄道多摩湖線 国分寺―一橋学園
 西武鉄道新101系247編成が、赤とベージュのいわゆる赤電塗装で12月15日に武蔵丘車両基地を出場した。同日玉川上水車両基地に回送され、17日より多摩湖線で運用を開始した。
 2018(平成30)年1月19日までは多摩湖線で、1月24日からは当面の間多摩川線で運行する予定。
井上遼一(大阪府)
20171207203710-d05b1d221583c3b7a7c345ecfdf60336269abde5.jpg
「阪神ジュベナイルフィリーズ」HMを掲出する5000系5012編成。
'17.12.6 阪急電鉄今津線 逆瀬川ー宝塚南口
 阪急今津線の仁川駅に隣接する阪神競馬場で12月10日に開催されるGIレース「阪神ジュベナイルフィリーズ」をPRするため、阪急電鉄では今津線で運用されている5000系5004編成と5012編成の計2編成に、同レースのヘッドマークを掲出して運転する。
 期間は12月1日から開催当日の12月10日までで、ヘッドマークには昨年(2016年)の同レースで優勝した「ソウルスターリング号」が描かれている。
勝浦帆玖斗(静岡県)
20171204202723-169fbae24b4d6d86f8cb79f6e4034504e553620b.jpg
夕刻迫るなか甲種輸送される小田急70000形。
'17.12.3 東海道本線 掛川―菊川 P:勝浦帆玖斗
20171204191234-ee6771961d6e3419d6ecd04877dd0ec4c78e46b9.jpg
夕暮れ時、赤色に白線が鮮やかな小田急電鉄70000形7輌が輸送された。
'17.12.3 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷真弘
20171204173354-12f442f051f746e892bfc7f6ba8657298beceb26.jpg
旅を終え、これから連絡線を通って小田急線へ。
'17.12.4 御殿場線 松田 P:黒澤 鉄
 12月3日~4日にかけて、日本車輌製造豊川工場で新製された新型ロマンスカー70000形7輌が豊川~松田間で甲種輸送された。同車は2018年3月の運用開始を目指しており、同編成を含み7輌2編成が増備される。
 なお、輸送時は両先頭および側面帯は保護フィルムが装着されていた。牽引機は豊川~西浜松間が愛知機関区所属DE10 1725、西浜松~松田間が新鶴見機関区所属EF65 2097であった。
中村直樹(埼玉県)
20171201203436-b9202b2bb7453e2fa9b9b86b49c919c759ec36f2.jpeg
京急のイメージを保って出場した9103編成。
'17.12.1 西武鉄道 小手指車両基地
 12月1日、西武鉄道9000系9103編成10輌が武蔵丘車両基地を出場した。今回の出場に際し、2014年7月に京浜急行とのコラボレーション企画として施工された赤地に白帯は維持されたが、他の9000系と同様に前面貫通扉のエコマークが撤去された。
 今回の出場により、9000系は9103編成の他に9101編成(2016年6月よりピンク色)、9102編成・9104編成・9105編成・9107編成(いずれも黄色)、9108編成(2016年1月より濃紺)の4仕様7編成となり、全編成がエコマークなしで池袋線系統にて運用されている。
小山田祥(神奈川県)
20171130205317-d6b608fc46dab63624e345206bf238099a743e26.jpg
EF65 2101に牽引されて平塚駅を通過する東武70000系。
'17.11.26 東海道貨物線 相模貨物―横浜羽沢
 11月25日から26日にかけて東武鉄道70000系の第4編成目(71704F)が徳庵→横浜羽沢間で甲種輸送された。徳庵→吹田貨物ターミナル(9894レ)間ではDE10 1750が、吹田貨物ターミナル→横浜羽沢(9866レ~8860レ)間ではEF65 2101が牽引した。
中村直樹(埼玉県)
20171128173553-00007a1c2a5f61e4439e1c89a7dd1047ef258ee6.jpg
初日は終日、地上線での運用についた。
'17.11.28  西武鉄道池袋線 新秋津―所沢
40000系40104編成の通常運行が11月28日朝より開始された。同編成は11月25日に「40000系キッズデザイン賞受賞記念イベント」で臨時運行された後は、小手指車両基地内に留まっていた。
松田信彦(大阪府)
20171128171414-c98ad4b16ad4871636afe3bd88bb81004a44ff4b.jpg
古都鎌倉を新型車輌が通過する。
'17.11.28  横須賀線 鎌倉ー北鎌倉
 11月28日、総合車両製作所横浜事業所で落成した東急電鉄2020系が、逗子から八王子まで甲種輸送された。経路は逗子~大船~桜木町~東高島~新鶴見信号場~府中本町~八王子間で、新鶴見(信)までは新鶴見機関区のDE10 1189号機が牽引を担当した。
福田智志(埼玉県)
20171127172721-3f7dd93e9253a9199103c08e43fc7441fdea7ce0.jpg
記念のロゴマークはAE形第5編成に貼られた。
'17.11.25 京成電鉄 日暮里
 京成電鉄では、11月1日でAE形「スカイライナー」の利用客が2500万人を突破した。これを記念して、同日からAE形の第5編成の前面と側面に「ありがとう2500万人」のロゴマークを付けて運行している。
廣村典彦(兵庫県)
20171124203954-6af63dd88c822aa9c6234088840643f68368a921.jpg ラストランのHMを掲げ本線を駆け抜ける3000F。
'17.11.23 山陽電気鉄道本線 白浜の宮―妻鹿 P:石堂皓正
 11月23日、山陽電鉄3000系3000号アルミカー(西代側3000-3001-3600)のさよなら運転が行われた。前後にはローレル賞をモチーフにしたヘッドマークが取り付けられ、運転区間は東二見~(回送)~山陽姫路~山陽明石~東二見間であった。
 募集人員120人に対し応募が1300人という競争率を突破した参加者を乗せて、9時20分に山陽姫路駅を出発。高砂で直通特急に道を譲り、明石駅4番線に到着した。折り返しは上りホームの4番線から下るという珍しい展開で、東二見へ。入庫後に撮影会と引退式が行われた。
 山陽3000号は1964年12月に川崎車輌で製造。翌月から運転を開始し、半世紀以上の53年11ヶ月を走り続けた。当時としては画期的なオールアルミ車体が評価され、1965年には鉄道友の会からローレル賞を受賞した。快晴のなか、沿線は大勢のカメラマンで賑わった。
山中大輔(愛知県)
20171122144419-1b9042d661218d2ec4fbbc2327bb6a9d47cbf248.jpg
鈴鹿線を走る鮮魚列車
'17.11.19 近鉄鈴鹿線 伊勢若松―柳
 11月19日、近畿日本鉄道の"鮮魚列車"2684編成が、撮影ツアー名目での団体列車として近鉄名古屋を出発し、珍しく湯の山線・鈴鹿線にも入線して、沿線を賑わせていた。
 走行区間は近鉄名古屋~近鉄四日市~湯の山温泉~近鉄四日市~伊勢若松~平田町~伊勢若松~明星の経路で運転された。
 撮影会は湯の山温泉と明星にて行われた模様である。なお団体客は帰路は"つどい"に乗車して、近鉄名古屋へ戻ったようである。
松田信介(大阪府)
20171121123900-57b640ff7b73362c7c2e14942da1e88be1f540e7.jpg
阪神線内で快速急行と並ぶ22600系新塗装車AF02
'17.11.18 阪神電気鉄道なんば線 出来島―福
 11月18日、近鉄の特急車輌である22600系を使用した団体臨時列車が神戸三宮(阪神本線)~赤目口(近鉄大阪線)間で運転された。
 これは旅行商品「神戸三宮駅から近鉄特急直通で行く! 秋のお出かけ日帰り旅!」開催に伴うもので、兵庫県各地から奈良県西部・三重県東部の各地へのツアーが行われた。
 なお、復路は尼崎までの運転であった。
松田重彦(大阪府)
20171120185836-dc21aa676ce3eea19d392ec870e5125b06d079ab.jpg
宝塚発今津線経由嵐山行〈とげつ〉
'17.11.19 阪急京都線 南茨木
 11月18日より、阪急電鉄では嵐山への行楽を主眼とした秋の臨時直通列車の運転を開始した。
 運転期間は11月18日・19日・23日・25日・26日の5日間で、区間は天下茶屋(大阪市交通局堺筋線)・高速神戸・宝塚(今津線経由)大阪梅田・河原町の各駅から嵐山まで運行される。
 なお、嵐山線内の有効長の関係上で、いずれも6輌編成での運転となる。
福田智志(埼玉県)
20171120142310-9b95d2a8b8172aa966911ad307e699accd274250.jpg
晴天の中、さまざまな東武の車輌たちが勢ぞろいした。
'17.11.19 東武鉄道 南栗橋車両管区
20171120142438-511c3f7c429fca20216f597d6cd57ad37b98b6df.jpg
車体洗浄線体験に使用された50050系と634形"スカイツリートレイン"の並び。
'17.11.19 東武鉄道 南栗橋車両管区
 東武鉄道では、11月19日に「2017東武ファンフェスタ」を南栗橋車両管区で開催した。「東武ファンフェスタ」は例年12月上旬に開催されているが、今年は11月に開催された。
 車輌撮影会は500系"リバティ"、100系"日光詣スペーシア"、250系〈りょうもう〉、1800系、8000系8111編成、60000系、70000系の7種類が並んだ。
 他にも事前応募制のイベントとして、「アント」が牽引する車掌車の乗車体験や、車輌洗浄線の乗車体験などが行われ、大勢の人々でにぎわった。
中司朔良(兵庫県)
20171116130932-d163ecc2648c9ff9e9f2efee49caa8c30bbc3870.jpg
今津線最後の3000系となった3056編成。
'17.11.15 阪急電鉄今津線 小林―仁川
 阪急電鉄では新1000系の増備、5000系の6輌編成化に伴い、今津線の6輌編成の3000系は数を減らしており、現在は3056編成1本のみとなった。
 同じ6輌編成の3078編成と3082編成も活躍していたが、3078編成は7月に、3082編成は11月に廃車となっている。
 3000系は他に伊丹線でも運用されているが、こちらは4輌編成・前照灯LEDとなっている。
松田信介(大阪府)
20171116123426-862b2b426fa5fbcdd49b07ee371225427ae89d78.jpg
入換機元デ32と電動貨物モト94・96が展示された。
'17.11.11 近鉄名古屋線 塩浜検修車庫
 11月11日と12日の2日間、「きんてつ鉄道まつり in 塩浜」が近畿日本鉄道名古屋線塩浜駅に隣接する塩浜検修車庫にて開催された。
 観光特急しまかぜミニ電車運転や電車と綱引き等のイベントや鉄道部品即売会・グッズ販売等があり、当日は多くの家族連れで賑わった。
 なお、恒例イベントの「電車で綱引き」には、ク1927が使用された。
椎橋 甫(東京都)
20171115155719-c15a8ce2e3197b23ae1bfd985cc6cecafd11704e.jpg
雨の中甲種輸送される、東急7000系×2編成。
'17.11.14 東海道貨物線 鶴見―新鶴見信号場 P:椎橋 甫
20171114195246-21dfb0054c55cd1f0051a30866de3d1c20e78d75.jpg
6年ぶりに増備された東急新7000系7108F・7109F。
'17.11.14 新鶴見信号場 P:森 康平
 11月14日、総合車両製作所横浜事業所近傍の逗子より、東急電鉄新7000系が甲種輸送された。
 経路は逗子~大船~桜木町~東高島~新鶴見信号場~府中本町~八王子間で、新鶴見(信)までは新鶴見機関区のDE10 1789号機が、新鶴見(信)からは新鶴見機関区のEF65 2138号機が牽引を担当した。
 翌15日に八王子~長津田間を甲種輸送され、東急多摩川線の置き換えに充当されるものと思われる。
福田智志(埼玉県)
20171115150719-c494488bc909ca32c2858aead6016f25aa8d739c.jpg
11000系「相鉄フォトトレイン」とモニ2000形が並ぶ。
'17.11.12 相模鉄道 かしわ台車両センター
20171115150742-da94aa4ef30b4ed25e442e0765f6b5981d87b4ca.jpg
「本厚木」の行先表示を出したモニ2000形。
'17.11.12 相模鉄道 かしわ台車両センター
 相模鉄道では、11月12日に「大人も子どももみんな集まれ! 100周年記念相鉄撮り鉄フェスティバル in 車両センター」をかしわ台車両センターで開催した。事前応募制によるイベントで、抽選で招待された1,500人が参加した。
 内容は車両センター内の見学、鉄道カメラマン中井精也さんによるトークショー、そうにゃんとの記念撮影、フォトラリーなどで、車両センター内に保存されている懐かしい車輌や11000系「相鉄フォトトレイン」が展示された。
松田重彦(大阪府)
20171115124401-52bd8fa8c48fc7a6f2377f12ae150275016ff15c.jpg
通常の日中には運転されない行先。
'17.11.12 近畿日本鉄道南大阪線 高鷲―藤井寺
 去る11月12日、近畿日本鉄道南大阪線上ノ太子駅にて「朝日・五私鉄リレーウォーク」が開催されることに伴い、臨時列車が大阪阿部野橋~橿原神宮前間で2本・橿原神宮前~古市間で1本が運転された。
 停車駅は定期列車の停車駅と上ノ太子であった。その他にも上下14本の急行が上ノ太子に臨時停車した。
杉本 浩(三重県)
20171115122022-6093e75f1ad73e10300a6d22aec7ad301d6294c7.jpg
特急車と交換するVW31編成の普通東青山行き。
'17.11.12 近畿日本鉄道大阪線 伊勢石橋
 近畿日本鉄道大阪線で、大阪線高安検車区所属の1430系1431編成(VW31編成)が東青山ローカル運用に就いているのが11月12日に確認された。
 1431編成(VW31編成)は通常は1432編成(VW32編成)とともに支線の信貴線専属の車輌であり、信貴線の車輌の運用に何らかの差し替えが発生した模様と思われる。
 VW31編成が名古屋線、山田線、大阪線青山町以東の運用に就くのは大変珍しい。
中村直樹(埼玉県)
20171115114122-289ac1762ddab28af4be4fee1edbc388d1db8c03.jpg
3000系クハ3011他と並ぶクハ9106+クハ9006。
'17.11.11 横瀬車両基地
20171115114948-165ca39a70c157325336017938ec6d28a1b10daa.jpg
右から、ぶどう色2号でED10 2のプレートを付けたE71、E43、E52。
'17.11.11 横瀬車両基地
 11月11日、西武鉄道横瀬車両基地にて「西武トレインフェスティバル2017 in 横瀬」が開催された。
 会場には現役を引退した電気機関車や電車、また40000系40102編成が展示された。
 横瀬車両基地へは、9000系9106編成が小手指車両基地から10月30日に回送されていたが、会場ではそのうち先頭車を連結した2輌が展示されたほか、飯能方よりサハ9706+サハ9406+モハ9806+モハ9906の4輌が「9000系廃車車両側面への寄せ書きコーナー」として供された。
 当日は20000系20158編成を使用した飯能発横瀬行き臨時電車が運行された。
松本西遊(大阪府)
20171114124735-ec2f3fe504979fe7c0188b7efc5bd4186af863c5.jpg
新しいヘッドマークを付けて走る1000系1503編成
'17.11.10 京阪電気鉄道京阪本線 森小路
 京阪電気鉄道なにわ橋駅構内のアートエリアB1で開催中の「鉄道芸術祭 Vol.7」(会期:11月10日~2018年1月21日)をPRするため、京阪1000系1503編成に「アートエリアB1」のヘッドマークが掲出された。  掲出期間はイベント開催期間に合わせ、11月10日より来年の1月21日までの予定となっている。
中村 直樹(埼玉県)
20171113205210-2e8286adfe576ad6d2a3030bd4444f2fb90d25f8.jpg
「臨時」表示の40102編成。
'17.11.11 西武鉄道池袋線 ひばりヶ丘
 11月10日~11日にかけて、「夜行列車で行く秩父絶景ツアー」催行に伴い、横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街発・西武鉄道秩父線西武秩父行きの夜行臨時列車が運行された。
 使用されたのは西武鉄道40000系40102編成で、運行番号は33M、行先表示は「臨時」であった。
 この列車は東急電鉄東横線・東京地下鉄副都心線渋谷にも途中停車し、同駅にて乗車可能な史上初の夜行列車となった。
近藤規夫(東京都)
20171107185246-a591a8b8336cb67fe64168fe6552b2cb85493c5c.jpg
20年前に開業した、銀座線最新駅を発車する1000系。
'17.11.3 東京地下鉄銀座線 溜池山王
 東京地下鉄では、日本初の地下鉄として銀座線の上野~浅草間が開業してから今年で90年となることを記念して、同線1000系に記念ロゴマークを掲出している。期間は2018(平成30)年1月下旬までの予定。
 なお、レトロ仕様の第39および40編成は、さらに開業当時の社章(東京地下鐵道株式会社)が車体側面に取り付けられる。
松田重彦(大阪府)
2017_11_03_松田 重彦_001_46061-5 (508x363).jpg
ヘッドマークが2枚掲出された。
'17.11.3 近鉄大阪線 五位堂―築山
 近畿日本鉄道で11月3日、電車内で寿司を楽しむ「寿司列車」が運転された。
 観光列車「つどい」を使用したもので、運転区間は五位堂~橿原神宮前~大和西大寺~大阪上本町~五位堂間であった。
 大和高田駅と寿司店「寿司の有甚」のコラボ企画で、車内では寿司会席2段重がふるまわれたとのことである。

【西武】西武鉄道の話題

中村直樹(埼玉県)
20171031172304-3422d622556ad7f9f168fa6d6d8444df2ace7040.jpg
横瀬への出発前、最新鋭40103編成と並んだ9106編成。
'17.10.30 西武鉄道池袋線 小手指
20171031172406-9f22eb2d2cccdbc28a435acd1b8ff34230d4ece3.jpg
「第11回キッズデザイン賞」ヘッドマーク付の40101編成。右は40103編成。
'17.10.31 西武鉄道池袋線 ひばりが丘

■9000系9106編成 横瀬車両基地へ回送
 西武鉄道では10月30日、9106編成10輌が小手指車両基地から横瀬車両基地へ回送された。廃車になるものと思われる。
 9106編成は1997(平成9)年3月に所沢車両工場で、他の9000系と同様に走行機器類に101系の電装品を再利用して竣工し、2003(平成15)年度には9000系として初めて、制御装置のVVVFインバータ化を含む更新工事が施工された。
 同編成は新造された40000系40103編成が営業運転を開始した10月27日以降、小手指車両基地内に留置されていた。なお、11月11日の「西武トレインフェスティバル2017 in 横瀬」では「9000系廃車車両側面への寄せ書きコーナー」が設置される予定で、今回の回送との関連が注目される。

■40000系40101編成にヘッドマークを掲出
 西武鉄道40000系が「第11回キッズデザイン賞 内閣総理大臣賞(最優秀賞)」を受賞したことを記念して、10月30日より40101編成にヘッドマークが掲出されている。
 40000系は3月25日に運行を開始した車輛で、有料座席指定列車〈S-TRAIN〉などに運用されている。40000系がヘッドマークを掲出したのは今回が初めてで、このヘッドマークは当分の間装着される予定である。
杉本 浩(三重県)
20171031175533-fc06b15197190ba4dc8ceea61ef23bef29053b57.jpg
大阪線上り線を走行する"はかるくん"。
'17.10.29 近畿日本鉄道大阪線 川合高岡―伊勢石橋
20171031175631-2ee75345fda4c27cda601ef584f020c5304a04b6.jpg
東青山で折り返し、下り線に入る"はかるくん"。行先表示器は「試運転」を表示している。
'17.10.29 近畿日本鉄道大阪線 伊勢石橋
 近畿日本鉄道では10月29日、電気検測車モワ24+クワ25"はかるくん"が、午前中に大阪線を走行しているのが確認された。
 同編成はまず上り線を走行、東青山で折り返し下り線に入ったことから、名古屋線白塚~大阪線東青間を中川短絡線経由で検測したものと思われる。
松田信彦(大阪府)
20171030165154-a2c580db99bcddc86b3a098f2c6c360de238763a.jpg
ヘッドマークを掲出して運転される5200系VX05編成。種別は普通となっている。
'17.10.28 近畿日本鉄道大阪線 今里 P:松田信彦
20171030165520-6d4a0e813f33c7eed014839b601b4de8c0b9e758.jpg
「きんてつ鉄道まつり」に伴って高安~五位堂間を往復で運転された体験乗車列車には、20000系"楽"が充当された。
'17.10.28 近畿日本鉄道大阪線 大阪教育大前―関屋 P:松田重彦
 10月28日、「きんてつ鉄道まつり2017 in 高安」などの開催にあわせ、大阪難波~高安間で直通列車が片道運転された。経路は大阪難波(10:03発)~大阪上本町(10:07発)~高安(10:31着)で、5200系VX05編成(復刻塗装編成:4輌)が使用された。大阪線所属の一般車が、難波線・奈良線へ入線することは貴重なものと思われる。
 当日は雨の中、多くのレイル・ファンが沿線を訪れた。
福地健至(千葉県)
20171027154234-732e384deb04287562b59803a615f196b59a7a1c.jpg
晴天の中、EF81牽引で大宮へ。
'17.10.26 武蔵野線 南越谷―東浦和
 10月26日、小田急電鉄4000形4055編成(10輌)の配給輸送が松戸車両センター~大宮総合車両センター間で行われた。車輌改造のためと思われる。
 牽引機は全区間がEF81 139(田端運転所所属)であった。
中村直樹(埼玉県)
20171027174931-9d91f73b962c824799faa0592ac0866468cb9e91.jpg
初列車は通勤準急池袋行き。
'17.10.27 西武鉄道池袋線 小手指―西所沢
 10月27日、40000系40103編成(10輌)が営業運転を開始した。初列車は4660列車・小手指発通勤準急池袋行きであった。
 40103編成は兵庫県の川崎重工業で竣工後、15日に小手指基地に輸送され、24日には池袋線~東京地下鉄有楽町線にて試運転を実施していた。
森 政貴(東京都)
20171026165459-c85c817e5706cbe828600fa11ef32dca325ebc30.jpg
運転2日目である20日は「サニーコーラルオレンジ」カラーが充当された。
'17.10.21 東武鉄道日光線 東武日光
 10月14日・20日・21日(浅草発基準)、東武鉄道で臨時列車〈日光夜行号〉が浅草→東武日光間で各日1本運転された。
 昨年は300系が充当されたが、同系引退に伴い、今年は100系"スペーシア"で運転された。100系が夜行列車として走るのは今回が初めのことと思われる。
杉本 浩(三重県)
20171025184940-6261cd62c43b4449c2a181dc0d110aa846759657.jpg
2430系3連×2編成の急行五十鈴川行き。
'17.10.24 近畿日本鉄道大阪線 川合高岡―伊勢中川
 近畿日本鉄道大阪線では、10月24日に2430系3連×2編成(計6輌)が、阪伊急行運用に就いているのが確認された。
 大阪線所属の2430系3連は青山町以東での運用がなく、通常は2610系4連+2連車の6輌、または5200系+2連車の6輌編成がこの運用に入る。
 23日の台風21号により、所定の車輌が不足したことによる運用変更が行われたものと思われる。
橋本青空(大阪府)
20171024163333-ea091d9c99ee398d96462c7f9f404685b845f50c.jpg
検査明けの出場試運転を行う3000系3062編成。
'17.10.23 阪急電鉄京都線 茨木市―南茨木
 阪急電鉄では10月26日、西宮車庫所属の3000系3062編成が正雀~桂間で検査明けの出場試運転を行った。
 3000系は5日に3082編成が西宮車庫から正雀へ廃車回送されており、同編成も存続が危ぶまれていた。
大谷真弘(静岡県)
20171023145841-7498be87238288a850f0aa2eafbd0c2326873b77.jpg
小田急"EXEα"30052編成が甲種輸送された。
'17.10.20 東海道本線 菊川―掛川 P:大谷真弘
20171023150500-2fe565d18b0e5d9d02d070ea5bb1abd6768ec727.jpg
EF81 139の牽引で輸送される小田急4000系。
'17.10.20 武蔵野貨物線 大宮(操)―武蔵浦和 P:椎橋 甫
 日本車輌製造豊川製作所で改造された小田急電鉄30000系"EXEα"30052編成(4輌)が、10月20日に豊川から松田まで甲種輸送された。牽引機は、豊川~西浜松間が愛知機関区所属のDE10 1557、西浜松~松田間が新鶴見機関区所属のEF65 2101であった。
 また、同日には大宮総合車両センターに入場していた小田急4000系4054編成が大宮~東大宮(操)~大宮(操)~馬橋~松戸の経路で輸送された。こちらの牽引は全区間で田端運転所のEF81 139が行った。
中村直樹(埼玉県)
20171023135531-60e7f08f7455bbed72e4fe1dd7ceb1b0a320fb99.jpg
同一線路上で停車中の101系263編成・253編成。向かって右隣の線路には手前から30000系32102編成・40000系40103編成が並ぶ。
'17.10.18 西武鉄道 小手指車両基地
20171023135244-52456985ceb4bc7df8264ca5def104d80d3ed810.jpg
台風に伴う雨の中、多摩川線100周年のマークを剥がして回送される247編成。
'17.10.22 西武鉄道池袋線 西所沢
 西武鉄道では10月20日~22日に多摩川線の車輌交換を実施し、101系253編成が小手指車両基地から白糸台車両基地へ、同247編成が白糸台車両基地から小手指車両基地へ輸送された。
 このうち、JR線武蔵境~新秋津間の牽引機は、21日の新秋津~新座貨物ターミナル~八王子間がEF65 2101(新鶴見機関区所属)、22日の八王子~武蔵境~八王子がEF65 2085(同)、八王子~新秋津がEF65 2087(同)であった。また、新秋津から先の西武線内は101系263編成が牽引した。
 なお、101系247編成に貼り付けられていた多摩川線開業100周年記念ステッカーは、今回の車輌交換前に白糸台車両基地にて剥がされている。ちなみに、同263編成は10月15日に新秋津~小手指間で40000系40103編成を輸送してから新宿線系統には戻らなかったため、小手指車両基地内で40103編成および回送準備中の253編成・263編成が至近で並ぶ様子を見ることができた。


◆関連記事

listmark【西武】40103編成 小手指に到着

listmark【西武】多摩川線新101系に開業100周年イベントラッピング

中村直樹(埼玉県)
20171017135954-6da195fab1af36eabb8a9a9b039cb6a5ef84c9ef.jpg
101系263編成に牽引される池袋方の6~10号車。西武線内では5輌ずつ回送された。
'17.10.15 西武鉄道池袋線 西所沢―小手指
 西武鉄道40000系40103編成(10輌)が神戸の川崎重工業にて落成し、10月12日から15日にかけて新秋津まで甲種輸送された。同編成はその後、同日中に小手指車両基地へ回送された。
 牽引機は川重兵庫工場~吹田貨物ターミナル間がDE10 1743(岡山機関区所属)、吹田貨物ターミナル~横浜羽沢間がEF65 2139(新鶴見機関区所属)、横浜羽沢~新秋津間がEF65 2127(新鶴見機関区所属)であった。なお、川重兵庫工場~兵庫貨物ターミナル間および西武線内の輸送は編成を5輌ずつに分割して輸送され、このうち西武線内は101系263編成が牽引した。
 40000系は現在、2016(平成28)年度に落成した2編成が有料座席指定列車〈S-TRAIN〉等で運用中である。40103編成は、西武鉄道の2017(平成29)年度鉄道事業設備投資計画にある40000系4編成の新造計画に基づいて製造された、初めての編成である。
廣村典彦(兵庫県)
20171013171223-27bb6d23d92aaa16569fe1dc2c6066b1af6b2db5.jpg
車内に絵画コンクールの入賞作品を展示した6004号編成「行こう!! ミライ電車」。編成前後には最優秀作品をあしらったヘッドマークを掲出している。
'17.10.12 山陽電気鉄道本線 山陽塩屋―須磨浦公園
20171013171325-66f6df3689da211ae1fe023c50ce8371b16b7e52.jpg
5016号編成に掲出された「山陽沿線秋祭り」ヘッドマーク。
'17.10.12 山陽電気鉄道本線 山陽須磨
 山陽電気鉄道では、創立110年を記念して子どもたちを対象とした絵画コンクールを行い、入賞作品を車内に展示した「行こう!! ミライ電車」を運転している。使用車輌は6000系6004号編成で、最優秀作品の絵画2点がデザインされたヘッドマークを編成前後に掲出している。コンクールのテーマは「10年後の山陽電車とみんなが住むまち」で、9月27日には入賞作品が同社ウェブサイトで発表された。「行こう!! ミライ電車」の運転期間は9月30日から12月上旬までの予定である。

 また、例年10月頃に沿線各地で行われる秋祭りをPRするため、10月5日ごろから5000系5016号編成に「山陽沿線秋祭り」ヘッドマークを掲出している。また同編成以外にも、一部車輌の中央ドア横に「山陽沿線秋祭り」の大型ステッカーが貼られている。なお10月14日・15日には、その勇壮さで有名な松原八幡神社の秋季例大祭「灘のけんか祭り」が行われるため、最寄駅である白浜の宮に直通特急が臨時停車する。

益子真治(神奈川県)
20171011180401-8ca9a31f1e47adc980ef0efd5bd23ea6ec970484.jpg
旗の台駅に到着したヘッドマーク付きの1023F。
'17.10.9 東急電鉄池上線 旗の台
 東急電鉄では10月9日、池上線の開通90周年を記念して同線が一日乗り放題となる「フリー乗車」が実施された。
 当日は池上線各駅で同線の一日乗車券が配られ、多客対応のため日中の運転本数を増やした臨時ダイヤで運転された。
 また、1000系1023Fにはステッカータイプのヘッドマークが掲出された。
青木 弘(大阪府)
20171011154145-e86c438a37410e16b702bd39340390b88911d0a7.jpg
和歌山市駅で出発式が行われ、挨拶、鯛型プレートの贈呈、テープカットに続き、同駅9:55発加太行きから運転を開始した。
'17.10.7 南海電気鉄道加太線 和歌山市
20171011160713-f2dcb63815be35c3c387a5035738b493f7af3488.jpg
ピンク色と水色の"めでたいでんしゃ"が並んだ。ピンク色の7187編成を「めでたいマルシェ」として2番線に停車させ、地元名物や鉄道グッズの販売が行われた。
'17.10.7 南海電気鉄道加太線 加太
 南海電気鉄道では、10月7日から水色の"めでたいでんしゃ"の運行を始めた。
 "めでたいでんしゃ"は2016(平成28)年4月から和歌山~加太間で運行している観光列車で、これまでは7100系7187編成(ピンク色)でのみ運転されていた。今回加わった2本目の"めでたいでんしゃ"は、7167編成を観光列車仕様としたものである。同編成は、外観・内装とも海をイメージした青を基調とし、吊革や床面など車内の各所に海の生き物を配したデザインとなった。
 なお、6日には同編成を使用した申込制の試乗会が、和歌山市~加太間で行われた。
松田信彦(大阪府)
20171010184347-8462c3f03b9021fc9e0966c02733f66b60ab4e16.jpg
「特急運転70周年記念」ロゴマークを掲出する21020系。
'17.10.8 近畿日本鉄道大阪線 榊原温泉口
 近畿日本鉄道では10月8日、「近鉄特急運転開始70周年キャンペーン」の一環として、ツアー「"鉄道番組でおなじみのタレント"と行くアーバンライナー名古屋旅!!」に伴う臨時列車を運転した。
 この列車には21020系"アーバンライナー next"(6輌)が充当され、運転区間は大阪上本町(10:07頃発)~伊勢中川(乗換体験)~近鉄名古屋(13:29頃着)であった。
大谷真弘(静岡県)
20171006161536-910be4f0f5e1c68dc51fbb0e58d624d29c080741.jpg
小田急電鉄30000系30252編成が輸送される。
'17.10.6 東海道本線 掛川―菊川
 10月6日、日本車輌製造豊川製作所で改造工事を受けていた小田急電鉄のロマンスカー30000系"EXEα"(30252編成:6輌)が出場し、同日から豊川~松田間で甲種輸送されている。
 牽引機は、豊川~西浜松間が愛知機関区所属のDE10 1723、西浜松からは新鶴見機関区のEF65 2127であった。
廣島一貴(東京都)
20171003152511-9163128e72c5f2930b79f9f20033166cf1d7ecb5.jpg
往年の特急高尾のデザインを模したヘッドマークが付けられた。
'17.10.1 京王電鉄京王線 南平―平山城址公園
 京王電鉄では10月1日より、8000系13編成(グリーン色)に高尾線開業50周年記念ヘッドマークを掲出している。
 デザインはかつての特急高尾をイメージしたもととなっている。
中村直樹(埼玉県)
20170929121919-8b1c3f97dc2e1d23cbfbbc61b81d644326e6dd0b.jpg
伊豆箱根鉄道1300系の配色で運行される249編成。
'17.9.29 西武鉄道多摩川線 武蔵境
20170929122357-401253457c42810e8c578112047ade6bb898bdbe.jpg 編成ごとに色の異なるヘッドマークシールをつけた247編成(左)と241編成(右)。
'17.9.29 西武鉄道多摩川線 新小金井
 西武鉄道では、多摩川線開業100周年イベントの一環として、同線で運用される新101系4編成に装飾を施して9月29日より運行している。このうち3編成は多摩川線開業100周年を記念したヘッドマークシールを取り付けており、241編成が朱色、245編成が青色、247編成が黄色をベースにしたデザインとなっている。
 また、西武鉄道のグループ会社である伊豆箱根登山鉄道が、11月5日に創立100周年を迎えることから、249編成は伊豆箱根鉄道1300系と同配色にラッピングし、両社のコラボレーションヘッドマークを取り付けている。なお、多摩川線開業100周年イベントは、9月29日より本年12月31日まで開催予定。
松田信介(大阪府)
20170929121402-e9e75a16fb9e875650057fa942a422d832039376.jpg
通常列車としてデビューした5000系。
'17.9.29 京王電鉄京王線 桜上水
 京王電鉄では、新型5000系車輌が、2018年春からクロスシートで座席指定列車として運行を開始するに先立ち、9月29日(金)から京王線内をロングシートで通常列車として営業運転を開始した。

【東急】東急電鉄の話題

末永貴之(神奈川県)
20170927143814-0215084c7d7cd6f4662e47c3bfe941f1d7c40113.jpg
大井町線急行の7連化にむけ、新造された中間車を増結して試運転を行う6000系6103F。
'17.9.25 東急電鉄田園都市線 田奈 P:末永貴之
20170927143956-a674a4d1802e8f61c82d2550414cd745776def40.jpg
「玉電」渋谷~玉川駅間の開通110周年を記念し、沿線の豪徳寺にちなんで「幸福の招き猫電車」となった300系308F。外観だけでなく、乗車して遊び心ある車内も楽しみたい。
'17.9.25 東急電鉄世田谷線 若林―松陰神社前 P:三瓶嶺良
 9月25日、大井町線の急行に使用されている6000系6103Fが、新造された中間車を1輌組み込んだ7輌編成で中央林間~鷺沼間での試運転を行った。7連では初めての本線走行と思われる。
 なお、同線では急行停車駅のホーム延伸工事が行われており、実際に7連での急行運転を開始するのは2017(平成29)年度下期の予定である。

 また、旧玉川線(玉電)が渋谷~玉川駅間の開通から110周年を迎えたことを記念して、同日より300系308Fを使用した「玉電110周年記念 幸福の招き猫電車」の運転を開始した。運行初日は、午前中に上町車庫内にてプレス向けのお披露目が行われた後、304Fと車輌交換する形で、上町13:02発02-123列車から営業運転に入った。
 車体のラッピングは、招き猫発祥の地としても知られる豪徳寺にちなみ、招き猫を配したものとなった。車内のつり手も招き猫をイメージしたものに一新、床には猫の足跡が描かれるなど、乗客を楽しませる工夫がなされている。
 この「幸福の招き猫電車」は、2018(平成30)年3月末まで運行される予定である。
奥山裕貴(東京都)
20170926155144-e32c4ae6e42d035eb2cfa999f985e66e11e753d2.jpg
ラッピングをした10000系10109編成。特急〈ちちぶ〉に充当され池袋へ向かう。
'17.9.21 西武鉄道池袋線 ひばりヶ丘―保谷
 西武鉄道では、9月29日・30日にメットライフドーム(旧西武プリンスドーム)で開催される「ラブライブ! サンシャイン!! 『Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR』」にむけて、9月16日から10月15日まで「ラブライブ! サンシャイン!! 西武線スタンプラリー」を実施している。
 また、スタンプラリーの実施期間に合わせて、小手指車両基地の10000系10109編成に「ラブライブ! サンシャイン!! 」のキャラクターをラッピングして運行している(運用の都合上運転しない日がある)。
廣村典彦(兵庫県)
20170925174710-7ee15aed0fede74e6b9a04e664d957061f47ea68.jpg
「阪神タイガース」の副標が掲出されている。
'17.9.24 山陽電気鉄道本線 手柄―亀山 P:辻 悟志
20170925174920-9ad8d4bdf95155ccab1b3f23b8379df3b89dd1b4.jpg
中間の先頭車同士にも転落防止ホロが設置された。
'17.9.24 山陽電気鉄道本線 大塩 P:廣村典彦
 山陽電気鉄道6000系6002号編成・6003号編成を併結した6輌編成が、9月24日から直通特急として阪神梅田への乗り入れを開始した。また、この日は阪神甲子園球場で阪神タイガースの試合があるため、虎柄の副票も初めて掲出された。
 なお、山陽6000系は3連×5編成が存在し、これまでは普通車として山陽電鉄線内でのみ営業運転を行っていた。今年7月上旬からは、阪神梅田方から6002-6302-6102+6003-6303-6103が阪神電鉄に貸与され、返却後も山陽電鉄本線での直通特急での運用を想定したものと思われる試運転が行われていた。
松田信彦(大阪府)
20170921155954-4d403b9d9447c245f8470453d5fdab5aaca204c0.jpg
貫通扉下部に伝統の「鳩マーク」を表示して走る3000系。
'17.9.17 京阪電気鉄道京阪本線 西三荘
 京阪電気鉄道では、8月から京阪本線を走る3000系の先頭車輌前面のデザインを順次変更しているが、これに伴って貫通扉部分に新設された液晶ディスプレイを、9月15日から使用している。
 このディスプレイには、特急として運転される際に京阪特急伝統の「鳩マーク」を、快速特急ではこれまでの愛称板に代わって「洛楽」の愛称を、それぞれ表示する。
 なお、今回のデザイン変更では、貫通扉部分のガラス窓を下方向へ拡大のうえ、液晶ディスプレイや装飾灯が設置された。ディスプレイの設置箇所にあった車号と「KEIHAN」ロゴは、左右窓下にそれぞれ移設されている。
中村直樹(埼玉県)
20170920162229-9fd936e61f7e540f83c903896ad6eafa5a474f30.jpg
快速急行池袋行きの30000系38115編成。
'17.9.18 西武鉄道池袋線 飯能―元加治
 西武鉄道では9月18日、通常は新宿線で運行されている30000系38115編成が、池袋線の快速急行池袋行きとして運転された。
 これは、同線高麗駅そばの彼岸花群生地「巾着田」の開花シーズンに合わせた臨時電車の運転に伴う運用変更と思われ、現在快速急行の設定がない新宿線を走る同編成が、快速急行として運行されるのは珍しいものと思われる。
 なお、臨時電車の運転は9月16日~24日に連日行われる予定である。
樋上航一(福岡県)
20170920152722-1d2b9ad01029e87669d13ffa4084d0e428f9fc68.jpg
雨の中の営業初運転となった。
'17.9.16 西日本鉄道天神大牟田線 西鉄平尾
 西日本鉄道では9月16日、太宰府方面への観光列車"旅人(たびと)"の使用車輌が8000形(6輌)から3000形(5輌)に変更された。
 8000形は観光列車として8051編成"旅人"・8061編成"水都"の2本が残っていたが、両編成とも老朽化のため今年度中に置き換えることが発表されていた。なお、"水都"の車輌は7月22日から3000形(6輌)へ変更されている。
高橋将貴(茨城県)
20170920144617-7d9681e3f31e8055092d23e32ac791c72ad13498.jpg
行きは線路で来た道を、帰りは道路で千住まで。
'17.9.15 栃木県栃木市 P:中野大輔
20170920144511-57ece349e9e81a8ca20c6c268a57c5da914136cc.jpg
北館林に来たのもつかの間、都内へと戻っていく先頭車輌。
'17.9.15 埼玉県草加市 P:高橋将貴
 9月15日未明、東京地下鉄日比谷線の03系03-140Fの両先頭車が、東武鉄道資材管理センター北館林解体所から、東京地下鉄千住検車区へと陸送された。
 なお、同編成は9月13日に、竹ノ塚から北館林まで廃車回送されたばかりであった。今回陸送されたのは先頭車輌のみと思われ、この2輌の今後の処遇が注目される。
勝浦帆玖斗(静岡県)
20170920144030-a3299fd9e0931febb063fc91ffe00f78a185cd06.jpg
早朝の静岡県内を走行する東京メトロ13000系。
'17.9.10 東海道本線 興津―由比
 9月9~10日にかけて、近畿車輛で落成した東京地下鉄13000系13113編成(7輌)が徳庵~熊谷貨物ターミナル間で甲種輸送された。牽引機は、徳庵~吹田貨物ターミナル(吹貨西)間が岡山機関区所属DE10 1743、吹田貨物ターミナル(吹貨西)~横浜羽沢間が新鶴見機関区所属EF65 2081、横浜羽沢~熊谷貨物ターミナル間が新鶴見機関区所属EF65 2050であった。
 なお、9月11日に運転された秩父鉄道熊谷貨物ターミナル~羽生間の輸送は、デキ102・デキ201によるプッシュブルで輸送された。
中村直樹(埼玉県)
20170908162728-6307cc7409c54378afbd47c882b915c0ecf0525d.jpg
西武線にも乗り入れる「青ガエル」。その元祖である東急電鉄旧5000系は、東横線で1954年から1980年まで活躍した。現在は渋谷駅ハチ公口前に5001号車が保存されていることでも知られるが、同車の車体は保存にあたって18メートルから11メートルに縮められている。
'17.9.8 西武鉄道池袋線 秋津―所沢 P:中村直樹
20170908163203-7cc10755c0542e6f0848ae53398c0ce7604a964a.jpg
「青ガエル」としての運行初日に東横線をゆく5122編成。
'17.9.4 東急電鉄東横線 綱島―大倉山 P:佐久間信宏
 東急電鉄では、2017(平成29)年8月28日に東横線が開業90周年を迎えたことの記念施策の一環として、東横線5000系5122編成(8輌)を旧5000系「青ガエル」ラッピング仕様とし、9月4日より運行している。
 また、同編成は8日には06K運用につき、「青ガエル」仕様となってから初めて西武鉄道池袋線小手指まで入線した。
 なお、このラッピングは2018(平成30)年8月31日まで継続される予定である。
高木善晴(大阪府)
20170905163820-8886a12da4502a8b7d5c0167915ed4305c3bd8b5.jpg
箕面をあとにする6024編成。
'17.9.2 阪急電鉄箕面線 箕面
 阪急電鉄9月1日、宝塚線の6000系6024編成(4連)+6014編成(4連)のうち6024編成が、同日午後から箕面線での代走を行った。
 これは、前日の8月31日に箕面線牧落~桜井間で発生した架線トラブル(付着物)で、8040編成(2連)+8041編成(2連)のうち8040編成のパンタグラフを損傷したことによる措置と思われる。
 なお、これまで6014編成が箕面線の代走を行ったことはあるものの、6024編成による代走は今回が初めてのことと思われる。
橋本青空(大阪府)
20170831141157-78a2335570c6d42bf97da88e966246a41006348c.jpg
出場試運転を行う3300系3327編成。
'17.8.30 阪急電鉄京都線 西山天王山―大山崎
 阪急電鉄では8月30日、正雀車庫所属の3300系3327編成(7連)が正雀~桂間で検査明けの出場試運転を行った。
 同編成の出場は、京都線への1300系導入に伴う7連化が行われた2014(平成26)年春以来のことである。今年2月には同系3326編成(8連)が廃車されており、同編成も存続が危ぶまれていた。
椎橋 甫(東京都)
20170830173214-60c16e9bd62c0b3debcddd3fdd5c2beb4a0f29a3.jpg
茶色と黄色のデキにエスコートされ武川へ向かう日比谷線用13000系。
'17.8.28 秩父鉄道三ヶ尻線 熊谷貨物ターミナル―三ヶ尻
 8月26~27日にかけて、東京地下鉄日比谷線用の13000系13112編成が徳庵~熊谷貨物ターミナル間で甲種輸送され、28日には秩父鉄道熊谷貨物ターミナル~羽生間で輸送された。
 このうち秩父鉄道線内はデキ505(茶色)とデキ502(黄色)がプッシュプルで牽引し、話題を集めた。
 なお、JR線内の牽引機は徳庵~吹田貨物ターミナル間がDE10 1743(岡山機関区所属)、吹田貨物ターミナル~横浜羽沢間がEF65 2084(新鶴見機関区所属)、横浜羽沢~熊谷貨物ターミナル間がEF65 2076(同)であった。
松田重彦(大阪府)
20170830133356-63aa634750c485e77a00bbc0ae9836f05ea5459b.jpg
今年1月に〈泉北ライナー〉の運用を外れ、一旦は白地に赤帯の塗色へ戻されていた南海11000系であるが、同列車への復帰にあわせて4回目の塗色変更が行われた。
'17.8.29 南海電気鉄道高野線 新今宮
 南海電気鉄道と泉北高速鉄道は8月26日、ダイヤ改正を行った。今回の改正では、南海・泉北直通列車や難波~和泉中央間の特急〈泉北ライナー〉の増発などが行われた。
 このうち〈泉北ライナー〉は、平日に上下計10本、土休日に上下計8本がそれぞれ増発され、従来の泉北12000系に加えて南海11000系が同列車の運用に復帰することとなった。
 あわせて、南海11000系の塗色が変更され、泉北高速12000系に準じた金色を配したものとなった。

listmark関連記事:【南海+泉北高速】〈泉北ライナー〉の話題

廣村典彦(兵庫県)
20170829164027-7e4e766cfcc66b7ca80bf5b5e853e72163ca5f41.jpg
6000系2本を連結し、6連で東二見へ向かう試運転列車。
'17.8.28 山陽電気鉄道本線 大塩―山陽曽根
 山陽電気鉄道で普通列車に使用されている新型車輌6000系(3連)であるが、8月28日に同系2編成を連結した6連での試運転を東二見~飾磨間で行った。編成は東二見方が6002号編成、飾磨方が6003号編成であった。
 なお、これらは今年6月から8月中旬頃まで阪神電鉄へ貸出され、6連で試運転を行っていた編成であり、今回の試運転も直通特急での運用を想定したものと思われる。

listmark関連記事:【山陽】6000系 阪神本線内で試運転

橋本青空(大阪府)
20170824180814-d572a7c662aa018c0a588c59b9167d2a631541c3.jpg
検査明けの試運転を行う6000系6015編成。
'17.8.23 名古屋鉄道名古屋本線 岡崎公園前―東岡崎
 名古屋鉄道では8月23日、6000系6015編成が舞木検車場~本宿~豊明間で検査明けの試運転を行った。
 6000系は、7月10日に6019編成・6051編成が東名古屋港へ廃車回送されるなど、淘汰が進んでいる。
松田信彦(大阪府)
20170824150844-7fc6e35feb1fe251ac2a0af3207280f551fd2b15.jpg
上り一番列車は8001編成が充当された。
'17.8.20 京阪電気鉄道京阪本線 西三荘
20170824150954-5adc423e3fe361442429a3cd36a45ef5ff705ea2.jpg
京阪初の全席指定列車〈ライナー〉。写真手前から3輌目が新たに連結された"PREMIUM CAR"。
'17.8.21 京阪電気鉄道京阪本線 野江
 京阪電気鉄道では、8月20日に京阪本線・鴨東線、中之島線、交野線、宇治線を対象にダイヤ変更が実施され、8000系6号車に座席指定車輌"PREMIUM CAR(プレミアムカー)"が連結された。
 また、21日からは同系を使用した〈ライナー〉が運転を開始した。〈ライナー〉は始発駅~京橋間をノンストップで走行する全席指定の列車で、枚方市発・樟葉発の淀屋橋行きが平日朝に各1本運転される。
杉本 浩(三重県)
20170823180726-c59e699dddf31765e4f422256d3f1ad721bc7fd2.jpg
特製ヘッドマークを掲出し〈夏物語号〉の運用に就く20000系。
'17.8.19 近畿日本鉄道大阪線 伊勢石橋
 近畿日本鉄道では8月19日、「サマートレイン夏物語'17」ツアーを開催した。これに伴って、20000系PL編成"楽"(4輌)を使用した臨時列車が大阪上本町~賢島間で運行された。
 なお、同編成の先頭車には伊勢方・大阪方とも「夏物語」と表示された特製ヘッドマークが掲出された。
小林瞭仁(東京都)
20170823175822-af548346a6da6821f64dec7fd72680930e592e42.jpg
日中に初めて都営新宿線での試運転を行う京王5000系。
'17.8.17 京王電鉄京王新線 新宿
 8月17日、京王電鉄5000系が東京都交通局新宿線内(新宿~大島間)で試運転を実施した。
 同車は深夜帯に都営新宿線内で試運転を行った実績はあるものの、営業時間帯の試運転は今回が初めてのことである。
松田重彦(大阪府)
20170822170630-2d72a9bf6924da3026d2e10f2f644f3b7c31cb57.jpg
助手席側には「高校野球」の副票が掲出された。
'17.8.20 阪神電気鉄道阪神本線 野田
 阪神電気鉄道では、甲子園球場にて開催されている「第99回全国高等学校野球選手権大会」にあわせて、早朝時間帯に臨時急行が梅田→甲子園間で運転されている。
 なお、この列車は8月11~15・19・20日の休日ダイヤでそれぞれ6本、16・17日の平日ダイヤでそれぞれ5本が運転された。
中村直樹(埼玉県)
20170822164555-20f3b8089821cc3ce096ae7343b787166dba6268.jpg
京急仕様の9000系9103編成(左)は「快特 羽田空港」を表示、新101系263編成(右)は「牽引」札を掲出して盛り上げる。中央は6000系6102編成。
'17.8.19 西武鉄道 南入曽車両基地
20170822164720-b3e3093633e590f4e981f24c5449f76d15f8bfd6.jpg
2000系2417編成の2418号車(左)には、2000系デビュー40周年ヘッドマークが掲出された。
'17.8.19 西武鉄道 南入曽車両基地
 西武鉄道では8月19日、「南入曽車両基地電車夏まつり2017」を同地にて開催した。
 今年で13回目を迎えたこの催しでは、電車と綱引き、乗務員室で記念撮影、軌陸車・レールスター乗車体験、車輌床下見学などが行われたほか、通常は池袋線で運用されている9000系9103編成に加え、新宿線系統で運用される6000系・新101系・2000系・30000系が展示され、場内は大勢の来場者で賑わった。
橋本青空(大阪府)
20170821171200-44bcac64c5b21f0fd74bc38b77ea28fedd620283.jpg
検査明けの出場試運転を行う5100系5134編成。
'17.8.16 阪急電鉄京都線 正雀―相川
 阪急電鉄では8月16日、平井車庫所属の5100系5134編成が正雀~桂間で検査明けの出場試運転を行った。
 同編成は、2016(平成28)年6月7日に5132編成との併結(8輌)で出場試運転を行って以降は箕面線にて4輌で使用されており、今回の試運転も4輌で行われた。

listmark関連記事:【阪急】5100系5134編成が箕面線運用に(2016年の記事)

安藤龍之介(東京都)
20170816162944-b0da4954f38e2f2004d2c3c2bae06846803754db.jpg
日中入線することのない江ノ島線を行くロマンスカー"LSE"。
'17.8.10 小田急電鉄江ノ島線 六会日大前―善行
 7月31日から8月10日までの平日に、小田急電鉄新宿~片瀬江ノ島間で臨時特急〈湘南マリン号〉が運転された。
 同列車は30000形"EXE"のほか、8月3日・10日には7000形"LSE"で運転された。通常、"LSE"は"VSE"と同様に箱根特急の運用についているため、江ノ島線を日中に走行する写真を撮ろうと、多くの撮影者が沿線各地に足を運んだ。
 なお、"LSE"は両日とも定期運用の〈えのしま74・75号〉にも充当された。
松田信介(大阪府)
20170809154453-2921bb94a484ffc65bd0082a6c864c9ff3819f08.jpg
「前方後円墳」ヘッドマークを掲出する阪堺1001形1002号"紫おん"。
'17.8.8 阪堺電気軌道上町線 天王寺駅前―阿倍野
 阪堺電気軌道および南海電気鉄道では、7月末に「百舌鳥・古市古墳群」がユネスコ世界文化遺産の国内推薦候補に決定したことを受け、8月8日から一部の車輌に「前方後円墳型ヘッドマーク」を掲出している。
 掲出期間は2018(平成30)年1月31日までの予定で、前方後円墳をかたどったヘッドマークを南海9000系(6輌編成)×1本、同6200系(6輌編成)×1本、阪堺モ351形×5輌に掲出する。
 なお、阪堺1001形"堺トラム"×3輌にのみ、前方後円墳をあしらった円形のものを掲出している。
尾﨑知史(愛知県)
20170808180527-ba7ae49346d24b4a69d4ad32866eb2ee3e5a2779.jpg
夏空の下、EF65 2127(通称「カラシ」)が甲種を牽引。
'17.8.5 東海道本線 安土―能登川
20170808180722-d252c8f84b2d1deb349c034f0d2caee6150517de.jpg
通過10分前に差し始めた朝日を浴びるEF65 2127。
'17.8.6 東海道本線 由比―興津
 近畿車輛で製造された東京地下鉄13000系13111編成が、8月5日から6日にかけて徳庵~熊谷貨物ターミナル間で甲種輸送された。
 このうち、吹田貨物ターミナル(吹貨西)~横浜羽沢間では牽引機としてEF65 2127(新鶴見機関区所属)が充当され、注目を浴びた。
 なお、徳庵~吹田貨物ターミナル間はDE10 1743(岡山機関区所属)、横浜羽沢~熊谷貨物ターミナル間はEF65 2092(新鶴見機関区所属)が牽引し、秩父鉄道熊谷貨物ターミナル~羽生間の輸送は、7日にデキ105およびデキ505のプッシュプルで行われた。
橋本青空(大阪府)
20170807164540-c2e78691ab7822345ae8482e2a8202cdb03ce64d.jpg
京津線の路面を新塗装で走る京阪800系815編成。
'17.8.7 京阪電気鉄道京津線 浜大津―上栄町
 新塗装へ変更された京阪電気鉄道800系815編成が、8月7日に検査明けの試運転で錦織車庫~浜大津~四宮~京都市役所前間を往復した。
 同社では、2021(平成33)年までに大津線(京津線・石山坂本線)の全車輌を京阪本線の一般車輌と同様の塗色へ変更する予定であり、行先表示器の左には新たに「路線識別マーク」が追加された。
鶴井雅人(岩手県)
20170801124725-33cef9ae24ee9dad44783c4994919f90cb0cac15.jpg
EF66 30に牽引されて東上する相模鉄道20000系。
'17.7.31 山陽本線 玖波―大野浦 P:鶴井雅人
20170802153833-b3fdeeb0f381b0ddf8102b2ba3037d8a53e032b4.jpg
相鉄線イメージカラーの濃紺色の20000系が輸送された。
'17.8.1 東海道本線 菊川―掛川 P:大谷真弘
20170802154001-b44cc81c9cf599df6daa2c996530a0cc615f355a.jpg
「そうにゃん」が車掌。
'17.8.1 東海道本線 用宗―安倍川 P:東野 誠
20170802154152-26f62db928bf5d54c97163d88174b44aafd12a20.jpg
同編成(10輌)は相模貨物で分割され、まず8月2日に5輌がかしわ台まで輸送された。相鉄線内の牽引はモヤ700系4輌。
'17.8.2 相模鉄道本線 かしわ台 P:大場 真
 7月31日から8月4日にかけて、かねてから日立製作所笠戸事業所にて製造されていた相模鉄道20000系(10輌)が下松~厚木間を甲種輸送されている。このうち下松~相模貨物間の牽引機は吹田機関区のEF66 30であった。
 なお相模鉄道20000系は、東急東横線との相互直通運転用に製造された車輌で、2022年度以降は都心部まで乗り入れを予定している。
長谷川智紀(東京都)
20170731141535-32678bcc24d52bd5b585709f45c7568d9177eaba.jpg
旗と看板が追加され開業への準備が整いつつある試運転。
'17.7.27 東武鉄道鬼怒川線 新高徳―小佐越
 営業開始まであと2週間を切り、試運転が続く東武の〈SL「大樹」〉のC11の前面に装飾が追加されている。これまでヘッドマークが取り付けられた状態で試運転が行われてきたが、28日の段階で、旗棒と紺色の旗が交差して2本と、ヘッドマーク下にヘッドマークの直径よりやや大きい長方形で青いカバーで保護された看板状ものが追加されている。詳細は不明だが、開業時に使用される装飾の確認ではないかと思われる。
 また沿線住民などへの試乗会も頻繁に行われており、試乗会が行われる運行では下今市駅での案内表示が「団体」となっている(14系の側面表示は「試運転」のまま)。
伊藤勤一(愛知県)
20170728154034-e3b13d46ad42f83c26d033f254085e5310f99eb0.jpg
舞木検査場を出場し、普段は走行しない名古屋本線東部をゆく300系318編成。
'17.7.27 名古屋鉄道名古屋本線 宇頭―新安城
 7月27日、名古屋鉄道300系318編成が舞木検査場を出場し、犬山検車区へ回送された。
 なお、同系は主に名鉄小牧線および直通する名古屋市営地下鉄上飯田線で使用されている車輌で、名古屋本線へ入線する機会は車輌検査に伴う回送等に限られる。
福田智志(埼玉県)
20170726135702-997b03ca27475b9c1df7af178a2b81408aac5f43.jpg
下今市駅に隣接する転車台広場に停車中のC11 207。
'17.7.22 東武鉄道鬼怒川線 下今市
 東武鉄道及び東武トップツアーズは、7月22日に「SL展示館&転車台広場オープン記念ツアー」を開催した。
 参加者は北千住から下今市まで350系の団体列車に乗車し、下今市駅に隣接する「SL展示館」と「転車台広場」を見学した。「転車台広場」では、〈SL「大樹」〉に使用されるC11 207、14系客車、DE10 1099、ヨ8634が展示された。
 なお、「SL展示館」および「転車台広場」は23日にオープンし、下今市駅の入場券で見学ができる。

listmark関連記事:最新鉄道情報「東武鉄道〈SL「大樹」〉 あと3週間で運転開始」

勝浦帆玖斗(静岡県)
20170724150759-9e9fda6c077e70036be8d13e3d1c5b8a3fcc8ddb.jpg
曇天のなか、白プレートのEF65に牽引される13000系。
'17.7.23 東海道本線 由比
 近畿車輛で落成した東京地下鉄13000系13110編成が、7月22日から23日にかけて徳庵~熊谷貨物ターミナル間で甲種輸送された。牽引機は徳庵~吹田貨物ターミナル(吹貨西)間が岡山機関区所属DE10 1750、吹田貨物ターミナル(吹貨西)~横浜羽沢間が、新鶴見機関区所属EF65 2094、横浜羽沢~熊谷貨物ターミナル間が同所属EF65 2089であった。
 なお、24日に行われた秩父鉄道熊谷貨物ターミナル~羽生間の輸送は、デキ507およびデキ102のプッシュブルで運転された。
松田重彦(都道府県)
20170720163108-7002b4e27e509c043798d9da04ccec85f57ba122.jpg
恒例の「祇園祭」ヘッドマークを掲出する1300系1303編成。
'17.7.18 阪急電鉄京都線 茨木市
20170720162514-0969c5524de24483b834cf57098463a7f0f1cb8d.jpg
昨年と同じデザインの「天神祭」ヘッドマーク。
'17.7.18 阪急電鉄京都線 茨木市
 阪急電鉄では、毎年7月に京都市内で開催されている「祇園祭」にあわせ、これを宣伝するヘッドマークを7月1日から24日まで掲出している。
 また、25日までの予定で、同じく沿線で行われる「天神祭」のヘッドマークも掲出されている。こちらも、デザインは昨年と同様のものである。  
橋本青空(大阪府)
20170714173315-8f56c2b6a32db403f769216e692252bc5f6ab1d4.jpg
出場試運転を行う阪神電気鉄道8523編成。
'17.7.13 阪神電気鉄道阪神本線 香櫨園
 7月13日、阪神電気鉄道8000系8523編成が尼崎~石屋川間で検査明けの出場試運転を行った。
 また、これに先立つ5日には、同編成の神戸方3輌を8229編成の梅田方3輌とを連結した試運転が行われていた。
 なお、8523編成の神戸方先頭車(8502号車)は、阪神淡路大震災で被災した車輌のうちのひとつとして知られている。
海老澤瑛一(埼玉県)
20170713175547-6c66f8f23b949b27872f7a590b9333bba9644d68.jpg
多摩川を渡り、「通過駅」である二子玉川へ進入する〈時差Bizライナー〉。「時差Biz」と書かれたヘッドマークを掲出している。
'17.7.11 東急電鉄田園都市線 二子玉川
 東急電鉄と東京地下鉄では、満員電車の混雑緩和を目指して東京都が進める時差通勤促進策「時差Biz」と連動し、7月11日から21日までの期間で平日早朝の列車を増発している。
 このうち東京地下鉄東西線では、〈時差Bizトレイン〉として6時台に西船橋→九段下間の快速を1本、妙典→九段下間および九段下→西船橋間の各駅停車をそれぞれ1本増発している。
 また、相互直通運転を行う半蔵門線と東急電鉄田園都市線では、7時台の半蔵門→長津田間の各駅停車を押上発とするほか、6時台に中央林間→押上間で臨時特急〈時差Bizライナー〉を運転している。
 なお、〈時差Bizライナー〉の田園都市線内の停車駅は中央林間・長津田・あざみ野・溝の口・渋谷である(半蔵門線内は各駅に停車)。
中村直樹(埼玉県)
20170713162227-656865e5bf3eda1f75d0c1d8ec321f1febbb3de3.jpg
黄色い263編成が白い251編成を牽引する。
'17.7.9 西武鉄道池袋線 小手指―西所沢
 西武鉄道では、7月7日~9日にかけて多摩川線の車輌交換が実施され、新101系245編成が小手指車両基地から白糸台車両基地へ、251編成が白糸台車両基地から小手指車両基地へ輸送された。
 このうちJR線内では、245編成が8日から9日にかけて新秋津~新座貨物ターミナル~八王子~武蔵境間で、251編成が9日に武蔵境~八王子~新秋津間で甲種輸送された。
 なお、西武線内の牽引車は新101系263編成、JR線内の牽引機は全区間EF65 2091(新鶴見機関区所属)であった。
森 政貴(東京都)
20170710155154-b474469282ac0de127147be5f0946d446f2a657d.jpg
赤い東武のニューフェイスが満を持して登場(写真は71701編成)。
'17.7.7 東武鉄道伊勢崎線 西新井
 7月7日、東武鉄道70000系が、北越谷10:04発中目黒行き(1021T)より営業運転を開始した。
 始発駅となった北越谷では、一番列車の乗務員への花束贈呈およびテープカットが行われた。
 同系は日比谷線との直通運転用車輌として新造された片側4扉の20m車×7輌編成で、今年度までに10編成70輌、2019(平成31)年度までに全22編成計154輌が導入される計画である。

listmark関連記事:編集長敬白「東京メトロ13000系・東武鉄道70000系を発表。」(2015年の記事)

黒澤 鉄(東京都)
20170706142514-24b148b595b7733a390d0acadd296df7e6003f7f.jpg
大先輩の想いを受け継ぐ50000形"VSE"にも記念ロゴマークが掲出された。
'17.7.6 小田急電鉄小田原線 喜多見
20170706141845-0081bc3313f6ab363b1af1ac7496f82d7f47caf4.jpg
60000形"MSE"の車体色「フェルメールブルー」によく映えるロゴマーク。
'17.7.6 小田急電鉄小田原線 百合ヶ丘
 小田急電鉄は、ロマンスカー"SE"(旧3000形)の就役から今年で60周年を迎えたことを記念して、7月6日から8月31日まで「ロマンスカー・SE 就役60周年記念キャンペーン」を行っている。
 これに伴い、7月6日から現役ロマンスカーの車体にステッカータイプの「SE就役60周年記念ロゴマーク」が掲出されている。掲出位置は、7000形"LSE"が側面、他の掲出車輌は最前部および最後部である。
 なお、ロゴマークの掲出は8月下旬までの予定となっている。
松田信彦(大阪府)
20170705140337-c21f8874350130c8280c96fe5203d70037f94247.jpg
梅雨空のもと運転されたワイン列車。
'17.6.30 近畿日本鉄道南大阪線 北田辺
 近畿日本鉄道では6月30日、プレミアムフライデーのツアー企画として〈『青の交響曲(シンフォニー)』ワイン列車〉が運転された。
 この列車は車内でワインを楽しむことができるもので、今回はフランス産の「ドゥルト b ボルドールージュ(赤)」が1人につき1本用意された。
 なお、運転区間は大阪阿部野橋~橿原神宮前の往復で、大阪阿部野橋からの往復プランのほか、橿原神宮前や復路の高田市・尺度・古市で下車するプランも用意された。
廣村典彦(兵庫県)
20170703154716-468a5deb2d8673315d3a7e2dc6cacab7d5a20173.jpg
阪神梅田方は須磨浦ロープウェイのゴンドラ"やまひこ"をイメージしたデザインに。2つのヘッドマークに加え、この日は助士席側の窓にタイガースロゴの副票も掲出された。
'17.7.2 山陽電気鉄道本線 大塩―山陽曽根
20170703154828-7f4d8f56b91264abdba798ceb2c496f48b32aa60.jpg
山陽姫路方は"うみひこ"のデザインとなった。通常1枚のみの掲出であるヘッドマークが2枚並べて掲出されるのは大変珍しい。
'17.7.2 山陽電気鉄道本線 山陽曽根―大塩
 7月2日に創立110周年を迎えた山陽電気鉄道では、5000系5008号編成(6輌)をラッピングした「山陽電車創立110周年記念号」の運転が始まった。運転開始当日は山陽姫路駅にて出発式が行われた。
 同編成の先頭車輌正面は、今年9月で開業60年を迎える須磨浦ロープウェイのゴンドラ"うみひこ"・"やまひこ"をイメージしたデザインとし、阪神梅田方が"やまひこ"(赤)色、山陽姫路方が"うみひこ"(白)色となっている。また、中間車4輌の窓下部には、須磨浦山上遊園から望む姫路城、姫路好古園、明石海峡大橋、神戸ハーバーランドなどのパノラマ写真が配されている。
 なお、ヘッドマークは「山陽電車創立110周年記念」と「須磨浦ロープウエイ開業60周年記念」の2種類が編成前後の正面にそれぞれ並べて掲出されている。さらに、運転初日には阪神甲子園球場で阪神タイガースの試合が行われたため、球団のロゴが入った副票もあわせて掲出された。
瀧井翔一(東京都)
20170630184203-c298b169787a4657f78b4376da812399da7f8d0f.jpg
5000系には「sustina」軽量ステンレス車体が採用されている。
'17.6.29 京王電鉄相模原線 若葉台
 総合車両製作所横浜事業所で製造された京王電鉄の新5000系第1編成が、6月26日の深夜より2輌ずつ若葉台検車区へ搬入されている。京王線系統では2000(平成12)年に登場した9000系以来17年ぶりの新型車であり、10輌編成×5本の導入が予定されている。
 この車輌は、2018(平成30)年春から運転される予定である京王線新宿~京王八王子・橋本間の有料座席指定列車に向けて導入されるもので、ロングシートおよびクロスシートに転換できる座席仕様となっているのが特徴である。
 また、同社プレスリリースによると、同系は座席指定列車としての運行に先立つ2017(平成29)年9月から、ロングシートの状態で通常の列車の営業運転に投入される予定である。
 なお、今回搬入された車輌のうち7号車にはサハ5531、8号車にはデハ5081との車番が割り振られている。

listmark関連記事:編集長敬白(過去記事)「京王 初の座席指定新型車輌「5000系」を発表。」

杉本 浩(三重県)
20170627162944-02449d7b38ff560bebca224759bc0d897f99c80c.jpg
リバイバル特急色のVX05編成(写真手前)とEW51編成が併結された阪伊急行。
'17.6.24 近畿日本鉄道大阪線 伊勢石橋
20170627165505-4909f46a629cdc53f7542be65ededffd3bedc1ce.jpg
VX05編成と併結運転されるEW51編成(写真手前)。
'17.6.24 近畿日本鉄道大阪線 伊勢石橋
 近畿日本鉄道大阪線では6月24日、5200系VX05編成(旧特急色:4輌)と9020系EW51編成(2輌)が併結されて阪伊急行の運用に就いているのが確認された。
 このうち、大阪線唯一の9020系であるEW51編成が青山町以東での運用に就くことはまれである。
中司朔良(兵庫県)
20170627153219-23ed01db00cddbf1c0ae31a3149ffdc3f30b4c04.jpg
「半夏生」のヘッドマークを掲げて阪神本線を行く5022号編成。
'17.6.23 阪神電気鉄道阪神本線 香櫨園
 山陽電気鉄道では6月22日から、主に直通特急で使用される5000系6輌編成の一部に「半夏生」のヘッドマークが掲出されている。
 前面にはタコのイラストに「今年の半夏生は7月2日から 明石で夏を乗り切ろう」と書かれたヘッドマークを掲出し、側面中央の乗降扉横には大型のステッカーが貼られている。
福田智志(埼玉県)
20170626170459-a13132a6a679bd59a0c9e091783a75e7cc8910bc.jpg
那須塩原に初めて入線した東武100系"スペーシア"。106編成"日光詣スペーシア"が使用された。
'17.6.24 東北本線 那須塩原 P:福田智志
20170626170905-74965b4b7ef66556ab5fa552b7fafff037e738e3.jpg
大宮では出発式が催された。
'17.6.24 東北本線 大宮 P:土田崇陽
 2018(平成30)年春に行われる「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーンのプレDCに伴う特別列車として、6月24日に〈スペーシア那須野号〉が大宮~那須塩原間で1往復運転された。使用車輌である東武鉄道100系"スペーシア"は、初めて東北本線栗橋以北への入線を果たした。
 運行当日は大宮で出発式が行なわれ、利用客全員に記念乗車証が進呈された。
伊藤利雄(愛知県)
20170626162459-9e8d10d051cf7cc5f8331d8543b0786757ac3c33.jpg
1800系の更新車は尾西線津島以北には初入線となる。
'17.6.24 名古屋鉄道尾西線 町方―六輪
 6月24日、名古屋鉄道尾西線日比野~森上間で、1800系1808編成を使用した教習運転が行われた。
 尾西線の津島以北に1800系が入線することは珍しく、特に今回使用された1808編成はリニューアル後初めての入線となった。
中司朔良(兵庫県)
20170623182025-e7fcf321b60b13a707168ac8042b5d2caa81b7e2.jpg
5700系はこれで3編成目となる。
'17.6.23 阪神電気鉄道阪神本線 香櫨園
 阪神電気鉄道5700系5705編成が、6月23日の尼崎9:43発(運番967)から営業運転を開始した。
 同社では5001形・5131形などの置換えを目的に5700系の増備が進められているが、この編成の導入によって同系は計3編成となった。
松田信彦(大阪府)
20170621160605-0685c9425ce5017ee163627dc82789117ec117f3.jpg
今回輸送されたのは、機関車次位から順に8358-8708(2連)+8407-8657-8607-8307(4連)の2編成6輌であった。
'17.6.20 片町線 徳庵
 近畿車輛で新造された南海電気鉄道8300系2編成が、6月20日から21日にかけて徳庵→吹田信号場→天王寺→王寺→高田→和歌山→和歌山市の経路で甲種輸送された。
 牽引機は、徳庵→吹田貨物ターミナル間がDE10 1743(岡山機関区所属)であった。
土山玲弥(兵庫県)
20170621155552-7730d022d852c0d4d45733265f40ad51d994fd47.jpg
6連で阪神本線を試運転。
'17.6.21 阪神電気鉄道阪神本線 西宮―香櫨園
 6月21日、山陽電気鉄道6000系6002号編成+6003号編成(2編成6輌)が、阪神本線阪神梅田~石屋川間を走行した。直通特急の乗り入れ運用を想定した試運転を行ったものと思われる。
 なお、山陽6000系が阪神梅田まで入線したのは、今回が初めてとなった。
中司朔良(兵庫県)
20170620153657-5c601b56e03e9d061d18f0250d50e1b8f84d2904.jpg
営業復帰初日の7000系7001編成。なお、優先座席のモケットは交換されず、従来のままとなった。
'17.6.16 阪急電鉄今津線 小林―仁川 P:中司朔良
20170620154012-a01a5e1ddc72f60fb22913044857f4b388277402.jpg
「宝塚記念」PRのヘッドマークを掲出した7000系7006編成(6連)。
'17.6.20 阪急電鉄今津線 門戸厄神―西宮北口 P:松田信彦
 阪急電鉄今津線では、検査のため正雀工場に入場していた西宮車庫所属の7000系7001編成が、6月16日に営業運転へ復帰した。なお、同編成は15日に正雀車庫から所属先の西宮車庫に返却された。
 また、阪神競馬場で開催されるレース宝塚記念(G1レース)をPRするヘッドマークが、同線を走る7000系および5000系に掲出されている。期間はレース当日の25日までの予定である。  
伊藤利雄(愛知県)
20170616165737-9082ecefcfbfba6446bf26fd30dc28a35545134e.jpg
全検を終え、早朝の名古屋本線を走る。
'17.6.12 名古屋鉄道名古屋本線 神宮前―金山
 5月14日から全般検査のため舞木検査場に入場していたチキ10形(4輌)が検査を終え、6月11日夜から12日早朝にかけて舞木検査場から大江へ回送された。

listmark関連記事:【名鉄】チキ10形 舞木検査場へ入場

南 輝明(神奈川県)
20170615182433-fc37295f94c4ba51b19e0d831105d95e9fa36ad0.jpg
2019(平成31)年度の完成に向けて地下化工事が進む区間を行く「横浜づくりビール電車」。
'17.6.10 京浜急行電鉄大師線 産業道路―東門前
 6月10日、京浜急行電鉄株式会社と株式会社京急ストア、キリンビール株式会社横浜支社のタイアップ企画として、「KIRIN×KEIKYU 横浜づくりビール電車」が京浜急行大師線京急川崎~小島新田間で運転された。
 これは、車内でビールの飲み放題などが楽しめるイベント列車で、〈昼ビール号〉と〈夜ビール号〉の計2本が運転され、それぞれ大師線内を貸切で2往復した。なお、使用車輌はオリジナルヘッドマークを掲出した1500形1501編成(4輌)であった。
伊藤利雄(愛知県)
20170615141935-f54f0946ab375788fc917767bd8a1d04842cc369.jpg
5309編成(写真手前の2輌)は定期運用を持たないため、その去就が注目される。
'17.6.8 名古屋鉄道名古屋本線 神宮前
 名古屋鉄道5300系唯一の2輌編成であり、定期運用を持たずに代走や突発的な増結などに使用されている5309編成であるが、6月8日には1390レの増結に充当され、東岡崎到着後に舞木検査場へ回送された。
 名鉄では通勤型車輌の置き換えのため3300系および3150系の増備が続いており、同編成の去就が気になるところである。
浅川大樹(神奈川県)
20170612213120-fe123aa459345c01be6678040a79eda614e285ca.jpg
EF81 139に牽かれ、所属先へ戻る小田急4061編成。
'17.6.8 武蔵野線 吉川―吉川美南
 6月8日、大宮車両センターに入場していた小田急4000形4061編成が出場し、田端運転所所属のEF81 139の牽引で大宮→東大宮(操)→松戸間で配給輸送された。
 通常であれば、小田急4000形の大宮入出場は長岡車両センター所属のEF64が担当するが、双頭連結器を備えたEF81 139の田端運転所転属に伴って変更が生じたものと思われる。
廣村典彦(兵庫県)
20170609180516-37f13fef5df754550ade4703776bfa7858143af0.jpg
カラフルなラッピングが施された5010号編成。
'17.6.6 山陽電鉄本線 大塩―山陽曽根 P:廣村典彦
20170609180208-80f703f9a8842d609ca69b72a9b17cdee54cbc7c.jpg
阪神本線をゆく"Meet Colors! 台湾"号。
'17.6.6 阪神電鉄阪神本線 今津 P:松田信彦
 2014(平成26)年より台湾鉄路管理局と姉妹鉄道協定を締結している山陽電気鉄道では、6月5日から5000系5010号編成を"Meet Colors! 台湾"号として運転している。運行初日には山陽姫路にて出発式が行われた。
 この「Meet Colors! 台湾」は台湾観光局が行うプロモーションであり、車体には台湾の色彩豊かな魅力をイメージしたラッピングが施された。車体色は阪神梅田方より1号車がピンク、2号車がオレンジ、3号車がイエロー、4号車がグリーン、5号車がブルー、6号車がパープルで、車輌前後にはヘッドマークも掲出されている。
 そのほか、扉の車内側は車体色に合わせたラッピングが施されており、中吊りポスターも「Meet Colors! 台湾」のものとなっている。
 なお、"Meet Colors! 台湾"号は来年6月4日までの期間、山陽姫路~阪神梅田間で運転される予定である。
松田信介(大阪府)
20170609164328-f7879a99ef41fdb1aa189cd379b516d158bb550e.jpg
南海8300系の甲種輸送は今年度初となる。
'17.6.6 片町線 徳庵
20170609164902-c1019efcf0bb649986318aa40244241694cc9836.jpg
今回輸送されたのは、機関車次位から順に8357-8707(2連)+8406-8656-8606-8306(4連)の2編成6輌であった。
'17.6.6 片町線 放出 P:水岡清助
 近畿車輛で新造された南海電気鉄道8300系2編成が、6月6日から7日にかけて徳庵→吹田信号場→天王寺→王寺→高田→和歌山→和歌山市の経路で甲種輸送された。
 牽引機は、徳庵→吹田貨物ターミナル間がDE10 1743(岡山機関区所属)、吹田貨物ターミナル→和歌山市間がDD51 1192(網干総合車両所宮原支所所属)であった。
鈴木港祐(愛知県)
20170605165917-9aac565a33707f68dc03b99c3f09a01757435155.jpg
まもなく高架線へと切り替わる区間を行く6019編成。系統板には「Final Run ありがとう6019F 2017.6.16」との文字が。
'17.6.2 名古屋鉄道犬山線 布袋―石仏
 名古屋鉄道6000系中期型2輌編成のうち、唯一ワンマン化改造が行われていなかった6019編成に、引退を告知する系統板が掲出されている。前後異なる配色の系統板が用意され、6月1日より掲出して運用に入っている模様である。
 なお、名鉄では3300系および3150系の増備が続いており、この編成以外にも運用を離脱する編成が出てくるものと思われる。
井上達也(大阪府)
20170531164443-b16555194b1148798c33810b2cad190ec564b095.jpg
種別・行先表示器以外に目立った変化は見られないが、時代に応じた仕様となった1004編成。
'17.5.30 南海電気鉄道南海本線 貝塚―二色浜
 長らく千代田工場に入場していた南海電気鉄道の1000系1004以下6輌が同所を出場し、5月29日より営業運転に復帰した。
 今回の入場では、種別・行先表示器のフルカラーLED化、車内案内表示装置のLCD化、自動放送装置の新設、座席モケットの変更などが行われ、行先表示器は50000系と同様の下部の表記が数秒ごとに「平仮名→ローマ字→簡体字→ハングル」と切り替わる仕様になった。そのほかは8300系とほぼ同等の仕様である。
 同編成は6輌であり、当面は難波~関西空港間の空港急行を中心に、特急以外の各種別で運行される模様である。
 なお、今回の入場では50000系で進行中の走行機器の更新は見送られたが、同形式としては初の大掛かりな更新工事であったため、今後ほかの編成に及ぶものか注目される。
松田信彦(大阪府)
20170601151004-197bd09ee3035fa8d868619584fced33fb514e8b.jpg
110周年記念ヘッドマークを掲出して直通特急の運用に就く5000系5012編成。
'17.5.30 阪神電気鉄道阪神本線 今津
 山陽電気鉄道では、今年7月2日に会社創立110周年を迎えることを記念して、5月22日から一部の編成に記念ヘッドマークを掲出している。
 なお、対象車輌は、6000系2編成、5000系5編成の予定である。
中司朔良(兵庫県)
20170531172153-3be42f78a65d8bb10642f61b43acc23737c6ef2f.jpg
新淀川橋梁を渡る5001編成。検査後も8連は維持された。
'17.5.30 阪急電鉄神戸本線 十三―中津
 5月30日、検査のため阪急電鉄正雀工場に入場していた西宮車庫所属の5000系5001編成が営業運転に復帰した。
 この編成は29日に正雀車庫から所属先の西宮車庫に返却され、復帰初日の運用は準急(神戸本線経由)→通勤特急→回送(朝入庫)であった。
 なお、5000系は昨年から一部編成が6連化されているが、5001編成は8連を維持しての出場となった。
中村 駿(静岡県)
20170530160224-bfd4732a21bf5faa4281ab6bdd591071e976d81d.jpg
EF65 2084にエスコートされる東京メトロ13000系。
'17.5.28 東海道本線 興津―由比 P:勝浦帆玖斗
20170530155722-e5a02974160bf44f2bb433ec6af6bf9a5ca0086d.jpg
朝日を浴びて、東進する13000系。
'17.5.28 東海道本線 新蒲原―富士川 P:中村 駿
20170530160328-d16949302e99171048eab4758ab7112296bc27bd.jpg
着々と本数を増やしている13000系。
'17.5.28 東海道貨物線 相模貨物―横浜羽沢 P:近藤規夫
 近畿車輛で落成した東京メトロ13000系13106編成が、5月27日から28日にかけて徳庵~熊谷貨物ターミナル間で甲種輸送された。
 牽引機は徳庵~吹田貨物ターミナル間が岡山機関区のDE10 1750、吹田貨物ターミナルからは新鶴見機関区のEF65 2084であった。
 なお、熊谷貨物ターミナルから羽生までの秩父鉄道線内の輸送は、29日に同社のデキ105およびデキ102を使用して行われた。
崎山喜一朗(東京都)
20170529150152-a02f87bb13e793a433699b5f5c49744cf877e175.jpg
晴天の中、3色の京急の電車が並ぶ。
'17.5.28 京急ファインテック久里浜事業所 P:福田智志
20170529150514-5b9810f1d3df9d17c2c1c0f12579bd3e9b49811e.jpg
展示される800形リバイバル塗装車。方向幕は旧式のものが再現された。
'17.5.28 京急ファインテック久里浜事業所 P:崎山喜一朗
20170529150718-b9e24b5961906dcd61bb38b25d164469f8d6e461.jpg
塗装しなおされて展示された旧1000形2輌(1356+1351)。
'17.5.28 京急ファインテック久里浜事業所 P:松山政昭
 京浜急行電鉄では、5月28日に京急ファインテック久里浜事業所で「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」を開催した。
 このイベントでは、旧1000形や800形リバイバル塗装車をはじめとする車輌の撮影会のほか、物品販売や事前応募制の「京急ものしり列車」の運行、運転台での撮影などが行われた。
中司朔良(兵庫県)
20170526150818-8081181d3de0f7d47859479e8dfee7b2df206714.jpg
運用後、回送で平井車庫に入庫する7015編成。
'17.5.22 阪急電鉄宝塚本線 雲雀丘花屋敷
 阪急電鉄では5月22日、宝塚本線の7000系7015編成がリニューアル後初めて運用に入った。初日の運用は通勤特急→回送(朝入庫)であった。
 同編成は2016(平成26)年9月よりアルナ車両にてリニューアル工事が行われ、5月19日に正雀から所属先の平井車庫に回送された。
 なお、同編成は宝塚本線所属の7000系で初めてのリニューアル車となった。
杉本 浩(三重県)
20170525162152-c7c9ea9517d188285dd3baf99a5c3a47249ebbe1.jpg
写真手前は初代"あおぞら"(20100系)の復刻塗装車である15204編成。
'17.5.21 近畿日本鉄道大阪線 伊勢石橋
20170525165723-1f9e7e242d7556e9c78f1871f94d5f1d062736fc.jpg
所属の異なる15204編成と15205編成が、併結されて大阪線を行く(手前は15205編成)。
'17.5.21 近畿日本鉄道大阪線 伊勢石橋
 5月21日、近畿日本鉄道大阪線で、団体専用車15200系"あおぞらⅡ"の15204編成(2輌)および15205編成(4輌)が併結運転されているのが確認できた。
 このうち15204編成は明星検車区所属で、15205編成は東花園検車区所属であるが、6輌に増結する場合は所属の同じ編成を使用することが多く、所属の異なる15204編成と15205編成の併結運転は珍しいものと思われる。
 なお、通常15205編成と併結されることの多い15203編成(2輌)は現在工場に入場しており、このために所属が異なる編成の併結運転が実現した模様である。
佐野 徹(京都府)
20170525153150-41708d5d617a0e992609fed8f11c0f17f3a443c7.jpg
記念ヘッドマークを掲出する2200系2259編成。
'17.5.20 京阪電気鉄道京阪本線 七条―東福寺
20170525153216-0bac8565f60daee79886ab86570d51b51fa4eeca.jpg
当時活躍していた初代3000系がデザインされたヘッドマーク。
'17.5.23 京阪電気鉄道京阪本線 西三荘 P:松田信彦
 京阪電気鉄道京阪本線では、三条~東福寺間(京都地下線)の地下化工事が1987(昭和62)年5月24日に完成してから30周年を迎えることを記念し、5月20日から一部の列車にヘッドマークが掲出されている。
 なお、掲出期間は10月31日までの予定である。
赤樫翔太(大阪府)
20170523184524-cbd9dd500835c456d632f6197c6169cfa9d7c02e.jpg
50年以上山陽電鉄を支えてきた3000系。写真は3004編成。
'17.5.20 山陽電鉄本線 霞ヶ丘―舞子公園 P:赤樫翔太
20170523184831-53f7fae0bced0482d6151441833667552f878775.jpg
50年以上の活躍に終止符が打たれる。
'17.5.23 山陽電鉄本線 山陽明石 P:松田信彦
20170524160325-03aadd12d687632ccbe160adee3933a28e151f1f.jpg
ラストランヘッドマークを取り付けた3200号編成。
'17.5.22 山陽電鉄網干線 山陽天満―平松 P:廣村典彦
 山陽電気鉄道では、新型車輌6000系の導入に伴い順次引退する予定の3000系3004編成および3200編成に、5月17日から「Last Run」のヘッドマークを掲出している。
 このうち3004編成は、車体に高価なアルミではなく普通鋼を採用した2次車であり、1967(昭和42)年から運行されてきた。また、3200編成は1969(昭和44)年に2000系の主電動機と駆動装置を流用して誕生した車輌である。
 なお、ヘッドマークは神戸側と姫路側で異なるデザインとなっており、5月31日まで掲出される予定である。
橋本 淳(滋賀県)
20170519151621-f3bcc4a72177c5f44b27704b6a65a2d7f886417d.jpg
生憎の曇り空の中、舞木検査場を目指して走行する9004レ。
'17.5.14 名古屋鉄道名古屋本線 新安城―宇頭
 名古屋鉄道が所有するレール輸送用のチキ10形(4輌)だが、このたび常駐先の大江から舞木検査場に回送され、5月14日に同所へ入場した。検査を受けるものと思われる。
 なお、舞木検査場へチキ10形が入場するのは、2014(平成26)年5月25日から行われた検査入場以来およそ3年ぶりのことと思われる。
 回送列車の編成はEL121+チキ11+チキ12+チキ13+チキ14+EL122で、大江~豊明間の走行は深夜時間帯であった。豊明~舞木検査場間は日曜日の朝方に走行したため、駅や沿線には多くのレイル・ファンが集まった。
勝浦帆玖斗(静岡県)
20170517145843-3c6116384411aca0e762b0b6ab30d1ebf514b064.jpg
16000系の甲種輸送は今年2月以来となる。
'17.5.13 東海道貨物線 相模貨物―横浜羽沢 P:遠藤 晃
20170517145657-27b603ca108b21f07ca343c822b764127a399770.jpg
小雨の降るなか甲種輸送される東京メトロ16000系。
'17.5.13 東海道本線 由比 P:勝浦帆玖斗
 5月11日~13日にかけて、川崎重工業兵庫工場で落成した東京地下鉄16000系16134編成が、兵庫~綾瀬間で甲種輸送された。
 牽引機は、兵庫~吹田貨物ターミナル(吹貨西)間がDE10 1750(岡山機関区所属)、吹田貨物ターミナル(吹貨西)~横浜羽沢間がEF65 2117(新鶴見機関区所属)、横浜羽沢~綾瀬間がDE10 1662(新鶴見機関区所属)であった。
 なお、川崎重工業兵庫工場~神戸貨物ターミナル間では、11日に6輌、12日に残り4輌が分割して輸送され、神戸貨物ターミナルから先はこれらを連結した10輌での輸送となった。
宮下幸市(愛知県)
20170516125836-9541626eef4ed4cc25ac473d33d457112c7389af.jpg
「教習車」の系統板を掲げ、普段は走らない尾西線を行く1800系。
'17.5.13 名古屋鉄道尾西線 森上―上丸渕
 5月13日に名古屋鉄道尾西線森上~日比野間で、1800系1805編成(2輌)を使用した教習が行われた。
 運転台には「教習車」と書かれた系統板が提出され、駅間での停止など、訓練をする様子も見ることができた。
瀧井翔一(東京都)
20170515190521-190c56ee5683e3d2358f9c40137c661de68e46ad.jpg
西武鉄道では池袋線系統を走るピンク色塗装の9000系9101編成が抜擢された。
'17.5.8 西武鉄道池袋線 清瀬―秋津
20170515185217-5026d9527631fa4aa8b044204c2696afe2a9acbf.jpg
平日朝ラッシュ時の運用を終え、複々線区間を回送で下る4000形4066編成。
'17.5.11 小田急電鉄小田原線 千歳船橋
20170515185350-00749b16621bd66d9429ab448ad4203259c647f5.jpg
狩川沿いを行く大雄山線用5000系5502編成。
'17.5.11 伊豆箱根鉄道大雄山線 穴部―飯田岡
 2007(平成19)年3月18日にサービス開始してから今年でちょうど10周年を迎えたICカード「PASMO」の特別キャラクター「PASMOのミニロボット」があしらわれたヘッドマークが、関東私鉄のPASMO加盟事業者26社のうち21社で順次掲出されている。
 掲出期間は西武鉄道が7月28日まで、ほかの各社は6月30日までの予定となっている(東急電鉄と東京地下鉄は期間未定)。
松田重彦(大阪府)
20170512170438-ceaafcd0c7a2025f15cbd72aa2322c1fbc46319f.jpg
〈葛城高原号〉の副票を掲出して走行する6136編成。
'17.5.5 近畿日本鉄道南大阪線 古市―駒ヶ谷
 近畿日本鉄道では、葛城山のつつじ観賞への利便を図るため5月3~7・13・14・20・21日に臨時急行〈葛城高原号〉を大阪阿部野橋~近鉄御所間で各日2往復運転している。
 このうち5日の運転では6020系6136編成("ラビットカー"復刻塗装車)が充当された。
中村直樹(埼玉県)
20170512165413-64030ab0719664ea5a0b44a709406c4bc9ae4ce5.jpg
〈Fライナー〉元町・中華街行きのY514編成。種別は快速急行を表示。
'17.5.5 西武鉄道池袋線 飯能(踏切から撮影)
 5月5日、横浜高速鉄道Y500系514編成が、56K運用の一部を代走し、元町・中華街~飯能および元町・中華街~小手指間の〈Fライナー〉としても運行された。
 8輌編成のY500系が所定10輌の運用につくのは珍しいものと思われる。
中村 駿(静岡県)
20170511161756-9f9dd5babe33a831b793583261fe2f1511712a8f.jpg
近畿車輛から誘導により出場。
'17.5.6 片町線 徳庵 P:池田智哉
20170511161942-b53edfe8a07d473f6275fee895acfbed25e9d5ca.jpg
5編成目の13000系が輸送される。
'17.5.6 東海道本線 茨木 P:水岡清助
20170510185144-a3587b453b34916ec97e88b270dd915a5bdb9375.jpg
朝日を浴びて、東海道線を上がる13000系。
'17.5.7 東海道本線 興津―由比 P:中村 駿
20170511162058-8f4ae3ab456a29ee8010ca645f785af2f32d449d.jpg
GW期間の最終日に行われた甲種輸送。
'17.5.7 東海道貨物線 西湘貨物―相模貨物 P:遠藤 晃
 5月6日から7日にかけて、近畿車輛で落成した東京メトロ13000系13105編成が徳庵~熊谷貨物ターミナル間を武蔵野線経由で甲種輸送された。牽引機は徳庵~吹田貨物ターミナル間が岡山機関区のDE10 1750、吹田貨物ターミナル~横浜羽沢間が吹田機関区のEF66 127、横浜羽沢~熊谷貨物ターミナル間が新鶴見機関区のEF65 2076であった。
 また、熊谷貨物ターミナル~羽生間の秩父鉄道線内の輸送は、8日に同社のデキ504およびデキ302を使用したプッシュプルで行われた。
 なお、EF66 100番代が13000系の甲種輸送を牽引するのは今回が初めてとなった。
内田 聡(東京都)
20170502155258-4985be7068e86276b1a09bd9f52fd53aac756999.jpg
新たな基地に落ち着いた機関車たち。
'17.4.30 東武鉄道鬼怒川線 下今市
 5月2日、東武鉄道は今夏からの〈SL大樹〉運転に向け、下今市機関区を開設した。
 これに先立つ4月30日には、同列車で使用されるC11 207、ヨ8000、14系客車がDE10 1099の牽引により南栗橋から下今市に移動し、到着後にC11 207は転車台で鬼怒川方向に方向転換されて格納された。
 なお、2日には下今市駅構内にて開設式が挙行されたほか、「下今市機関区開設 記念乗車券」が発売された(6月1日まで販売、売り切れ次第終了予定)。
岩片浩一(東京都)
20170501152534-ddabbb3e75efe6ace482e9c0e6add67e2fd41c16.jpg
毎年恒例である1800系1819編成使用の臨時列車。
'17.4.30 東武鉄道日光線 静和―新大平下
 東武鉄道では、4月29日よりゴールデンウィークに合わせた臨時列車が浅草~東武日光間で各日2往復運行されている。
 このうち1往復は6050系(4輌)、他方には1800系1819編成が使用されており、5月7日までの期間に平日を除いて毎日運転される予定である。
水岡清助(大阪府)
20170424170112-9cd8a7c0c0edfa4c6852fd9649131865c2483141.jpg
集電方式が異なるため伴車にモト75形が連結される。
'17.4.21 近畿日本鉄道橿原線 橿原神宮前
 4月20日と21日に東花園検車区東生駒車庫に所属する近鉄7000系HL05編成が五位堂研修車庫を出場した。当編成は第三軌条方式であるため集電靴とドアステップが外され両端にモト75形を連結して行われた。出場は2日に分けて行われ1日目は学研奈良登美ヶ丘寄りの3連、2日目は長田寄りの3連が所属先に回送された。
福田智志(埼玉県)
20170424160821-23bc5ed9afccdfc8919629ed33a54d669812e65b.jpg
4月21日のダイヤ改正から500系"Revaty"が営業運転を開始した。
'17.4.23 東武鉄道日光線 東武日光
 東武鉄道は、4月21日のダイヤ改正から500系"Revaty"の営業運転を開始した。東武鉄道で新型特急車輌の導入は約26年ぶりのこと。〈リバティけごん〉、〈リバティ会津〉、〈リバティきぬ〉、〈リバティりょうもう〉、〈アーバンパークライナー〉(平日のみ運転)の全列車と、〈スカイツリーライナー〉の一部列車に使用される。運転開始初日の4月21日には浅草駅で出発式が開催された。
杉本 浩(三重県)
20170424153212-04a10fc1491f6c725a1dcefdfbf8b9f446540cdb.jpg
15400系"かぎろひ"車2編成4輌による団体ツアー貸切列車。
'17.4.23 近畿日本鉄道大阪線 室口大野―三本松
 近畿日本鉄道では、三重県伊勢市で4月21日から5月14日まで開催されている第27回全国菓子大博覧会・三重(お伊勢さん菓子博2017)に伴い、大阪線上本町~鳥羽線五十鈴川間にて団体ツアー貸切列車が運転されている。ツアー主催はクラブツーリズムで、4月23日は、専用車"かぎろひ"車15400系15401F(PN51)+15402F(PN52)2編成4輌で運転された。
瀧井翔一(東京都)
20170421133431-cac7bfc6d15bd5581e28cc0e5cc3c4d6bbc8939a.jpg
東京スカイツリーを背景に隅田川橋梁を渡る6050系の上り区間快速。
'17.4.20 東武鉄道伊勢崎線 とうきょうスカイツリー―浅草
 東武鉄道では4月21日にダイヤ改正が行われ、それに伴い浅草から東武日光・鬼怒川方面へ運転されてきた6050系使用の「快速」・「区間快速」が20日の運転をもって消滅した。
 快速は1965年から半世紀以上、区間快速は2006年から約11年間にわたる運行に終止符を打ち、同時に6050系は浅草~東武動物公園~南栗橋間の定期列車からも撤退した。また浅草駅5番線には、同日に引退した300型6輌編成とともに、これまでの活躍を振り返るポスターが掲出された。
 なお、20日の下今市14:14発上り区間快速および浅草16:40発の下り区間快速は、浅草~下今市駅間で浅草方から61103編成(野岩鉄道所属)+61201編成(会津鉄道所属)+6152編成(東武鉄道所属)の3本を連結した6輌で運転され、3社の6050系が揃う組成となった。
高木善晴(大阪府)
20170418145323-ce29a8377b098340390ef312a17962dd496e9ee7.jpg
箕面線での代走は2度目となる阪急6000系6014編成。
'17.4.16 阪急電鉄箕面線 箕面
 阪急電鉄箕面線では主に5100系4輌編成が運用されているが、4月15日から6000系6014編成(4輌)による代走が確認された。箕面線で使用されている5100系5132編成(4輌)が検査で正雀へ入場したことにより、車輌が不足しているためと思われる。
 なお、同編成が箕面線を代走したのは昨年の8月23日以来、2度目のことと思われる。
勝浦帆玖斗(静岡県)
20170417174207-0c5755902a13c1f702c74e5d8b7a3f3cbb6a070a.jpg
東京メトロ13000系が甲種輸送される。
'17.4.16 東海道本線 富士―吉原
 近畿車輛で落成した東京地下鉄13000系13104編成(7輌)が、4月15日から16日にかけて徳庵~熊谷貨物ターミナル間で甲種輸送された。
 牽引機は徳庵~吹田貨物ターミナル(吹貨西)間が岡山機関区所属のDE10 1750、吹田貨物ターミナル(吹貨西)~横浜羽沢間が新鶴見機関区所属のEF65 2066、横浜羽沢~熊谷貨物ターミナル間が同機関区所属のEF65 2097であった。
松山政昭(神奈川県)
20170417165401-3a86f7c9ba0b3e6268802326d4876c065f33ac54.jpg
日光を目指す300系〈きりふり275号〉。
'17.4.16 東武鉄道日光線 板荷―下小代
 東武鉄道では4月21日にダイヤ改正を実施し、500系"Revaty"が営業運転を開始すると同時に、300系の運用が終了する予定である。
 これを記念して、16日に同系を使用した臨時特急〈きりふり275号〉が「ありがとう300型 引退記念運転」として浅草→東武日光間で運転された。
 また、北千住~春日部間を含む特急券を事前購入した利用客には車内で記念乗車証が配布されたほか、東武日光に到着後は5番線ホームで写真撮影会が開かれた。
近藤規夫(東京都)
20170414201541-3b006fd11a6899f71f56212406d4d0a7066bb3b9.jpg
4月6~7日には箱根登山鉄道3100形の輸送を行ったEF65 2068。
'17.4.8 中央本線 豊田―八王子 P:近藤規夫
20170414201043-b5234aa30def2313f63d7e4dea0029f3ea30251f.jpg
263編成に牽引されて小手指に到着する253編成。
'17.4.9 西武鉄道池袋線 西所沢―小手指 P:中村直樹
 4月8日~9日にかけて、西武鉄道多摩川線の車輌交換のための甲種輸送が新秋津~八王子~武蔵境間で行われ、小手指車両基地から白糸台車両基地へ新101系241編成が、また白糸台から小手指へ同系253編成が輸送された。
 このうち8~9日の新秋津~八王子~武蔵境間、および9日深夜の武蔵境~八王子間はEF65 2068(新鶴見機関区所属)が牽引した。また、9日の八王子~新秋津間はEF65 2087(同)が牽引した。
三瓶嶺良(東京都)
20170412160826-687c58cff65f6af0b75cb9bf9c6c4b3d284b8ce2.jpg
満開の桜を横目にゆく305F。
'17.4.12 東急電鉄世田谷線 山下―松原
 東急電鉄では、世田谷線の前身である玉川電気鉄道(玉電)が開業してから今年で110周年になることを記念して、4月10日よりデハ300形305Fに開業当時の狭軌車輌をイメージしたラッピングを施している。
 なお、玉電は1907(明治40)年3月6日に道玄坂上~三軒茶屋間が開通し、同年4月1日には三軒茶屋~玉川(現:二子玉川)間、同年8月11日に渋谷~道玄坂上間が開通した。世田谷線は1925(大正14)年開業で、1969(昭和44)年5月10日に旧 玉電線区が廃止された後も存続し、その名残をとどめている。
藤岡佑樹(佐賀県)
20170407135636-f7aa9ec99609fba326d762752a25ef4d007f517d.jpg
5101編成最後の出庫シーン。写真後方に5115編成が連結されている。(写真は営業最終日)
'17.3.31 西日本鉄道天神大牟田線 筑紫
 西日本鉄道では3月20日に新型車輌9000形が営業運転を開始したが、これに置き換えられる形で5000形5101編成(5101+5301+5501)が3月31日の運転を最後に運用を離脱していた。
 同編成は4月5日に筑紫車両基地の解体線に入っており、今後廃車・解体されるものと思われる。
瀧井翔一(東京都)
20170407134429-7243305b79a9ee7caebe16711ef3d30f458afc48.jpg
「ももいろクローバーZ駅」仕様となったふじみ野駅東口の駅名看板。
'17.4.6 東武鉄道東上線 ふじみ野
 4月5日から5月7日まで、東武鉄道東上線ふじみ野駅東口の駅名看板が「ももいろクローバーZ駅」仕様となっている。
 これは、埼玉県富士見市の市制施行45周年記念事業として4月8日と9日の両日に開催される「ももいろクローバーZ」のコンサート「ももクロ 春の一大事2017 in 富士見市」に合わせたものである。
 なお、メンバーの一人で富士見市PR大使でもある有安杏果さんのイメージカラーに合わせてのことか、看板も緑色のものになっている。
井上遼一(大阪府)
20170405140307-89a16e5fa492d103067ba25349ad2240ae556f5d.jpg
みさき公園開園60周年記念ヘッドマークを掲出し、空港急行の運用に就く9000系。
'17.4.4 南海電気鉄道高野線 今宮戎
 南海電気鉄道では、高野線用6200系と南海本線用9000系のそれぞれ1編成に、みさき公園開園60周年記念ヘッドマークを掲出している。期間は3月17日~5月31日の予定である。
 なお、この開園60周年記念イベントの一環として、動物のエサ代など運営費用のサポーターを募る購入型クラウドファンディングが4月1日から行なわれており、現在掲出中のヘッドマークは5万円コース(3口限定)に応募したサポーターへの返礼品としてプレゼントされる。
井上遼一(大阪府)
20170330172848-885625520b8ae9719afaaf8424c1fa5debb4d74d.jpg
複々線区間を行く、20周年記念ヘッドマーク付き9000系準急。
'17.3.29 京阪電気鉄道京阪本線 大和田
 京阪電気鉄道では、9000系が1997(平成9)年にデビューしてから今年で20周年になることを記念して、3月22日から9000系の全編成に「9000系車両20周年記念ヘッドマーク」が掲出されている。このヘッドマークには「9000SERIES SINCE1997」の文字とデビュー当時の9000系があしらわれている。
 なお、掲出は9月30日までの予定である。
熊井和希(神奈川県)
20170330141521-a0e123311eb98538f870243a600a3b7a158b47f0.jpg
急遽40K運用に充当された8606F。
'17.3.29 東急電鉄田園都市線 鷺沼―たまプラーザ
 東急電鉄では、2016(平成28)年4月より田園都市線溝の口~長津田間の開通50周年を記念するヘッドマークを8500系8606Fと5000系5102Fに掲出していたが、3月29日までに掲出を終了した。
 このうち8606Fは、同日あざみ野駅で発生した人身事故の影響により、定期回送から急遽運用が変更されて営業運転に入り、40K運用に充当された。
中村直樹(埼玉県)
20170328151108-fac5b39a4cf086c9d16cee113018412a87761da3.jpg
横瀬車両基地へ向かう2000系2019編成。
'17.3.28 西武鉄道池袋線 西所沢―小手指
 3月28日、西武鉄道2000系初期型の2019編成が、南入曽車両基地から横瀬車両基地へ回送された。廃車になるものと推測される。
 今回の回送により2000系初期型は残り66輌となり、全車が新宿線系統で運用中である。内訳は8輌が2001・2003・2007の3編成、6輌が2021・2027・2031・2033の4編成、2輌が2401・2403・2405・2407・2409・2011・2413・2417・2419の9編成である。
松田信彦(大阪府)
20170328141821-9c6b96e4688903f15cd3a1dd235b49f9622f740f.jpg
北千里の留置線にたたずむ「さくら」ヘッドマーク掲出中の3000系。
'17.3.27 阪急電鉄千里線 北千里
 阪急電鉄では、3月17日頃より京都線・宝塚線・神戸線の各4編成(計12編成)に「さくら」ヘッドマークを掲出して運転している。掲出期間は4月9日までの予定である。
 なお、ヘッドマークのデザインは昨年と同じものとなっている。
中村直樹(埼玉県)
20170327154203-570c25546598fc486b45652ebbb88342bb6b2ec3.jpg
〈S-TRAIN〉一番列車となった40101編成。
'17.3.25 西武鉄道池袋線 秋津―所沢
 3月25日、西武鉄道・東京メトロ有楽町線・副都心線・東急電鉄東横線でダイヤ改正が実施され、有料座席指定列車〈S-TRAIN〉の運行が開始された。〈S-TRAIN〉は、西武鉄道40000系を使用し、平日は所沢~豊洲間で、また土休日は西武秩父~元町・中華街間で運転される。
 一番列車となった3月25日の〈S-TRAIN1号〉元町・中華街発西武秩父行きには40101編成が充当された。
齋藤有希(埼玉県)
20170327155828-35754af0a6901de52cf5c2a505b7ddc10d8f77be.jpg
初日は日比谷線内での運用が中心であった。
'17.3.25 東京地下鉄日比谷線 北千住
 昨年末に東京地下鉄日比谷線南千住~霞ケ関間にて特別運行を行った同社の13000系が、3月25日から通常の営業運転を開始した。初日は13102編成が運用に就いた。
 なお、日比谷線の車輌は、2020年度までに従来の03系(全42編成)から13000系(全44編成)に更新される予定である。
福田智志(埼玉県)
20170327190652-b8fde2ea8a14142720c707c830470a34e1e3a9dc.jpg
撮影会では新型車輌をはじめ、東武の現役車輌が展示された。
'17.3.26 東武鉄道 南栗橋車両管区 P:廣島一貴
20170327190556-74f84fc64146dd3a4d44311d12d20e4754578068.jpg
C11 207と客車2輌および車掌車をつなげて展示、試乗会も実施された。
'17.3.26 東武鉄道 南栗橋車両管区 P:福田智志
 東武鉄道は3月26日、「SL撮影会」を南栗橋車両管区で開催した。このイベントでは、〈SL大樹〉に使用されるC11 207が展示されたほか、事前応募制で〈SL大樹〉に使用される客車の試乗会が実施された。
 他にも500系"Revaty"や東京地下鉄日比谷線直通用の新型車輌70000系など、7種類の車輌を並べた撮影会も開催され、悪天候ではあったものの多くのレイル・ファンたちで賑わった。
松田信彦(大阪府)
20170324183351-f07ff06514483271a88aa83ea6a73048c93b13a1.jpg
神戸本線は1000系1000編成に取り付けられている。
'17.3.24 阪急電鉄神戸本線 梅田 P:中司朔良
20170324182951-49f3b3055aacdf70ff78ea873ec1fdd2a900301d.jpg
「大阪杯」ヘッドマークを掲出する5000系5004編成。
'17.3.24 阪急電鉄今津線 門戸厄神―西宮北口 P:松田信彦
 阪急電鉄は、阪神競馬場でのGIレース「大阪杯」の開催にあわせて、3月24日よりヘッドマークを掲出している。
 掲出期間は4月2日までとなっており、掲出される車輌は神戸本線の8輌編成1本、今津線の6輌編成3本の予定である。
中司朔良(兵庫県)
20170324164313-500117c6eca158da5d282651aec08cbc4d2e1df1.jpg
真新しい姿で梅田に入線する1010編成。
'17.3.24 阪急電鉄神戸本線 梅田
 阪急電鉄では、1000系の11編成目となる1010編成が、3月24日より神戸本線にて営業運転を開始した。
 なお、この編成は23日に正雀から所属先の西宮車庫に回送された。
中村直樹(埼玉県)
20170323162548-d21ea56d13c014b9384c7bb3c4960c8b15ef9d0e.jpg
黒地の幕表示と未使用窓の白色が対照的だった2015編成(写真は営業運転時)。
'17.3.22 西武鉄道新宿線 所沢―東村山
 3月23日、西武鉄道2000系2015編成が、南入曽車両基地から横瀬車両基地へ回送された。廃車になるものと思われる。2015編成は1978年竣工で、新宿線系統で運用されていた。21日に工事施工のため小手指車両基地に入場し、22日は再び新宿線系統で運用されていた。
 これで2000系初期型は残り72輌となった。内訳は8輌が2001・2003・2007の3編成、6輌が2019・2021・2027・2031・2033の5編成、2輌が2401・2403・2405・2407・2409・2011・2413・2417・2419の9編成で、全車が新宿線で運用中である。
 なお、幕式の種別・行先表示器を搭載する2000系初期型は6輌では消滅し、8輌の2007編成と2輌の2403編成のみとなった。また、前面右上の未使用窓が白色の編成は2001編成のみとなった。
廣村典彦(兵庫県)
20170323165452-132ac6194d13bfcf9f056b1cd190f615288305e9.jpg
「センバツ」副票と神戸港開港150周年記念ヘッドマークが並ぶ。
'17.3.20 山陽電鉄本線 妻鹿―白浜の宮
 3月19日から阪神甲子園球場で開幕した第89回選抜高校野球大会をPRする副票が、阪神電鉄および山陽電鉄を走る一部の6輌編成の運転助士席上部に掲出されている。デザインは昨年と同様のものである。
 現在、山陽電鉄の6輌編成の一部には神戸港開港150周年記念ヘッドマークも掲出されており、副票とヘッドマークが並ぶ姿もみられる。
 なお、選抜高校野球大会の開催期間に合わせて、甲子園の列車接近メロディーが今大会の入場行進曲である「恋」(星野源)に変更されている。
福地健至(千葉県)
20170323142120-16315c046e3fcb53022d6018935071b4c7c63f12.jpg
久々の東横線入線となった。
'17.3.17 東急電鉄東横線 多摩川
 3月17日、東京地下鉄日比谷線の03系03-101編成が検査のため鷺沼工場に入場した。
 03系は2020年度までに13000系で置き換えられることが決まっており、今後の動向が注目される。
井尻慶輔(福岡県)
20170323141039-64955db0125b1d4dc0496d2913cf0ae30911583b.jpg
試運転ではみられなかった9000形7輌編成。
'17.3.18 西日本鉄道天神大牟田線 都府楼前―二日市
 西日本鉄道では、3月20日の9000形営業運転開始に先立ち、18日に試乗会を実施した。当日は福岡(天神)11:20発→筑紫→福岡(天神)13:02着の臨時ダイヤで運転され、LED表示は「貸切」となっていた。
 なお、編成は下り方より9001編成(3連)+9104編成(2連)+9103編成(2連)の7輌であった。
勝浦帆玖斗(静岡県)
20170322135311-f3062b8859d05970e123dd52567961d4030553d7.jpg
快晴のなか、甲種輸送される。
'17.3.22 東海道本線 金谷―菊川
 3月22日、小田急30000形"EXE"30252編成(4輌)が日本車輌製造豊川製作所でのリニューアル工事のため、松田~豊川間で甲種輸送された。
 牽引機は、松田~西浜松間がEF65 2068(新鶴見機関区所属)、西浜松~豊川間がDE10 1727(愛知機関区所属)であった。
田上健司(愛知県)
20170315134015-988e5e338dda2c0bd0b7df1a8acf280e40e2d615.jpg
カラシ色の貫通扉が特徴のEF65 2127に牽かれ雨の東海道本線を行く。
'17.3.14 東海道本線 金谷―菊川 P:田上健司
20170315134341-a2170c716a383c108567d9bb280a776ede6cac6d.jpg
小田急30252編成リニューアルのため、輸送される。
'17.3.14 東海道本線 菊川―掛川 P:大谷真弘
20170315134138-9ad6b77896c303ff3b3fe571bf7266d3fc7f6947.jpg
ATS改造後、2度目の日本車輌製造への入場となる"EXE"30252編成。
'17.3.14 東海道本線 弁天島―新居町 P:田上健司
 小田急電鉄 30000形"EXE"6連30252編成が、松田から豊川まで甲種輸送された。同車は日本車輌製造へ入場し、昨年リニューアルされた30251編成と同様の改造・工事を受けるものと思われる。
 牽引機は、松田~西浜松間が新鶴見機関区EF65 2127、西浜松~豊川間が愛知機関区DE10 1581であった。
大谷真弘(静岡県)
20170313145227-7904d2a1b292ca703b6a8195371b652e6be56b5e.jpg
EF66ラストナンバーに牽かれる東京メトロ15000系。
'17.3.11 東海道本線 掛川―菊川 P:勝浦帆玖斗
20170313145005-643a26ae0cc2c2dec14c25817a46dfdb96630e06.jpg
青い空、青い機関車、青いラインのメトロ車輌が輸送される。
'17.3.11 東海道本線 菊川―掛川 P:大谷真弘
 日立製作所笠戸事業所で新製された東京地下鉄15000系15116編成(10輌)が、3月10日から12日にかけて下松から中野まで甲種輸送された。牽引機は、下松~横浜羽沢間がEF66 133(吹田機関区所属)、横浜羽沢~中野間がEF65 2083(新鶴見機関区所属)であった。
大場 真(東京都)
20170313165533-8b1618ce0ec97ec2899e6835d8cc51c826f9ca0b.jpg
サプライズでローレル賞のヘッドマークが掲出された。
'17.3.12 東京地下鉄 中野車両基地
 3月12日、東京地下鉄主催の「さよなら銀座線01系メモリアルイベント」が開催された。当日は、10日に営業運転を終了した銀座線01系130編成による参加者限定の特別列車が、上野検車区から銀座線および丸ノ内線を経由して中野車両基地まで運転された。
 また、車両基地到着後には工場見学や運転台撮影、車輌撮影などのイベントが行われた。
杉本 浩(三重県)
20170313163745-8b157d2835e6f9c09d5a95f27d4558cb88681015.jpg
特製ヘッドマークを掲出し運行に就く2423編成。
'17.3.12 近畿日本鉄道大阪線 榊原温泉口―大三
 近畿日本鉄道では3月12日に、青山高原に点在している鉄道遺産をめぐるツアー「鹿踏切と青山高原鉄道遺産めぐり」が行なわれた。参加者は、大阪線に日本で初めて設置された「鹿踏切」や旧東青山駅跡および変電所跡などを見学した。
 このツアーに合わせて、大阪線の定期列車に特製ヘッドマークが掲出された。運用に充当されたのは、2410系2423編成(W23)であった。
勝浦帆玖斗(静岡県)
20170313173049-397674c8a696b06f2d0681919467bbfc874a2556.jpg
早くも3編成が甲種輸送された。
'17.3.12 東海道本線 富士―吉原
 近畿車輛で新製された東武鉄道70000系71703編成7輌が、3月11~12日にかけて徳庵~熊谷貨物ターミナル間で甲種輸送された。
 牽引機は徳庵~横浜羽沢間がEF65 2050、横浜羽沢~熊谷間がEF65 2075(ともに新鶴見機関区所属)であった。
崎山喜一朗(東京都)
20170313140549-bb84a07ac396ef82d16e2fda4d3b20fc284f2358.jpg
西武球場前で並んだ40000系第1編成と第2編成。
'17.3.12 西武鉄道狭山線 西武球場前
 3月12日、西武鉄道では西武球場前駅構内で「新型通勤車両40000系お披露目イベント」が開催された。
 このイベントでは、40000系の車輌撮影会や内覧会のほか記念グッズの発売などが行われた。また、「40000系初運行イベント」として、池袋~西武球場前間を1往復する体験乗車も行われた。
廣村典彦(兵庫県)
20170308181140-af4a4a62a97bfb58d099c6ebbf113aa27a6c9272.jpg
2輌目の3013がクロスパンタ化。検査は写真手前から2・3輌目で実施。
'17.3.5 山陽電鉄本線 八家―的形
 山陽電鉄3000系3012号編成(西代側から3012+3013+3606)の検査が終了し、営業運転に復帰した。
 今回の検査と同時に、中間電動車(3013)のパンタグラフが菱形から下枠交差型に変更された。3000系のパンタグラフの下枠交差型への変更は3008号編成に続いて2本目であるが、集中クーラー編成では初めてのことである。
 なお、検査は姫路側2輌を対象に行われた。
西澤堅斗(埼玉県)
20170308141628-2d9421f4cea07c027bcbfef82447c83bd7189a44.jpg
西武鉄道で唯一の新交通システム車輌である8500系の試運転。
'17.3.3 西武鉄道山口線 西武球場前―東中峯信号場
 先日武蔵丘車両検修場を出場し、山口車両基地へ陸送された8500系8521編成の試運転が、3月3日に西武球場前~西武遊園地間で4往復行われた。
 山口線内で試運転が行われる機会はあまりなく、沿線には多くのレイル・ファンが集まった。
松山政昭(神奈川県)
20170307174644-45b088982b15557d9e44a15949603dfe8eb98a65.jpg
池袋駅を出発する81107編成。
'17.3.5 東武鉄道東上線 池袋―北池袋
 池袋から越生までの直通運転が行われる東武鉄道の臨時列車〈越生観梅号〉が、越生梅林梅まつりにあわせて14年ぶりに運転された。
 使用されたのはツートンリバイバルカラーの8000系81107編成で、池袋駅入線も久しぶりだった。
近藤規夫(東京都)
20170306190050-9a240d889ff0753581f691d30f2f9854da9f64b7.jpg
快晴の東海道を東進する。
'17.3.5 東海道貨物線 相模貨物―横浜羽沢
 3月4日から5日にかけて、東武鉄道70000系71702編成が徳庵から熊谷貨物ターミナル間で甲種輸送された。
 なお、牽引機は徳庵~吹田貨物ターミナル間が岡山機関区所属のDE10 1750、吹田貨物ターミナル~横浜羽沢間が新鶴見機関区所属のEF65 2083、横浜羽沢~熊谷貨物ターミナル間が同所属のEF65 2138であった。
遠藤 晃(神奈川県)
20170227165843-9cb5f8fe99faa27f5e666951068334693e3210f2.jpg
日中の東海道を新鶴見EF65に牽引された東武70000系が走り抜けた。
'17.2.26 東海道貨物線 相模貨物―横浜羽沢
 2月25日から26日にかけて、新規に落成した東武鉄道70000系の甲種輸送が行われた。牽引は吹田から熊谷貨物ターミナルまで、新鶴見機関区所属のEF65 2093が担当した。
廣島一貴(東京都)
20170227144721-c7413a85fc9d7c4bbe819358db4c06401364b5e4.jpg
「卒業」と「感謝」のヘッドマークを掲げ、通い慣れた下町を走り去る。
'17.2.26 京成電鉄本線 町屋―千住大橋 P:前田明彦
20170227144534-64db615733f1c1d6aa0fe440bc337c76d0132a5c.jpg
「卒業」マークを掲げて最後の本線走行に臨む。
'17.2.26 京成電鉄本線 京成佐倉―大佐倉 P:廣島一貴
20170227164726-d858b2c651a9fbe46de9def89d52215e31e6ecbc.jpg
宗吾車両基地ではツアー参加者限定の撮影会が開催された。
'17.2.25 京成電鉄 宗吾車両基地 P:福田智志
 京成電鉄では2月25日および26日に、3500形未更新車で最後まで残った3588編成4輌を使用した「さよなら3500形未更新車記念ツアー」が行われた。成田方の先頭車には「卒業」、上野方の先頭車には「感謝」と書かれたヘッドマークが掲出された。
 ツアー列車は1日目と2日目でそれぞれ異なるルートを通り、京成各線を走行した。また、宗吾車両基地では、ツアー参加者向けの撮影会や物品販売が行われた。
松田重彦(大阪府)
20170227141518-bf03efd922973befec16c129c0fc3bc75c2a26df.jpg
青空の下1810系が重連で走り抜ける。
'17.2.26 近畿日本鉄道名古屋線 桃園―伊勢中川 P:坂部正光
20170227141335-28b3815e4d1b7a99ede286357a75a0da1d170f75.jpg
貸切表示で走行する登場50周年の1810系4輌。
'17.2.26 近畿日本鉄道名古屋線 近鉄四日市 P:松田重彦
 近畿日本鉄道では2月26日、1810系の登場50周年を記念して「1810系重連満喫ツアー」が開催された。このツアーでは、1810系2編成を連結した貸切列車が、名古屋線・志摩線・大阪線などを走行した。編成は名古屋方から1926+1826+1927+1827であった。
 なお、運転区間は回送を含めて富吉~赤崎~東青山~松阪~富吉であった。
松田信介(大阪府)
20170222134127-f5d38b6ae37e93d03501ffdf5d98d8f6cc8f0632.jpg
DF200牽引の14系客車。
'17.2.20 函館本線 稲積公園 P:藤井浩貴
20170222133824-48ddf89ead70c369d3f0634d13f664c2f1014b0c.jpg
懐かしい赤と青の組み合わせ。
'17.2.21 津軽線 津軽宮田―油川 P:松田信介
20170224132013-c778d1e0c149afa7f2403479cec676ef8a16672e.jpg
茶色と黄色の人気釜に挟まれ秩父鉄道を行く14系。
'17.2.23 秩父鉄道秩父本線 東行田―武州荒木 P:上屋敷憲史
 急行〈はまなす〉で使用されていた14系4輌(スハフ14 508・オハ14 504・オハ14 505・スハフ14 501)が、2月20日から22日にかけて手稲~五稜郭~青森信号場~大宮(操)~熊谷貨物ターミナル間で甲種輸送された。
 牽引は手稲~五稜郭間がDF200-108(五稜郭機関区所属)、五稜郭~青森信号場がEH800-14(同)、青森信号場~熊谷貨物ターミナル間がEH500-35(仙台総合鉄道部所属)であった。
 また、23日には、秩父鉄道熊谷貨物ターミナル~羽生間での甲種輸送が三ヶ尻線経由で行われた。こちらは同鉄道のデキ502および505の牽引であった。
中尾信太郎(埼玉県)
20170223132452-1190d4e1799aa44754e4e4ed6a40bfd8c3276f7f.jpg
"Revaty"9輌の甲種輸送が秩父鉄道線内で行われた。
'17.2.20 秩父鉄道秩父本線 ひろせ野鳥の森―石原
 2月20日、4月から運行開始予定の東武鉄道500系"Revaty"の甲種輸送が秩父鉄道で行われた。今回輸送された506編成~508編成をもって、全編成が揃った。
 牽引機は秩父鉄道のデキ501および507であった。沿線には、平日にもかかわらず撮影者が集まった。
高橋将貴(茨城県)
20170221135301-0282f4fadcf9ad7205613a967b820bc2c2390efb.jpg
リバイバルカラーを身にまとった8568編成。
'17.2.14 東武鉄道日光線 新古河―柳生
 東武鉄道8000系8568編成は、2月16日より、かつての試験塗装車輌をイメージしたリバイバルカラーとなって運行されている。
 これは、亀戸線沿線の活性化を目的としたもので、昨年より8577編成に施されている昭和30年代標準色のリバイバル塗装が好評であるため、その第2弾として行われている。今回のリバイバルカラーは、昭和30年代の一時期、4輌のみに実施された試験塗装をイメージしたもので、グリーン色の車体にジャスミンホワイト色の帯が組み合わされている。
 なお、これに先立つ2月14日には、南栗橋~新栃木間にて出場試運転が行われた。
中司純一(兵庫県)
20170221134037-c0cadaa34f8bb2fcaf78138a8ec94f7abdcd7cc3.jpg
「阪急杯」PRのヘッドマークを掲出する5000系5004編成。
'17.2.19 阪急電鉄今津線 宝塚南口―逆瀬川
 2月26日に阪神競馬場で開催されるレース「阪急杯」をPRするヘッドマークが、阪急電鉄今津線の5000系5004編成および5010編成に掲出されている。掲出期間はレース当日の26日までとのことである。
 なお、今回のヘッドマークは二編成とも同じデザインとなっている。
松山政昭(神奈川県)
20170220140204-442ffee54e2d01589794939a81c97113b7f4d191.jpg
朝日を浴びて東海道を上るEF65 2139と"Revaty"。
'17.2.19 東海道本線 真鶴―根府川 P:松山政昭
20170220140345-ae9c200c8b7d5b2fb872e24c8d5e498f25a68d4b.jpg
このところ甲種輸送の担当が多いEF65 2139。
'17.2.19 東海道本線 富士 P:松田信彦
20170220140754-684c376c59f6d5b797e6478fb9c7faaff327eb06.jpg
兵庫からの8660レはDE10 1750が牽引した。
'17.2.18 東海道本線 芦屋―さくら夙川 P:片岡嘉広
 2017年春から運行を開始する東武鉄道500系×3本(506、507、508編成)が、2月18日から19日にかけて、兵庫から熊谷貨物ターミナルまで輸送された。
 兵庫~吹田貨物ターミナル間をDE10 1750(愛知機関区所属)、吹田貨物ターミナル~横浜羽沢間および横浜羽沢~熊谷貨物ターミナル間はそれぞれEF65 2139、EF65 2075(ともに新鶴見機関区所属)が牽引した。
勝浦帆玖斗(静岡県)
20170220133903-9304572ccc218b694e8beadef8f10e50d080e0e2.jpg
最終増備編成が甲種輸送される。
'17.2.18 東海道本線 掛川―菊川 P:勝浦帆玖斗
20170220134301-6265425a4ea899b06bfb5d3300d661ba430f7887.jpg
銀座線1000系40編成目が輸送された。
'17.2.18 東海道本線 鷲津―新居町 P:田上健司
20170220134139-d4821f42307d6cd56849e8752c33e7fda3ffda08.jpg
最後の特別仕様車輌が輸送された。
'17.2.18 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷真弘
 日本車輌製造豊川製作所で落成した東京地下鉄1000系1140編成が、2月18日~19日にかけて、豊川~根岸間で甲種輸送された。
 牽引機は、豊川~西浜松間がDE10 1581(愛知機関区所属)、西浜松~根岸間がEF65 2085(新鶴見機関区所属)であった。
 なお、1139編成の甲種輸送では両先頭車の前面と車体側面に保護シートがかけられていたが、今回は機関車次位の前面のみ保護シートがされていた。
大谷真弘(静岡県)
20170220142017-72c80c2a63281c3d7548ee1804448c7668df580a.jpg
制御車を中間に挟み、京成電鉄3000形3035編成が輸送される。
'17.2.19 東海道本線 掛川―菊川
 日本車輌製造豊川製作所で新製された京成電鉄3000形3035編成(8輌)が、2月19日から20日にかけて、豊川から逗子まで甲種輸送された。
 牽引機は、豊川から西浜松までがDE10 1581(愛知機関区所属)、西浜松から横浜羽沢までをEF65 2086(新鶴見機関区所属)、横浜羽沢から逗子まではDE10 1576(新鶴見機関区川崎派出所属)であった。
近藤規夫(東京都)
20170215160915-d792193b71303b19c9c36c9c87905629bbbb3a5f.jpg
「8人の容疑者」ヘッドマークは共同開催の都営車にも掲出されている。
'17.2.12 京王電鉄京王線 代田橋―明大前
20170215161037-13f0143926639834e6d29e4536bb077888b657d3.jpg
今年も冬そばの季節となった。
'17.2.12 京王電鉄京王線 明大前―代田橋
 京王電鉄では、1月から9000系に複数のヘッドマークを掲出している。
 ひとつは、東京都交通局と合同で1月14日から3月12日まで行われる予定の「大人のための謎解きイベント 鉄道探偵と8人の容疑者」のもので、9000系9749編成に掲出されている。
 このほか、1月21日から3月31日までの予定で実施されている「高尾山きっぷで行く 第15回高尾山の冬そばキャンペーン」のものが同9738編成に掲出されている。こちらは編成の前後で同じデザインの配色違いが掲出されている。
大谷真弘(静岡県)
20170213164627-8ea40e82b9fef3c64dab49fb244700bd4cab33e8.jpg
東京地下鉄15000系15115編成、甲種輸送される。
'17.2.11 東海道本線 菊川―掛川 P:大谷真弘
20170213164347-c8d01347d3ecc6682c9752e5246c94a1b9f24a85.jpg
直線区間を行く15000系。
'17.2.11 東海道本線 二川―新所原 P:勝浦帆玖斗
 日立製作所笠戸事業所で新製された東京地下鉄15000系15115編成(10輌)が、2月10日から12日にかけて下松から中野まで甲種輸送された。
 牽引機は吹田機関区所属EF210-158(下松~新鶴見信号場間)および新鶴見機関区所属EF65 2083(新鶴見信号場~中野間)であった。
勝浦帆玖斗(静岡県)
20170213141121-815054ccc8d085a471a64079304d83214b48b55b.jpg
国鉄色の登板となった甲種輸送。威風堂々とした出で立ち。
'17.2.11 東海道本線 辻堂―藤沢 P:岩片浩一
20170213141237-6c1c69f26d8827f1534b9d8fe5e20303b85acfc2.jpg
朝日を浴び東海道本線を上る。
'17.2.11 東海道本線 富士―吉原 P:勝浦帆玖斗
 2月8~12日にかけて、川崎重工業兵庫工場で落成した東京地下鉄16000系16133編成が、兵庫~綾瀬間で甲種輸送された。
 牽引には岡山機関区DE10 1191(兵庫~吹田貨物ターミナル間)、新鶴見機関区EF65 2139(吹田貨物ターミナル~横浜羽沢間)、新鶴見機関区川崎派出DE10 1662(横浜羽沢~綾瀬間)が充当された。
山口真輝(栃木県)
20170210182121-90133b0fa931d6d578b4eba880473d3dfaa0d13a.jpg
折り返しのため、2番線へ入線。
'17.2.10 東武鉄道日光線 新鹿沼
 2月9日および10日の昼間、東武鉄道500系"Revaty"の試運転が日光線で行われた。
 編成は浅草方より501編成+502編成の6輌編成で、日中時間帯の併結運転は初めてのことと思われる。
 なお、先頭車どうしの連結面には転落防止ホロは設けられていないものの、ライトの一番外側が黄色に点滅することで注意喚起を行っている。
大谷真弘(静岡県)
20170203184430-4fae5ca09cfb56d5be4c475b342c158bda6d7bc5.jpg
京成電鉄3000形3034編成が甲種輸送された。
'17.2.2 東海道本線 菊川―掛川
 日本車輌製造豊川製作所で新製された京成電鉄3000形3034編成(6輌)が、2月2日から3日にかけて豊川から逗子まで甲種輸送された。
 牽引機は、豊川から西浜松まで愛知機関区所属のDE10 1726、西浜松から新鶴見信号場まで新鶴見機関区所属のEF65 2097、新鶴見信号場から逗子までは新鶴見機関区川崎派出所属のDE11 2001が充当された。
熊井和希(神奈川県)
20170206173149-e67be197a8a552c9fdba5abc6f854f64767cd747.jpg
雨の中を疾走する西武40000系。
'17.2.5 東急電鉄東横線 大倉山―綱島
 3月のダイヤ改正で、西武線から東急線などへ直通する座席指定制有料特急「S-TRAIN」としてデビューする予定の西武鉄道40000系40101編成が、2月1日から東急東横線およびみなとみらい線内で日中に試運転を行っている。乗務員訓練のためと思われる。
 また、ほぼ同じ期間中に40102編成も地下鉄区間で試運転を行っており、営業運転開始に向けて準備が着々と進められている。
藤井浩貴(京都府)
20170203142056-da501d5457653af32ca0203e53e58b72f9e87e6d.jpg
陸送される3300系3326。
'17.2.3 大阪府摂津市
 2月3日、阪急電鉄3300系3326編成のうち2輌が正雀工場から陸送された。
 同電鉄では新1300系の増備が行われており、3300系の廃車も進行している。
片柳裕一(栃木県)
20170201184610-df3f091cc9c833fa46a7ef3e2136f0cecf18341c.jpg
冬晴れの下、二度と戻らない道をゆく。
'17.2.1 東武鉄道伊勢崎線 川俣―茂林寺前
 東京地下鉄日比谷線用03系第14編成が、2月1日、千住検車区竹ノ塚分室から資材管理センター北館林解体所まで、全区間自走により廃車回送された。
 日比谷線では、2017年春より新型の13000系が導入される予定で、すでに2編成が甲種輸送されており、置き換えのための廃車と思われる。
高木善晴(大阪府)
20170130140614-38ab2356c8c01cb2002ea35911e0f711884801a4.jpg
東海道本線をDE10に牽引される500系。
'17.1.28 東海道本線 甲南山手 P:藤井浩貴
20170130140746-c4ea87b223aca0b35dd096762befae6c45c81dd5.jpg
今回甲種輸送された504編成+505編成の6輌。(鷹取駅ホームより撮影)
'17.1.28 山陽本線 神戸貨物ターミナル P:高木善晴
20170130140927-f22b06073291f215b7bb53c27b86141543e61484.jpg
計8編成の導入が予定されている500系。(鷹取駅ホームより撮影)
'17.1.28 山陽本線 神戸貨物ターミナル P:高木善晴
 1月28日~29日にかけ、川崎重工業兵庫工場で製造された東武鉄道500系"Revaty"(504編成+505編成)6輌の甲種輸送が兵庫~熊谷ターミナル間で行われた。兵庫~吹田信号場間は岡山機関区所属のDE10 1191が、吹田信号場~横浜羽沢間は吹田機関区所属のEF66 121がそれぞれ牽引した。
 東武鉄道500系"Revaty"は全部で8編成の導入が予定されている。
松田重彦(大阪府)
20170130155217-9414ea4252e8312468c9dd0e4a876e443c6082ba.jpg
三国ヶ丘を通過する〈泉北ライナー〉。
'17.1.28 南海電気鉄道高野線 三国ヶ丘
 泉北高速鉄道初の特急車輌となる12000系が、1月27日の〈泉北ライナー〉66号(和泉中央16:23発)より営業運転を開始した。
中村直樹(埼玉県)
20170126190503-5adab51e9f1549d1f34b1cfeaa5bd4c81466cbdd.jpg
小手指基地を後にする2005編成。
'17.1.26 西武鉄道池袋線 小手指―狭山ヶ丘
 1月26日、西武鉄道2000系初期型である2005編成が池袋線小手指車両基地から横瀬車両基地へ回送された。廃車になるものと思われる。これで、2000系初期型8輌固定編成は新宿線の3本(2001編成・2003編成・2007編成)となった。
 なお、2005編成は1月24日夜に新宿線南入曽車両基地から小手指車両基地へ回送されていた。
 また、1月22日夜に南入曽車両基地から小手指車両基地に回送された2013編成+2081編成は23・24日と池袋線にて運用入りしたのち、25日夜に南入曽車両基地に回送された。
小林瞭仁(東京都)
20170124141422-a63af6eaabed820486310c3dafd4b57c72735e49.jpg
4000形では2本目の大宮入場。今回もEF64が私鉄車輌を牽引することに。
'17.1.24 武蔵野貨物線 武蔵浦和―大宮(操)
 1月23日、小田急4000形4059編成がCBTC取り付け工事に伴い、松戸車両センター→常磐線→武蔵野線→武蔵野貨物線→大宮(操)→大宮総合車両センターの経路で配給輸送された。
 牽引は全区間、長岡車両センター所属のEF64 1031が担当した。
松田重彦(大阪府)
20170123143105-5ad8c9b64017cc27b7d0c2f0e8d009ccfef1ff7f.jpg
金色の新車輌が南海線を走行。
'17.1.21 南海電気鉄道南海本線 難波―新今宮
20170124140147-d15ca5d7604fb287fc48cf58f4f4201b63750b43.jpg
金色の一番列車。
'17.1.21 南海電気鉄道高野線 今宮戎
 1月21日、〈泉北ライナー〉用に新造された泉北12000系4輌を使用した団体臨時列車が光明池~難波~羽倉崎間を往復運転された。これは「特急『泉北ライナー』12000系車両デビュー! 一番乗り撮影会 in 羽倉崎車庫」として開催されたものである。
 なお、泉北12000系は1月27日〈泉北ライナー〉66号(和泉中央16:23発)より営業運転を開始することがアナウンスされている。
福田智志(埼玉県)
20170123183226-5b9136cb3d4014ee0042eeb01b38628a32bb4544.jpg
50090系〈フライング東上〉カラーで運転された〈ブルーバード号〉。
'17.1.21 東武鉄道東上線 寄居
20170123170434-2cc4118fe2876e44a9cf5ab889cf51154ba0107c.jpg
〈フライング東上〉カラーの8000系8198編成にも〈ブルーバード号〉のヘッドマークが掲出された。
'17.1.21 東武鉄道東上線 小川町
20170123170536-99227c7e37f0d0aff6a09100f2f0dee1f291e28b.jpg
側面のロゴも「ブルーバード」仕様に変更された。
'17.1.21 東武鉄道東上線 森林公園
 1月21日、東武鉄道東上線で団体列車〈ブルーバード号〉が池袋~寄居間で運転された。
 これは東武トップツアーズ主催のツアー「ブルーバード号で行く! ママ鉄豊岡真澄さんと東上線全線の旅 in 寄居」にあわせて運転されたもので、〈フライング東上〉カラーである50092編成が使用された。
 前面のヘッドマークおよび側面のロゴマークは「ブルーバード」に変更され、さらに50090系が普段営業運転では入線しない小川町~寄居間を走行したことが注目された。
 また、〈ブルーバード号〉の運転にあわせて、〈フライング東上〉カラーの8000系8198編成も〈ブルーバード号〉のヘッドマークを掲出して運転された。
平瀬正直(三重県)
20170123140659-d3362378eb07187a8e6c6599e3d7614f477a2154.jpg
〈泉北ライナー〉として代走中の12000系〈サザン〉編成。
'17.1.11 泉北高速鉄道 中百舌鳥
20170123140902-b77d41572f240d539a95bf0b781f9aea3c1cebe4.jpg
オリジナル塗色となり〈りんかん〉運用に就く11000系。
'17.1.11 南海電気鉄道高野線 中百舌鳥
 〈泉北ライナー〉は、1月3日をもって11000系での運転を終了し、泉北高速12000系がデビューする1月27日までの間は南海12000系〈サザン〉編成での代走が行われている。
 通常では見られない"サザン・プレミアム"編成の単独運行とあって、普通車輌と連結されて見ることができなかったヘッドマークなしの先頭車輌も見どころの一つである。
 なお、11000系はオリジナル塗色に戻され、特急〈りんかん〉運用へ復帰している。

【西武】西武鉄道の話題

中村直樹(埼玉県)
20170123173139-db12154783ddb72b2b7a459402d9abc9f58651e5.jpg
黄色い263編成に牽引されて小手指に到着する白い241編成。
'17.1.22 西武鉄道池袋線 小手指
20170123173431-547f27006504d15c9250ecbd677c352f2bda2e06.jpg
シングルアームのパンタグラフ、3色LED行先表示が特徴の2413編成。
'17.1.23 西武鉄道池袋線 所沢―秋津
 西武鉄道多摩川線では、1月20日~22日にかけて車輌交換が行われ、小手指車両基地からJR線を経由して白糸台車両基地に新101系249編成が、また白糸台から小手指に新101系241編成が輸送された。
 牽引は西武線内が新101系263編成、JR線内は新秋津―八王子―武蔵境―八王子を新鶴見機関区のEF65 2074、八王子―新秋津を同機関区のEF65 2080が行った。
 一方、池袋線では2000系2413編成(初期型・2輌)が、2081編成(新2000系・8輌)と共に23日早朝から運用されている。
 2413編成は、16日~20日に池袋線で2055編成の池袋方に連結されて運用されたのち、20日夜に新宿線に戻ったが、22日夜に2081編成の飯能方に連結されて南入曽車両基地より池袋線車両基地に回送されていた。
 なお、池袋線の他の2000系2輌編成はいずれも新2000系で菱形のパンタグラフと幕式行先表示を搭載しているのに対し、シングルアームのパンタグラフ、3色LED行先表示の2413編成は異彩を放っている。
井上遼一(大阪府)
20170119160258-f68815d38023b9047d7bb9d990629fdfbfa05cf7.jpg
「神戸開港150年」ヘッドマークを掲出して阪神本線を行く5000系直通特急。
'17.1.18 阪神電気鉄道阪神本線 住吉
 山陽電鉄では、神戸港が1月1日で開港150年を迎えたことを記念した「神戸開港150年」ヘッドマークを、1月13日~5月末頃までの期間、主に阪神梅田への直通特急で運用されている5000系5編成に掲出している。
 ヘッドマークは大阪方と姫路方とで異なるデザインとなっており、大阪方にはロゴマーク、姫路方にはメインビジュアルが描かれている。
 また、ドア横には「神戸開港150年」をPRするステッカーも貼られている。
井上遼一(大阪府)
20170118160232-d2e76af5979208ed2b5abb2686f2a620dc9cd058.jpg
南海高野線で試運転中の、泉北高速鉄道12000系。
'17.1.17 南海電気鉄道高野線 新今宮
20170118145043-76232cac727c4c09b92f890fa43b61c40603d95c.jpg
1月27日から営業運転が開始される。
'17.1.17 南海電気鉄道高野線 三国ヶ丘―百舌鳥八幡
 1月27日より営業運転開始予定である泉北高速鉄道12000系の試運転が、光明池~難波間で16日と17日の2日間実施された。乗務員訓練のためと思われる。今回の走行時には、車輌前面のLED種別表示は「臨時」となっていた。
 同系は〈泉北ライナー〉用の新型車輌で、すでに2016年11月17日と18日に泉北線内の光明池~中百舌鳥間で、同年12月5日には今回と同じく光明池~難波間で、試運転が行なわれている。
 また、1月21日には「特急『泉北ライナー』12000系デビュー! 一番乗り撮影会 in 羽倉崎車庫」が実施される予定で、このツアーでは、光明池または難波から営業運転開始前の12000系に特別に乗車し、南海本線を通って羽倉崎車庫に向かうイベントも行われる。
 なお、デビュー当日の27日は、和泉中央16時23分発の難波行き特急〈泉北ライナー〉66号から営業運転を開始する予定で、同日16時10分より和泉中央のホームにおいて出発式が行なわれることになっている。
伊藤利雄(愛知県)
20170118134222-59ea9aefd7c74fceb42d025d5326990988c78cc7.jpg
今年も「名古屋行き最終列車」の時期がやってきた。
'17.1.17 名古屋鉄道各務原線 三柿野―六軒
 名古屋鉄道を題材にしたメ~テレ制作のドラマ「名古屋行き最終列車」第5弾をPRする系統板が、1月17日から2月9日まで6000系6006編成に掲出されている。
松原政明(神奈川県)
20170117142639-68e6681ebdc60abb0d08b39815fa48946df3c9cc.jpg
運用初日、渋谷に現れた新1000系特別仕様車。
'17.1.17 東京地下鉄銀座線 渋谷
20170117142743-263d84001f0230db5f07a236f4002d40a94dac93.jpg
昭和レトロな車内にマッチするように設置された予備灯(飾り)。
'17.1.17 東京地下鉄銀座線 車内
20170117142829-1b4e5be0a516ec3a95400b02dbb63f32bde49b4e.jpg
こだわりが感じられる製造銘板。
'17.1.17 東京地下鉄銀座線 車内
 1月17日、東京地下鉄銀座線で新1000系特別仕様編成が運用開始された。
 この編成は、外装・内装ともこれまでの新1000系よりさらに旧1000形のイメージに近くなり、前灯の1灯化をはじめ、木目調をベースとした車内には予備灯(飾り)が設置されている。
 なお、01系から新1000系への置き換えは2016年度中に完了する予定で、特別仕様2編成の導入をもって新1000系40編成が全て揃うことになる。
井尻慶輔(福岡県)
20170117135200-d0dbfaba709f8c51ec87e1cfee20e1c86326b7bb.jpg
試験場前の引上げ線から上り線へ転線する9001編成。
'17.1.16 西日本鉄道天神大牟田線 試験場前
 昨年初冬の早い段階で筑紫工場に搬入され、報道公開ののち筑紫車庫に留置されていた西鉄の新形式ロングシート車9000形が、1月16日午前に初めて本線試運転を行った。筑紫→試験場前(折返し)→筑紫という試運転には、トップナンバーで3連の9001編成が使用された。
 報道公開時より車庫内での試運転は確認されていたが、本線上に姿を現したのは初めてのことと思われる。
中村直樹(埼玉県)
20170116155658-566da30a31512285a295d25edb893a148309e7a6.jpg
2000系初期型の2413編成を先頭にした急行池袋行き。
'17.1.16 西武鉄道池袋線 西所沢―所沢
 1月16日、西武鉄道2000系の2413編成(2000系初期型2輌)+2055編成(新2000系8輌)が、池袋線で運用に就いた。通常、この2編成はいずれも新宿線系統で運用されているが、15日夜に新宿線系統から小手指車両基地へ回送されていた。
 池袋線には2000系初期型は配属されておらず、所沢以東で2000系初期型が営業運転に入るのは、2014(平成26)年10月の2003編成以来と思われる。池袋線では通常、2000系の2輌編成が本線で運用される際には下り方に連結されているが、この編成は上り方に連結されている。
福田智志(埼玉県)
20170116153520-eef1075023f950326d80c7f36134f52083a091cc.jpg
AE形による臨時列車〈成田山開運号〉、前面にヘッドマークを掲出して運転。
'17.1.15 京成電鉄京成本線 日暮里
20170116153605-eb493e14df16fc62b2e08ffd52dd890e216c5094.jpg
側面の行き先表示では〈シティライナー〉となっている。
'17.1.15 京成電鉄京成本線 日暮里
 京成電鉄は、1月の土休日に臨時列車〈成田山開運号〉を京成上野~京成成田間で運転している。AE形が使用されており、前面にヘッドマークが掲出されている。
 なお、発車案内や側面の列車名表示は〈シティライナー〉となっている。
大谷真弘(静岡県)
20170116152612-461d8069084f7b6ef3ffb310e6a6a17cd4edce5e.jpg
雪が舞う寒い日に東京メトロ15000系が甲種輸送された。
'17.1.14 東海道本線 掛川―菊川
 日立製作所笠戸事業所で新製された東京地下鉄東西線用15000系15014編成(10輌)が、1月13日から15日にかけて下松から中野まで甲種輸送された。
 牽引機は新鶴見機関区所属のEF210-120であった。
上野 洋(愛知県)
20170116151848-6e0047d970ad27f0ab10391c965e884779968d3b.jpg
愛岐トンネル付近を走行する6821編成+6823編成。
'17.1.15 名古屋鉄道広見線 西可児―善師野
 1月15日、雪による遅延の影響で所定の2200系の送り込みができず、新可児発7時39分(84レ)と8時39分(94レ)の特急豊橋行きは、6800系4輌(6821編成+6823編成)が広見線内を代走した。
 普段は特急運用に入らない同系列が、特急幕を表示して走行するのは大変珍しい。
玉木裕一(埼玉県)
20170113154700-a76dde0770a857128cfacfe406d9b8642e0f9261.jpg
大宮を出場し東大宮(操)へ向かう小田急4000形の配給列車。
'17.1.12 東北本線 土呂
 1月12日、大宮総合車両センターに入場していた小田急4000形4060編成が出場し、長岡車両センター所属EF64 1032の牽引で大宮→東大宮(操)→松戸まで配給輸送された。
井上遼一(大阪府)
20170110133539-74d97bc23d7d8d6e8bdfefa822309b18cdbfc301.jpg
7輌編成の8000系で運転された〈洛楽〉。
'17.1.1 京阪電気鉄道京阪本線 野江 P:松田重彦
20170110133902-039e95208ce625432ccc8454089231dc2b2f34a0.jpg
複々線区間を行く、快速特急〈洛楽〉。
'17.1.3 京阪電気鉄道京阪本線 西三荘 P:井上遼一
 京阪電気鉄道では、2017年1月1日から3日まで「正月ダイヤ」での運転が行われていたが、この期間中、通常は土曜・休日のみ設定されている快速特急〈洛楽〉が運転された。
 午前中に上り淀屋橋発出町柳行きが、午後は下り出町柳発淀屋橋行きがそれぞれ8本ずつ運転され、前面には「2017 初詣」と書かれたヘッドマークが掲出された。
 使用車輌は例年どおり8000系であったが、2017年度に運転開始予定の座席指定車"プレミアムカー"への改造に伴ない、8輌と7輌の編成が混在して運転された。
松田重彦(大阪府)
20170110131254-fd2542d87984045a2a3194a03343e73c81a3b4df.jpg
橿原神宮前へ到着する"つどい"。(開いている踏切より撮影)
'17.1.1 近畿日本鉄道橿原線 橿原神宮前
 近畿日本鉄道では、2016年12月31日に観光列車"つどい"を使用した「ビール列車」ツアーが実施された。
 この〈カウントダウンビール列車〉は、大阪上本町を12月31日23時35分に出発し、途中新年を迎えながら橿原神宮前(1月1日0時27分着、0時50分発)、大和西大寺(1時18分着)を経由し、 大阪上本町(2時8分着)へ戻るルートで運転された。
 ツアーの参加者には「キリンビール一番搾りプレミアム(飲み放題)」と「お酒(豊祝上撰180ml)1本」、「おつまみ」、年越しそばがふるまわれた。
松田信彦(大阪府)
20170110130624-91d5763a6975b6daef63fe3204bf97074f35f643.jpg
5年連続の登板となった"ラビットカー"復刻塗装C51編成。
'17.1.1 近畿日本鉄道南大阪線 河堀口
 1月1日から1月3日までの3日間、近畿日本鉄道南大阪線では、大阪阿部野橋~橿原神宮前間で臨時急行〈開運号〉が11往復運転された。
 このうち3往復はリバイバル塗装の6020系6051編成"ラビットカー"で運転され、先頭車には復刻版角型特殊看板と丸型特殊看板の2枚が掲出されていた。
秋元史行(東京都)
20170106132739-f34409b18ae95576a59dbe65b629cb953dd736c4.jpg
羽田空港に向かう「1017編成」。
'17.1.4 京浜急行電鉄 金沢八景
 京浜急行電鉄新1000形1017編成が、前面ワイパーカバーの非常扉部分にある編成標記「017」に「2」を追加し、西暦にあわせて「2017」とした状態で運行された。
廣島一貴(東京都)
20170105144747-684e7b340be983c25aeccda4a5153c6a19e4abea.jpg
都営車に干支のヘッドマークが掲出された。
'17.1.1 京王電鉄京王線 明大前
 1月1日、都営新宿線本八幡~京王電鉄高尾山口間で、東京都交通局10-000形10-240編成(8輌)による急行〈迎光号〉が干支ヘッドマークを掲出して運転された。
 現在の都営新宿線では少数派となったスカート無しの10-000形で運転されたため、各駅では多数のレイル・ファンがカメラを向けていた。
中村直樹(埼玉県)
20161228132522-2e721f923e7ba23f58d7d1a6387be351b71ad1b7.jpg
国分寺行きの263編成と並ぶ4009編成。
'16.12.24 西武鉄道多摩湖線 西武遊園地
 12月23日から25日の3日間、西武新宿~本川越間に4000系4009編成"52席の至福"が1日2本それぞれ運行された。西武新宿発の列車の経路は西武新宿―東村山―田無―西武遊園地―田無―本川越で、折り返して上り方向へ向かったり多摩湖線に入線したりと興味深いものであった。
 西武遊園地では今や唯一の黄色い101系である263編成と並ぶシーンも見られた。

【阪急】初詣HM掲出

松田重彦(大阪府)
20161227173301-4c8b96acb3a37944af42a36e12cc73c0c625a589.jpg
初詣ヘッドマークを掲出する9306編成8連。
'16.12.27 阪急電鉄京都線 南茨木 P:松田重彦
20161227175338-75638354fe4fbeb216c0595358eb66328c8d2e69.jpg
ヘッドマークには2017年の干支である「酉」が描かれている。
'16.12.27 阪急電鉄京都線 南茨木 P:松田信彦
 阪急電鉄では12月26日から1月7日まで、恒例の「初詣」ヘッドマークを京都、宝塚、神戸線の各4編成(計12編成)に掲出している。
 また、12月26日から1月31日の予定で、例年と同じデザインの「阪急沿線西国七福神めぐり」ヘッドマークを計8編成に掲出している。
宮下幸市(愛知県)
20161226172421-898e77803fb6ad269ed14671a75987e3f0fe2651.jpg
イブに運行最終日を迎えた名鉄クリスマストレイン。
'16.12.24 名古屋鉄道名古屋本線 新安城―牛田
 11月27日から12月24日の間、名古屋鉄道3300系3304編成を使用した"クリスマストレイン2016"が運転された。車輌の内外にはクリスマスツリーや雪をモチーフにしたラッピングが施されていた。
熊井和希(神奈川県)
20161226142102-502fa4a43a2ef2d43cc3240213412b75389dd75b.jpg
日比谷線の13000系が初めて営業運転に入った。
'16.12.24 東京地下鉄日比谷線 入谷 P:福田智志
 東京地下鉄では、来年の3月から日比谷線・東武スカイツリーラインにて運転開始予定の新型車輌「13000系」を、12月23日から25日に南千住~霞ケ関間でそれぞれ1往復特別運行した。初日の23日には、新型車輌を一目見ようと大勢の人が集まった。
 車内では、ドラえもんとコラボして13000系を紹介するこの3日間限定の車内広告が、液晶モニター等で表示されていた。
福田智志(埼玉県)
20161220151818-1acd2c318ecd698cb7e78e3b19528a922703165f.jpg
展示された9000系リニューアル車2編成。
'16.12.18 相模鉄道 かしわ台車両センター P:野渡優弥
20161220143115-fc41b9b05d254bcdc108d7c47031d4f4b72fde08.jpg
2種類の旧6000系も展示。アルミ試作車のモハ6021、その奥にモハ6001を展示。
'16.12.18 相模鉄道 かしわ台車両センター P:福田智志
 相模鉄道は、12月18日に「相模鉄道オリジナル鉄道コレクション 相鉄9000系リニューアル車両3両セット」先行発売会を、かしわ台車両センターで開催した。
 これにあわせて、かしわ台車両センターでの見学会が開催され、車輌展示も行われた。このうち、保存車輌からはモニ2000形や旧6000系など往年の名車が並んだほか、9000系リニューアル車輌2編成の展示では行き先表示が時間ごとに変えられ、中には珍しい表示も見ることができた。
中村直樹(埼玉県)
20161219171000-f85c73b794935612e1fefc8aa0ccae7fe9b99706.jpg
新宿線を上る4000系4009編成。
'16.12.18 西武鉄道新宿線 航空公園―所沢
 12月18日、西武鉄道4000系4009編成「52席の至福」が本川越発着にて運行された。参加者は本川越でレンタル着物を着用し、約2時間の新宿線周遊中に車内にてコース料理を楽しみ、本川越帰着後は市内散策を楽しんだ。
 4009編成を使用したツアーはこれまで池袋・西武新宿~西武秩父間に設定されており、本川越での発着は今回が初めてである。
森 康平(東京都)
20161213152758-1523d10a1ec95f7951d36e0eb65e6bfc2c9b4159.jpg
終電後に試運転を始めた西武40000系。
'16.12.11 東急電鉄東横線 新丸子―多摩川
 西武鉄道40000系40102編成の試運転が、12月10日終電後(11日未明)に武蔵小杉~渋谷間で実施された。乗務員訓練と思われる。
 深夜にも関わらず沿線には多くのカメラマンが見受けられた。
福田智志(埼玉県)
20161212150820-3a90c0724a03e0ffa7506f9791bc94ae735f587c.jpg
元住吉検車区に停車中の西武40000系第2編成(敷地外から撮影)。
'16.12.10 東急電鉄 元住吉検車区
 12月9日未明、西武鉄道40000系第2編成が東急電鉄東横線に入線した。40000系が東急線に入線することは今回が初めてであり、今後乗務員訓練が行なわれるものと思われる。日中は元住吉検車区に停車しており、東急だけでなく直通する他社の車輌との並びも見ることができた。
田中翔貴(東京都)
20161207145454-79ca116c119ac564220958a79f97da61efc3c114.jpg
姿を見せた1000系リニューアル車。
'16.12.6 東急電鉄池上線 雪が谷大塚―御嶽山
 東急電鉄1000系1524Fのリニューアル車がこのほど試運転を行った。性能確認のためと思われる。この日は池上線だけでなく東急多摩川線にも入線し、沿線は多くの撮影者で賑わった。

【阪急】GIレースHM掲出

松田重彦(大阪府)
20161206155303-6c868b264cfd194d7b1ded9b71ec59f62662c7a2.jpg
恒例のHM掲出。
'16.12.6 阪急電鉄今津線 門戸厄神―西宮北口
 阪急電鉄では、阪神競馬場で開催されるGIレースにあわせ、車輌にオリジナルヘッドマークを掲出している。期間は12月2日~18日の予定で、今津線の2編成(5000系、7000系)に掲出される。西宮北口方と宝塚方で異なるデザインになっている。
二ノ宮忠勝(東京都)
20161205150925-f85f732dec5a3a656675cfeb9f91ea9fc114c7fa.jpg
今年の車輌撮影会にはJR東日本253系など計7編成が展示された。
'16.12.4 東武鉄道 南栗橋車両管区 P:二ノ宮忠勝
20161205151240-36aa972c35acc0bdf02f06ae2ac8d0248fe824af.jpg
今年の最大の目玉は、SL〈大樹〉に使用されるC11 207の見学会。
'16.12.4 東武鉄道 南栗橋車両管区 P:福田智志
 12月4日、東武鉄道南栗橋車両管区で「2016 東武ファンフェスタ」が開催され、恒例の車輌撮影会にはJR東日本の253系、東武鉄道8000系、6050系、1800系、350系、100系、200系208編成(普悠瑪デザイン)の7編成が並んだ。
 また、2017年夏運行開始予定のSL列車〈大樹〉で使用されるC11 207が、新しく建てられたSL検修庫前で公開され、事前予約制であったものの会場には長蛇の列ができ、盛況であった。
松田信彦(大阪府)
20161205145907-cb7f239f93f277b461a57394c98c60cea50112d0.jpg
DE10 1191が牽く東武鉄道500系。
'16.12.3 東海道本線 甲南山手 P:藤井浩貴
 12月2~4日にかけて、川崎重工業兵庫工場にて製造された東武鉄道500系が兵庫~熊谷ターミナル間で輸送された。このうち兵庫~鷹取(神戸貨物ターミナル)間は、2日に3輌、3日に6輌がそれぞれ輸送され、鷹取から併結されて9輌となった。兵庫~吹田信号場間は岡山機関区所属のDE10 1191が牽引した。編成は兵庫の時点で下関方から502-1、502-2、502-3、503-1、503-2、503-3であった。もう1本は501-1、501-2、501-3と推測される。
中村直樹(埼玉県)
20161130145108-82cf11e10addaec58c3678de208f79f2f592ae31.jpg
横瀬への回送前夜、新鋭40101編成と並ぶ2011編成(右端)。
'16.11.28 西武鉄道 小手指車両基地
 11月29日、2000系2011編成が小手指車両基地から横瀬車両基地へ回送された。廃車になるものと思われる。
 同編成は2000系製造初年度にあたる1977年に西武所沢車両工場で新製された6輌編成で、11月27日夜に新宿線系統での運用を終え小手指車両基地へ回送されていた。
 なお、2000系は既に2009編成、2013編成、2023編成、2025編成、2029編成、2097編成の6編成が廃車されている。
水上真之介(東京都)
20161128172856-921255eeed292694710a9e8c4be2b33bc6c1b848.jpg
東急線へ初入線を果たした13000系13102編成。多くの人で賑わっていた。
'16.11.27 東急電鉄 大井町線 自由が丘
 11月26日終電後、東京地下鉄日比谷線の13000系13102編成が東急電鉄への初入線を果たした。経路は南千住→中目黒→元住吉→大岡山→二子玉川→長津田の順で運転され、深夜にも関わらず沿線は多くの人で賑わっていた。
田上健司(愛知県)
20161128143738-a0950d51bd0480e867c61e67342e908deed96ed3.jpg
晴天の浜名湖を行く。黄色のボディーがまぶしい。
'16.11.26 東海道本線 新居町―弁天島 P:田上健司
20161128163729-4b1478b38aaa88ad6a87059168bd3716a4ddcec5.jpg
西浜松~横浜羽沢間は新鶴見機関区所属のEF65 2101、横浜羽沢からは同区のEF65 2093がそれぞれ牽引した。
'16.11.26 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷真弘
 11月26日から27日にかけて、日本車輌製造豊川製作所にて落成した東京地下鉄銀座線用1000系1139編成が豊川から根岸へ向け甲種輸送された。豊川~西浜松間は愛知機関区のDE10 1165が牽引し、ヨ8891が連結された。今回は前面後面のみならず側面窓下も保護された状態で輸送された。
鶴井雅人(岩手県)
20161125145403-9fa1d0a3307dee3e0f815ebfc6ed5c4021e1bf4a.jpg
DE10に牽引されて川重兵庫から吹田に向かう京急新1000形。
'16.11.22 東海道本線 加島―塚本
 11月22日から23日にかけて、京浜急行電鉄新1000形の第16次車となる1607~1612号車6輌が、製造元の川崎重工業兵庫工場→逗子間で甲種輸送された。牽引機は兵庫~吹田貨物間が岡山機関区のDE10 1191、吹田貨物~新鶴見信号場間が吹田機関区のEF66 133、新鶴見信号場~逗子間が新鶴見機関区川崎派出所のDE10 1189であった。
中司朔良(兵庫県)
20161122163910-1d221ae236cf167f7a0bba788b7e67a092ebe5c7.jpg
2301編成、8332「古都」編成、1301「スヌーピー&フレンズ号」編成の並び。
'16.11.20 阪急電鉄 正雀車庫
 「阪急電鉄鉄道ファンクラブ」会員を対象とした「2301写真撮影会」が、11月20日の午後、阪急電鉄京都本線正雀車庫で開催された。
 撮影会は三部構成で行われた。まず2300系2301+2352のみを標識なしで、次に京都線「特急」標識(2枚)を掲出した状態、最後に2301編成の両脇に8300系8332編成(「古都」編成増結用2連)と1300系1301編成(「スヌーピー&フレンズ号」ラッピング編成8連)を並べての撮影となった。
 当日は、雨が降りだしそうな生憎の天候であったが、同ファンクラブ会員の中での抽選に当選した会員と家族約200人が撮影を楽しんだ。
廣島一貴(東京都)
20161121160422-0572d8d9c4787d5447a09e01ab2e603da072e5b3.jpg
6000系、16000系、小田急MSEの3車種が車両展示に登場。
'16.11.20 東京地下鉄 綾瀬車両基地
 11月20日、東京メトロ綾瀬車両基地にて「メトロファミリーパーク in AYASE 2016」が事前応募制で開催された。内容は車輌撮影会、工場内見学、車体洗浄体験、鉄道部品販売、鉄道グッズ販売、縁日コーナーなど盛りだくさんのイベント内容が用意され、終日家族連れやレイル・ファンで賑わった。今年の車輌展示は6000系、16000系、小田急ロマンスカー60000形MSEが展示された。
高橋将貴(茨城県)
20161121153611-b07519ce17a97f95740c7794a77d59dd794070e3.jpg
終電後の南栗橋駅に13102Fがゆっくりと入線。
'16.11.19 東武鉄道日光線 南栗橋
 今年9月に陸送にて東京メトロ千住検車区に搬入されていた、東京メトロ日比谷線の新型車輌13000系の第2編成が、東武鉄道線内にて相次いで試運転を行っている。11月13日未明に千住検車区から南栗橋まで試運転を実施したのを皮切りに、11月16日未明には南栗橋→東武動物公園→館林→渡瀬→館林→北春日部と、今後の営業運転開始後も入線機会のなさそうな東武伊勢崎線、東武動物公園以北・東武佐野線へも入線。その後も東武線内での試運転を繰り返している。車内には、死重の水タンクが何個も置かれ、数名の関係者が乗車。車内に死重を乗せているところをみると、実際に営業運転を行っていると想定しての試運転を行っているようである。同編成も含め、一足先に東武線への入線を果たしていた第1編成の動向など、今年度に運用が開始される13000系の今後の動きに注目が集まっている。

【西武】40000系の話題

中村直樹(埼玉県)
20161115110421-791bd4b4d717fe6e0c025fdb940a188d1d7337c0.jpg
14日に行われた40101編成の試運転経路は武蔵丘~南入曽、南入曽~上石神井~南入曽、そして再度出庫し、南入曽~本川越~西武新宿~南入曽であった。
'16.11.14 西武鉄道新宿線 入曽―狭山市 P:西澤堅斗
20161115110440-65883b28baed2064d64fdcaed71b210c4ccc33b8.jpg
小手指車両基地で作業中の40102編成。(公道より撮影)
'16.11.14 西武鉄道池袋線 小手指車両基地 P:中村直樹
 西武鉄道の40000系40101編成は11月14日深夜に西武秩父駅に入線したのち、14日日中には新宿線系統にて試運転を実施した。
 また、40102編成は兵庫県の川崎重工業にて落成後、11月11日から13日にかけて同所~新秋津で甲種輸送された。牽引機は吹田信号場までDE10 1191〔岡〕、横浜羽沢までEF65 2093〔新〕、新秋津まではEF65 2127〔新〕であった。西武線内は263編成により、5輌ずつ2度に分けて小手指車両基地へ回送された。
 なお、今回の40102編成の輸送により西武鉄道の2016年度鉄道事業設備投資計画に示された40000系20輌(10輌2編成)が出揃った。40000系は2017年春のダイヤ改正より新設される池袋線・秩父線~東京メトロおよび東急東横線また横浜高速みなとみらい線への有料座席指定制直通列車に運用予定である。
鈴木拓也(東京都)
20161114205759-0d438d9e302c4dfa3f910f333a9631b63e271195.jpg
記念のヘッドマークをつけて展示された823編成。
'16.11.12 京浜急行電鉄 京急ファインテック久里浜工場 P:鈴木拓也
20161114205816-ad89e364f9f24afada1a54b89296209783372760.jpg
2000形2011編成(左)と並ぶ823編成。823編成の写真右側に見えるのは新1000形1078編成。
'16.11.12 京浜急行電鉄 京急ファインテック久里浜工場 P:南 輝明
20161114205833-5158dbe81806024d0bb960684eca69c7fae280aa.jpg
11月13日からは定期列車の運用に就いている823編成。
'16.11.13 京浜急行電鉄 京急鶴見 P:齋藤有希
 11月12日、京浜急行電鉄800形823編成のリバイバル塗装の復活を記念したツアーが行われた。同編成は撮影会で同じくリバイバル塗装の2000形2011編成のほか、新1000形1078編成と並んだ。また、同日は撮影会終了後に823編成を使用した特別列車が久里浜工場→品川間で運行され車内では抽選会や部品展示が行われた。
中村直樹(埼玉県)
20161111201552-a0e32867c745d92877d5195589c233a67b3e29a1.jpg
所沢で新宿線下り線から池袋線下り線へ進入する32103編成。
'16.11.11 西武鉄道 新宿線 所沢
 11月11日、前日に新宿線玉川上水車両基地にて開催された「2016年度総合復旧訓練」の使用車輌30000系32103編成が池袋線へ返却回送された。30000系は2輌、8輌、10輌の3種があるが、2輌で走行する姿は営業運転では見られない。
中司純一(兵庫県)
20161110132844-7d9f2a88ea86d04cb19bfa928794e6f642413b2d.jpg
「もみじ」マークを掲示して運転中の宝塚線1004編成。
'16.11.3 阪急電鉄宝塚本線 山本―雲雀丘花屋敷 P:中司純一
20161110132753-da1ffdb76f59fac1c2976c29da328e99ec69f69f.jpg
〈もみじ〉ヘッドマークを掲げ入線する3300系3305編成。
'16.11.5 阪急電鉄京都本線 高槻市 P:横田篤史
20161110132826-160df5135958322db4321f2da38bd773e153c38d.jpg
急激な冷え込みにより沿線の紅葉が進む。(写真は神戸本線の7019編成)
'16.11.9 阪急電鉄神戸本線 岡本 P:松田重彦
20161110132921-7efb240a0987aac972f64d12446a4b367bd5e133.jpg
「もみじ」ヘッドマークを掲出した能勢電鉄1754編成と「のせでんレイルウエィフェスティバル 2016年秋」のヘッドマークを掲出した同1753編成が並ぶ。
'16.11.1 能勢電鉄妙見線 山下 P:松岡宣彦
 阪急電鉄では、季節毎に恒例のヘッドマークを車輌前頭部に掲示して運転しているが、現在秋のヘッドマーク「もみじ」が各線の一部編成に掲示されている。京都本線では3305・3328・9302・9303、宝塚本線では5128・6000・8006・1004、神戸本線では5006・7019・1000・1002の各線4編成、合計12編成(11月3日現在)が掲示編成である。また、能勢電鉄でも、5138編成他に同様のマークが掲示されている。
松田信彦(大阪府)
20161110131310-21e40d3975bc47607cccb2a2fe3ce5a85629b48e.jpg
旧塗装と新塗装が交互に連結された3608列車。
'16.11.8 近畿日本鉄道南大阪線 駒ヶ谷―古市
 近畿日本鉄道南大阪線の汎用特急16600系第2編成(16602-16702)が新塗装化されて運転されている。南大阪線での新塗装化は16010系・16000系に続き3本目である。南大阪線の汎用特急は8編成18輌と小所帯であるため、すでに1/3が新塗装化されたことになる。
田上健司(愛知県)
20161110130559-2640376d1cf7db7241a480494ddcd73dc3acfd10.jpg
"EXEα"は6連と4連が1本ずつが出場したことになる。
'16.11.9 東海道本線 鷲津―新居町 P:田上健司
20161110130722-ff290796217bb3f32d835f18e4197ee3cc228b8c.jpg
西浜松からは新鶴見機関区所属のEF65 2066が牽引した。
'16.11.9 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷真弘
 日本車輌豊川製作所へ入場していた30051編成4連がリニューアル工事を終え、11月9日から11月10日にかけて、豊川~松田間で甲種輸送された。また、同製作所にて落成したコキ107形4輌も出場し、豊川~西浜松間は愛知機関区DE10 1562を先頭にコキ107-1582~1585、ヨ8891、30051~30151の組成で輸送された。
中村直樹(埼玉県)
20161108134228-658652ab341bfca974d28cb04d765ba99b7db94a.jpg
試運転中の40101編成。
'16.11.8 西武鉄道池袋線 所沢―秋津
 11月8日、西武鉄道40000系40101編成の試運転が池袋線で実施された。同編成の試運転は11月5日の終電後の深夜に池袋線にて既に実施されているが、日中の実施は今回が初めてである。余談だが、同編成のフルカラーLED表示の撮影には1/125より長いシャッタースピードを要する。
福田智志(埼玉県)
20161107160543-c9574b240764e30f57baf26e8b43436aad5fa39a.jpg
今年の臨時列車は20000系「銀河鉄道999デザイン電車」が使用された。
'16.11.5 西武鉄道 横瀬車両基地
20161107160604-4acbdac3eaf76b4af7a73bb25ae3d00654ce16e2.jpg
3000系初代「銀河鉄道999デザイン電車」も展示された。
'16.11.5 西武鉄道 横瀬車両基地
20161107160621-ffdf6a1d624863f9db966f8b3af0a14ffa2de521.jpg
晴天の中、5000系"レッドアロー"と機関車E851が並ぶ。
'16.11.5 西武鉄道 横瀬車両基地
 西武鉄道は、11月5日に「西武トレインフェスティバル2016in横瀬」を横瀬車両基地で開催した。今年は10月から登場した20000系"銀河鉄道999デザイン電車"を使用した臨時列車を池袋~横瀬間で1往復運転、横瀬到着後は横瀬車両基地に展示され、2014年に引退した3000系「銀河鉄道999デザイン電車」も展示された。他にも101系や初代レッドアロー5000系や機関車E851などの保存車輌が展示され、当日は晴天の中開催され、多くのレイル・ファンや家族連れで終日賑わった。
近藤規夫(東京都)
20161104135122-e901d667ce92f6583ac35b9fab6093deed87749f.jpg
慣れない区間を、機関車に牽かれ行く。
'16.11.4 武蔵野線 東川口―東浦和
 11月4日、小田急電鉄4000形4060編成がJRの大宮総合車両センターへ入場するため松戸車両センターから大宮(武蔵野、東北貨物線経由)まで配給輸送された。牽引機は長岡車両センター所属のEF64 1031であった。
 同形が本年3月から乗り入れている常磐緩行線で今後導入が予定されている列車制御システム「CBTC(Communication-Based Train Control system)」に対応させるための改造と思われる。私鉄車輌が、他社への譲渡を伴わないケースでJRの工場へ入場することは極めて異例であり、9月には松戸車両センターで機関車との連結訓練が実施されていた。
 なお、4060編成は11月1日に海老名から松戸車両センターへ臨時回送されていた。
田上健司(愛知県)
20161101163844-5ee20a72a02a5df53983332d416cf931c59a7d8d.jpg
豊川~西浜松間は愛知機関区のDE10 1557が牽引し次位にはヨ8642が連結された。
'16.10.31 東海道本線 鷲津―新居町 P:田上健司
20161101163906-4a55953e318714986e0ddc7347d9be103a8092bc.jpg
西浜松からは新鶴見機関区所属のEF65 2076牽引した。
'16.10.31 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷真弘
 本年3月より日本車輌豊川製作所へ入場していた30251編成がリニューアル工事を終え、10月31日から11月1日にかけて、豊川~松田間で甲種輸送された。外装はシルバーのツートンカラーとなり、非貫通前面には「ROMANCECAR EXE α」のロゴが配置されている。編成内の30401は真新しい床下機器から何らかの工事が行われた模様である。
中司純一(兵庫県)
20161031180705-51dc869a791c2f17a3581e4182c085428bb4673e.jpg
「ヘッドマーク車両内展示」で車内が公開された2301編成。
'16.10.30 阪急電鉄 正雀車庫
20161031180719-444e008e060012860b28731c1799de4898b7614f.jpg
撮影会が行われたP6の背後を、洗車体験会の1301編成が行く。
'16.10.30 阪急電鉄 正雀車庫
 10月30日、恒例の「阪急レールウェイフェスティバル 2016年秋」が、阪急電鉄の正雀工場で開催された。入場は例会通り事前抽選によるものであった。
 イベント内容は、概ね例会通りであったが、今回初のものとして、2301編成の車内に阪急歴代のヘッドマークが展示され、車内が公開された。また2301前頭部には往年の京都線特急標識(但し「河原町-梅田」表記のもの)が2個掲示された。2016春と同様、保存車の走行はP6(116号)が単独で行われ、走行後は撮影会が催された。秋晴れの一日で、大勢のファンが2301編成やP6にさかんにシャッターを切っていた。
廣村典彦(兵庫県)
20161031175914-28496ce1ea5d263e28b19b522b917b139c3d7138.jpg
歴代のアルミカー4編成の並び。
'16.10.29 山陽電気鉄道 東二見工場
 10月29日、山陽電気鉄道で毎年恒例となった「山陽 鉄道フェスティバル2016」が東二見工場で開催された。
 主な内容は車輌工場見学、車輌や駅の部品販売、洗車体験、運転士撮影会、鉄道模型運転会、保線什重機の運転台見学、山陽バス展示、関西の各社鉄道グッツの販売など盛りたくさんの内容であった。鉄道グッズ販売では、関東から江ノ島電鉄が登場、山陽バス展示会では新型車輌6000系塗装のバスが展示された。また沿線のグルメ食品や台湾、奈良、姫路の観光案内など充実した内容であった。
 留置線では歴代のアルミカー4編成が並び、日本発のアルミカー2012編成、3000系、5000系、6000系のトップナンバーが展示された。列車種別や行先表示は「直通特急 手柄」「急行 明石」などユニークな表示が掲出された。秋晴れの中、大勢の人でにぎわっていた。
崎山喜一朗(東京都)
20161031175249-f3ab317c5fd79d2da70865a3aa28facda5b22cb5.jpg
車輌展示では8000系"高尾山トレイン"やデヤ900形などカラフルな並びが見られた。
'16.10.29 京王電鉄 若葉台車両基地
20161031175317-7cedba453049be16d512b4d1028eaae74505ab26.jpg
車体つり上げ実演では8000系方向幕車の姿も見られた。
'16.10.29 京王電鉄 若葉台車両基地
 10月29日、京王電鉄若葉台車両基地で「若葉台車両基地見学会」が行なわれた。これは抽選により当選した人のみ参加できたイベントで、10:30~12:30と13:00~15:00の2つに時間帯を分けての開催となった。会場では車輌展示のほか、車体の吊り上げ実演や洗車体験なども行なわれた。車輌展示では8000系"高尾山トレイン"や事業用車も展示された。
松田重彦(大阪府)
20161027152040-3e28122907569ceb3d8b0a165beac4ae462dc026.jpg
「特急」と「貸切」、2つの表示を掲げる旧塗装のV02編成。
'16.10.23 近畿日本鉄道大阪線 恩智―法善寺
 10月23日、「新カラーリング塗装特急車両 撮影会ツアー」が青山町車庫で開催され、青山町までの臨時列車が大阪上本町・名古屋発着でそれぞれ設定された。それぞれの行程は、大阪上本町発着が大阪上本町10:56発~青山町12:05着/15:54発~大阪上本町17:01着で、近鉄名古屋発着が近鉄名古屋10:04発~青山町11:54着/16:34発~近鉄名古屋18:31着であった。これら列車には大阪上本町駅発の往路と近鉄名古屋駅着の復路に30000系が、近鉄名古屋駅発の往路と大阪上本町駅着の復路に12410系がそれぞれ充当され、このうち大阪上本町発の往路は西大寺検車区所属の旧塗装V02編成が充当されていた。撮影会では青山町車庫(青山町駅から徒歩)にて30000系、12410系の新塗装編成が準備されたとのことである。
杉本 浩(三重県)
20161024162114-34b85c637d1eb931766c1e29b06ad981772d9294.jpg
特製ヘッドマークを掲出し運行に就く15200系6輌〈ひまわり号〉。
'16.10.23 近畿日本鉄道山田線 伊勢中原―松ヶ崎
 近畿日本鉄道では、大阪線大阪上本町→山田線松阪間にて、15200系"あおぞらII号"を使用した臨時列車〈ひまわり号〉が、10月23日の午前中に運転された。編成は、伊勢方から15203F(PN03)2輌+15205F(PN05)4輌から成る6輌編成であった。伊勢方、大阪方ともに先頭車には特製ヘッドマークが掲出されていた。
中村直樹(埼玉県)
20161024130124-54cec7caa01eddf0b763d310de336427eb71e83d.jpg
出庫準備中の263編成+247編成。小手指~新秋津間の回送は翌22日昼に実施された。
'16.10.21 西武鉄道池袋線 小手指車両基地(公道より撮影)
20161024130205-046a3e55133c7e2d28781f317417c48f9b8f4b63.jpg
多摩湖線で所定新101系の運用につく新2000系2533編成。
'16.10.20 西武鉄道多摩湖線 萩山―青梅街道
 10月22日から23日にかけて、西武鉄道多摩川線の車輌交換が実施された。今回は小手指車両基地から新101系247編成がJR線を経由して多摩川線白糸台車両基地へ、また249編成が白糸台から小手指へ回送された。牽引は西武線内が新101系263編成、JR線内が新鶴見機関区所属のEF65 2090と2094であった。
 また、今回の多摩川線車輌交換および8月の台風災害当該車261編成の離脱による新101系の車輌不足のためと思われるが、多摩湖線の所定新101系ワンマン改造3ドア車の運用に10月18日より新2000系4輌編成が入った。2000系系列はワンマン運転に対応していないため車掌が乗務しての運行であった。
松田重彦(大阪府)
20161021122714-25b7829dff27e72840f44f8dc01e058f227540af.jpg
夕方ラッシュ時の運転でも存在感抜群の"青の交響曲"。
'16.10.20 近畿日本鉄道南大阪線 大阪阿部野橋
 10月21日、16200系観光特急"青の交響曲(シンフォニー)"を使用した「ビール列車」が大阪阿部野橋~橿原神宮前間にて運転された。ダイヤは大阪阿部野橋18:37発~橿原神宮前19:37着(下車休憩)19:55発~高田市19:59着~尺土20:03着~古市20:19着~大阪阿部野橋20:56着であった。9月29日にも同様の運転があり今回が2回目の開催となった。助手席側には車内よりPR掲示があった。
松田信彦(大阪府)
20161020123035-2d91d558b9f377e09f3e8d3b9e159d01ef785c48.jpg
新塗装となった16000系、車内からの行先標の掲出は変わらない。
'16.10.18 近畿日本鉄道南大阪線 大阪阿部野橋
 近畿日本鉄道南大阪線の特急用車輌16000系のうちY9編成(16009+16109)が新塗装化されて営業運転についた。16000系は初期車は置き換えられたが、第7編成以降3編成8輌が現存している。
福田智志(埼玉県)
20161018191402-e43e8b25a6c18504703115f21a9f14268c4c8706.jpg
千代田線で活躍する3社の車輌が並んだ。
'16.10.16 小田急電鉄 海老名車両基地
 小田急電鉄は、10月15日と16日の2日間、「小田急ファミリー鉄道展2016」を海老名車両基地で開催した。今年の車輌展示は、千代田線で活躍する3社の車輌が並び、小田急4000形、東京メトロ16000系、JR東日本E233系が並んだ。他にも保守用車展示、事前応募による電車乗務員体験などが開催され、2日間とも多くのレイル・ファンや家族連れで賑わっていた。
福田智志(埼玉県)
20161013175130-8ebdab0b40b2ce411238d2f185d896a5604409da.jpg
ヘッドマークを掲出する8000系第1編成。
'16.10.10 京王電鉄京王線 高幡不動
20161013175148-88dee72ac65164441f82bf62ff876fa3cc5c80b9.jpg
7000系"Tama Zoo Train"にもHMが付いている。
'16.10.10 京王電鉄京王線 高幡不動
 京王電鉄は、10月10日で京王れーるランドがリニューアルオープンしてから3周年を迎えたことを記念して、10月1日から「京王れーるランドリニューアルオープン3周年記念」ヘッドマークを付けて運転している。8000系第1編成、7000系"Tama Zoo Train"、井の頭線の1000系第1編成に付いており、10月31日までヘッドマークを付ける予定である。
松田信彦(大阪府)
20161013174050-49889eb77bf659f363c537b1391e4328a7da1c0c.jpg
南海本線の列車にもヘッドマークを掲出してアピールします。
'16.10.10 南海電気鉄道南海本線 羽衣
 10月15日に開催される、「せんぼくトレインフェスタ2016」の宣伝ヘッドマークが南海本線の列車にも掲出されている。
松田重彦(大阪府)
20161013173639-90d91f8bcb73a64d068de705bf31925c9c28561b.jpg
雨の中快走する臨時特急。
'16.10.9 近畿日本鉄道大阪線 大阪教育大前―関屋
 10月8・9日、鈴鹿サーキットで開催されるF1グランプリにともない臨時列車が運転された。予選となる8日は名古屋発白子行の臨時特急が1本。決勝の9日は往路名古屋発白子行・大阪難波発名古屋行が各1本、復路は白子発名古屋行・難波行が各1本、白子発名古屋行急行が4本運転された。このうち唯一の大阪発となった名古屋行特急は12410系12411編成にて運転された。
中司朔良(兵庫県)
20161013172020-a6a51308bdee86e37c8d3e35d41b443b4701af23.jpg
ピカピカな姿で神戸本線を行く7019編成。
'16.10.10 阪急電鉄神戸本線 御影
 2月にアルナ車両に入場した神戸本線の7000系7019編成が出場した。試運転が行われた後、10月7日から運用に復帰した。外観は先にリニューアルを終えた7013編成、7014編成と同じである。
青木 弘(大阪府)
20161012165302-3fa81233c327ddac9cc34b1cfba59a663296a2c5.jpg
堺泉北港臨海工業地帯の夜景写真をラッピング。
'16.10.9 南海電気鉄道高師浜線 羽衣―伽羅橋
20161012165319-c116bb9e64bb6af218e65fdbaedaabddb56ebb51.jpg
掲出されたヘッドマーク。
'16.10.9 南海電気鉄道高師浜線 羽衣
20161012165335-ec326aea51bacac8918d56b849e3f1494f3f6b81.jpg
側面の様子。
'16.10.9 南海電気鉄道高師浜線 羽衣―伽羅橋
 南海電気鉄道の高師浜線で、8日から堺泉北港臨海工業地帯の夜景写真をラッピングした電車"走る! 工場夜景"の運行が始まった。
 これは大阪府高石市の市制50周年を迎えるにあたり、知名度の向上、まちの活性化、交流人口の増加を図ることを目的とするためで、車輌は2200系2282編成(2232+2282)が使用されている。観光スポットとして注目の幻想的な「工場夜景」を描かれた車輌で、約6ヶ月間の運行予定である。
重山正行(東京都)
20161011184405-227de8d8d19153e0b473e94f2627d146eacdbd58.jpg
新"銀河鉄道999デザイン電車"の20000系20158編成。
'16.10.8 西武鉄道池袋線 秋津─所沢 P:重山正行
20161011184425-71a02a1936b8de06a9649fc1567564e2855e3dec.jpg
池袋寄り先頭車はメーテルをデザイン。黄色がベースとなっている。
'16.10.8 西武鉄道狭山線 西武球場前 P:福田智志
20161011184549-207fa423f7ef27f0c24950e57627da1908c39057.jpg
豊島園駅で出発式が開催され、松本零士さんも出席した。
'16.10.8 西武鉄道豊島線 豊島園 P:福田智志
 10月8日、西武鉄道20000系20158編成8輌が新"銀河鉄道999デザイン電車"として「銀河鉄道999」のキャラクターをデザインしたラッピングで登場し、運行を開始した。
 これは、2014年12月に惜しまれつつ引退した初代"銀河鉄道999デザイン電車"(3000系)を、20000系車輌8輌をキャンパスに漫画家の松本零士氏による新たな描き下ろしデザインで生まれ変わった新"銀河鉄道999デザイン電車"として漫画家の松本零士氏とアニメによる地域活性化を目指す練馬区、沿線地域の活性化と共生を目指す西武鉄道の意向が合致し、沿線地域の協力により復活運行が実現したものである。
 また、当日には豊島園駅で出発式が行われ、式典終了後に豊島園~池袋~西武球場前間を臨時列車として運行し、西武球場前駅では車輌展示イベントが開催された。
中司朔良(兵庫県)
20161007124707-5d0ae77d3fefd378664c5be585ff390184f4dc0f.jpg
ピカピカな姿で梅田に入線する5100系5128編成。
'16.10.6 阪急電鉄宝塚本線 梅田
 検査のため正雀工場に入場していた、宝塚本線平井車庫所属の5100系5128編成が、10月4日に出場し試運転が行わった。翌5日に平井車庫に返却、10月6日に運用に復帰した。今回の検査では、優先座席のモケットは交換されず、従来のままとなった。
中司朔良(兵庫県)
20161007124359-cb4e86be53cc9f052f42b05203da84e86b3f0c81.jpg
複々線区間を行く2200系2226編成。
'16.10.6 京阪電気鉄道京阪本線 土居
 検査のため寝屋川車庫に入場していた2200系2226編成は10月6日に出場し、寝屋川信号場~中之島間にて試運転を行った。検査で台車や床下機器などが綺麗になった。
小林瞭仁(東京都)
20161005192557-ff3837f3165fbad5a8a9fa799250ba1b0ee2c157.jpg
青空の下、四国からやってきた青い客車がデキにけん引されて行く。
'16.10.4 秩父鉄道 武州荒木―新郷 P:小林瞭仁
20161005192617-aa24b31b2e31be8a56d770a7ef4a38bdecb6b6a3.jpg
東武線内は8000系に挟まれる形での輸送となった。(開いている踏切から撮影)
'16.10.4 東武鉄道伊勢崎線 羽生 P:齋藤大暉
 10月3日から4日と4日から5日にかけて、12系・14系が熊谷貨物ターミナル~秩父鉄道~羽生~東武動物公園~南栗橋間で3輌ずつ輸送された。
 3日にはオロ12 10+オロ12 5+スハフ14 5の3輌が、4日には残ったオハフ15 1+オハ14 1+スハフ14 1の3輌が輸送された。
 牽引した車輌は、秩父鉄道線内がED505とED507、東武鉄道線内は8000系81106編成と800系805編成で、客車を挟む形態で運転された。また、先頭にはそれぞれJR貨物で使用されたデザインと同じものが掲出された。
中村直樹(埼玉県)
20161004124942-2ec28ed7a6c0bc6c2e5c0fd0ce28afa4e69e5a5c.jpg
ラッピング解除後もピンク色で運行される9101編成。
'16.10.4 西武鉄道池袋線 小手指―西所沢
 ラッピングを剥がしてピンク色となった9000系9101編成が、10月3日夕方より池袋線で営業運行を開始した。
 9101編成は、6月1日にピンク色の外装で武蔵丘車両基地を出場し、小手指車両基地にてラッピングを施工後"SEIBU KPP TRAIN"として6月4日から7月29日に池袋線系統で、7月30日~9月29日に新宿線系統で運行された。同編成は9月30日より小手指車両基地にてラッピング解除工事が施工され、10月2日夕方には、新たな車体広告等が施されることなくピンク色となっていた。
高橋将貴(茨城県)
20161003144300-24c2281055009f385e84cf165b99793b9b3cf300.jpg
寝台特急〈瀬戸〉風のヘッドマークを掲げ、三ヶ尻線をゆっくりと走り抜ける。
'16.10.3 秩父鉄道三ヶ尻線 熊谷貨物ターミナル―三ヶ尻
 9月28日から29日にかけて、多度津から熊谷貨物ターミナルまで甲種輸送された東武鉄道へ向かう12・14系が、10月3日、熊谷貨物ターミナル→武川→羽生間で輸送された。牽引機はデキ505とデキ507のプッシュプルで、三ヶ尻線内はデキ505、秩父本線内はデキ507が先頭に来る編成であった。また、双方の電気機関車には、先日のEF65 2139に掲出されたものと同じデザインの、寝台特急〈瀬戸〉を模したヘッドマークが掲出された。
 なお、この日はオロ12 10+オロ12 5+スハフ14 5の3輌のみの輸送で、残る3輌も翌日以降輸送されるものと思われる。
中司朔良(兵庫県)
20161003132703-b9a37807e0871292cd8a9d5daafed682d2f8f224.jpg
西宮北口に入線する1000系1007編成。
'16.10.1 阪急電鉄神戸本線 西宮北口
 阪急電鉄では、京都・宝塚・神戸の各本線1編成(京都本線は1300系1301編成、宝塚本線は1000系1001編成、神戸本線は1000系1007編成)を"スヌーピー&フレンズ号"として運転が始めた。各線でデザインの異なるスヌーピーのヘッドマークが取付けられ、側面にラッピングが施されている。同列車の運行期間は10月1日から2017年1月9日までが予定されている。
田上健司(愛知県)
20161003130007-2201f7be9258337abd37ccbe1254a3dee93bb7e4.jpg
豊川~西浜松間をコキ107形3輌、東京地下鉄1000系6輌を併結して輸送する。
'16.10.1 東海道本線 鷲津―新居町 P:田上健司
20161003130027-4ef7cb0f2c3456cbf7f7ab4004dfaccd6772f6f5.jpg
秋の長雨で稲刈りがままならない稲田をメトロ車輌が駆け抜けて行く。
'16.10.1 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷真弘
 日本車輌製造豊川製作所にて落成したJR貨物向けコキ107形3輌が豊川~西浜松間、東京メトロ銀座線用1000系1138編成が豊川~根岸間で甲種輸送された。同日の輸送となり豊川~西浜松間はDE10 1557を先頭にコキ107-1526~1528、ヨ8642、銀座線1138~1038の組成での輸送となり、普段見られない輸送体系に注目を集めた。なお、西浜松~横浜羽沢間の牽引機は新鶴見機関区のEF65 2087、横浜羽沢~根岸間が同区のEF65 2095であった。これで1000系は合計38編成となり、01系の製造本数と並んだ。
中村直樹(埼玉県)
20160929141452-3800130abd05fafd310f3d28d82e10314210b41e.jpg
排障器を外し、試運転幕で停車中のクハ1262。
'16.9.29 西武鉄道 玉川上水車両基地
 9月下旬、新101系261編成の拝島/西武遊園地方先頭車クハ1262の排障器が取り外されて足回り部品が交換されているのが確認された。また、9月28日には玉川上水~拝島間で試運転を行っていた。
 なお261編成は、8月22日に多摩湖線西武遊園地―武蔵大和間で生じた法面崩壊による車輌と線路の間の土砂流入の当該車で、8月29日未明に玉川上水車両基地に収容されていた。
中村直樹(埼玉県)
20160928162341-e2ab2712c2718fc00f107588b30e2c20ffab6fe8.jpg
横瀬へ向かう2097編成。
'16.9.27 西武鉄道池袋線 小手指―狭山ヶ丘
 9月27日、新2000系2097編成8輌が小手指車両基地から横瀬車両基地へ回送された。廃車になるものと思われる。同編成は、電動車6輌のうち界磁チョッパ制御4輌+VVVFインバーター制御車2輌という試作的編成だった。また行先表示は新2000系の中で唯一3色LEDであった。
福田智志(埼玉県)
20160928144042-d597a9d0da84c24c97d0d096603147a639688eaf.jpg
2006年に引退したモニ2000形を展示、時間ごとに様々な行き先の看板を出した。
'16.9.24 相模鉄道 かしわ台車両センター
20160928144126-cd39eed5922b9b1a93d372d61ede1d70e8cdb8fc.jpg
検査中のモヤ700形を見学することができた。
'16.9.24 相模鉄道 かしわ台車両センター
 相模鉄道は、9月24日に「相模鉄道オリジナル鉄道コレクション 相鉄9000系旧塗装3輌セット」先行発売会をかしわ台車両センターで開催した。このイベントに合わせて、かしわ台車両センター内の一部が公開され、検査中のモヤ700形と2006年に引退したモニ2000形が展示され、特にモニ2000形は時間ごとに行き先の看板を変えていた。
佐野 徹(京都府)
20160927185348-ae938f44faaabe144cf31b4e1014e20ee8b76e1d.jpg
80型を思わせる塗色で運行を開始した700形。
'16.9.24 京阪電気鉄道 石山坂本線 皇子山―別所
20160927185548-c2b071e341091c25c8bd54cb3c50ac9e3ae43c68.jpg
京阪800系と並んだ80型塗色の700形。
'16.9.24 京阪電気鉄道 石山坂本線 浜大津
 京阪80型車輌が1961年に誕生して55周年を迎え、石山坂本線700形701-702編成を80型塗色にして9月24日より記念のヘッドマークを掲出して運行を開始した。ヘッドマーク掲出は2017年10月11日まで、80型塗色車輌運行は2020年3月31日までとなっている。
松田信彦(大阪府)
20160923164407-9a3d8154c88d06f394e9f26303fde67fe5773e68.jpg
喫煙室設置にともない窓が一部不均等となった。
'16.9.19 近畿日本鉄道橿原線 平端
 近畿日本鉄道では順次汎用特急の客室内全面禁煙化(喫煙室設置)が行われているが、今回30000系"ビスタEX"に喫煙室が設置された編成が運用を開始している。西大寺検車区所属のV02編成で伊勢・名古屋方先頭車であるモ30252に喫煙室が設置された。
 なお、あわせて新塗装化が進められているが今回は旧塗装での出場となった。また、先に新塗装化されたV09編成は喫煙室の設置はされていない。
松田信彦(大阪府)
20160921184149-304796c33c5f5bf365c9385fe9f0112eca71ab2e.jpg
ヘッドマークを掲出する7020系7023編成。
'16.9.20 大阪市交通局中央線 弁天町
20160921184204-010fa113d23076dea22b1ab208343b813659ac98.jpg
ヘッドマークには近鉄7000系と大阪市交通局20系が描かれている。
'16.9.20 大阪市交通局中央線 弁天町
 近畿日本鉄道の7020系7023編成にけいはんな線(東大阪線)開業30周年ヘッドマークが掲出されている。
 なお、けいはんな線(開業時は東大阪線で、2006年3月に学研登美ヶ丘まで開業した際にけいはんな線に改称)長田~生駒間は1986年10月1日に開業し、今年で開業30周年を迎えた。
中村直樹(埼玉県)
20160921183134-03745bce77ee03ce5a9c6e7c5535fd4e2432e681.jpg
〈ライオンズリレー号〉に使用されたヘッドマーク付きの51002編成(準急森林公園行き)。
'16.9.17 東武鉄道東上線 川越市―霞ヶ関
20160921183156-b772e1dcfd384a23300899a5e2a85f46860086ea.jpg
本川越を出発し、単線区間を行く臨時西武球場前行きの9108編成。
'16.9.17 西武鉄道新宿線 本川越―南大塚
 9月17日と18日、東武鉄道50000系51002編成による"「東武×西武」ライオンズトレイン"と、西武鉄道9000系9108編成"L-train"による〈「東武×西武」ライオンズリレー号〉が運行された。
 〈「東武×西武」ライオンズリレー号〉は西武プリンスドームで両日開催された「東武東上線沿線 フレンドリーシティ感謝デー」(対東北楽天ゴールデンイーグルス戦)の観戦客輸送を目的とする、東武と西武の2社にまたがる2本の電車の総称である。両日とも、東武鉄道東上線池袋発の51002編成の川越市到着に合わせ、連絡運行する形で西武鉄道の9108編成が新宿線本川越から狭山線西武球場前へ臨時運転された。
 なお、西武鉄道の9108編成は普段は西武池袋線系統で運行されており、新宿線で旅客営業を行うのは珍しい。

【近鉄】16010系新塗装化

松田信彦(大阪府)
20160916125728-a53e12a5235c89a0d2a5c5cbcc03928cec0b44dc.jpg
前面表示は幕式のままと思われる。
'16.9.16 近畿日本鉄道橿原線 橿原神宮前
 検査のため五位堂検修庫へ入場していた近畿日本鉄道16010系Y11編成が新塗装で出場し9月16日に回送された。南大阪線の特急車輌での新塗装化は初めてとなった。なお、16010系は2輌1編成のみの少数派である。
廣村典彦(兵庫県)
20160914175245-8175f4fe245effa2c2f9b3b548e9fb205d7f2b53.jpg
ヘッドマークを取り付けた5020号編成、側面にはステッカーも取り付けている。
'16.9.14 山陽電気鉄道本線 大塩―山陽曽根
 山陽電気鉄道では、9月10日から5000系の一部の編成に「たかさご万灯祭」をPRするヘッドマークを取り付けた。ヘッドマークを取り付けている編成は5008号編成、5016号編成、5020号編成の3本となっている。また車体側面中央ドア横にも「たかさご万灯祭」の大型ステッカーが張り付けられている。
 山陽電気鉄道では、沿線の季節の風物詩や祭り、イベントをPRするヘッドマークを掲出しているが、今回の「たかさご万灯祭」のヘッドマーク取り付けは初めてである。
 なお、「たかさご万灯祭」とは9月17日と18日に開催予定で、高砂駅南側の歴史が息づく美しい街並みを光の道ではりめぐらし、建物がライトアップされるイベントである。
綿貫勝也(埼玉県)
20160913161739-157c1dfaf680d1ee38c4dda69e946e716643d1b7.jpg
運転台にもリラックマが5匹乗っている。
'16.9.11 京浜急行電鉄 品川―北品川
 9月11日、新1000形1065編成"京急リラックマトレイン"を使用した貸切列車〈ごゆるりおでかけ号〉が品川→三浦海岸間で運転された。当日は種別表示を特製のリラックマの絵柄、行先表示を貸切として運転され、両端の運転台と一部客室内に特別な装飾が行われた。なお、この列車の運転に伴い神奈川新町→品川間、三浦海岸→久里浜工場信号場間で不定期回送列車も運転された。
松田信彦(大阪府)
20160913122748-f60dc5e32fbab5d1aa163cc4d1ce910aa44fee65.jpg
快晴のもと、多くの乗客を乗せて走った一番列車。
'16.9.10 近畿日本鉄道南大阪線 高鷲―藤井寺
 9月10日より、近畿日本鉄道16200系"青の交響曲(シンフォニー)"が営業運転を開始した。大阪阿部野橋~吉野間を1日2往復運転しており(水曜日を除く)、時刻は大阪阿部野橋発が10:10と14:10、吉野発が12:34と16:04となっている。
中村直樹(埼玉県)
20160906124202-938c9e4ecb139cfc0c8fe77b75d491d150fb8df9.jpg
関係者や報道陣が見守る中、復旧現場を通る新101系。
'16.9.6 西武鉄道多摩湖線 西武遊園地―武蔵大和
 8月22日より不通となっていた西武鉄道多摩湖線西武遊園地~萩山間が、復旧工事を終え9月6日始発電車より運行を再開した。
 同線は8月22日、武蔵大和~西武遊園地間で、台風9号の影響により法面(線路脇の斜面)が崩壊したことによる、線路への土砂流入により、電車の運転を見合わせていた。現場では停車中の新101系261編成と線路の間に線路脇の法面の土砂が流入していた。なお、261編成は8月28日の日中及び深夜に玉川上水車両基地に移動していた。
坂部正光(三重県)
20160906122442-dba4cec49c742f97d5e6d8ecd75c5b59660eaf65.jpg
湯の山温泉に到着前のVW21編成。一般車2輌編成の入線も珍しい。
'16.9.3 近畿日本鉄道湯の山線 大羽根園―湯の山温泉
 9月3日、近畿日本鉄道湯の山線に1420系VW21編成が入線した。これは、VVVF制御試作車のVW21編成の製造32周年を記念して貸切列車として運転されたものであった。
 当日は伊勢中川から湯の山温泉へ向かい、折り返したのち桑名を経由して伊勢中川へ戻る行程であった。湯の山温泉では停車時間を利用して撮影会が開催され、休日ということもあり沿線にはたくさんの撮影者で賑わっていた。
福地健至(千葉県)
20160902124200-571c3bb070e8ea2c0a4b68ac8bd49665149d1941.jpg
小休止する13000系の陸送。
'16.9.2 東京都荒川区
 8月27日から29日にかけて越谷貨物ターミナルに輸送されていた、東京地下鉄13000系の陸送が8月30日から9月2日にかけて越谷貨物ターミナル~千住検車区間で行われた。
高橋将貴(茨城県)
20160831120040-d11d3990d96751d245fbcea4ced62ab9a87b9f74.jpg
暖かな光線の中を回送されていく8111編成。
'16.8.29 東武鉄道日光線 幸手―南栗橋
 8月29日、東武博物館所有の8000系8111編成が、南栗橋車両管区での検査を終え、出場試運転を行った後、所属先の北春日部まで回送された。なお、同編成は検査の際に車体色がセイジクリームへと変更されており、今後の動向が注目される。
清水有高(茨城県)
20160830132038-c4b317cf372846e88ce80d125cf7619625fe8af3.jpg
オリジナルヘッドマークを掲げて運行された。
'16.8.28 小田急電鉄小田原線 読売ランド前
 小田急電鉄は、沿線出身の人気音楽グループ「いきものがかり」の野外凱旋ライブ「超いきものまつり2016」が8月27日と28日に海老名市で開催されるのに伴い、同2日間に新宿~海老名間で30000形"EXE"を使用した団体臨時列車〈ロマンスカーで行くでしょー号〉を運行した。前面には同車輌と「いきものがかり」のメンバー3人をあしらったデザインのオリジナルのヘッドマークが掲げられた。なお、9月10、11日には同様のライブが厚木市で開催されるため、新宿~本厚木間でも運行される予定となっている。
松田重彦(大阪府)
20160830122935-0a25d81b57772698217b0a4b6aba034e15a726e5.jpg
快晴のもと東へ向かう。
'16.8.27 東海道本線 桂川
 近畿車輛にて製造された東京地下鉄13000系の2編成目の甲種輸送が8月27日から29日にかけて徳庵~越谷貨物ターミナル間で実施された。吹田信号場からは新鶴見機関区所属のEF65 2066が牽引した。
松田信彦(大阪府)
20160830120223-0973369fe6ada86d324329f86f4432513f766549.jpg
快晴の橿原神宮前へ向かう"青の交響曲(シンフォニー)"。
'16.8.28 近畿日本鉄道南大阪線 道明寺―古市
20160830115607-2e79a83c7f5f5c1d11112a87f9d729b16b4deaa8.jpg
検査上がりのピカピカな姿で運用につくMT26編成。
'16.8.28 近畿日本鉄道南大阪線 道明寺―古市
 9月10日より運転開始予定の近畿日本鉄道16200系"青の交響曲(シンフォニー)"は、8月28日にクラブツーリズム主催の団体臨時列車「正式運行前に貸切り! 観光特急『青の交響曲(シンフォニー)』」として運転された。各種試乗会は開催されていたが、一般客が乗車できるものでは初めての運転と思われる。9月3日と4日にも一般向け有料試乗会が予定されている。
 また、2012年9月より吉野線開業100周年記念ラッピング車として運用されていた6620系6626(MT26)編成は今年6月に運用が終了し五位堂検修車へ回送されていたが、一般塗装へと戻されて運用されている。
辻 悟志(兵庫県)
20160829155011-a3e239d0c5723d6d1f2058b482cde56db00102b4.jpg
普段はラッシュ時限定のラッシュ用ドアを用いて運転された区間急行萱島行き。
'16.8.28 京阪電気鉄道京阪本線 滝井 P:辻 悟志
20160829155131-1d0b627f9fe32e7f72afaf28cec6b6bb19fa7275.jpg
5602車内にて実施された座席昇降実演観覧会。
'16.8.28 京阪電気鉄道中之島線 中之島 P:佐野 徹
 京阪電気鉄道5000系は2015年12月26日で運転開始45周年を迎えている。これを記念したイベント「座席昇降実演観覧会&臨時運転」が、2016年8月28日に5602編成を使用して実施された。当日は、中之島駅での観覧会終了後に臨時の区間急行萱島行きとして5扉で運転された。なお、同日と29日にはクイズラリーと中之島駅にてオリジナルグッズの販売会が行われている。
宮下幸市(愛知県)
20160825190332-6790275d7680ad2a57f6bc282ecf58e4d70713d5.jpg
教習車の系統板を付けた3500系。
'16.8.24 名古屋鉄道常滑線 新日鉄前―太田川
 8月24日、名古屋鉄道聚楽園~河和間で教習車が運転された。教習車には3500系3502編成4輌が使用され運転室に教習車の系統板が提出された。教習車は同線区を3往復して、途中駅にて実技的な訓練を行ったものと思われる。
高木善晴(大阪府)
20160825164441-45662fb1849fa3393057a1cedb51ca0667211473.jpg
代走が確認された6014編成。今後の動向が注目される。
'16.8.24 阪急電鉄箕面線 箕面―牧落
 普段は主に5100系4輌で運転されている阪急電鉄箕面線だが、8月23日に6000系6014編成4輌による代走が確認された。詳しい代走理由は不明だが、6000系による固定4輌単独での営業運転は今回が初めてのことと思われる。
中村直樹(埼玉県)
20160824133449-f3bdd5a38fe5beef518baad543165c2bfcde4a5a.jpg
西武ライオンズのヘッドマークを付けた東武50000系51002編成。
'16.8.24 東武鉄道東上線 鶴瀬―ふじみ野
 8月24日、東武鉄道は50000系51002編成を"「東武×西武」ライオンズトレイン"として東上線で運行を開始した。編成には埼玉西武ライオンズのヘッドマークが掲げられ、車内は「東武東上線沿線フレンドリーシティ感謝デー」のポスターで統一されている。
 これは、西武新宿線本川越駅に2016年2月に西口が開設され東武東上線川越市駅との乗り換えがしやすくなったこと、東武東上線沿線の8市町(川越市・朝霞市・新座市・志木市・和光市・富士見市・ふじみ野市・三芳町)が西武ライオンズの「フレンドリーシティ」となったことの記念として「東武東上線沿線フレンドリーシティ感謝デー」(対東北楽天ゴールデンイーグルス戦)が9月17日と18日に西武プリンスドームで開催されることに伴う諸行事の一環である。8月24日には、東武東上線川越市駅3番ホームにて出発式が行われた。
 なお、"「東武×西武」ライオンズトレイン"は9月18日まで運行の予定である。
中司朔良(兵庫県)
20160822183208-2f6f5789af7662b3fa3e68a9e9a438396eb90b7d.jpg
S字カーブを行く1000系1009編成。
'16.8.21 阪急電鉄宝塚本線 中山観音―山本
 阪急電鉄では、1000系の第10編成目となる1009編成について、8月20日(土)より、宝塚本線にて営業運転を開始した。前日の8月19日(金)に正雀から平井車庫に回送されていた。これにより、宝塚本線の1000系は5編成となり、神戸本線と同じ編成数となった。
福田智志(埼玉県)
20160822182414-4703bb658462f4008f1fec2d9102195e110b39e9.jpg
昨年に続いて2回目の開催。今年はネイビーブルーの9000系が使用された。
'16.8.21 相模鉄道厚木線 かしわ台―厚木操車場
 相模鉄道は、8月21日に「相鉄厚木線乗車体験会2016」を開催した。昨年に続いて2回目の開催となり、当日の1日乗車券を購入した乗客を対象に厚木線のかしわ台~厚木操車場間の乗車体験を行なった。今年の使用車輌はネイビーブルーの9000系が使用され、合計3往復運転された。
中村直樹(埼玉県)
20160822181413-0efe356cf3cddfcb37b211313921b1f8c604c7c8.jpg
「南入曽電車夏祭り」マークを取り付けた2000系2409編成ほかが展示された。
'16.8.20 西武鉄道新宿線 南入曽車両基地 P:中村直樹
20160822181715-a64e3d6b6eedcc54194b5da9ec02ddd783d9e563.jpg 通常池袋線で運行されている9000系9108編成"L-train"が9101編成"SEIBU KPP TRAIN"と並んだ。
'16.8.20 西武鉄道新宿線 南入曽車両基地 P:中村直樹
20160822181859-dfbefc4cc87571a87bb6150f9905370f0e1e2771.jpg 軌陸車乗車体験が行われ、参加者は後部座席に乗車した。
'16.8.20 西武鉄道新宿線 南入曽車両基地 P:中村直樹
20160822182028-bff03ec222657613dd71cce10cd52a520dfe6829.jpg "SEIBU KPP TRAIN"ほか4種類の車輌が並んだ。
'16.8.20 西武鉄道新宿線 南入曽車両基地 P:福田智志
 8月20日、西武鉄道新宿線南入曽車両基地にて「南入曽車両基地 電車夏祭り 2016」が開催された。会場では、電車との綱引き体験、洗車台通過体験、車輌床下の見学、保守車輌の乗車体験などのイベントや鉄道グッズ販売、また車輌展示が実施され、雨の中訪れた多くの来場者を楽しませた。また、休憩用車輌として、通常池袋線で運行されている9108編成"L-train"が用いられ、新宿線で運行されている9000系9101編成"SEIBU KPP TRAIN"との並びが見られた。
黒澤 鉄(東京都)
20160819185349-89f01b399d7cde6045dc6fb74b6961bf07c87716.jpg
前面にはオリジナルヘッドマークが掲出された。
'16.8.19 小田急電鉄小田原線 成城学園前―喜多見
 小田急電鉄は、沿線出身の人気音楽グループ「いきものがかり」がデビュー10周年を迎えるにあたり、8月19日より"いきもの電車~超いきものばかりミュージアム~"の運転を開始した。3000形3095編成に特製ヘッドマークが掲げられ、車内では「いきものがかり」の活動を振り返る写真をはじめ、リリースされた全シングル・アルバムのジャケット、小田急線にまつわる楽曲や「いきものがかり」の地元となる厚木市および海老名市でのエピソードなどが車内の中吊り・窓上ポスターなどで紹介されている。なお、同列車は9月15日まで運行される予定となっている。
中司朔良(兵庫県)
20160812175208-7bc9bf5fbb23e4038b178341d3af6eb7e92c5cdb.jpg
外観は先に出場した7013編成と同じである。
'16.8.11 阪急電鉄神戸本線 神戸三宮―春日野道
 2015年10月にリニューアルのため近畿車輛に入場していた、神戸線所属の7000系7014編成がリニューアルを終えて、2016年8月8日に出場した。この編成は8連で登場、後に中間車2輌を抜いて6連となったが、7006編成の6連化で余剰となった中間車2輌を組込んで再び8連となった。
大谷真弘(静岡県)
20160809133717-6f68e14475d20027e341c6c01fd2548986c7072e.jpg
炎天下、メトロのシルバーの車体が軽やかに輸送される。
'16.8.6 東海道本線 掛川ー菊川
 日立製作所笠戸事業所で新製された東京地下鉄16000系16128編成10輌が、8月5日から7日にかけて下松から綾瀬まで甲種輸送された。牽引機には、下松から新鶴見信号場まで吹田機関区所属のEF66 130、新鶴見信号場から綾瀬までは新鶴見機関区川崎派出所属のDE10 1189が充当された。
松田重彦(大阪府)
20160809131516-ad05e98408e4fbbf397ab5cdf1eaedfad5a4d9ab.jpg
運行区間全区間での試運転が開始した。
'16.8.9 近畿日本鉄道 南大阪線 河堀口
 8月8日と9日、近畿日本鉄道16200系"青の交響曲"の試運転が古市~大阪阿部野橋~吉野~古市間(このうち、大阪阿倍野橋~吉野間は2往復)で行われた。
福田智志(埼玉県)
20160801181840-58fceb25267bdc3d987e752194438a6a43442410.jpg
特製ヘッドマークを付けて運転された貸切列車。
'16.7.31 京浜急行電鉄本線 杉田―京急富岡 P:伊藤雅樹
 京浜急行電鉄は、7月31日に団体列車「KEIKYU MERMAID TRAIN」を品川→三浦海岸間で運転した。これは、同日に開催されたイベント「京急ガチぬれフェスタ IN 三浦海岸」に合わせて運転された列車で、車内では水着のファッションショーが行なわれた。使用された車輌は6輌編成の新1000形の1313編成で前面にヘッドマークを付けて運転した。
近藤規夫(東京都)
20160801175252-719b80aa76b25f58d6db6b688f1c8cc58443b89b.jpg
長く作られてきたが、いよいよ終わりが見えてきた。
'16.7.30 東海道本線 豊田町―磐田
 7月30から31日にかけて、東京地下鉄銀座線用1000系1136編成が豊川~根岸間で輸送された。 牽引機は、豊川~西浜松間が愛知機関区のDE10 1562で、西浜松~新鶴見~根岸間が新鶴見機関区のEF65 2066であった。2011年から製造されている本形式は38本が製造される予定で、残すところ2本となった。
松田信彦(大阪府)
20160801173710-69f8db29e2ce111f86975f3e9686fc22c11ceb6f.jpg
運転開始へ向けて着実に準備がすすむ"青の交響曲"。
'16.7.30 近畿日本鉄道南大阪線 古市―駒ヶ谷
 7月30日、"青の交響曲(シンフォニー)"が古市~六田間で回送された。訓練が目的と思われる。
中村直樹(埼玉県)
20160801173105-1b49b5a48cce290a5ad6c61049fb7e74b73d5791.jpg
拝島線を走る急行西武新宿行きの9101編成。
'16.7.30 西武鉄道拝島線 小川―東大和市
 7月29日夜、きゃりーぱみゅぱみゅさんの名曲をデコレーションした9000系9101編成"SEIBU KPP TRAIN"が、池袋線小手指車両基地から新宿線南入曽車両基地に回送され、7月30日の早朝より新宿線系統での運用についた。西武鉄道ウェブサイトによれば9101編成は7月30日から9月29日まで新宿線で運行する予定である。
 なお9000系全8編成のうち、新宿線で運用されているのはこの9101編成のみで、残る7編成は池袋線で運用されている。9000系の新宿線での定期運行は約15年ぶりとなった。
平瀬正直(三重県)
20160729182059-8fa50b264edaac0a17e814003cf12be2192c7267.jpg
高野線を走る「戦国BASARA」デザインの装飾列車。
'16.7.27 南海電気鉄道高野線 美加の台―千早口
 7月27日、南海電気鉄道は「戦国BASARA列車特別編成で小原田車庫へいざ出陣! 」を開催した。同列車は、「戦国BASARA」デザインの装飾列車(第2弾ラッピング+第3弾ラッピングの4輌編成)で運転された。
臼井 楽(東京都)
20160727163003-95caf02d4b6c0717040e5a9cecc91913792a88c4.jpg
晩年は方南町支線で活躍していた771号車。
'16.7.21 東京地下鉄 中野車両基地
20160727163022-7f9238b8b5da3c61773c751d2049faee97be2e60.jpg
赤いボディーを誇らしげに、約20年ぶりの里帰り。
'16.7.22 東京都渋谷区
 7月21日未明と翌22日未明に、営団地下鉄(当時)の丸ノ内線で活躍していた500形4輌(584・771・734・752号車)が東京地下鉄中野車両基地に陸送された。
 これら500形は、アルゼンチン共和国ブエノスアイレスの地下鉄に譲渡して使用されていたが、営業を終了し保存のため日本へ里帰りしていた。陸送は、神奈川県横浜市の大黒埠頭から東京都中野区の中野車両基地まで、2輌ずつ2日間に分けて行われた。方向幕やステッカー、落書きなどは現地での状態のままであった。
 なお、東京地下鉄の発表によると、500形は中野車両基地で車体などの補修を施したのち、鉄道技術の発展に貢献した車輌として保存し、教育の充実を図るとともに、各種イベントでも活用される予定となっている。
松田信彦(大阪府)
20160725161213-6c8dc071b15467db22b1797b55c0097c414dc57b.jpg
登場時から2回目の変更となった"ビスタEX"。
'16.7.24 近畿日本鉄道名古屋線 近鉄名古屋
 近畿日本鉄道では順次汎用特急の塗装変更が行われているが、今回30000系"ビスタEX"の新塗装車が運用を開始している。新塗装になったのは西大寺検車区所属のV09編成で、先頭部は先に登場した12400系と同様となっている。中間車の2階建て車輌の側面には、「ビスターカー」のシンボルである「Vライン」がゴールドで描かれている。
松田信彦(大阪府)
20160721123414-e096d11bdf2c40c4f941108c8e15dc943c4c7613.jpg
「天神祭」ヘッドマークを掲出する、8000系8020編成。
'16.7.18 阪急電鉄神戸本線 御影―岡本 P:松田信彦
20160721123431-c6efec28169e68ceed38ed3cc6d68e52feb967f2.jpg
「天神祭」ヘッドマークを掲出する、1000系1002編成。
'16.7.20 阪急電鉄神戸本線 夙川 P:井上遼一
 7月24日と25日に大阪天満宮で行われる「天神祭」にあわせ、阪急電鉄では7月18日より記念ヘッドマークを掲出している。掲出期間は24日までの予定で、掲出対象は阪急各線2編成の合計6編成となっている。
稲田耕三(兵庫県)
20160720172738-6e3c93b0a54587e0a265220935825d3908925ceb.jpg
DE10にエスコートされ東海道を上る16000系。
'16.7.16 東海道本線 甲南山手
 東京地下鉄16000系10輌のうち、14日に6輌・15日に4輌が川崎重工業兵庫工場を出場し、15日に10輌編成となったメトロ16000系16130編成が同日から17日にかけて兵庫から綾瀬まで甲種輸送された。牽引機は、川崎重工業兵庫工場~兵庫~吹田信号場間が岡山機関区所属のDE10 1192、吹田信号場~新鶴見信号場間が新鶴見機関区所属のEF65 2070であった。
地頭所祐也(大阪府)
20160720164711-493f6ce6a9820750ae9dc9250fef1e6d124b1d39.jpg
平井所属の3000系最後の廃車回送。
'16.7.19 阪急電鉄京都本線 十三―南方
 7月19日に阪急で3000系3060編成4輌が平井車庫~十三~阪急正雀工場間で回送された。同編成は廃車になるものと思われる。同編成は平井車庫最後の3000系で、残る3000系は西宮北口車庫所属の編成だけになった。
中村直樹(埼玉県)
20160720162344-5a0281b69913ab4b87c936699523b3ba0feb735b.jpg
各停西武新宿行きに充当される30000系38118編成。
'16.7.16 西武鉄道新宿線 新所沢―航空公園
20160720162400-2979a3c6d0e0c463638d79bf7115f72bc0df1310.jpg
西武新宿方より5輌目のサハ38518の青色の床下機器。「主回路蓄電池箱(1)」と記されている。
'16.7.16 西武鉄道新宿線 新所沢―航空公園
20160720162415-dabf5ece08dcf7995b9a541b90892fd79062ec10.jpg
クハ38118の運転台には「5号車 車上電力蓄電システム搭載」「現在使用停止中」と記されている。
'16.7.16 西武鉄道新宿線 新所沢
 7月15日、30000系38118編成が新宿線で旅客営業を開始した。なお、同編成の運転台には「5号車 車上電力蓄電システム搭載」「現在使用停止中」と記されている。
 38118編成は、30000系の最終新造編成と思われ、日立製作所笠戸事業所にて落成した。6月12日に小手指車両基地に到着後、池袋線にて試運転を実施していた。
松田信彦(大阪府)
20160720155452-503ee57983068a2dbbf620b30a316ffd76c7ecb8.jpg
金の帯が入り引き締まった"青の交響曲"。
'16.7.19 近畿日本鉄道吉野線 橿原神宮前(敷地外より撮影)
20160720153326-a11c286afa8d3c82a151edab26ff932e3d0de876.jpg
輸送される"青の交響曲"。
'16.7.19 近畿日本鉄道大阪線 五位堂
 7月19日、16200系"青の交響曲(シンフォニー)"が、五位堂検修車庫から橿原神宮前までモト90形(97・98)に挟まれて輸送された。編成は吉野方から16201+16251+16301となっており、五位堂検修庫入場時にはないロゴや帯が整備されており、台車以外は完成状態での輸送となった。橿原神宮前台車振替場にて狭軌の台車に交換されて、近日中に試運転が行われるものと思われる。
 なお、同編成は、9月10日に運転を開始する南大阪線・吉野線観光特急〈青の交響曲〉に使用される。
福田智志(埼玉県)
20160715131314-84b7b90b8c7e2b624d26f1e54fd9de750ee2e809.jpg
01-129のカットモデルが展示されている。
'16.7.12 地下鉄博物館
 地下鉄博物館では、7月12日で開館30周年を迎えたことに合わせて、同日から01系の展示を開始した。展示された01系は01-129で、2016年に引退した編成の一部である。01系は2015年に熊本電気鉄道に2本譲渡されているが、カットモデルではあるものの01系が保存されるのは今回が初の事例である。
中司朔良(兵庫県)
20160714120248-04fd2f04ac9e01a49a4cdff760d075e306b5b980.jpg
塚口方2輌が7034編成、伊丹方2輌が7035編成。
'16.7.12 阪急電鉄伊丹線 稲野
 7月12日、阪急電鉄伊丹線にて7034編成+7035編成4連が運用を開始した。両編成はかつて、朝のラッシュ時間帯用の増結編成として神戸線系統で運用されていた。
新羽雄樹(大阪府)
20160714115708-fbe4c24ab7c060551bf7dac2a0b5c9e4877101b6.jpg
床下機器など綺麗になって試運転を行う2225編成。
'16.7.13 京阪電気鉄道京阪本線 京橋―天満橋
 7月13日、京阪電気鉄道2200系2225編成が検査を終えて寝屋川信号場~中之島間で2往復出場試運転を行った。2225編成は2200系では唯一の標識灯が丸型を留めている編成である。
井尻慶輔(福岡県)
20160712141100-b21093fae902f45ba83b13ca647598c4bd709989.jpg
残る4編成で唯一の非ラッピング車だった8021編成の最終日。
'16.7.10 西日本鉄道天神大牟田線 西鉄銀水―新栄町
 昨年度の2編成を皮切りに廃車が始まり、既に4編成しか在籍しない西日本鉄道の8000形だが、唯一残されていた非ラッピング車の8021編成が7月10日をもって定期運用を終え引退した。残る8000形の"水都"など3編成はいずれもラッピング車だが、現時点でオリジナルの姿に復帰に関する発表はなく、この8021編成をもって最後となる可能性がある。
地頭所祐也(大阪府)
20160708120908-b6433c7e33db2dc72052523146b8c11ae76dd298.jpg
モト90形に挟まれて輸送される"青の交響曲"。
'16.7.7 近畿日本鉄道大阪線 安堂―河内国分
 7月7日、16200系"青の交響曲(シンフォニー)"が、高安検車区から五位堂検修車庫までモト90形(97・98)に挟まれて輸送された。同車の外観の工事は高安検車区で行われており、今回は内装の工事のため五位堂検車庫に入場した。
 なお、今回の車輌改造で、6200系から16200系に改番されている。
 16200系は、9月10日に運転を開始する南大阪線・吉野線観光特急〈青の交響曲〉に使用される。

【阪急】祇園祭HM掲出

松田重彦(大阪府)
20160705181207-19253365669232de71839a1b2fd6ca8d52b65569.jpg
神戸線系統でも祇園祭をアピール。
'16.7.4 阪急電鉄神戸本線 御影―岡本 P:松田重彦
20160705181222-ad22f053fac5ce0fd2808d544f70f57045b70dc4.jpg
今年導入された1008編成にもヘッドマークが掲出された。
'16.7.4 阪急電鉄神戸本線 御影―岡本 P:松田重彦
20160705181254-6f2edd934756105b1699d694635c7be1743f4d1b.jpg
宝塚本線の5100系1編成にも取付けられている。
'16.7.4 阪急電鉄宝塚本線 梅田 P:中司朔良
 毎年7月に京都市内で開催されている「祇園祭」にあわせ、阪急電鉄はこれを宣伝するヘッドマークを7月1日から24日まで掲出している。掲出対象は各線6編成ずつの合計18編成で、7月18日以降は各線4編成ずつの合計12編成が予定されている。
 また、7月24日と25日に開催される大阪天満宮の「天神祭」にあわせて、これを宣伝するヘッドマークを7月18日から24日まで掲出する予定となっている。掲出対象は各線2編成ずつの合計6編成となっている。
大谷真弘(静岡県)
20160705175000-4ce22d1fa74ea7bf42d472857629b8d70e88c97a.jpg
鮮やかな緑の中、メトロのイエローが行く。
'16.7.2 東海道本線 掛川―菊川
 日本車輌製造豊川製作所で新製された東京地下鉄1000系1134編成6輌が7月2日から3日にかけて、豊川から根岸まで甲種輸送された。牽引機は、豊川~西浜松間が愛知機関区所属のDE10 1726、西浜松~新鶴見信号場間が新鶴見機関区所属のEF65 2093、新鶴見信号場~根岸間が同区のEF65 2096であった。
伊藤利雄(愛知県)
20160705173729-3927a92d79fbeac3d27905ec4fe24589dfab9fde.jpg
EL120に牽かれ早朝の名古屋本線を走る。
'16.7.2 名古屋鉄道名古屋本線 西枇杷島―二ツ杁
 普段は大江に留置されている名古屋鉄道のチキ10形であるが、7月2日に大江→須ヶ口間で回送され、新川検車区に入った。通常の検査周期とは違う時期での回送のため、臨時で何らかの検査が行われるものと思われる。
近藤 旭(愛知県)
20160701184208-8463ad5e824f4bf261c1c520215b19cf6fd4f587.jpg
営業運転に向けて足慣らし。
'16.7.1 名古屋鉄道名古屋本線 名電赤坂―名電長沢
 6月21日に日本車両豊川製作所で落成し、甲種輸送が実施された3300系3308編成であるが、6月29日より名古屋本線豊明~伊奈間で試運転を行った。
大谷真弘(静岡県)
20160628142628-24a3e2bdb9627f2707d7a23f611481840c0f6c0a.jpg
ハルシャキクに千代田線用グリーンカラーが映える。
'16.6.25 東海道本線 掛川―菊川
 日立製作所笠戸事業所で新製された東京地下鉄16000系16127編成10輌が6月24日から26日にかけて、下松から綾瀬まで甲種輸送された。牽引機は、下松~新鶴見信号場間が吹田機関区所属のEF66 130、新鶴見信号場~綾瀬間が新鶴見機関区川崎派出所属のDE10 1576であった。
地頭所祐也(大阪府)
20160628141833-b445b9aa3658a0762acecb0aee23b6a889d50d0e.jpg
京都線を走行する3074編成。手前から3074+3519+3561+3025。
'16.6.24 阪急電鉄京都本線 十三―南方
 6月24日、阪急電鉄では箕面線で活躍していた3000系3074編成4輌が平井車庫~十三~阪急正雀工場間で回送された。同編成は廃車になるものと思われる。
廣村典彦(兵庫県)
20160627183036-91e61c631c5f4d2a1f347ef2b4d262223542739b.jpg
5022号編成には「半夏生」と書かれたヘッドマーク。
'16.6.25 山陽電気鉄道本線 大塩―山陽曽根
20160627183052-ddbac02648d52579b1c73a903b81bd2436a38307.jpg
「Let's go AKASHI」と書かれた5630号編成のヘッドマーク。
'16.6.25 山陽電気鉄道本線 大塩―山陽曽根
 山陽電気鉄道では6月24日から、5000系5022号編成と5030系5630号編成の一部に、「半夏生(はんげしょう)」をPRするヘッドマークを取り付けて運転している。ヘッドマークのデザインも2種類あり、5022号編成が漢字で「半夏生」と書かれ、5630号編成は「Let's go AKASHI」と書かれ、いずれもタコのイラストが描かれている。また側面中央ドア横には「半夏生」の大型ステッカーが貼られ、車内の吊り広告でもPRされている。
 半夏生とは、1年を24の節で区切った節季の一つで、夏至の日から数えて11日目から5日間のことである。関西では半夏生にタコ料理を食べる習慣があるが、山陽電車沿線の明石はタコの名産地で、「明石半夏生たこまつり」も行われる。
中司朔良(兵庫県)
20160627174803-610f2b1716f994ef18944a964d80a13b01130fd4.jpg
ピカピカな姿で運用に入る5004編成。
'16.6.25 阪急電鉄今津線 小林―仁川
 阪急電鉄神戸本線にて活躍していた、5000系5004編成が6連化され、6月24日から今津線での運用に入った。元は8連であったが、中間車の5584と5585が抜かれて、5004+5504+5554+5525+5505+5055の6連になった。今津線の5000系6連は5010編成に次いで2本目となった。
井上遼一(大阪府)
20160622115658-3b69d4f5b2009d96defbad9cdbdf0759175c28c1.jpg
「宝塚記念」(第57回・2016年)ヘッドマーク掲出を掲出する、1000系1007編成。
'16.6.21 阪急電鉄神戸線 園田 P:井上遼一
20160622115731-d1413ebd9fd4dddcc8cc2a0a6b6bf8a4a678c105.jpg
今津線7000系7001編成に掲出されたヘッドマーク。
'16.6.18 阪急電鉄今津線 西宮北口―門戸厄神 P:森田 宏
 阪急電鉄では、6月26日に、今津線の仁川駅が最寄の阪神競馬場にて宝塚記念(第57回・2016年)が開催される。これにあわせて、6月17日からレース当日の6月26日までの期間、「宝塚記念」ヘッドマークを、今津線の3編成(7000系7001編成、5000系5010編成、3000系3082編成)と、神戸線の1000系1007編成に掲出して運転している。このヘッドマークには、2015年の宝塚記念(GI)の勝馬「ラブリーデイ号」が描かれている。
 なお、阪急電鉄の公式ウェブサイトによると、6月26日の宝塚記念開催当日は、梅田10:00発の新開地行きに乗車し、西宮北口で今津線(宝塚方面)に乗り換えると、梅田~西宮北口~仁川間で連続してオリジナルヘッドマーク付きの列車に乗車することができる。
松田重彦(大阪府)
20160621163948-582507a7f724eb9f543bd7accaa758a9d9b3d604.jpg
機関車次位から3308編成+3309編成。
'16.6.21 東海道本線 安城
20160621164003-bc07e9656ad7b352487527e2ab476055af62042e.jpg
最後尾にはヨ8891が連結された。
'16.6.21 東海道本線 安城
 日本車輌製造豊川製作所にて製造された名鉄3300系4連×2本(3308編成+3309編成)の甲種輸送が、6月21日に豊川→豊橋→笠寺間で行われた。同区間の牽引機は、愛知機関区所属のDE10 1557であった。
 これで、名古屋鉄道が2016年度設備投資計画にて発表していた新造車輌が全て納車されたことになる。
高木善晴(大阪府)
20160621151123-8edcf9f1ebee80c1d9780fd8c6046653acdc5066.jpg
5134編成に続き5132編成が箕面線を行く。
'16.6.17 阪急電鉄箕面線 牧落―桜井
 6月16日、阪急電鉄箕面線にて5132編成4輌が箕面線での運用を開始した。なお、6月11日からは5134編成4輌も同線での運転を開始している。
 また6月18日には、約3か月ぶりに8040編成2連+8041編成2連の4輌編成での運転が同線で確認され3000系を置き換える形となり、今後3000系の動向が注目される。
福田智志(埼玉県)
20160621150305-2e803b8595a4ba23990979b05fe160d262b49f34.jpg
東京都交通局浅草線および京成電鉄へ直通開始した新1000形1800番代。
'16.6.17 京成電鉄京成本線 青砥
20160621150320-2bc2934b20d5a0cb33d71bfee8aabedc9e043dbb.jpg
アクセス特急として北総線に直通した新1000形1800番代。
'16.6.19 北総鉄道 東松戸
 京浜急行電鉄の新1000形1800番代が、6月16日から東京都交通局浅草線及び京成電鉄への直通運転を開始した。16日と17日は67H運行に入り、青砥および高砂~三崎口間の運用に充当されていた。
 さらに、6月19日からは、北総鉄道および成田スカイアクセス線への直通運転を開始した。19日は77H運用に入り、羽田空港~成田空港間の〈アクセス特急〉及び〈エアポート快特〉を中心に充当された。
福田智志(埼玉県)
20160620185439-0d98eab660def27f509ca0570da72237a78e0a2c.jpg
"普悠瑪"カラーに変更され、営業運転を開始した200系第8編成。
'16.6.19 東武鉄道伊勢崎線 鐘ヶ淵
 東武鉄道は、2015年12月に台湾鉄路管理局と友好鉄道協定を締結したことを記念して、6月17日から200系第8編成を、台湾鉄路管理局の〈自強号〉に使用されるTEMU2000型"普悠瑪(プユマ)"の塗装デザインに変更して運転を開始した。
 東武鉄道で海外の鉄道事業者のデザインに変更されるのは今回が初めてのことで、側面には、同編成が「普悠瑪」の塗装デザインに変更されたことを記念したエンブレムや、今年新造された"普悠瑪"のみに掲出されている「猿」のマークも掲出されている。同編成は当分の間、特急〈りょうもう号〉として運転する予定であり、運転予定時刻が東武鉄道のウェブサイトで公開されている。
赤樫翔太(大阪府)
20160620182218-6643b00ee428e8d6946255ebd197386bbe8cf31a.jpg
大阪方のヘッドマークには、「おつかれさま 3100 1964→2016」と書かれている。
'16.6.17 阪急電鉄伊丹線 稲野―塚口 P:赤樫翔太
20160620182235-bf75c90a4e71c43286390cf5990c78c20eb34bbd.jpg
神戸方のヘッドマークには、「惜別 3100 1964→2016」と書かれている。
'16.6.17 阪急電鉄伊丹線 塚口―稲野 P:松田信彦
 阪急電鉄では、6月17日より、神戸線所属で伊丹線にて運用されている3100系3150編成に引退記念ヘッドマークが掲出されている。引退記念ヘッドマークは、大阪方と神戸方で異なるものが取り付けられており、7月8日までの掲出予定となっている。
 3100系は、1964年から1967年にかけて3000系の宝塚線仕様車として40輌が製造され、当初は宝塚本線を主に運用されたが、徐々に支線運用へ転出となり、最後まで現役を続けていたのが伊丹線で運用に就いていた3150編成のみとなっていた。なお同編成は、3100系の中では最後の表示幕設置工事が行われた車輌である。
 なお、登場から52年が経過した3100系は、今年7月に引退が告知されている。
綿貫勝也(埼玉県)
20160614185525-094c1bd5a14d94f18b5305decc8c543ef2881834.jpg
営業運転では6年ぶり2度目の入線となった。
'16.6.14 京浜急行電鉄大師線 京急川崎―港町 P:伊藤雅樹
  6月11日、京急2000形2451編成が大師線に入線した。85運行での運用であった。同形式の大師線での営業運転は2010年11月3日以来、6年ぶり2回目である。また、2000形の4輌編成は残り1本となっている。
高木善晴(大阪府)
20160614161318-a5ec76bae352411ecc03a2b92d7bee76513a31ce.jpg
今後の動向が注目される5134編成が箕面線を行く。
'16.6.12 阪急電鉄箕面線 箕面―牧落
 6月11日、阪急電鉄箕面線にて5100系5134編成による箕面線内での運転が確認された。
 この5134編成は、普段5132編成と組成され8輌で運用されていたが、先日まで正雀工場で何らかの工事を受けた模様で、6月8日に正雀工場から所属先である平井車庫に返却回送されたことから動向が注目されていた。
 なお、5134編成の箕面線での運転により、箕面線で現在も活躍する3000系が5100系(5132編成と5134編成)によって置き換えられることも考えられ、残る5132編成の動向にも注目される。
福田智志(埼玉県)
20160614142742-720be44c12d65d72b91d66741adeb0da06bb302a.jpg
撮影会では3色の8000系リバイバルカラーが並んだ。
'16.6.12 東武鉄道 森林公園検修区
 東武鉄道および東武トップツアーズは、6月12日に団体ツアー「フライング東上号リバイバルカラー車両で森林公園検修区へ! 」を実施した。参加者は池袋から森林公園検修区まで〈フライング東上号〉カラーの50090系に乗車、森林公園検修区に到着後はツアー参加者限定の撮影会が開催された。撮影会では3色のリバイバルカラーの8000系が並び、時間ごとにヘッドマークや行き先表示を変更した。
中村直樹(埼玉県)
20160613180710-86a1e946dc51f23ee4dca49d05363d159f5b6626.jpg
朝の琵琶湖線(東海道本線)をEF210-141の牽引で東上する。
'16.6.11 東海道本線 南彦根―彦根 P:横田篤史
20160613180729-3539146577d243b81fb293a619ae1cd2e9da5e1a.jpg
小手指車両基地に到着した38118編成。
'16.6.12 西武鉄道池袋線 小手指車両基地 P:中村直樹
 西武鉄道30000系8連の新造車38118編成が、6月10日に日立製作所笠戸事業所を出場し、12日に西武鉄道小手指車両基地に到着した。下松~新秋津間の甲種輸送の牽引は吹田機関区所属のEF210-141が、また西武鉄道線内の牽引は101系263編成がそれぞれ担当した。
 なお、西武鉄道の2016年度鉄道事業設備投資計画では、30000系8輌編成1本と、新型通勤電車40000系10輌編成2本の新造が発表されている。この発表の中で、30000系の製造は2016年度で終了することが記されており、今回の38118編成が同系の最終製造車になるものと思われる。
地頭所祐也(大阪府)
20160613175512-8fed64f0d911039ed730deec0654544f8650a8b1.jpg
13000系が近畿車輛を出場。
'16.6.11 片町線 鴻池新田―徳庵
 6月11日、近畿車輛から東京地下鉄13000系13001編成7輌がDE10 1191に牽引され近畿車輛を出場し、同日から13日にかけて甲種輸送が徳庵→越谷貨物ターミナル間で行われた。牽引機は、吹田貨物ターミナル間までがDE10 1191、吹田貨物ターミナルから先がEF65 2138であった。 徳庵駅の近くでは大勢のレイル・ファンが見送った。
地頭所祐也(大阪府)
20160608171050-f24d94b108887b7539b09b0f877073738ddd423c.jpg
京都線を走行する5132編成。
'16.6.8 阪急電鉄京都本線 相川―上新庄
 6月8日、阪急電鉄の正雀工場で工事を受けていた5132編成8輌が所属先である平井車庫まで、阪急正雀工場~十三~平井車庫の経路で返却された。今後の動きが注目される。
宮川政樹(都道府県)
20160606183927-5211d6aec26682ecf262d9ca63ff9beda08ba937.jpg
営業一番電車として保谷に向かう9101編成"SEIBU KPP TRAIN"。
'16.6.4 西武鉄道池袋線 富士見台 P:宮川政樹
20160606184446-f71347400329065964068abf040a64b660d82a1b.jpg
撮影会で展示された"SEIBU KPP TRAIN"と"L-train"。
'16.6.4 西武鉄道 武蔵丘車両検修場 P:福田智志
 西武鉄道では6月4日より、ラッピング電車"SEIBU KPP TRAIN"の運行を開始した。これはタレント・歌手の「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんが沿線の西東京市出身であり、彼女のデビュー5周年と、西武鉄道の「開業100周年アニバーサリー」の最終年度ということで、両者のコラボレーションが実現したものである。
 運行初日の4日は、池袋駅で出発式が行われ、西武ホールディングスの後藤会長と「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんによるテープカットの後、池袋~保谷間を1往復する臨時電車が運転された。
 また、翌5日に武蔵丘車両検修場で開催された「西武電車フェスタ2016」では"SEIBU KPP TRAIN"と"L-train"が並べて展示されていた。
中村直樹(埼玉県)
20160601124639-32d85ed800ea0a7131e4d92c1dba40a9f496f2f5.jpg
黄色、赤色、紺色に続いて4色目の9000系が登場。
'16.6.1 西武鉄道池袋線 小手指―狭山ヶ丘
 6月1日、西武鉄道の9000系9101編成がピンク色の外装となり、武蔵丘車両基地を出場し小手指車両基地へ回送された。戸袋窓は黄色のままであった。今後、9101編成は小手指基地にてラッピングが施されたのち、ラッピング電車"SEIBU KPP TRAIN"として、6月4日より運行を開始する。
 西武鉄道によると、"SEIBU KPP TRAIN"は、「きゃりーぱみゅぱみゅ5周年×西武鉄道」プロジェクトとして、今年でデビュー5周年を迎え新しい次のステージへ向けてますます進化を続ける歌手の「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんと2015年度で「西武鉄道100年アニバーサリー」を締めくくり次の100年に向けて新たな一歩を踏み出した西武鉄道がコラボレーションして実現したものである。ラッピングは、きゃりーぱみゅぱみゅさんの曲をモチーフにしており、9月29日まで池袋線で運行される予定となっている。
 なお、9000系は10輌固定で、8編成全てが池袋線系統に所属し、9103編成は赤色の"幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN)"、9108編成は紺色の"L-train"、9102・9104・9105・9106・9107編成はオリジナルの黄色である。今回の9101編成の塗色変更により、9000系は4色となった。
井上遼一(大阪府)
20160531151713-5f859a1be2b065c2c9284f2514eefff52b86e8c0.jpg
6連化され今津線へ転属した、5000系5010編成。
'16.5.29 阪急電鉄今津線 宝塚南口
 阪急電鉄の神戸本線に所属する5000系のうち、5010編成は先日まで神戸本線を中心に運用されてきたが、5月21日ごろからは6連化のうえ、今津線(西宮北口~宝塚間)へ転属し、運用に就いている。
 同編成は、先日、正雀工場へ検査入場した際は8連であったが、中間車2輌(5580と5581)が抜き取られ、梅田方から5010+5510+5560+5531+5511+5061の6連となった。
 なお、この編成の中間車、5560と5531の乗務員室撤去跡の座席については、今津線転属後も、そのままの状態となっている。そして、この編成から外された中間車2輌(5580と5581)については、廃車になっている模様である。
 また、これと入れ替わるように、5月上旬ごろに、これまで今津線(西宮北口~宝塚間)で運用されてきた3100系3154編成6連が、西宮車庫から正雀工場へ回送されており、こちらは廃車になるものと思われる。
松田信彦(大阪府)
20160531145813-5456d1269ba1c6aa25192f55ace91b60bf360dad.jpg
複々線区間で普通を追い越す〈良縁列車〉(左)。
'16.5.29 京阪電気鉄道京阪本線 土居
 5月29日、京阪電気鉄道は同社主催の婚活イベント「良縁列車がつなぐ! 新緑デートinひらかたパーク&天窓から陽光降り注ぐリバースイート大阪」を実施した。このイベントの行程のなかで、貸切列車の〈良縁列車〉が運転された。運転区間と時刻は枚方公園11:32発→天満橋12:47着であった。今回充当されたのは8000系8002編成8輌で、ヘッドマークが掲出されていた。
福田智志(埼玉県)
20160531124317-a3c779299de5be99bf411c3512f7c292bff3c8df.jpg
赤、青、黄色の3色並びとなった。
'16.5.29 京浜急行電鉄 京急ファインテック久里浜事業所
20160531124258-62e5f8641bbc04cd32e8a3f547d905b486d056df.jpg
今回初めて展示された新1000形1800番代(右)が2000形と並んだ。
'16.5.29 京浜急行電鉄 京急ファインテック久里浜事業所
 5月29日、京浜急行電鉄は、毎年恒例となっている「京急ファミリーフェスタ2016」を京急ファインテック久里浜事業所で開催した。今年の車輌撮影会は、2000形2本(2031編成と2051編成)、新1000形1800番代1801編成、台湾鉄路管理局のラッピングを纏った2100形2133編成"KEIKYU BLUE SKY TRAIN(京急ブルースカイトレイン)"、新1000形1057編成"イエローハッピートレイン"、新1000形4社直通25周年ヘッドマークを掲出した1025編成が並んだ。当日は暑い中、多くのレイル・ファンや家族連れで終日賑わっていた。
福田智志(埼玉県)
20160530181733-f5c1a444d9742e76c1ab8b688a0ef58b9c29f7b1.jpg
初めて西武秩父駅に入線した"SLパレオエクスプレス"。出発式が開催された。
'16.5.28 西武鉄道西武秩父線 西武秩父
 秩父鉄道のC58 363と12系客車4輌で構成される"SLパレオエクスプレス"だが、5月28日と29日の2日間は西武鉄道の西武秩父に初めて入線した。これは西武鉄道と秩父鉄道の共同企画で実現したものである。このイベントは、「臨時SL列車イベント 参加チケット」を持った乗客のみが利用できたもので、池袋・保谷→西武秩父間で運転されたイベント用臨時電車(10000系10105編成"レッドアロークラシック"が充当)と"SLパレオエクスプレス"が西武秩父駅でならんだ。その後、"SLパレオエクスプレス"は〈臨時SL列車〉として西武秩父を出発、三峰口でしばらく停車ののち折り返し、秩父鉄道の秩父まで運転された。
 なお、初めて入線した5月28日は、西武秩父で出発式が開催された。また、西武鉄道の本線系統の駅に蒸機が入線するのは約60年ぶりの出来事である。
松田重彦(大阪府)
20160525183232-0c985591238f2ef71e165ef70d4c312d2e1567f7.jpg
サミット開催のため、鵜方行きとなった特急列車。
'16.5.22 近畿日本鉄道大阪線 布施
20160525183248-1eec23b6a74f88df23186944c20b92350df05831.jpg
左上のものが今回掲出された表示。
'16.5.22 近畿日本鉄道大阪線 布施
 5月26日と27日に三重県志摩市賢島の「志摩観光ホテル」においてG7伊勢志摩サミットが開催される。
 これに伴い、サミットの安全を確保するため、近畿日本鉄道の志摩線鵜方~賢島間は5月21日始発から28日7時ごろまで運休となっている。特急も賢島発着の列車は鵜方発着となり、助手席側に「特急 本日は鵜方(UGATA)まで」との表示を掲出しての運転となった。なお、鵜方以北は通常通り運行されている。
 また、志摩線の運休にあわせて、5月21日始発から28日12時までの間は、鵜方駅~志摩神明駅~賢島駅の間を外務省によるサミットシャトルバスが運行されている。ただし、賢島には外務省発行の識別証を持っていないと入ることができない。
中司朔良(兵庫県)
20160524135537-c8ab69754d7a32093dd20f006b889f641007688f.jpg
外観は7300系リニューアル編成とほぼ同じである。
'16.5.24 阪急電鉄今津線 小林―逆瀬川
 2015年2月に入場、2016年2月に出場し、しばらく試運転が行われた神戸線所属の7000系7013編成がリニューアル後、初めて運用に入った。初運用は今津線(神戸線経由)の準急であった。
井上遼一(大阪府)
20160518112035-6ab55661a6358af5abfaa8bd1a4bb4767541ae7c.jpg
姫路・山陽網干方の6101。運転室助士側前窓上部の「series6000」と書かれたイラスト板は青系がベースになっている。
'16.5.17 山陽電気鉄道網干線 広畑―山陽天満 P:井上遼一
20160518111812-00def914a9a6659529e93cd50791b7000fa9deca.jpg
大阪方の6001。運転室助士側前窓上部の「series6000」と書かれたイラスト板は赤系がベースになっている。
'16.5.17 山陽電気鉄道網干線 夢前川 P:廣村典彦
 4月27日にデビューした、山陽電気鉄道の新型車輌6000系は、これまで本線の普通列車として運用されてきたが、5月17日からは、網干線でも営業運転を開始している。
 網干線での初営業には、6001編成が使用され、4月27日の営業運転初日より掲出されている。運転台窓下の「6000系DEBUT」と書かれた大型の円形ヘッドマークと、運転室助士側前窓上部に取り付けられている、神戸方と姫路方とで色合いの異なる「series6000」と書かれたイラスト板も掲出されたまま、網干線へ入線した。
 なお、網干線ではワンマン運転が行なわれていることから、6000系が網干線で運用される際は、ワンマン運転が行なわれている。
廣村典彦(兵庫県)
20160517123615-807a83fca898843b182051f53f8bce475b008a5c.jpg
前から2輌目が今回5019号(5輌目の5201は以前に下枠交差式へ交換済み)。
'16.5.15 山陽電鉄本線 飾磨―妻鹿
 山陽電気鉄道の5000系5018号編成(阪神梅田側5018-5019-5507-5200-5201-5609)が検査を終了し、さる2016年4月23日には運転が確認されている。
 なお、このたびの検査で、阪神梅田側から2輌目の5019号のパンタグラフが菱形から下枠交差式に変更された。5000系のパンタグラフは順次下枠交差式に交換が進み、この5019号が唯一の菱形パンタグラフを搭載する車輌であったが、今回の交換をもって、5000系から菱形パンタグラフが消滅した。
大谷真弘(静岡県)
20160517121516-c127e527cfd9a2314fb5c40d219db6c6dcdcec27.jpg
白い日詰草の脇をメトロ16000系が行く。
'16.5.14 東海道本線 掛川―菊川
 日立製作所笠戸事業所で新製された東京地下鉄16000系16126編成が5月13日から15日にかけて、下松から綾瀬まで甲種輸送された。牽引機は、下松~新鶴見信号場間が吹田機関区のEF200-6、新鶴見信号場~綾瀬間が新鶴見機関区川崎派出のDE10 1662であった。
中司朔良(兵庫県)
20160516172610-afe64f959ab9cf0420b2214ed8f85011cb29ec15.jpg
P-6(左)と並んで展示された2301編成。
'16.5.15 阪急電鉄 正雀工場
 5月15日、「春の阪急レールウェイフェスティバル2016」が、阪急電鉄正雀工場で開催された。
 会場では、車輌の部品販売、35tクレーンや保線作業の実演、洗車体験会等のイベントは、ほぼ例年通りであった。しかし、旧型車輌の体験乗車は、900形の不調から、P-6(116号)のみとなった。また、洗車体験には、8332編成+8313編成"古都"が使用された。
 また、正雀車庫でしばらく保管されていた2301編成の展示が今回初めて行われ、美しく整備された2301+2352が午後から正雀車庫の一角にP-6と並んで展示されていた。
中村直樹(埼玉県)
20160506163712-241d18afbba20dd447c4c9f5813d9913624b579c.jpg
約1年ぶりにオリジナルの外装に戻った6157編成。
'16.5.5 西武鉄道池袋線 秋津―所沢
 2015年4月18日より"黄色い6000系電車"として車体に黄色いラッピングが施されていた6000系6157編成が、ラッピングを剥がして2016年5月5日よりオリジナルの外装で運用を再開した。
 なお、黄色いラッピングを剥がす作業は2016年4月末より、ラッピングを施工したのと同じ小手指車両基地で実施されていた。
近藤規夫(東京都)
20160506151802-23bbd3a1b267c30decba11145c746818ea0b838f.jpg
ヘッドマークを掲げる8000系8713編成"高尾山トレイン"。
'16.5.2 京王電鉄京王線 南平―平山城址公園
 京王電鉄では4月1日から5月31日まで開催されている「2016春 高尾・陣場スタンプハイク」に合わせて、4月29日から同社の複数の編成にヘッドマークを掲出した。掲出期間は5月29日までが予定されている。
 掲出しているのは、高尾山のラッピングが施されている8000系8713編成"高尾山トレイン"のほか、7000系7801編成"TamazooTrain"、1000系1065編成となっている。
 なお、「高尾・陣場スタンプハイク」は、1971年秋から開始され、毎年春秋に行われる恒例のイベントとなっている。今回は開催90回目を迎えたが、車輌にヘッドマークを掲出するのは初めてとなった。
井上遼一(大阪府)
20160502142727-6d62cbfef1dd6ace36a054fb9c51c36eedf399bd.jpg
営業運転を開始した、山陽電気鉄道6000系。
'16.4.27 山陽電気鉄道本線 大塩
 4月27日、山陽電気鉄道の新型車輌6000系が営業運転を開始した。
 営業運転の1番列車は、山陽姫路11:03発の普通阪急神戸三宮行きであった。営業運転開始に先立ち、山陽姫路にて、記念の出発式が行なわれた。この日運用に就いたのは、トップナンバーの6000編成で、運転台窓下に「6000系DEBUT」と書かれた大型の円形ヘッドマークが取り付けられ、運転室助士側前窓上部には、神戸方と姫路方とで色合いの異なる「series6000」と書かれたイラスト板をつり下げて走行した。
 なお、山陽電鉄公式ウェブサイトでは、4月27日から5月13日までの6000系の運行ダイヤが公開されており、5月9日から13日までについては、2編成運行される予定であることから、6001編成についても、まもなく営業運転を開始するものと思われる。
 6000系は、「環境にやさしく、安全・快適な車内空間の提供」をコンセプトとしており、保守の容易化と 消費電力量の削減を図った機器を積極的に採用し、安全性の充実、並びに、車いす・ベビーカー使用する利用者や、海外から乗客など、誰もが安心、快適に利用できる車内空間を目指している。阪神電気鉄道の5700系同様、乗客が自ら扉単位での開閉操作ができる「扉個別スイッチ」を各扉横に設けられており、東須磨・山陽須磨・霞ヶ丘・山陽明石・藤江・東二見・高砂・大塩・山陽姫路および網干線(飾磨・山陽網干)の各駅において、接続待ちや通過待ち等により長時間停車する場合において、車内温度を維持し、夏季や冬季でも快適性の向上を図っている。
 6000系は現在、6000編成と6001編成の2編成が存在するが、今後も増備が行なわれ、老朽化した3000系を順次置き換えて行く計画となっている。
松田重彦(大阪府)
20160428180905-1fb1751ae18281cbfeb1c868fe032d84d4edea45.jpg
お披露目会を終えて和歌山市へ戻る"めでたいでんしゃ"。
'16.4.28 南海電気鉄道南海本線 紀ノ川
 4月29日より、南海電気鉄道和歌山市~加太間で観光列車"めでたいでんしゃ"が運行される。
 運行開始に先立つ4月28日には、沿線情報誌「NATTS」で事前募集した招待客を乗せて和歌山市→加太間で運転され、加太到着後は、同駅でお披露目会が開催された。なお、運行開始にあわせて様々な記念キャンペーンも予定されている。
松田信彦(大阪府)
20160426185234-a07c0ca743af54002cddd6dd471ddacbf34328ae.jpg
快晴のもと参拝客をのせて橿原神宮へ向かう。
'16.4.26 近畿日本鉄道大阪線 鶴橋
 4月26日、「観光列車"つどい"で行く橿原神宮特別参拝・特別拝観ツアー」が開催され、2000系2107編成"つどい"3輌が大阪上本町~(大阪線経由)橿原神宮前間で運転された。これは神武2600年記念・橿原市制施行60周年を記念して実施されたもので、4月27日には京都発にて同様のツアーが予定されている。
杉本 浩(三重県)
20160426124306-7551afa102b4a22ecdaf66ae4742e5570c0a199e.jpg
大阪線東青山で折り返し下り線を検測する"はかるくん"。
'16.4.24 近畿日本鉄道大阪線 伊勢石橋
 近鉄の検測車はかるくん(モワ24系)が、4月24日の午前中、名古屋線白塚~大阪線東青山間の上下線を中川短絡線経由で検測を行った模様である。
 通常、検測は平日が多く、日曜日に検測を行うのは、極めて珍しいものと思われる。
伊藤利雄(愛知県)
20160425145022-46cf01f59e945787f7700d9d7c4572ec94991d4a.jpg
EL120形に挟まれて、早朝の名古屋本線を上る。
'16.4.24 名古屋鉄道 名古屋本線 西枇杷島―二ツ杁
 4月23日に検査のために新川検車区へ回送されたチキ10形が検査を終え、4月24日の早朝に大江へ回送された。
 新川検車区への入出場する車輌の輸送は、デキ600形廃車以降デキ400形が担当することが多かったが、最近はEL120形が担当している模様である。
横田篤史(滋賀県)
20160425154444-d814c42a4f647fc9fb5a43372a2ba2e7bf9ca7c9.jpg
現在は吹田以東での定期運用がなくなったEF200の牽引で東上する。
'16.4.23 東海道本線 南彦根―彦根
 日立製作所笠戸事業所で新製された東京地下鉄16000系65編成(25番目の編成)が、4月22日から24日にかけて下松~綾瀬間で甲種輸送された。 牽引機には、下松から新鶴見信号場まで吹田機関区所属のEF200-5が充当された。
森山智仁(神奈川県)
20160412214800-27b86334f74dd6948e885f7faf664475f30d0517.jpg
7000系7707編成。
'16.4.9 相模鉄道相鉄本線 西谷―上星川
20160412214821-0eeabd7a70a5c4f6efd6bb8532968893dc0a747b.jpg
7000系7710編成。
'16.4.9 相模鉄道相鉄本線 西谷―上星川
20160412214837-88fc19699b0d99feeac944b1cdd955a40793d135.jpg
7000系7712編成。
'16.4.9 相模鉄道相鉄本線 西谷―上星川
 相模鉄道いずみ野線は1976年4月8日に二俣川~いずみ野間が開業してから、今年で40年を迎えた。
 これを記念して、いずみ野線開業当時から活躍している7000系に、4月8日からヘッドマークを掲出して営業運転を行っている。 現在でも運用を続ける3編成(7707編成、7710編成、7712編成)のすべてにそれぞれ異なるものが掲出されている。 なお、このヘッドマーク掲出期間は開業月である4月末までの予定と相模鉄道では発表している。
井上遼一(大阪府)
20160406151655-de2e9b8dd67b5092c8f8c2843fbec1f799a6ea8d.jpg
大阪方先頭車8003を先頭に「神戸市内高架延伸線開通80周年記念」ヘッドマークを掲出する8000系8003編成。
'16.4.5 阪急電鉄神戸本線 神崎川
 阪急電鉄神戸本線の神戸市内高架延伸線(現在の王子公園付近~神戸三宮間)が1936年4月1日に開通してから、今年で80周年を迎えた。
 これを記念して、4月1日から10月31日ごろまでの期間、同区間を走る一部編成にヘッドマークが掲出されている。 掲出されているのは、1000系1000編成・9000系9000編成・8000系8003編成・7000系7007編成・5000系5000編成の計5編成(いずれも8連)で、デザインは大阪方と神戸三宮方で異なっている。特に大阪方のヘッドマークは、延伸開業当時最新鋭の形式だった920系が、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で被災し解体されてしまった「神戸阪急ビル」のアーチから出てくるデザインとなっている。
福田智志(埼玉県)
20160405191700-d152d72b94c98b68196cbd81e2d1216da5553cae.jpg
紺色と黄色のツートンカラーにリバイバルされた1017編成。
'16.4.5 東急電鉄 池上線 旗の台

20160405191724-4c66ed9dbb5536e726b9f7da649d5d7d895cc565.jpg
車内もレトロ調になり、化粧板は木目調、吊り手は木製となっている。
'16.4.5 東急電鉄 池上線 旗の台

 東急電鉄は池上線と東急多摩川線で使用している1000系1017編成を、紺色と黄色のツートンカラーに変更のうえ、3月28日から営業運転を開始した。
 この色はかつて池上線で運転していたデハ3450形を再現したものであり、同車が1989年に引退して以来実に27年ぶりに復活したものである。
 また、側面にはかつての「T.K.K」のロゴマークが復活しており、車輌番号の位置も変更されている。このほか、車内もレトロ調になり、化粧板は木目調、吊り手は木製となっているほか、座席のモケットを変更している。リバイバルカラーになった1017編成は当分の間運転される予定となっている。
森田 宏(大阪府)
20160405191843-909b68205ccc8d46568b70d7741736ac81455758.jpg
誇らしげにヘッドマークを掲げ入線する"宝夢"。
'16.3.27 阪急電鉄 宝塚線 梅田 P:森田 宏
20160405191920-dd4b55a697216030a7ddb8dc62b710f77e627406.jpg
7013編成のみの6連で宝塚線~京都本線~嵐山直通列車に充当される"爽風"。
'16.3.27 阪急電鉄 京都本線 南茨木 P:松田信彦
 阪急電鉄は、2015年11月1日から宝塚線の1000系1003編成8連で「手塚治虫氏の漫画キャラクター」を、神戸線の8000系8031編成2連+7000系7013編成6連の8輌で「わたせせいぞう氏のイラスト」を配したラッピング列車を、それぞれ運行している。
 これらの列車のデビュー時に愛称を公募していたが、このたび愛称が決定し、宝塚線が"宝夢(YUME)"、神戸線は"爽風(kaze)"となった。各編成は3月27日から先頭車にヘッドマークを掲出しており、中間車には愛称名を追加している。
鈴木未央(埼玉県)
20160401184100-99bd78855b8856232f82312d3020b6726ffc727b.jpg
〈TJライナー4号〉池袋行き。運転開始記念のヘッドマークなどは掲出されなかった。
'16.3.28 東武鉄道東上線 朝霞台―朝霞
 東武鉄道は、去る3月26日にダイヤ改正を実施し、従来から夕刻の下り列車で運転されている〈TJライナー〉を平日朝方の上りにも2本を設定した。ダイヤ改正後、初の平日となった3月28日より運転を開始した。
 運転初日は、〈フライング東上号〉ラッピングで注目を集める51092編成が使用された。
 なお運用は、〈TJライナー2号〉で池袋に到着した編成が、すぐに折り返して森林公園まで回送され、〈TJライナー4号〉に充当される。
加藤孝英(埼玉県)
20160401115315-d9f94b3ceda825e0bb250f4c788d2db6e2ae7861.jpg
昭和30年代の標準色となった8577編成。
'16.3.29 東武鉄道亀戸線 東あずま―亀戸水神
 東武鉄道では、昭和30年代に通勤車輌の標準色としていた、インターナショナルオレンジを基調にミディアムイエローの帯を纏った8000系8577編成の運行を3月23日より開始した。
 運転初日には亀戸線沿線の幼稚園児を招待した出発式を亀戸駅で開催した。同編成は、亀戸線(曳舟~亀戸)のほか大師線(西新井~大師前)で運転されている。
大谷真弘(静岡県)
20160324190005-15bdceeb4840f79682ca942cd195aa353cb1d8b0.jpg
小田急"EXE"の日本車輌入場は今年に入って2本目となる。
'16.3.23 東海道本線 菊川―掛川
 3月23日、小田急電鉄の30000形"EXE"30051編成4連が、松田から日本車輌製造豊川製作所のある豊川まで甲種輸送された。 同編成は日本車輌製造で何らかの改造を受けるものと思われる。牽引機は、松田から西浜松まで新鶴見機関区に所属するEF65 2101で西浜松から豊川までは、愛知機関区所属のDE10 1581が充当された。
 なお、3月15日には6連の"EXE"30251編成が甲種輸送されて同様に日本車輌製造豊川製作所に入場している。
中村直樹(埼玉県)
20160323134340-c25df65678d2401bbd5ec6460728df04e8903830.jpg
西武新宿・飯能方(写真手前)1号車のテーマは「春」、芝桜や長瀞の桜が表現されている。以下1輌ずつ、「夏」、「秋」、「冬」とテーマが決められている。
'16.3.22 西武鉄道 小手指車両基地

20160323134400-c7b5759658159e8d53a969950b3b21aa34b5ca9e.jpg
小手指基地で転線する4009編成。池袋・西武秩父・本川越方(写真手前)4号車のテーマは「冬」、あしがくぼの氷柱が表現されている。
'16.3.22 西武鉄道 小手指車両基地

 3月22日、西武鉄道の4000系4009編成を使用した"西武 旅するレストラン 52席の至福"が武蔵丘車両基地を出場した。武蔵丘車両基地を出場後、小手指車両基地まで試運転を行ったのち同基地に入庫した。小手指車両基地内では行き先表示器に「52 fifty two seats of happiness」と掲出されているのが確認できた。
 西武鉄道の発表によれば、車内には52席の客席の他に多目的スペース、キッチン等を有し、有名店・シェフ監修の和・洋・中コース料理を味わいながら旅を楽しめる。外装には沿線の代表的な観光地である「秩父」の四季と、自然豊かな秩父や武蔵野を流れる荒川の水が描かれている。"西武 旅するレストラン 52席の至福"は4月17日より池袋~西武秩父駅間・西武新宿~西武秩父駅間・西武新宿~本川越駅間などで営業運転を開始する予定。
福田智志(埼玉県)
20160318210234-74b2fa3d5d30bb5682b3b2d95629b4531d75ed70.jpg
エンブレムを掲げる106編成。
'16.3.18 山手貨物線 池袋
 東武鉄道は、今年日光東照宮御鎮座400年、日光山開山1250年、日光神橋1250年を記念して、3月18日から東武鉄道100系"日光詣スペーシア"2編成(JR乗り入れ非対応の103編成と乗り入れ対応の106編成)に新しいエンブレムを付けて運転を開始した。新しいエンブレムは1号車と6号車の側面に貼られており、日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社の社紋、寺紋がデザインされている。
 なお、当日はJR東日本と東武鉄道が特急列車直通運転を開始してから10周年を記念するイベントが新宿駅で行われ、新しいエンブレムはその会場でお披露目された。
大谷真弘(静岡県)
20160315153048-0bfe2b680f2735ff66db5c13cfc19be18143e620.jpg
30000形"EXE"の日車入場は2011年4月にATS改造のため甲種輸送された4連以来となった。
'16.3.15 東海道本線 菊川―掛川
 3月15日(火)、小田急電鉄の30000形"EXE"6連が、松田から日本車輌製造豊川製作所のある豊川まで甲種輸送された。同車は日本車輌製造で何らかの改造を受けるものと思われる。 牽引機は、松田から西浜松まで新鶴見機関区に所属するEF65 2095、西浜松から豊川まで愛知機関区に所属するDE10 1581が充当された。
福田智志(埼玉県)
20160308115630-2d85a3e70288643cda4cfad64daea9628c63fc11.jpg
1801編成を先頭にエアポ-ト急行運用に就く。
'16.3.4 京浜急行電鉄本線 能見台―金沢文庫 P:霜田博行
 京浜急行電鉄は3月4日から新1000形1800番代の営業運転を開始した。 この日営業運転を開始したのは1801編成と1805編成の2本である。営業運初日は、1801編成が金沢文庫→品川間で665Hの品川方に、1805編成が金沢文庫→品川間で601Bの浦賀方に、増結用車輌として連結された。それぞれ品川で切り離されたのち、同駅引き上げ線にて2編成が連結して金沢文庫に戻った。2編成は連結したまま3Dの運用に入り、2103Dまで8輌編成で運転されていた。1801編成は2103Dの金沢文庫到着をもってこの日の運用を終了したが、1805編成は2117A~2216Aに充当され、2216Aが金沢文庫到着後に切り離されて運用を終了した。
 1800番代の特徴はステンレス車体の4輌編成で、普通から快特、都営浅草線直通列車まで、京急線全線で柔軟な運用に対応すべく、正面に貫通扉を設置し、2編成を連結し8輌編成で運転する際に互いに乗り移ることができるようになっていることである。 また、車体側面は赤と白のフィルムをラッピングしており、従来からの「赤い電車」のイメージを踏襲している。
松田信彦(大阪府)
20160307132948-a91b7f32b73cd4797750a34ae94cc5471d5f2654.jpg
名古屋線の輪中地帯を行く2680系。
'16.3.6 近畿日本鉄道名古屋線 近鉄弥富―近鉄長島
 3月6日、近畿日本鉄道の2680系3輌による団体臨時列車「さかなでつどうミステリーツアー」が近鉄名古屋~湯の山温泉~賢島間にて運転された。 2680系は日曜・祝日を除いて、山田線の宇治山田~大阪線の上本町間で運転されている"鮮魚列車"に使用されているため、普段は、今回乗り入れた4路線(名古屋線、湯の山線、鳥羽線、志摩線)で見ることはできない。
高木善晴(大阪府)
20160303112350-fca6f58ba0bc2cbd3b94b1807ced0b5555cd8af5.jpg
手前の箕面方2輌が元8041編成、後ろ2輌が元8040編成で組成される8040・8041編成。
'16.3.1 阪急電鉄箕面線 箕面
 阪急電鉄では現在、一部の編成において前照灯のLED化が順次進められており、箕面線で活躍している宝塚線所属の8000系8040・8041編成においても同様に前照灯のLED化が確認された。この編成は2015年3月に実施された宝塚線のダイヤ改正で余剰となった増結用2連の8040編成と8041編成を連結した4連で組成されているが、中間運転台にあたる8190号車と8041号車については前照灯のLED化は行われていないことから、今後も4輌固定編成で箕面線の専用車として活躍するものと思われる。
大谷真弘(静岡県)
20160301152329-528bd3c90652ad64de23375a16e83d4f554ef7c0.jpg
帯色変更などの、マイナーチェンジを図った4次車の増備が進む。
'16.2.27 南彦根―彦根 P:横田篤史
 日立製作所笠戸事業所で新製された東京地下鉄16000系63編成(23番目の編成)が、2月26日から28日にかけて下松から綾瀬まで甲種輸送された。牽引機には、下松から新鶴見信号場まで吹田機関区所属のEF66 130、新鶴見信号場から綾瀬まで新鶴見機関区川崎派出所属のDE10 1576がそれぞれ充当された。
霜田博行(東京都)
20160229190819-6041616c0c608f88eb21224d10807b00e4378c4b.jpg
晴天に恵まれ最後の運行となった。
'16.2.28 京成電鉄本線 京成高砂―京成小岩
 2月28日、京成トラベルサービス主催「さよならAE100形引退記念ツアー」の2回目が実施された。当日は138編成が使用され、京成上野→京成高砂→八広→東成田→京成成田→成田空港→宗吾参道の経路で運転された。今回の運転でAE100形は引退となる。なお、2月21日にも同様のツアーが実施されているが、今回は東成田駅で乗務員への花束贈呈が行われたことが特筆される。
高木善晴(大阪府)
20160226173509-63d54646f0ea13122c4f0437bb0df61de4e730a4.jpg
ヘッドマークを掲げる3056編成。ヘッドマークには昨年の同レースで優勝した競走馬「ダイワマッジョーレ」が描かれている。
'16.2.24 阪急電鉄 今津線 甲東園
 阪急電鉄では2月28日に阪神競馬場で開催されるGIIIレース「阪急杯」をPRするため2月20日から今津線を走る3056編成6連と3078編成6連の2編成に特製のヘッドマークを掲出して運転している。このヘッドマークは、レース開催日の2月28日までの期間限定で取り付けられる予定となっている。
 なお、今回で開催60回目を迎えた「阪急杯」は、1957年に始まった「宝塚杯」が前身の歴史ある大会で、阪神競馬場または京都競馬場が会場として使用されてきた。
中村直樹(埼玉県)
20160225110405-56bea25fcfef591d3100be6a424a95ba1a9cf22b.jpg
玉川上水~拝島間で試運転中の6157編成。
'16.2.24 西武鉄道拝島線 玉川上水―武蔵砂川
 2月24日、西武鉄道の小手指車両基地に所属する6000系6157編成が、玉川上水車両基地を出場し拝島線内で試運転を行った後、玉川上水→上石神井→所沢→小手指の経路で回送された。
 なお、同編成は2015年12月23日から玉川上水車両基地に入場していた。今回の入場では車内の客用ドア上部に液晶ディスプレイ「西武スマイルビジョン」の取り付け工事が行われたものと思われる。
中司朔良(兵庫県)
20160224150510-61425b6484cfcf42beb5aa15b34745e0839c4037.jpg
5300形および5900形の梅田方パンタグラフを下げて走行する5319編成。
'16.2.21 阪急電鉄京都本線 上新庄
 阪急電鉄の京都本線系統で運用されている5300系だが、パンタグラフの使い方に変化が生じている。5300系でパンタグラフを搭載する車輌は、制御電動車の5300形および電動車の5900形で、全車が2器のパンタグラフを搭載している。今までは両側のパンタグラフを上げて運用に就いていたが、このうち各車の梅田方の1器を下げて走行する編成が現れた。
 まず、2月19日より5317編成が、続いて21日には5319編成が先述の形態となった。2月23日時点では、7連の5300編成・5301編成・5302編成・5311編成・5324編成、8連の5304編成・5308編成・5315編成・5321編成にも及んでいる。この措置は一時的なものなのか、今後の動向が注目される。
石川義貴(千葉県)
20160222152138-a430805c6ea03d3cf1d72039f9ab0e161a61a94f.jpg
特製のヘッドマークには「ありがとうAE100形 Skyliner 1990.6.19~2016.2.28」と描かれている。
'16.2.21 京成電鉄京成本線 町屋―千住大橋
  2月21日、京成トラベルサービス主催による「さよならAE100形引退記念ツアー」が、AE100形AE138編成を使用して、京成上野→宗吾参道間にて実施された。 このツアーは、京成上野→小岩→八広→東成田→成田→成田空港→宗吾参道の経路で運転され、普段は入線しない押上線や、東成田の旧成田空港駅時代のホームへの入線などが企画された。なお、同様のツアーが翌週の28日にも予定されている。
伊藤雅樹(神奈川県)
20160222140749-37352f9d0bebb2379711842613b013402ae2e967.jpg
前8輌が2133編成。1000形と連結して快特運用に就いている。
'16.2.22 京浜急行電鉄本線 屛風浦―杉田
 2月26日、京浜急行電鉄と台湾鉄路管理局の友好鉄道協定が締結されてから1周年を迎える。これを記念して京浜急行電鉄では、2100形2133編成"KEIKYU BLUE SKY TRAIN(京急ブルースカイトレイン)"に、台鉄で活躍する客車(普快車)のラッピングを施し、2月21日夜から同社線内で運転を開始している。ヘッドマークも掲出され、3月26日までの約1か月間、運行される予定となっている。
福田智志(埼玉県)
20160222153546-33948a18853e6ab90c3055af580e525b813eac99.jpg
6連の3000形は、2008年2月に導入された3025編成以来約8年ぶりとなった。
'16.2.21 京成電鉄京成本線 堀切菖蒲園
 京成電鉄の3000形3031編成が2月15日から営業運転を開始した。3000形は2003年の登場以来、マイナーチェンジが図られてきたが、この編成から車内案内表示器の画面サイズが従来の15インチから17インチに拡大されている。なお、京成電鉄は3月上旬に3032編成の営業運転を開始することを発表している。
井上遼一(大阪府)
20160219144312-404c3bb16ede77b8fbc1b94479c141a23232b754.jpg
6000系の試運転。この日は往復とも前面のLED表示器に「回送」と表示されていた。
'16.2.17 山陽電気鉄道本線 大塩
 今春から運行を開始する山陽電気鉄道の新型車輌、6000系の試運転が2月17日より日中に行われている。初日となった2月17日には、2編成導入されたうちのトップナンバー編成となる6000編成(神戸方から6000+6300+6100)を使用した試運転列車が、午前中に東二見―飾磨間を1往復し、乗務員のハンドル訓練や車輌の性能確認、勾配起動訓練などが行なわれた模様である。今後も、今春のデビューに向けて、試運転が繰り返し行なわれるものと思われる。6000系は川崎重工業兵庫工場で製造され、2015年11月末に山陽電気鉄道東二見車庫へ搬入、今までは夜間に試運転を行っていた。
廣島一貴(東京都)
20160215192133-9fc1a7511270e1cfdd51cd8757b9a7395c5f8e71.jpg
大雨の中本牧駅構内で1000系の入れ換えを行うDD55 14。
'16.2.14 神奈川臨海鉄道本牧線 根岸―横浜本牧 P:廣島一貴

20160215192152-82753868867670d7516a7362923706b918817884.jpg
EF65 2065の牽引で東海道本線を上る1030編成。
'16.2.13 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷真弘

 2月13日、東京地下鉄1000系1030編成の甲種輸送が豊川~根岸間で実施された。牽引機には豊川~西浜松間が愛知機関区所属のDE10 1557、西浜松~横浜羽沢間が新鶴見機関区所属のEF65 2065、横浜羽沢~根岸間は同機関区のEF65 2086がそれぞれ充当された。
 翌2月14日は根岸から先の神奈川臨海鉄道本牧線に入り、DD55 14の牽引で横浜本牧まで輸送された。
 なお、DD55 14は2月上旬から「さよならDD55 14 神奈川臨海鉄道2016.3」・「Last Ran DD15 14 1976~2016神奈川臨海鉄道」と描かれたヘッドマークを掲出しており、間もなく退役するものと思われる。
中村直樹(埼玉県)
20160212181427-ba25f0a0d801d0879e878eaa6ce05aa3500112d0.jpg
ヘッドマークを掲出せずに走る4010編成。なお普段は、運転席の窓下に楕円状のヘッドマークが掲出されている。
'16.2.11 西武鉄道池袋線 小手指―西所沢
 2月11日、東急電鉄5050系4010編成"Shibuya Hikarie号"が、ヘッドマークを掲出せずに運行された。2013年4月の"Shibuya Hikarie号"運行開始以来、ヘッドマークを掲出せずに運行されたのは初めてと思われる。
松田信彦(大阪府)
20160209143107-74a0ef71498c23aad190c7b96c6b4e42c3f6974c.jpg
初詣客を乗せて快走する"楽"。
'16.2.7 近畿日本鉄道大阪線 朝倉―長谷寺

20160209143126-f6645c4305d608f016649834da1d7e017826b1eb.jpg
樫原神宮前で"楽"から乗り換えた伊勢参りの乗客を乗せて走る一般車。
'16.2.7 近畿日本鉄道南大阪線 古市―駒ヶ谷

 2月7日、近畿日本鉄道大阪線で団体専用車輌"楽"を使用した貸切列車が橿原神宮前~伊勢市・宇治山田間にて運転された。これは古市駅主催の「~貸切列車で行く~伊勢神宮初詣日帰りの旅」によるもので、狭軌で敷設されている南大阪線の古市~橿原神宮前間は一般車(6400系6輌)にて運転され、橿原神宮前にて"楽"へ乗り換えて伊勢神宮へ向かうツアーであった。
安藤龍之介(東京都)
20160204171053-73f5e8e4ca2346c1d3a07eeed9fc63d0b75c4917.jpg
注目を集めていた新型事業用電車がついに本格始動。
'16.2.3 京王電鉄京王線 つつじケ丘―柴崎
 2月2日から3日にかけて、京王電鉄のクヤ900形による本線計測が行われ、牽引車として新型事業用電車デヤ901・902形が初めて使用された。2月2日は京王線・相模原線・動物園線に、2月3日は競馬場線・高尾線・京王線新線にそれぞれ入線し、架線及び軌道の計測を行ったものと思われる。
 京王電鉄では京王6000系を事業用電車に改造したデワ600形を牽引車として使用してきたが、今回からデヤ901・902形に置き換えられたことにより今後の処遇が注目される。
福田智志(埼玉県)
20160204170918-4f1c8caad7ce4ca2096dad55a42f39c1692ecc3c.jpg
ヘッドマークのデザインも昨年と異なり、赤地に白文字となっている。
'16.2.2 京浜急行電鉄 金沢文庫
 京浜急行電鉄はバレンタインに合わせて2月1日から"KEIKYU LOVE TRAIN"の運転を開始した。同列車の運転は昨年に続いて2回目、今年は2100形の2149編成を使用している。前面にハート型のヘッドマークを付け、昨年好評だったハート型の吊り手に加え、今年はハート柄のボックスシート「相合席」を1か所設置したことが目新しい。
 なお、"KEIKYU LOVE TRAIN"は3月14日まで運転する予定である。ちなみに昨年は2000形2011編成が使用されていた。
大谷真弘(静岡県)
20160203175950-b515cc94aa8e8cc05a546f0f5f74be4521b95c9d.jpg
制御車2輌(3021-1と3031-8)が中間に向かい合った形態で輸送された。
'16.2.2 東海道本線 掛川―菊川
 日本車輌製造豊川製作所で新製された京成電鉄3000形3031編成6輌が、2月2日から3日にかけて豊川から逗子まで甲種輸送された。今後、総合車両製作所で輸送用の台車から本来の台車に履き替えたのち、京成電鉄の宗吾参道車両基地に自走で向かうものと思われる。
 編成は機関車次位より3031-3+3031-2+3021-1+3031-8+3031-7+3031-6で、牽引機は豊川から西浜松まで愛知機関区所属のDE10 1581、西浜松から横浜羽沢まで新鶴見機関区所属のEF65 2138、以降逗子まで新鶴見機関区川崎派出所属のDE10 1662であった。
 これで3000形は198輌、同社事業計画によれば今年度はもう1編成新造される見込みでいよいよ200輌を超える大所帯となる。
中司朔良(兵庫県)
20160202155712-2c7050398e7b936257dd98cb0e35c15449267918.jpg
運行初日、特急運用に充当された1008編成。
'16.2.1 阪急電鉄神戸本線 神戸三宮―春日野道
 阪急電鉄1000系の9編成目となる1008編成が2月1日より神戸本線にて営業運転を開始した。それに先立ち1月30日に正雀から所属先の西宮車庫に回送されている。
高木善晴(大阪府)
20160127124331-2c925d650e08a29a7b05b3d80df8b6ae1a76f97b.jpg
前パンが印象的な5134を先頭に箕面をあとにする。
'16.1.26 阪急電鉄箕面線 箕面
 普段は主に3000系で運用されている阪急電鉄箕面線だが、1月23日から箕面線内の折返し運用に同線の予備編成である宝塚線所属5100系5134Fが充当されている。現在宝塚線所属の5100系は能勢電鉄への譲渡が行われており、その数が年々減少しているため今回のような代走は大変貴重なものと思われる。
中村直樹(埼玉県)
20160127123554-4728c5d9013d172e19a3ff86a779f59d765a6e05.jpg
各停新木場行きの27S"Shibuya Hikarie号"。
'16.1.25 西武鉄道池袋線 小手指―西所沢
 5050系4000番代4010編成"Shibuya Hikarie号"は、1月24日に都立大学駅にて発生した人身事故に伴う運用変更のため、25日に西武鉄道池袋線小手指~東京メトロ有楽町線新木場間の直通運転を含む27S運用と69S運用に充当された。なお、同編成は26日には東急電鉄東横線日吉発の58K運用に充当され、東京メトロ有楽町線への代走による乗り入れは25日で終了したと思われる。同編成の通常時の直通運転範囲は、東急東横線から東京メトロ副都心線、東武東上線、西武池袋線、横浜高速鉄道みなとみらい線となっている。
野渡優弥(神奈川県)
20160121183002-2d5617315ca3314491b2f487987dfe100ab3899f.jpg
久しぶりに日中の本線に現れた8710F。
'16.1.19 相模鉄道本線 相模大塚―さがみ野
 1月19日、長らく運用を離脱している相模鉄道8000系8710Fが、相模大塚~かしわ台間で試運転を行なった。同編成は、VVVFインバータ装置とSIVが新しいものに交換されたが、誘導障害が相次いで発生したため、日中の本線上での試運転は今まで行われていなかった。この試運転により、運用復帰の日が少しずつ近づいていると思われる。
宮川政樹(東京都)
20160118190651-e2e6343b0e7bab39a9a774443f470d472472e868.jpg
初代ではペットマークの描かれる大きさが飯能方と池袋方で異なっていたが、2代目は両先頭車とも同じ大きさとなっている。
'16.1.17 西武鉄道池袋線 ひばりヶ丘―保谷 P:宮川政樹

20160118190710-12867d781d31ec08bc804cb58b519366eead5496.jpg
側面の社章と車輌番号は黒色から白色に変更された。
'16.1.17 西武鉄道池袋線 西所沢 P:中村直樹

 西武鉄道では、1月17日より埼玉西武ライオンズを応援・アピールするラッピング電車2代目"L-train"の運行を9000系9108編成を使用して開始した。
 "L-train"の初代は2010年7月10日から2013年12月まで3000系3015編成で運行されていたが、同編成の引退をもって運行を終了、その後復活を望む利用者の声が多かったことから再び登場した。9108編成はラッピングに先立って塗装をレジェンドブルーと称する濃紺に変更、1月15日に武蔵丘検修場を検査出場し池袋線で試運転を行った。翌16日に小手指車両基地で球団のペットマークやロゴなどが装飾された。
 運行初日の17日は第3202電車から運用に入り、ほぼ終日に渡って運用に就き、途中9103編成"RED LUCKY TRAIN(幸運の赤い電車)"などと並ぶ姿も見られた。
大谷真弘(静岡県)
20160118200426-b7b98f4e4c38ad412c3b77b142e1c1ff3553ba8d.jpg
8862レで東海道本線を上る1000系1129編成。
'16.1.16 東海道本線 掛川―菊川
 日本車輌製造豊川製作所で新製された東京地下鉄1000系6輌1129編成が、1月16日から17日にかけて豊川から川崎貨物まで甲種輸送された。牽引機には豊川から西浜松まで愛知機関区所属のDE10 1581、西浜松から新鶴見信号場まで新鶴見機関区所属のEF65 2068、新鶴見信号場から川崎貨物までは同区のEF65 2087がそれぞれ充当された。
中村直樹(埼玉県)
20160115194726-5acb13d77c822661c1c2f5f50cc0601d36837a4e.jpg
戸袋窓は黄色のままの9108編成。
'16.1.15 西武鉄道池袋線 狭山ヶ丘―小手指

20160115194743-785250892a5e183eb4f86707989bd3d50c339ce2.jpg
試運転で池袋駅に到着後、折り返しで下る9108編成。(後追い)
'16.1.15 西武鉄道池袋線 所沢―西所沢

 1月15日、西武鉄道の9000系9108編成が武蔵丘車両検修場を出場して試運転を行った。車体塗色は黄色から埼玉西武ライオンズのチームカラーである「レジェンド・ブルー」の濃紺に変更され、側面の社紋と編成番号は白色で、戸袋窓は黄色のままであった。同編成は埼玉西武ライオンズのラッピング等を施したのち、"L-train"として1月17日より約3年間、池袋線・狭山線・新宿線・拝島線で運行される予定である。なお、今回の"L-train"は2010年7月~2013年12月に運行された3000系3015編成に次いで2代目となる。
井上遼一(大阪府)
20160114175749-ee2e1aabd9bb88503cbc5c2b230419b4fac34c5a.jpg
ヘッドマーク描かれているのは、阪急でワンハンドル車を初めて導入した2250号車と2251号車(現在の6050号車と6150号車のデビュー当時の姿)である。
'16.1.13 阪急電鉄神戸本線 岡本―御影
 2015年10月1日より、阪急電鉄神戸本線で6050編成を使用した"ワンハンドル運転台車輌導入40周年記念列車"がヘッドマークを取り付けて運転されているが、このヘッドマークの掲出が1月7日をもって終了し、1月8日から新しいデザインのものに変わった。
 なお、新デザインのヘッドマークは記念列車の運転が終了する2016年3月下旬までの掲出となっている。

【西鉄】〈初詣号〉運転

天本義彦(福岡県)
20160104195211-a6f8cc28ce702ab60c0f1da4d51efd15a6238e84.jpg
太宰府市のキャラクター「千梅ちゃん」がデザインされたヘッドマークを掲出して運転された臨時急行〈初詣号〉。
'16.1.3 西日本鉄道天神大牟田線 二日市
 2016年1月1日~3日の3日間、西日本鉄道は太宰府天満宮に参拝する乗客の利便性向上を図るため、臨時急行〈初詣号〉を、5000形6輌編成を用いて西鉄福岡(天神)~太宰府間で14往復運転した。
 このほか、2015年12月31日から2016年1月1日にかけては、天神大牟田線で終夜運転が実施され、同線の各駅から大宰府までの臨時列車が運転された。
宮川政樹(東京都)
20160104190350-b94bba4451d2bc4aa8b0cc031f93e31d8fc766e3.jpg
1161列車に充当される8713編成"みどりの京王線"。
'16.1.1 京王電鉄京王線 明大前
 高尾山薬王院の参拝客を輸送するため、京王電鉄では毎年大晦日から元旦にかけて終夜運転を実施、臨時急行・特急の〈迎光号〉を都心から高尾山口へ運転している。今季の終夜臨では、これまでの急行3本・特急1本の計4本に加えて京王線新宿1:20発、2:00発、2:40発の急行3本の計7本が運転された。なお、従来から運転されていた京王線新宿3:38発、4:20発、都営地下鉄新宿線本八幡2:35発の急行3本と京王線新宿4:00発の特急には「迎光」のヘッドマークが掲出された。
 また今季は、京王線新宿4:20の急行に期間限定のラッピング車である"みどりの京王線"こと8713編成が充当されたことが特筆される。
森田 宏(大阪府)
20160104185739-dbe649eec2d1354692431155c0d859f0b412bca5.jpg
2016年の干支である「申」が描かれた初詣ヘッドマークを掲出する1002編成8連。
'15.12.31 阪急電鉄神戸本線 御影
 阪急電鉄は2015年12月25日から2016年1月7日まで恒例の「初詣」ヘッドマークを京都、宝塚、神戸線の各4編成計12編成に掲出している。また、2015年12月25日から2016年1月31日の予定で例年と同じデザインの「阪急沿線西国七福神めぐり」ヘッドマークを計8編成に掲出している。
松田信彦(大阪府)
20160104182144-ddb93985c5a045713a180ca434dbdd05081fe6ce.jpg
昨年に引き続き〈開運号〉に充当された6020系6051編成"ラビットカー"。
'16.1.1 近畿日本鉄道南大阪線 河堀口
 1月1日から1月3日までの3日間、近畿日本鉄道南大阪線では、大阪阿部野橋~橿原神宮前間で臨時急行〈開運号〉が11往復運転された。このうち3往復はリバイバル塗装の6020系6051編成"ラビットカー"で運転され、先頭車には復刻版角型特殊看板と丸型特殊看板の2枚が掲出されていた。

【京阪】5000系が45周年

佐野 徹(京都府)
20151228155416-55f246502571a581a1c0964abf50969817a02a04.jpg
5557編成は同系の最終増備車で、1980年に製造された。
'15.12.27 京阪電気鉄道京阪本線 大和田
 京阪電気鉄道の5000系がデビュー45周年を迎え、12月26日より全7編成に記念のヘッドマークを掲出している。同鉄道によればこのヘッドマークは2016年3月26日まで掲出される予定となっている。
 5000系は日本の鉄道車輌初の5扉車で、京阪電気鉄道初のアルミ合金製車体が採用されている。混雑時には5扉すべてを使用、閑散時間帯ではこのうち2扉を締切り、ドア上に格納されていた座席を降ろすことで着席定員を増やすことに貢献している。
中司朔良(兵庫県)
20151225151225-044ee6da61a840c89ffc790d8393c76b0f651de6.jpg
最新鋭の1000系と並ぶ5100系5108編成。
'15.12.24 阪急電鉄宝塚本線 十三
 12月24日、宝塚本線の5100系5108編成が所属先の平井車庫から十三を経由して神戸本線の西宮車庫に回送された。後日、西宮車庫から新開地を経由して阪神尼崎に隣接する阪神車両メンテナンスに回送され、能勢電鉄譲渡に向けた改造を行うものと思われる。
廣瀬明彦(大阪府)
20151225151300-6da037478610e64071c61bc3e5a9910e17e113e3.jpg
クリスマス装飾がなされた8060号車を先頭に走る臨時快速急行。
'15.12.23 京阪電気鉄道京阪本線 寝屋川市
 「きかんしゃトーマス号ウインターイベントクリスマスイベント」の一環として、12月23日に臨時快速急行〈8000系きかんしゃトーマスクリスマストレイン号〉が京阪電気鉄道京阪本線樟葉→中之島間で運転された。この列車に使用されたのは、8000系8010編成"8000系きかんしゃトーマス号2015(トーマスとっきゅう)"であった。また終点の中之島では、サンタクロースの帽子をかぶったきかんしゃトーマスの着ぐるみが展示され、記念撮影をすることができた。子供たちにとっては、楽しい一日になったようだ。
近藤規夫(神奈川県)
20151224174125-55ee508e292efa31ce1b3affa3279bf47af287e7.jpg
牽引機は新鶴見信号場までがDE10 1666、八王子までがEF65 2080、長津田までがDE10 1662で、いずれも新鶴見機関区所属車であった。
'15.12.23 横浜線 成瀬―長津田
 12月22日から23日にかけて、総合車両製作所で落成した東急電鉄の田園都市線用5000系4ドア中間車が6輌が、逗子から長津田へ甲種輸送された。東急電鉄では、2020年までに東横・大井町・田園都市線の全64駅にホームドアを設置するとしており、田園都市線で現在営業している45輌の6ドア車は2017年を目標に全て置き換えると発表している。今回輸送された6輌は5017編成と5020編成用の車番が3輌ずつ割り振られており、これら編成に組み込まれている6ドア車を置き換える4ドア車の第一陣となった。なお、新造4ドア車輌を組み込んだ編成の営業開始は2016年1月12日が予定されている。
松田信彦(大阪府)
20151222181113-e805ab4bb0bc37e0234f8cec145a75b8872a48b8.jpg
夜の天下茶屋に停車中の〈泉北ライナー〉。
'15.12.9 南海電気鉄道高野線 天下茶屋
 去る12月5日に南海電気鉄道高野線と泉北高速鉄道でダイヤ改正が実施され、難波~和泉中央間を最速29分で結ぶ特急〈泉北ライナー〉の運転が開始された。同列車は平日上り7本・下り6本、休日は8往復が運転され、途中新今宮、天下茶屋、泉ヶ丘、栂・美木多、光明池に停車する。車輌は高野線の特急〈りんかん〉と同じ11000系4輌が充当されている。
福田智志(埼玉県)
20151215164036-608b63b1c557ea1124901ad39030b2734241265f.jpg
左から新7000系の7715、7754、7751編成。
'15.12.13 相模鉄道 相模大塚
 相模鉄道は、オリジナル鉄道コレクション「相鉄新7000系(新塗装)2両セット」の発売を記念して、「相鉄オリジナル鉄道コレクション 新7000系(新塗装)先行発売会&新7000系(新塗装)車両撮影会」を、12月13日に相模大塚駅構内で開催した。新7000系3編成が並べられ、時間帯によってヘッドマークの取り付け、行き先表示及び種別表示の変更を行い、なかには普段は見られない行き先や種別も表示された。また、「相鉄新7000系(新塗装)2両セット」の先行発売が行なわれた。
中村直樹(埼玉県)
20151215162859-01e88deeed4b3f9332581251985bf9c72eb996ab.jpg
臨時電車として運転される池袋線系統の38116編成。
'15.12.13 西武鉄道池袋線 西所沢―小手指

20151215162916-7fc9429a1abd308c2047c6f57e1633a9da49ed5c.jpg
13日夜より運用を開始した新宿線系統の38115編成。
'15.12.14 西武鉄道新宿線 航空公園―所沢

 12月13日、30000系2編成(池袋線の38116編成と新宿線系統の38115編成)に西武鉄道100年アニバーサリーフォトコンテストの入賞12作品をラッピングした"100年アニバーサリーフォトコンテストトレイン"の運転が開始された。運転初日となった13日には池袋→飯能間で、池袋線の前身である武蔵野鉄道開業当時の12駅に停車駅する臨時電車が38116編成を用いて運行された。西武鉄道によれば、このラッピングは2016年6月末までの掲出が予定されている。

編集長敬白

西武鉄道「100年アニバーサリーフォトコンテスト トレイン」運行開始。

中村直樹(埼玉県)
20151214172643-8f631d978b8417eaab908652dda3bd98d4f6790c.jpg
吹田機関区所属のEF210-169が甲種輸送の全区間で牽引した。
'15.12.12 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷真弘

20151214172705-e9985bcc758ec358c4355d62aee479418108a894.jpg
101系263編成に牽引される30000系新造車38117編成。営業運転では見られない12輌編成となった。
'15.12.13 西武鉄道池袋線 西所沢―小手指 P:中村直樹

20151214172723-33d74a8bbff1618654a67f9efcbb4f5002304368.jpg
32204号車と並ぶ38817号車(左)。2編成を見比べると、38817号車には前面には社名ロゴマークがなく、車輌番号の位置が若干高い。
'15.12.13 西武鉄道 小手指車両基地 P:中村直樹

 30000系の新造車38117編成が12月11日に日立製作所笠戸事業所を出場し、下松~新秋津間で甲種輸送されたのち、101系263編成に牽引されて13日に小手指車両基地に到着した。
 なお、この38117編成をもって、西武鉄道の2015年度鉄道事業設備投資計画で予定されていた30000系新造28輌が揃ったことになる。また、西武鉄道では「進化したスマイルトレイン」をコンセプトに2016年度から新型通勤車輌40000系の導入(運行開始は2017年度以降)が発表されているため、来年度も30000系の増備がなされるのか、今回の38817編成で30000系の増備は終了となるのか、今後の動向が注目される。
稲田耕三(兵庫県)
20151214163324-d8169c7ac90f730a2c6d4dbd12f45313dba34960.jpg
新しい高架部分へ入る下り快速急行列車。
'15.12.12 阪神電気鉄道本線 芦屋―深江
 阪神電気鉄道では、12月12日の始発列車から、魚崎~芦屋間の下り線(神戸三宮方面)を高架線路に切り替え運行を開始した。これに伴い、11か所の踏切が上り線専用となるため、交通渋滞の緩和が期待される。また、高架化により青木・深江の下りホームが新しくなったことで、エレベーターやエスカレーターが新設された。
 阪神電気鉄道によれば、今後、仮下り線の線路撤去の後に工事が行われる予定の上り線の高架切り替えは、2019年度の予定となっている。
妹背光洋(大阪府)
20151211205803-8cac5a1d35f6acbd83fa196d37b8698e657dd8a6.jpg
手前が9000系(自由席車輌)、奥が12000系(座席指定車輌)。
'15.12.10 南海電気鉄道南海本線 泉佐野―羽倉崎
 12月10日、南海電気鉄道9000系9503編成と12000系12002編成が併結して営業運転に入った。以前、9000系と12000系とが併結して試運転を行っていた事はあるが、特急〈サザン〉が9000系と12000系の連結で運行されるのは初めてと思われる。
佐野 徹(京都府)
20151210154313-03af8233fb9c4d503feb07829a831bef05d62d68.jpg
京阪鋼索線の車輌は2代目で、1号と2号が活躍中である。
'15.12.9 京阪電気鉄道鋼索線 八幡市―男山山上
 1955年に開通した京阪電気鉄道鋼索線(愛称:男山ケーブル)が12月3日で開業60周年を迎えた。鋼索線車輌に記念のヘッドマークを同日より掲出している。
廣村典彦(兵庫県)
20151209194000-70fe964bddb062e28f61c85a2ceeab6c0c6f9d35.jpg
昨年は5000系・5030系の6連のみであったが、今回初めて4連にも掲出された。
'15.12.8 山陽電気鉄道本線 大塩―的形
 阪神淡路大震災の犠牲者を追悼し、復興を祈る光の祭典「神戸ルミナリエ」が12月4日から始まった。これをPRするため山陽電気鉄道では5000系・5030系の全編成に先頭車助士席上部に副票が掲出された。また、阪神電気鉄道でも一部の車輌を除いて副票が掲出された。なお、同祭典の公式ウェブサイトによれば、神戸ルミナリエは12月13日までの開催が予定されており、ヘッドマークの掲出終了も同日になるものと思われる。
福田智志(埼玉県)
20151209132519-928b4d6883a8ee416ece0db3236e384d33f27885.jpg
車輌展示の様子。(左から)8000系8198編成〈フライング東上号〉リバイバル車輌、8000系8111編成ツートンカラーリバイバル車輌、60000系、350型、1800系、200型、100系"日光詣スペーシア"。
'15.12.6 東武鉄道 南栗橋車両管理区 P:玉木裕一
 東武鉄道は、12月6日に「2015東武ファンフェスタ」を南栗橋車両管区で開催した。「東武ファンフェスタ」の開催は今年で11回目、車輌撮影会では8000系8198編成〈フライング東上号〉リバイバル車輌、8000系8111編成ツートンカラーリバイバル車輌、100系"日光詣スペーシア"をはじめ、7種類の電車が展示された。
 今年も団体列車〈東武ファンフェスタ号〉が、北千住~久喜~東武動物公園~南栗橋~南栗橋車両管区の行程で運転され、車輌は8000系8198編成+8111編成の10輌編成が用いられた。
福田智志(埼玉県)
20151201201537-f7310da2fe7c6ecbf593fc87d0bde1717e69deb7.jpg
映画「スターウォーズ/フォースの覚醒」の公開を記念して運転開始。(C) & TM Lucasfilm Ltd.
'15.11.30 南海電気鉄道南海本線 新今宮
 南海電気鉄道は、11月21日から"ラピート"に特別カラーを施した"スターウォーズ/フォースの覚醒号"の運転を開始した。これは映画「スターウォーズ/フォースの覚醒」の公開を記念して運転開始したもので、車体は宇宙空間をイメージした黒色となり、車体や車内には「スターウォーズ/フォースの覚醒」に登場する人物やキャラクターがラッピングされている。"スターウォーズ/フォースの覚醒号"は5月8日まで運転する予定であり、運転予定時刻は南海電気鉄道のホームページ上で公開されている。
伊藤利雄(愛知県)
20151126155319-049bbc303e89264cc4454f64557b868457818c22.jpg
前2輌が今回連結された5309編成。
'15.11.24 名古屋鉄道名古屋本線 西枇杷島―二ツ杁
 名古屋鉄道では日中に須ヶ口~栄生~犬山間の回送列車が1800系または1850系の2連で設定されているが、11月24日のこの列車では豊橋方に5300系5309編成が連結され、異形式併結での運転となった。
 これは車輌運用の都合と思われるが、定期列車でこの様な異形式併結は珍しいと思われる。
松田信彦(大阪府)
20151126143213-8425e49d37e8a89f8391d7abd6206bc082fef14b.jpg
助士側車内からヘッドマークが掲出された。
'15.11.23 近畿日本鉄道 鳥羽線 五十鈴川
 近畿日本鉄道は運転開始25周年を迎えた同社の団体専用列車"楽"を使用して、25周年記念企画「女子鉄アナウンサーの「久野知美」さんと行く"楽"25周年おもしろツアー 」を11月23日に実施した。運転経路は大阪上本町~大和西大寺車庫(車窓見学)~天理~賢島~大阪上本町間であった。
大谷真弘(静岡県)
20151120145011-de8bed5e994f40ff0f40e74b9604cd03cf6c1229.jpg
PF機に牽引され小田急60000形"MSE"4連が甲種輸送される。
'15.11.19 東海道本線 菊川―金谷
 11月19日から20日未明にかけて、日本車輌製造豊川製作所で新製された小田急電鉄60000形"MSE"4連の60053編成(4連では3本目となる編成)が豊川~松田間で甲種輸送された。
 なお、牽引機は、豊川~西浜松間は愛知機関区所属DE10 1750、西浜松~松田間は新鶴見機関区所属EF65 2070であった。
伊藤利雄(愛知県)
20151118144928-30becda2620ff2d89d1edde29df05bf31044f142.jpg
普段は夜間に行われる砕石下ろしが日中に行われるのは珍しい。
'15.11.15 名古屋鉄道築港線 大江―東名古屋港
 11月15日、名古屋鉄道築港線の大江―東名古屋港間往復で砕石工臨が運転された。編成は東名古屋港方からEL121+ホキ84+ホキ85+ホキ86+EL122であった。

【阪急】秋の臨時列車運転

松田信彦(大阪府)
20151117182120-2e2dd4eaec572a65cb4a2bd8b451e1c56e4cca6c.jpg
梅田発着の快速特急には8332編成"古都"が使用された。
'15.11.7 阪急電鉄京都本線 摂津市―南茨木

20151117182155-d8e2510017cfc01ded66cc76ba9a971f918da192.jpg
3329編成とすれ違う、8333編成の天下茶屋発着の直通特急〈ほづ〉(右)。
'15.11.7 阪急電鉄京都本線 摂津市―南茨木

20151117181935-807b2901dfcffa997ebe55b6ef919f2e7870a1ee.jpg
宝塚発着今津線経由の直通特急〈とげつ〉。
'15.11.7 阪急電鉄京都本線 摂津市―南茨木

 11月7日より秋の行楽シーズンにあわせて、梅田・天下茶屋・宝塚・高速神戸・河原町の各方面から嵐山へ直通列車の運転が開始された。なかでも今季は、今年1月17日から運転されているラッピング電車8332編成"古都"のうち河原町方6輌が、梅田発着の直通列車に充当されていることが注目される。
 阪急電鉄によれば、11月29日までの土・日曜・祝日の述べ7日間でこれら臨時列車が運転される他、11月20日と24~27日の各平日には神戸線および河原町から〈おぐら〉の運転が予定されている。
中村直樹(埼玉県)
20151117184841-92a58919a9d43a47590030e1d50f554f4d13bae4.jpg
「臨時」幕で小手指車両基地に向かう263編成。
'15.11.15 西武鉄道池袋線 所沢―西所沢

20151117184858-84ca452ccff6c67515bc17f3b8d4b7db3a43060a.jpg
小手指車両基地では撮影会が開催された。左より263編成、2459編成、6157編成、9103編成。
'15.11.15 西武鉄道 小手指車両基地

 11月15日、新101系263編成を使用した団体臨時列車〈BB.つばめ開業10周年記念号〉が運行された。この列車は当日朝に小手指車両基地を出発し、保谷~清瀬~小手指車両基地~西所沢~西武球場前~本川越~南入曽車両基地~本川越~所沢~清瀬を走行して小手指車両基地に戻った。263編成は西武鉄道に残る新101系のうち唯一の黄色塗装で4輌全てが電動車。通常は多摩湖線での旅客運用や、新秋津を発着とする車輌の牽引に充当されている。
松田信彦(大阪府)
20151113153841-a366845fd18b33447da42162bc750ce004c590e9.jpg
今回は臨時快速急行〈さくら号〉等で使われる時刻で運転。
'15.11.10 近畿日本鉄道南大阪線 駒ヶ谷―古市
 11月11日、近畿日本鉄道の電気検測車モワ25"はかるくん"+6300系3輌を使用して南大阪線・吉野線古市~吉野間の検測が行われた。
 近畿日本鉄道によれば、"はかるくん"は日中、営業列車に混じって最高速度は110kmで走りながら電路・信号・通信の3部門の検測が同時にできる電気検測車、台車を振り替えることで標準軌と狭軌の両方で検測ができる。2輌で1編成を組む同車だが、狭軌の路線で検測を行うときは、写真のように"はかるくん"1輌に一般車輌が連結される。
中村直樹(埼玉県)
20151113190324-39c62b17eed1a41e915955ca77302bc5c70f3971.jpg
狭山線を行く4000系。
'15.11.8 西武鉄道狭山線 西所沢―下山口
 11月8日、川越プリンスホテルの特別貸切列車挙式プラン「HAPPY TRAIN WEDDING」が挙行され、西武鉄道の4000系4001編成を使用した臨時電車が本川越~西武球場前間で一往復運転された。なお、編成の両端にはヘッドマーク風のシールが掲出された。
 なお、同プランは2015年4月から発売され、試運転を除けば9月5日以来2度目の運行となる。
中村直樹(埼玉県)
20151113155812-305195ba1f76fe7d744d5cd606b07af9a10dc4ca.jpg
小手指車両基地から小手指駅に向かう2013編成。右は32103編成。
'15.11.12 西武鉄道 小手指車両基地

20151113155826-88490854b30d4383871956e86c45a07116ea0040.jpg
小手指駅を出発する2013編成。
'15.11.12 西武鉄道池袋線 小手指―狭山ヶ丘

 11月12日、2000系2013編成が小手指車両基地から横瀬車両基地へ回送された。廃車になるものと思われる。なお、配置されていた南入曽車両基地から小手指車両基地への回送は11月11日夜に行われていた。
 横瀬への2000系の回送は10月1日の2023編成、10月19日の2009編成に次ぐ3本目で、いずれも新宿線系統の6輌固定編成である。2023、2009編成は既に解体搬出され、1986年の事故廃車を除けば2000系の廃車が立て続けに行われたことになる。
 2013編成は1978年に所沢車両工場にて製造された。
横田篤史(滋賀県)
20151113121308-3a171bfd9dbff4765c6918c0a818c5a8b14d037e.jpg
帯色変更などの、マイナーチェンジを図った4次車は同編成で3本目となる。
'15.11.7 東海道本線 南彦根―彦根
 11月6日から11月8日にかけて、東京地下鉄16000系60編成(20番目の編成)が日立製作所笠戸事業所を出場し、下松から綾瀬まで甲種輸送された。牽引機は下松~新鶴見信号場間がEF66 117、新鶴見信号場~綾瀬間が新鶴見機関区川崎派出所属のDE10 1662であった。
辻 悟志(兵庫県)
20151112160321-348b4e2a9c1f7b94f357dbc5385fb2446fe931dd.jpg
DE10の牽引で東海道本線を走行。
'15.11.8 東海道本線 神戸―元町 P:辻 悟志

20151112160806-65d99f7d4935f1105b3debfacd1eaf361a99799b.jpg
杉田付近で、根岸線を走る同列車と京急本線の800形が交差した。
'15.11.9 根岸線 洋光台―新杉田/京浜急行電鉄本線 杉田―京急富岡 P:伊藤雅貴

20151112160506-4413d9b7c94cec1509692619c15a8191225358ab.jpg
甲種輸送に充当されるEF65 2119(後)を送り込むため8865レを牽くEF64 1019(前)。同機は翌日の8864レで稲沢に戻された。
'15.11.7 東海道本線 京都 P:横田篤史

 11月8日から9日にかけて、京浜急行電鉄新1000形6輌1367編成(1367-1372)が川崎重工業兵庫工場より甲種輸送されている。牽引機は、兵庫~吹田貨物ターミナル間が岡山機関区所属のDE10 1192、吹田貨物ターミナル~新鶴見信号場間が新鶴見機関区所属のEF65 2119、新鶴見信号場~逗子間が新鶴見機関区川崎派出所のDE10 1576であった。
 なお、EF65 2119は今回の甲種輸送に際し、11月7日の8865レで稲沢~吹田貨物ターミナル間を愛知機関区所属のEF64 1019に無動力の状態で牽引され送り込まれた。
石田一毅(兵庫県)
20151104134530-ee676168949538dbd881bccda041166cacaad366.jpg
大蔵谷に停車する3000系3000編成。
'15.11.4 山陽電気鉄道本線 大蔵谷
 山陽電気鉄道東二見車両基地所属の3000系3000編成(3000+3000+3600/復刻仕様)が、11月2日より運用に就いている。なお、同編成は10月24日に開催の「山陽 鉄道フェスティバル2015」で展示されていた。
中司朔良(兵庫県)
20151104161439-29e7bf0d83901c0b12af77de1d7e0e4896714647.jpg
神戸本線の特急運用に入る、ラッピング列車。
'15.11.1 阪急電鉄神戸本線 御影
 阪急電鉄では神戸本線・宝塚本線の各1編成に、沿線の観光スポットなどを車体側面にあしらったラッピング列車を11月1日(日)から運転を開始した。車体ラッピングは神戸本線が8032+7014編成、宝塚本線が1003編成で、ともに1・3・6・8輌目に施されている。
 なお、阪急電鉄によれば、これらのラッピング列車は2017年11月末まで運行される。また、各々の愛称を今年12月25日まで募集しており、採用された愛称は2016年3月初旬よりヘッドマークと車体側面に掲出される。
大谷真弘(静岡県)
20151104135103-4bb9a838f7f5111f1bc44e3e368f7f1482f664d3.jpg
新鶴見信号場まではEF200が牽引。
'15.11.3 東海道本線 西岡崎―岡崎 P:鵜飼輝之
 日立製作所笠戸事業所で新製された東武鉄道60000系2編成12輌(61617F+61618F)の甲種輸送が、11月2日から3日にかけて下松から熊谷貨物ターミナルまで行われた。牽引機は、下松から新鶴見信号場までが吹田機関区に所属するEF200-19、新鶴見信号場から熊谷貨物ターミナルまでが新鶴見機関区に所属するEF65 2093であった。
中司朔良(兵庫県)
20151104155629-055a5d60bb1b37422e1b60b2000ded5a75bcc590.jpg
梅田方に8000系8031編成を連結して普通運用に入る。
'15.11.1 阪急電鉄神戸本線 神戸三宮―春日野道
 検査のため、正雀工場に入場していた神戸本線の7000系7006編成が出場した。同編成はこれまで8連だったが、7556と7586を抜いて6連になり、梅田方に8000系8031編成2連を連結して8輌編成で使用されている。
 なお、今回の検査でクーラーが交換された模様である。
佐野 徹(京都府)
20151104150852-a0822d6cfe0dd7c2b2812882d8c76f5cca6ce0fd.jpg
展示された"全国鉄道むすめ巡り2015ラッピング編成"。
'15.11.3 京阪電気鉄道 錦織車庫

20151104151059-79d69149e56dfa6673506a1d1141adfe607b742b.jpg
展示された"響け! ユーフォニアムラッピング編成"。
'15.11.3 京阪電気鉄道 錦織車庫

 11月3日(火・祝)、京阪電気鉄道の錦織車庫にて「大津線感謝祭2015」が開催された。会場では"全国鉄道むすめ巡り2015ラッピング編成"や"響け! ユーフォニアムラッピング編成"が展示された。このほか、同鉄道をはじめ、西日本鉄道、富山ライトレールなどのグッズ販売や「おでんde電車」体験、洗車体験等が行われ、多くの来場者で賑わった。
伊藤 健(奈良県)
20151102180937-d6a43ea7cc18114764f1aaa6a774bb79afc92697.jpg
今年は異色の車輌が集った。
'15.10.31 近畿日本鉄道大阪線 五位堂検修車庫 P:伊藤 健

20151102180951-01bf0f6b3b6f6ca4f5bbb462ea8b75e56bf57f26.jpg
近鉄まつりへ向かう乗客を乗せ五位堂へ。
'15.11.1 近畿日本鉄道名古屋線 桑名―近鉄四日市 P:川瀬領治

 10月31日(土)、11月1日(日)の2日間、五位堂検修車庫と高安車庫で一般公開「きんてつ鉄道まつり2015」が開催された。このうち五位堂検修車庫での撮影会では、同鉄道の5200系VX05編成、15200系PN03、04編成と電気検測車"はかるくん"に加えて阪神電気鉄道の9000系"阪神タイガースラッピング車"が並べられ、異色のラインナップとなった。
 なお、両会場を結ぶ体験乗車企画に15400系"かぎろひ"が起用され、五位堂~高安間を3往復した。また、同2日間は「貸切列車で行く きんてつ鉄道まつり」ツアーが実施され、"あおぞらⅡ"4連1編成を使用した貸切列車が近鉄名古屋~五井堂・高安間で運転された。
山中大輔(愛知県)
20151030125758-502da1c2a89d5bea60b6f0c64f1802f7c941b8d9.jpg
浜名湖を渡る小田急60000形"MSE"。
'15.10.29 東海道本線 新居町―弁天島 P:山中大輔

20151030125819-11eb9a89b3e7f046b9d3c59ecf8933d60644f4d1.jpg
好天に恵まれ、青空に青い車体が映える。
'15.10.29 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷真弘

 10月29日から30日にかけて、小田急電鉄の60000形"MSE"6連の60255編成(6連では5本目となる編成)が日本車輌製造豊川製作所を出場し、豊川から松田まで甲種輸送された。編成は、西浜松までがDE10 1750(愛知機関区所属)+ヨ8000+60000形で、西浜松以降はEF65 2092(新鶴見機関区所属)+60000形であった。
 なお、小田急電鉄の2015年度鉄道事業設備投資計画によれば、計10輌の60000形が新造される予定で、今回輸送された6連1編成のほかに、4連1編成が登場することになっている。
渡邉正裕(埼玉県)
20151028160441-44a573464090c1b8c68263366f62b4c4abaf3fcb.jpg
青々とした山林を背に。
'15.10.28 小田急電鉄多摩線 はるひ野
 10月26日より、松戸車両センターに所属するE233系2000番代マト8編成を使用した小田急電鉄多摩線内での試運転が日中に開始された。小田急電鉄の発表によれば、この試運転は小田急線・東京メトロ千代田線・常磐線(各駅停車)の相互直通運転に向けた準備の一環で、11月29日までの日中時間帯を中心に行われる予定となっている。
 なお、上記3社にまたがる直通運転には現在、東京地下鉄の車輌が用いられているが、小田急電鉄とJR東日本の車輌も相互に直通運転する運行形態を目指していることが2013年3月27日に同2社の連名で発表されている。
福田智志(埼玉県)
20151028150328-930a3b629b887228fc52bfb07a632284e3f47bfd.jpg
高尾山口駅前の日帰り温泉施設をPRしたヘッドマークを掲出する緑の8000系8317編成。
'15.10.27 京王電鉄高尾線 高尾山口
 京王電鉄は、10月27日に日帰り温泉施設「京王高尾山温泉 極楽湯」が高尾山口駅前にオープンしたことを記念して、同日から高尾山の自然をイメージした緑色のラッピングが施されている8000系8317編成にヘッドマークを付けて運転している。また、この編成は車内の中吊りが全て京王高尾山温泉の広告に統一され、一部の車輌ではのれんをモチーフとしたものとなっている。
中村直樹(埼玉県)
20151028151709-b2c7d6a00d2d9c8bb9553389d0ee6b5ee7d4b3d4.jpg
ピカピカの30106編成。
'15.10.28 西武鉄道拝島線 東大和市―小川
 西武鉄道は30000系の新造車である30106編成の運用を10月27日夜から新宿線系統にて開始した。
 山口県下松市の日立製作所笠戸事業所で新製された同編成は、10月18日に甲種輸送と新101系263編成の牽引によって小手指車両基地に到着後、池袋線での試運転を経て、26日夜に新宿線の南入曽車両基地に回送されていた。
 これで、30000系10輌固定編成の配置は、池袋線に30101、30103、30104の3編成、新宿線に30102、30105、30106の3編成となった。
 なお、西武鉄道は2015年度鉄道事業設備投資計画において30000系を3編成28輌(10連2編成および8連1編成)新造することを公表している。10月に30105、30106の2編成が登場し、本年度の新造は残すところ8連1編成となった。
井上遼一(大阪府)
20151028153612-f20c5a6cc2efe4f79f147a71badf2f85dcbc69d9.jpg
「懐かしの緑色」10000系10004編成による臨時直通列車が高野線の大和川橋梁を渡る。
'15.10.24 南海電気鉄道高野線 我孫子前―浅香山
 10月24日(土)、南海電気鉄道で「懐かしの緑色」(10000系10004編成)による臨時直通列車が、なんばから千代田工場まで運転された。これは同日に南海千代田工場において開催された「南海電車まつり2015」に伴うもので、千代田工場到着後は「南海電車まつり2015」会場において展示された。
 なお、同編成の「懐かしの緑色」は南海本線で運用されているが来年3月までの運行予定であるため、臨時列車とはいえ高野線で営業運転を行なったのは、これが最初で最後になる可能性がある。
廣村典彦(兵庫県)
20151027192127-e6153ce598b018f8315b386a2841e70e63acd307.jpg
アルミカー3編成の並び。
'15.10.24 山陽電気鉄道 東二見車両工場
 山陽電気鉄道の東二見車両工場で、毎年恒例となった鉄道の日のイベント「山陽 鉄道フェスティバル2015」が10月24日(土)に開催された。
 主な内容は、車輌部品の販売、車両工場見学、洗浄体験、鉄道模型運転会、保線重機の運転台見学、山陽バス展示、新型車輌6000系のパネル展示、沿線グルメ食品の販売などであった。さらに、姉妹鉄道協定締結した台湾鉄道管理局の台湾観光PRブースが今回初めて設置された。
 電車展示会ではデビューから今年で50年となる3000系初期型アルミカー2編成(3000号編成と3002号編成)と、日本初のアルミカー2000系2012号編成が展示された。なお、3000号編成は赤帯を細くし車番位置を変更した「復刻版3000系」となり注目を集めた。秋晴れの中、大勢の入場者で終日賑わった。
中村直樹(埼玉県)
20151020153622-8a9bc660b6b93fa15187764517d66cab211fed0d.jpg
小手指を出発する2009編成。
'15.10.19 西武鉄道池袋線 小手指
 10月19日、2000系2009編成が小手指車両基地から横瀬車両基地へ回送された。2009編成は1977年に所沢車両工場にて製造された6輌固定編成で、2012年に行先・種別表示を3色LEDから幕式とした際、運転席上の窓はLED時代の黒色のままとしていた。なお、10月1日には6輌固定編成の2023編成が小手指車両基地から横瀬車両基地に回送され、既に解体のうえ搬出されている。
大谷真弘(静岡県)
20151020152443-3cafc69f9c5a9a28d11f17f656d1ba6b2922d3ba.jpg
EF66 33に牽引され西武鉄道30000系が甲種輸送される。
'15.10.17 東海道本線 掛川―菊川
 10月16日から18日にかけて、日立製作所笠戸事業所で新製された西武鉄道30000系の30106編成10輌が、下松から新秋津まで甲種輸送された。牽引機は下松から新秋津までの全区間、吹田機関区所属のEF66 33であった。
 なお、同編成は新秋津到着後、新101系263編成の牽引によって5輌ずつ小手指車両基地まで輸送された。
廣村典彦(兵庫県)
20151016200753-c5d36891632676a773f2139e972fe30253e7c3d3.jpg
行き先表示には阪急神戸三ノ宮と表示されている。
'15.10.9 山陽電気鉄道本線 山陽姫路―手柄
 阪急電鉄では2013年12月21日から、阪神電気鉄道では2014年4月1日からそれぞれ三宮駅を神戸三宮へ変更した。これに伴い、両線に乗り入れる山陽電車も、行先表示を阪急三宮から阪急神戸三宮、阪神三宮から阪神神戸三宮に順次新表示に変更している。5000系ですでに登場していたこの新表示は、今回3000系でも2015年9月下旬に3022号編成で、続いて入場していた3072号編成で登場し、10月3日から運用に就いている。その後3連の3018号編成も新表示になった。山陽電車の行先表示では最多となる6文字数のため阪急、阪神の文字が少し小さくなっている。
 なお、側面の行先表示も同様に新表示となっている。
井上遼一(大阪府)
20151015185207-a6dc392a9a8019a735e1d064e90125f328460197.jpg
「2200系」と書かれたヘッドマークを掲出する、6050編成。
'15.10.14 阪急電鉄神戸本線 岡本―芦屋川
 阪急電鉄は、ワンハンドル運転台を1975年に2200系と6300系で採用してから、今年で40年となった。阪急電鉄公式ウェブサイトの表現を借りれば、ひとつのレバーで、手前に引くと加速、奥へ押すとブレーキという電車をコントロールする方式は、40年経った今も基本構造が同じものが採用されている。
 これを記念して、「2200系」と書かれたヘッドマークや当時のワンハンドルマスコン運転台装備車輌の象徴ともなっていた「Hマーク」、および1992年まで使用されていた旧社章を掲出した記念列車が10月1日から神戸本線で運転されている。この記念列車には2200系として登場し、現在は6000系として活躍を続けている6050編成が使用されている。
 阪急電鉄によれば、記念ヘッドマークの掲出は2016年3月下旬までを予定しているが、現在のものは1月7日までで、翌8日からは別のものに変更されることになっている。
山中大輔(愛知県)
20151015181025-0c20d97277d9b6b558cc797cae1731d4dfb36c85.jpg
久々に増備が進んでいる16000系。
'15.10.10 東海道本線 尾張一宮―稲沢
 10月9日から10月11日にかけて、東京地下鉄16000系59編成(19番目の編成)10輌が日立製作所笠戸事業所を出場して、下松から綾瀬まで甲種輸送された。牽引機は下松から新鶴見信号場までEF66 112が充当された。
中村直樹(埼玉県)
20151015175802-da82ee6f76b8d3f6b3e3cf22cc65dec671d4f6e9.jpg
拝島発準急西武新宿行きに充当される30105編成。
'15.10.15 西武鉄道拝島線 東大和市―小川
 西武鉄道は10月14日夜、30000系の新造車30105編成の運用を新宿線系統にて開始した。同編成は山口県下松市の日立製作所笠戸事業所にて新製後、10月4日に池袋線の小手指車両基地に到着し、池袋線で試運転が実施されたのち、13日夜に新宿線の南入曽車両基地に回送されていた。
 なお、30000系10輌固定編成は、30101、30103、30104の3編成が池袋線に、また30102、30105の2編成が新宿線に配置されている。
井上遼一(大阪府)
20151014132541-2f5fb719d6ff7e4245a140eadd36377d3c1bb78c.jpg
団体専用列車として泉北高速鉄道を行く、50000系"ラピート"。
'15.10.10 泉北高速鉄道 栂・美木多―光明池 P:井上遼一

20151014132029-71bd06c6fa13450e3945291964f2cf110d49508e.jpg
光明池車庫では"ラピート"と泉北高速鉄道5000系"ハッピーベアル号"が並んだ。
'15.10.10 泉北高速鉄道 光明池車庫 P:青木 弘

 10月10日、南海電気鉄道の空港特急に使用される50000系"ラピート"が、泉北高速鉄道へ入線した。これは、同日に泉北高速鉄道光明池車庫において開催された「せんぼくトレインフェスタ2015」の開催に伴なうもので、なんば→光明池車庫間の片道のみ団体専用列車として運転され、到着後は同イベントにて展示された。
 なお、50000系"ラピート"の泉北高速鉄道への入線は、今回が初めてとなる。

【南海】7000系撮影会開催

石原知武(奈良県)
20151007154407-2188a82be5832a3f19892148b4ef8a71fd24d9fb.jpg
6月より共に走った、10004編成と並べて懐かしい緑の南海撮影会。
'15.10.3 南海電気鉄道 住之江車庫
 南海電鉄では9月30日で定期運用を終了した7000系が引退するのに伴い「さようなら7000系 最後の懐かしの緑色サザン8両編成に乗って住ノ江車庫で撮影しよう! 」ツアーが開催された。参加者らは和歌山市から住之江駅まで、7000系7037編成+10000系10004編成による臨時列車で最後の7000系走行を楽しんだあと、住ノ江車庫で8000系による洗車体験や、7037編成と10004編成が並んだ撮影会に臨んだ。行先表示の変更や、さようならヘッドマークの掲出がなされ、7037編成最後の勇姿に花が添えられた。
妹背光洋(大阪府)
20151006113117-c82f4eb3886afc16bf72141f0d542a223453b4ac.jpg
最後の7000系である「懐かしの緑色」7037編成もとうとう定期運用を終了してしまった。
'15.9.30 南海電気鉄道南海本線 井原里―鶴原
 南海電気鉄道の7000系7037編成が9月30日を最後に定期運用を終了した。
 同編成は10000系10004編成とともに旧塗装「懐かしの緑色」が施され、6月から約三ヶ月間は検査時などを除き、併結して運用に就いていた。また、この7037編成+10004編成は10月3日にイベント列車として南海本線和歌山市~住ノ江間を走行し、住ノ江車庫内で撮影会が行われている。
福田智志(埼玉県)
20151005154713-9007c0fcd3dcccf5aa60f760c5ce9223820bd5ed.jpg
京王電鉄のダイヤ改正をPRしたヘッドマークを付けた8000系第1編成。
'15.10.3 京王電鉄相模原線 京王多摩センター
 京王電鉄では9月25日にダイヤ改正が行われた。これに合わせて8000系の第1編成と9000系の第31編成はダイヤ改正をPRしたヘッドマークを掲出して運転されている。なお、今回のダイヤ改正では、準特急が笹塚と千歳烏山に停車、区間急行が仙川に停車、都営新宿線直通列車が増発となった。あわせて、京王線と直通運転を行っている東京都交通局新宿線でもダイヤ改正が行われた。
宮川政樹(東京都)
20151005145517-0bc99b3b980c4b237826a9122e11d3dbfcc16d9b.jpg
吹田機関区所属のEF66 112により牽引される西武鉄道30000系。
'15.10.4 東海道本線 菊川―金谷 P:大谷真弘
 10月2日から4日にかけて、西武鉄道30000系30105編成10輌が山口県の日立製作所下松事業所から西武鉄道の小手指車両基地まで甲種輸送された。4日の朝にJR線との受け渡し地点である新秋津に到着した同編成は、西武線内の閉塞有効長の関係で5輌ずつに切り離され、午前と午後に分かれて263編成に牽引されて同車両基地に運び込まれた。
 なお、今回の30105編成は2015年度の事業計画で投入される28輌(10輌編成×2本、8輌編成×1本)のうちの第1弾と思われる。
後藤慎司(東京都)
20151005143537-bec3b0a40abe529d16ff04c04c0d139ed019ace5.jpg
西浜松から川崎貨物までは、新鶴見機関区所属のEF65 2096が牽引した。
'15.10.3 東海道本線 金谷―菊川 P:大谷真弘

20151005142456-6d1440b4b0fdeb64eaeecd04aea684482348057a.jpg
朝日を浴びながらみなとみらい地区を走る1126編成。
'15.10.4 高島貨物線 東高島―桜木町 P:後藤慎司

 10月3日から4日にかけて、日本車輌製造豊川製作所で製造された東京地下鉄1000系1126編成が、豊川より甲種輸送された。これまでは川崎貨物まで運ばれた後、神奈川臨海鉄道千鳥線を経由して川崎市営埠頭まで輸送されていたが、今回の輸送より到着地と運転経路が変更され、根岸まで輸送された後、神奈川臨海鉄道本牧線を経由して横浜本牧まで運ばれた。これは川崎市営埠頭で予定されている改良工事が本格化したためと思われる。今回初走行となった高島線・根岸線・神奈川臨海鉄道本牧線の沿線は多くのカメラマンで賑わった。
 なおJR線内の牽引機は、豊川から西浜松まで愛知機関区所属DE10 1750、西浜松から川崎貨物まで新鶴見機関区所属EF65 2096、川崎貨物から根岸までは新鶴見機関区所属EF65 2063が充当された。
廣島一貴(東京都)
20151002110826-d0468392d69a19466e4a8f0c0472998cccccf747.jpg
DAXを従え京王線を走行。
'15.10.1 京王電鉄京王線 明大前―下高井戸

20151002110842-f29cddb47d4f76d58b5a09c289ea6f5f7c8216a8.jpg
京王最古の車輌、デワ600が相模原線を疾走。
'15.10.1 京王電鉄相模原線 南大沢―京王堀之内

 10月1日、京王電鉄でデワ600形による検測が、クヤ911形"DAX"を組み込んで行われた。経路は高幡不動→京王線新宿→京王多摩センター→若葉台→橋本→つつじが丘→多摩動物公園→高幡不動であった。
 なお、京王では新しい事業用車輌 (牽引車輌)が登場しており、デワ600形の去就が注目される。
安藤龍之介(東京都)
20151001121057-6e4540863db68b696364c3fd6da7330813c4c9ec.jpg 32年ぶりに復活した緑の京王線。
'15.9.30 京王電鉄京王線 柴崎―つつじヶ丘
 京王電鉄では、沿線観光地である高尾山の自然をイメージしたラッピング車輌の運行を9月30日より開始した。ラッピングが施されたのは8000系8317編成で専用のヘッドマークを提出し、かつて京王線で運行されていた2000系をイメージした緑色を車体に復刻。また車体側面には、高尾山の春、夏、秋、冬、若草をイメージしたイラストを2輌ずつ施している。
 このラッピング編成は当面の間、京王線内で運行される予定である。
南 輝明(神奈川県)
20150929194116-4b518960566c85235580576e2923919f9d4667da.jpg
車体吊り上げには大井町線の9000系が使用された。
'15.9.27 東京急行電鉄 長津田車両工場
 9月27日、東京急行電鉄は長津田車両工場にて、「2015東急電車まつりin長津田」を開催した。総合検測車である「TOQ-i」の車内見学や、工場内での車体吊り上げ、高所作業車やマルチプルタイタンパーの乗車体験、8500系電車モックアップ運転台見学、鉄道グッズ・鉄道車輌部品の販売などが行われた。当日は事前応募による抽選に当選した5,000人の来場者が訪れ、普段は見ることができない工場での1日を楽しんだ。
新福智之(東京都)
20150929130724-999a0a5aac342bf64fe14050aae8c10031d7299f.jpg
高幡不動~高尾山口で数本設定された6輌編成の列車では2+4の組成も見られる。
'15.9.25 京王電鉄 南平―平山城址公園
 9月25日(金)に、京王電鉄の京王線と井の頭線でダイヤ改正が実施された。
 今回主に変わった点として、「準特急」が笹塚と千歳烏山、「区間急行」が仙川に停車するようになり、早朝時間帯には「特急」と「準特急」が増発、相模原線では準特急が新たに設定された。また、都営新宿線へ直通する列車が増えるなどの都心へのアクセスが強化されている。一方、井の頭線では京王線との接続を考慮し早朝および深夜時間帯で時刻変更が実施された。
廣島一貴(東京都)
20150928193223-d70e972bd1ba6a379379dc4392b81a36f36caa3c.jpg
車輌前面には「901」と書かれている。
'15.9.27 京王電鉄 相模原線 京王永山

20150928193238-343752bc53d02e38165bccf68a6ee090aced1f46.jpg
上の写真と反対側の車輌前面には「902」と書かれている。
'15.9.27 京王電鉄 相模原線 京王永山

 9月26日、27日の両日、登場したばかりの京王電鉄の新しい事業用車輌 (牽引車輌)の試運転が若葉台~橋本で5往復実施された。日中の試運転は初めてと思われる。この車輌の登場によりデワ600形の処遇が注目される。
福田智志(埼玉県)
20150928200030-b7bf61ff5cb45fd3f928173728b540ee317aaad0.jpg
リニューアルのため9月27日の営業を最後に休館となった「電車とバスの博物館」。
'15.9.27 電車とバスの博物館
 東京急行電鉄は、宮崎台駅に直結している「電車とバスの博物館」をリニューアルするため、9月27日を開館を最後にいったん休館させた。これに合わせて9月中の週末及び連休には「ありがとうキャンペーン」が開催された。同社が8月27日に発表したリリースによれば、同館は来春リニューアルオープンする予定となっており、運転シミュレータの更新、パノラマシアターの演出の一新、こども広場(仮称)の新設などが予定されている。

【名鉄】300系入場回送

伊藤勤一(愛知県)
20150925193648-e70431be6bfd2a647c4319d669c9ad0fe40075ba.jpg
犬山線に珍客登場。
'15.9.24 名古屋鉄道 犬山線 大山寺―徳重・名古屋芸大
 小牧線専用である300系(ク314-モ324-モ334-ク344)が9月24日に回送された。舞木検査場に入場するためと思われる。普段は小牧線と上飯田連絡線のみの走行で、他線区走行は、検査入場などの場合でしかないので非常に珍しい走行であった。
井上遼一(大阪府)
20150924172344-8d604834c31fb8e89395e5c609efb1b4862c0080.jpg
南海本線で試運転を行なう新型車輌8300系。
'15.9.18 南海電気鉄道 南海本線 新今宮
 南海電気鉄道で今秋にデビュー予定の南海本線用新型車輌8300系8301編成の試運転が、9月18日に南海本線の羽倉崎~難波間で行なわれた。乗務員訓練が目的と思われる。

【東武】東武鉄道の話題

福田智志(埼玉県)
20150924161737-efb410401096ae8c4d12269532b3861addc4b750.jpg 「秋の全国交通安全運動ヘッドマーク」を掲出した21852編成。
'15.9.18 東武鉄道 伊勢崎線 東武動物公園
20150924161513-6e953712ab40ef5e224b7c4186a1fccc717cf869.jpg アニメ「クレヨンしんちゃん」のヘッドマークが付いた20000系第13編成。
'15.9.18 東武鉄道 伊勢崎線 東武動物公園
 東武鉄道は、9月15日から「秋の全国交通安全運動」の実施に合わせて、各路線の一部車輌に「秋の全国交通安全運動ヘッドマーク」を掲出して運転している。ヘッドマークには東武鉄道の安全シンボルキャラクターである「ぽっぽちゃん」がデザインされており、期間が終了する9月30日まで掲出される予定と思われる。
 また、9月17日から20000系の第13編成にアニメ「クレヨンしんちゃん」のヘッドマークを付けて運転している。これは埼玉県が東武鉄道と連携し、9月から10月にかけて実施するプロモーション事業「アニメだ! 埼玉」をPRするためで、今年5月に埼玉観光サポーターとなった「クレヨンしんちゃん」の主人公である「野原しんのすけ」がデザインされている。東武鉄道と埼玉県産業労働部観光課が9月10に発表したリリースによれば「クレヨンしんちゃん」のヘッドマークは10月17日まで付けられる予定である。
中村直樹(埼玉県)
20150924184542-bab00274d44ddcd0c7f2a5d0e588c388129a7561.jpg
池袋線を走行する2033編成。
'15.9.19 西武鉄道 池袋線 所沢―西所沢
 西武鉄道は、9月19日(土)から23日(水・祝)に、国分寺発高麗行きの臨時電車を運転した。初日の19日は、玉川上水車両基地所属の2000系2033編成6輌が用いられた。これは埼玉県日高市の高麗・巾着田の曼珠沙華開花時期に合わせた臨時電車のひとつで、新宿線内は各停、池袋線内は快速急行で運行された。行先表示は国分寺・新宿線内、池袋線内とも「臨時」であった。同列車は今後、26日(土)と27日(日)にも運転が予定されている。
 なお、2000系6輌固定編成は通常新宿線系統で運用されており、池袋線で営業運転につく姿は通常時は見られない。
松田信彦(大阪府)
20150924181414-5b4342ca720223a5f0dd4e15048a75d76c70ebf8.jpg
快晴のもと大和を目指す。
'15.9.23 近畿日本鉄道 南大阪線 古市―駒ヶ谷
 9月23日(祝)に"近鉄アートライナー大和高田号"が6000系4輌を使用して運転を開始した。初運用は大阪阿部野橋10時20分発急行吉野行の定期列車であった。
 なお、大和高田市が9月24日に発表したリリースによれば、今のところは南大阪線を1日14往復し来年4月中旬まで運転される予定となっている。
石原知武(奈良県)
20150911180441-f722fc06c3a390d0e7d0489c35a85ee757654ea8.jpg
一般車と併結運用に入り、空港急行で関西空港まで顔を出した。
'15.9.7 南海電気鉄道 南海本線 松ノ浜
 特急〈サザン〉として10000系(10904編成)と併結し運用されている7000系(7037編成)編成が、10000系の車輪添削のため9月7日から9日の間は、7100系(7125編成)と併結し8連運用に充当された。通常、7037編成は特急〈サザン〉で運行されているため、関西空港には入線しない。今回の一般車との併結により空港急行などの種別に充当され、往年の7000系の活躍が繰り広げられた。
 なお、7000系は今秋引退する予定となっており、最後まで力強く走り抜けてもらいたい。
奥地賢一(大阪府)
20150908194500-1a88db1f3f2e9c9328e521cdeddb1168a0c10dc8.jpg
「さようならヘッドマーク」を掲げ、最後の活躍へ。
'15.9.5 南海電気鉄道 南海本線 みさき公園
 創業130周年と7000系の引退を記念して懐かしの緑色に塗られている10000系10004編成と7000系7037編成だが、9月1日から7000系側のヘッドマークが「さようなら7000系」デザインのものに変更され、一方の10000系はヘッドマークが取り外されて運用についている。
井上遼一(大阪府)
20150907163914-db19659ddcee76ff3710a4a877ccbe664e8eb6f7.jpg
一部列車は2枚看板での運転となる。
'15.9.5 京阪電気鉄道 京阪本線 森小路 P:森田 宏
 京阪電鉄では、1950年9月1日に、天満橋~三条間で〈京阪特急〉の運転を開始してから、今年(2015年)9月1日で65周年を迎えた。これを記念して9月1日から18日までの期間、8000系で運用される全列車に、「京阪特急65周年アニバーサリーデザイン」のヘッドマークを掲出して運転している。このうち、同期間中の淀屋橋9時30分発および40分発の特急出町柳行きと、出町柳10時34発および44分発の特急淀屋橋行きは、65年前の特急列車種別標識を再現した往年の特急「復刻版ヘッドマーク」もあわせて掲出し運転されている。
近藤規夫(神奈川県)
20150907183857-7fd8c4930df71da07c2242dc7516d930d29af5ea.jpg
今年2本目の増備編成。
'15.9.5 東海道本線 根府川―早川
 9月4日から6日にかけて、東京地下鉄16000系58編成(同形式18本目の編成)が下松から綾瀬まで輸送された。牽引機は下松~新鶴見信号場が吹田機関区所属EF66 104号機で、新鶴見信号場からは新鶴見機関区所属DE10 1189号機であった。3年ぶりの増備となったため、従来車と比べて帯色やクーラー形状等細部が変更されている。
 なお、東京地下鉄が3月に発表した今年度の事業計画によると、16000系は6月に輸送された57編成を含めて、本年度中に計8編成の増備が予定されている。
田中翔貴(東京都)
20150904103518-ae300162554c06396fe581c170f45504343033e9.jpg
普段とは違うカラフルな列車が軽快に行く。
'15.9.1 東京急行電鉄 大井町線 自由が丘―緑が丘
 9月1日、東京急行電鉄田園都市線中央林間~二子玉川間、大井町線溝の口~大井町間と横浜高速鉄道こどもの国線こどもの国~長津田間にて、長津田検車区に所属するデヤ7500+サヤ7590+デヤ7550を用いて定期検測が行われた。また、翌2日には東横線で、3日には池上・多摩川線と目黒線にて検測が行われた模様である。

【名鉄】1380系運行終了

伊藤利雄(愛知県)
20150903111227-e6ec442ebe9a408b551c73952ea245067f24aa7a.jpg
有為転変の車生を送った1384編成の最終運行。
'15.9.2 名古屋鉄道 名古屋本線 神宮前
 1本だけの存在であった名古屋鉄道の1380系1384編成が、9月2日の1790列車で運用後、舞木検査場へと回送された。廃車のためと思われる。なお、所定だとこの列車の折り返しとなる2093列車には3300系3307編成が充当され、この編成の初運用列車となった。
大谷真弘(静岡県)
20150831195315-7be3f1690f4104a0cb027ef5bfebaf9430945405.jpg
ピカピカのEF65 2095に牽引され東海道本線を上る。
'15.8.29 東海道本線 掛川―菊川
 8月29日から30日にかけて、日本車輌製造豊川製作所で新製された東京地下鉄1000系6輌(1125編成)が豊川から川崎貨物間で甲種輸送された。牽引機には、豊川から西浜松まで愛知機関区所属のDE10 1726、西浜松から川崎貨物までは新鶴見機関区所属EF65 2095がそれぞれ充当された。
廣村典彦(兵庫県)
20150827111044-9601d7bc58d2b24c8b55793744c4437fd271eb62.jpg
ヘッドマークのデザインは三菱日立パワーシステム高砂製作所所長賞の作品をもとに作られている。
'15.8.26 山陽電気鉄道 八家―的形
 8月25日、山陽電気鉄道は沿線小学校等の児童が描いた絵画を車内に展示した走るキャラリー電車"クレヨン号"の運転を今年も開始した。使用車輌は5000系5014号編成(←阪神梅田5014-5015-5510-5208-5209-5607)で編成前後にヘッドマークを取り付けている。車内には広告に代わって「三菱重工・三菱日立パワーシステムズ共催第23回絵画コンクール展」や高砂市内の小学校等の児童の絵が展示され好評を博している。なお、運転期間は9月14日までとなっており、時刻は山陽電気鉄道公式サイトに掲載されている。
鵜飼輝之(愛知県)
20150820123008-018ad50e92bb0147b90e5700acb7efdc8f4a4c6a.jpg
3300系3307編成が甲種された。
'15.8.19 東海道本線 逢妻―大府
 日本車輌製造豊川製作所にて落成した名古屋鉄道3300系3307編成(4輌)が、豊川→豊橋→笠寺間にて甲種輸送された。外観は先に落成していた3150系と同様、外観のデザインが従来の車輌から一部変更された。これにて、名古屋鉄道が2015年度設備投資計画にて発表していた新造車輌が全て納車されたことになる。なお牽引機は、愛知機関区所属DE10 1750であった。
伊藤利雄(愛知県)
20150817173253-40b679925379cc750de6f79f87aa65407a0b02a0.jpg
本線上に姿を現した1000・1200系1112編成リニューアル車。
'15.8.13 名古屋鉄道名古屋本線 知立
 リニューアルが進められている名古屋鉄道1000・1200系のうち1112編成が、8月13日に舞木検査場→伊奈→豊明→本宿→舞木検査場の経路で本線試運転を行った。リニューアル車の外観上の変化としては塗装のほか、前面のパノラマSUPER愛称板の撤去が行われており、特別車側は撤去後にフルカラーLEDの行先表示機が取り付けられている。
武内 智(東京都)
20150813185053-fd097ebfac7bd8ad22eb49f2fb65dbe7e9db2b9f.jpg
綾瀬駅にて、千代田線の終電を待つ06系。
'15.8.9 東京地下鉄 千代田線 綾瀬
 8月9日、東京地下鉄千代田線の06系が終電後に、北綾瀬~綾瀬~霞ヶ関~桜田門~新木場の経路で綾瀬検車区から和光検車区新木場分室まで回送された。廃車のためと思われる。06系は1993年度に同線の輸送力増強のために一編成のみ登場したが、本年1月28日からは運用を離脱していた。

【名鉄】1700系塗装変更

鈴木港祐(愛知県)
20150813115734-db944aab82c095f725a6e6e4ece10ba9d799d74e.jpg
前面の塗り分けは1600系時代を彷彿させるデザインとなった。
'15.8.12 名古屋鉄道 犬山線 柏森―江南
 名古屋鉄道は、1700系1701編成の塗装を2200系3次車に合わせたものに変更した。他形式でも新車に準じた塗装変更が行われていることから、残りの1700系も同様に塗装変更されるものと思われる。
福田智志(埼玉県)
20150810133103-743f728bbb2f7952e72abb5c2f16ffa126f5d392.jpg
日比谷線直通車輌1編成にヘッドマークを掲出。
'15.8.8 東武スカイツリーライン 新越谷 P:佐藤貞征
 東武鉄道は、8月21日から23日まで越谷市で開催される「第31回南越谷阿波踊り」をPRするため、8月1日から23日まで、20000系21811編成に「南越谷阿波踊り」のヘッドマークを付けて運転している。また8月1日から31日まで、新越谷駅の発車メロディを阿波踊りのおはやしをイメージしたものに変更している。
妹背光洋(大阪府)
20150810134234-a3f006691d4177c84091d613ad4bccb7e7d9037f.jpg
いよいよ7000系も終焉の時を迎えつつある。
'15.8.9 南海電気鉄道 南海本線 泉佐野―井原里
 8月9日、住ノ江検車区羽倉崎検車支区から小原田検車区千代田検車支区に7000系2連の7019編成が回送された、廃車のためと思われる。7月27日には7000系2連の7031編成が同様に回送され廃車されており、今回7019編成が廃車されれば、7000系2連は消滅する。これで残った7000系は6月に旧塗装(懐かしの緑色)に塗り替えられた4連の7037編成のみとなった。
福田智志(埼玉県)
20150806181503-e5fa1077151d64b399b564fedc59b14dbc66b5c0.jpg
北総車は7500形第3編成にHMを付けて運転。
'15.8.6 京浜急行電鉄本線 品川―北品川
 京成電鉄と新京成電鉄と北総鉄道の3社は、8月29日にQVCマリンフィールドで開催される「第14回京成グループ花火ナイター」をPRするため、8月5日~29日まで〈京成グループ花火ナイター号〉を運転する。京成車は3000形(6輌編成)、新京成車はN800形(6輌編成)、北総車は7500形(8輌編成)にヘッドマークを付けて運転しており、ヘッドマークのデザインは3社共通となっている。
天本義彦(福岡県)
20150805143243-43f47f6f51f56b36ac10a3eca9273c65a2ff284e.jpg
西鉄久留米駅に停車中のラッピング電車。
'15.8.5 西日本鉄道 天神大牟田線 西鉄久留米
 西日本鉄道天神大牟田線では、「明治日本の産業革命遺産、製鐵・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として、福岡県内の複数施設がユネスコの世界文化遺産に登録されたことを祝し、7月31日からラッピング電車が運行されている。ラッピングは8000形6輌1編成(8011号編成)に施され、西鉄福岡(天神)~大牟田間で8月31日までの運行を予定している。なお、西日本鉄道が7月30日に発表したリリースによれば、運行スケジュールは運行2日前に確定し、駅窓口または西鉄お客様センターで問い合わせることができる。
大谷真弘(静岡県)
20150804173017-c1d721b2440bc0a4c086f740b155f3311b538891.jpg
西浜松から川崎貨物までは新鶴見機関区のEF65 2084が牽引。
'15.8.1 東海道本線 掛川―菊川
 8月1日から2日にかけて、日本車輌製造豊川製作所で新製された東京地下鉄1000系6輌、24番目の編成となる1124編成の甲種輸送が豊川から川崎貨物まで行われた。牽引機には、豊川から西浜松まで愛知機関区のDE10 1165、西浜松から川崎貨物までは新鶴見機関区のEF65 2084がそれぞれ充当された。
石田一毅(兵庫県)
20150803133150-427def57e94bf6b3e7efb5fdbaa889125807734c.jpg
長岡天神駅で停車中の6300系6354編成。
'15.8.1 阪急電鉄 京都本線 長岡天神
 8月1日から10日の間、京都市中京区にて、ライトアップイベント「京の七夕」が催されている。阪急電鉄ではこれにあわせて、初日の1日に限り、臨時快速急行を梅田~河原町間で一往復運転した。使用車輌は6300系6354編成(6354-6804-6904-6814-6914-6454)"京とれいん"で、両側先頭車輌には特製のヘッドマークが掲出された。
辻 悟志(兵庫県)
20150729110732-c57cd5e4be5d33db9acd54ad9689e8e5e4b7786f.jpg
10000系10006-10056"きかんしゃトーマス号"と並んだ13000系13001-13051。
'15.7.25 京阪電気鉄道 交野線 私市

20150729110900-9267b5e969ed0805a7912e3a9a6d8253f2a01d7e.jpg ラッピングが施された600形619-620。
'15.7.26 京阪電気鉄道 石山坂本線 浜大津―三井寺

 7月25日より京阪電気鉄道の13000系4編成(13001-13051、13003-13053、13004-13054、13005-13055)に「京阪電車×響け! ユーフォニアム」記念ヘッドマークが掲出されている。ヘッドマークは、大阪側が共通のデザイン、京都側が13001に「加藤葉月(かとうはづき)」、13003に「黄前久美子(おうまえくみこ)」、13004には「高坂麗奈(こうさかれいな)」、13005に「川島緑輝(かわしまさふぁいあ)」を描いたものとなった。初日は、13005-13055が宇治線、他3編成は交野線の運用についた。交野線で運用された3編成は「きかんしゃトーマスとなかまたち2015 なつまつり in 私市駅」のため私市で展示されている10000系10006-10056"きかんしゃトーマス号"と並んだ。
 また同じ日から石山坂本線にてラッピング電車の運行が開始された。600形1編成(619-620)にラッピングが施され、ヘッドマークも掲出されている。なおヘッドマークは10種類用意された。
 なお、京阪電気鉄道によれば、「響け! ユーフォニアム」は北宇治高校吹奏楽部の少女たちの青春物語で、このアニメの作中には宇治線沿線のシーンが数多く登場する。13000系のヘッドマーク掲出は2015年11月1日まで、石山坂本線のラッピング電車の運行は2016年3月31日までを予定している。

【阪神】5700系試乗会開催

辻 悟志(兵庫県)
20150728121517-7124e6d521baaa5489e41f73ca92b7d60e5dff96.jpg
甲子園に停車中の5700系。
'15.7.26 阪神電気鉄道 阪神本線 甲子園
 7月26日、阪神電気鉄道の普通用新型車輌、5700系の試乗会が梅田~石屋川車庫間往復にて行われた。試乗会はインターネットを通じて公募され、当選した150名が参加した。甲子園ではこの車輌の愛称を"ジェット・シルバー 5700"とすることが発表、「HANSHIN JET-SILVER 5700」と描かれた副標が掲出された。このほか甲子園では撮影会、クイズ大会やグッズ販売が行われた。なお、撮影会は石屋川車庫でも行われた。
福田智志(埼玉県)
20150728123426-182d69e3b378836a720ce15482542819ff2cadb4.jpg
2本目の"日光詣スペーシア"はJR直通に対応した106編成。
'15.7.27 山手貨物線 池袋
 東武鉄道は、"日光詣スペーシア"2本目となる編成の運用を7月18日から開始した。今回登場した編成はJR線直通に対応した106編成で、これでJR線内でも"日光詣スペーシア"が見られるようになった。東武鉄道が2015年7月9日に発表したリリースによれば、106編成の個室は「金の個室」となっており、1編成目の個室同様にヘッドカバーを金色としたほか、新たに壁のクロスが金色となった。
福田智志(埼玉県)
20150727180520-0bde632c5e318757fa1c32df04870834b885ac8c.jpg
AE形第4編成についた「新型スカイライナー5周年記念」ヘッドマーク。
'15.7.26 京成電鉄本線 堀切菖蒲園―関屋
 京成電鉄は、7月17日に成田スカイアクセスの開業および新型スカイライナーが営業運転を開始してから5周年を迎えたことを記念して、AE形第4編成に新型スカイライナー5周年記念ヘッドマークを付けて運転している。ヘッドマークは新型スカイライナーをデザインした山本寛斎氏によるもので、側面にも前面と同じロゴマークが貼られている。なお、この編成は5月20日~7月16日まで「新型スカイライナー1500万人達成記念ヘッドマーク」を付けて運転していた編成である。
松田信彦(大阪府)
20150724181611-10a7ab4fb2f83c69ddbfde492e55fb04e7350aeb.jpg
ラッシュアワーの鶴橋駅を低速で通過する"つどい"。
'15.7.22 近畿日本鉄道 大阪線 鶴橋

20150724181749-1a95c4d2fce74ceed84d095e62b5869ca65f5b93.jpg
前面には特製のヘッドマークが掲出された。
'15.7.22 近畿日本鉄道 大阪線 鶴橋

 7月22日、近畿日本鉄道では昨年に引き続いて「観光列車"つどい"で乾杯! 〈ビール列車2015〉」が2000系"つどい"3輌を使用して運転された。運転経路は大阪上本町~(八木西口短絡線)~橿原神宮前~大和西大寺~大阪上本町であった。アサヒビール株式会社およびキリンビールマーケティング株式会社の協力のもと運転されるこの列車は7月22日に〈キリン列車〉として運転され、車内にはキリンの広告が掲示、キリン一番搾りが飲み放題とのことだった。
 今後9月30日までの間に合計7回運転され、今後は〈アサヒ列車〉も予定されている。
伊藤利雄(愛知県)
20150722132148-e093ee2b6fa5a0f4feffada3c532be57db0a61f7.jpg デキ600重連最後の犬山線走行。
'15.7.20 名古屋鉄道 犬山線 上小田井―西春

20150722132317-697d233c89ed46fa6d6f6f2869fd0a27933dc57d.jpg 最後の自力走行。72年間の活躍を終える。
'15.7.21 名古屋鉄道 築港線 大江―東名古屋港

 名古屋鉄道のデキ600形は、EL120形の運用開始以降処遇が注目されていたが、7月15日に604、19日に603が新川検車区から大江へそれぞれ回送され、20日に601と602が犬山検車区から大江へそれぞれ回送された。これらデキ600形4輌は7月21日に大江から名電築港へ廃車回送された。なお、大江―東名古屋港間は最後の自力走行となり、大勢のファンが沿線で見送った。
伊藤 健(奈良県)
20150715172356-7a37ae047b7b6d8a7c0f572f69cb3947e01a9203.jpg
通り雨に濡れた橿原線をゆく5200系VX05編成。
'15.7.12 近畿日本鉄道橿原線 新ノ口―大和八木
 7月12日、近鉄5200系VX05編成(復刻塗装編成)を使用した「ビアトレイン」が、宮津~京都~橿原神宮前~天理~京都の経路で運転された。同編成が京都まで入線したのは初めてのことで、各駅をはじめ沿線には数多くのファンが駆けつけていた。
郷路紘史(大阪府)
20150714183502-99f8a207b09e3a0eb771734520ced5c2a85eb456.jpg
深夜の天王寺にやってきた南海8300系。
'15.7.10 関西本線 天王寺 P:郷路紘史
20150714183912-ad4efb20dba4ac3c3d5c2e5a5390b11a7c7d2e74.jpg DE10 1733に牽引され出場する南海8300系。
'15.7.9 片町線 徳庵 P:奥地賢一
 7月9日から10日にかけて、近畿車輛から南海電気鉄道8300系4連2本が出場し甲種輸送された。区間は徳庵~吹田貨物ターミナル~天王寺~王寺~和歌山~和歌山市であった。牽引機は徳庵~吹田貨物ターミナル間は、岡山機関区所属のDE10 1733、吹田貨物ターミナル~和歌山市間は網干総合車両所宮原支所所属のDD51 1192が充当された。
福田智志(埼玉県)
20150710112022-fed21fe8ae0667293210465a745c2b5dc9d24c04.jpg
2005年から約10年間運転された横浜開港150周年記念ラッピング電車。
'15.6.29 横浜市交通局 1号線 上永谷
 横浜市営地下鉄1・3号線で運転していた"横浜開港150周年記念ラッピング電車"が7月7日を最後に運転を終了した。横浜開港150周年記念ラッピング電車は2005年12月から運転を開始、3000N形の33編成に横浜をイメージしたラッピングを車体全体に施したラッピング電車として人気を集め、しばらくの間運転を続けていた。
大谷真弘(静岡県)
20150708190317-0e139f6832597bf827283b8fab2ebfbd01fd3626.jpg
雨に濡れた黄色の花園横を東京メトロ1000系6輌が甲種輸送される。
'15.7.4 東海道本線 掛川―菊川
 7月4日(土)から5日(日)にかけて、日本車輌製造豊川製作所で新製された東京地下鉄銀座線用1000系6輌、23番目の編成となる1123編成が豊川から川崎貨物まで甲種輸送された。牽引機には、豊川~西浜松間が愛知機関区所属DE10 1750、西浜松~川崎貨物間は新鶴見機関区所属EF65 2080がそれぞれ充当された。
中司朔良(兵庫県)
20150707130412-44a813d83a259e483e6d4ac28a155e47609a25d0.jpg
「祇園祭」のヘッドマークを掲出する7000系7008編成。
'15.7.5 阪急電鉄 神戸線 西宮北口
 7月14日から祇園祭が開催されるのに合わせ、毎年恒例の「祇園祭」ヘッドマークが7月1日(水)~7月24日(金)までの予定で、京都・宝塚・神戸の各線の6編成、計18編成に掲出されている。なお、各線2編成は途中で「天神祭」ヘッドマークに変更される予定。
臼井楽(東京都)
20150703190418-32196a86365f0fb9cdf3c37b105a9fb781b84926.jpg
霧雨の中、小休憩。
'15.6.27 東京都渋谷区
 6月27日(土)、熊本電気鉄道への譲渡が決まっている銀座線01系第35編成の先頭車2輌、01-135、01-635が、営業運転時に掲出していたヘッドマークを付けたまま中野検車区からトレーラーにて搬出された。なお、中間車は解体されるものと思われる。
井上遼一(大阪府)
20150625111942-780cb1045d6914bf77d51a3d25a95c9d29513d34.jpg
武庫川橋梁を渡る「宝塚記念」ヘッドマーク付き7000系7003編成。
'15.6.24 阪急電鉄今津線 宝塚南口
 阪急電鉄今津線の仁川駅を最寄りとする阪神競馬場において、2015年6月28日(日)に「宝塚記念」が開催される。
 阪急電鉄では、これをPRするヘッドマークを2015年6月18日(木)から宝塚記念開催日の6月28日(日)までの期間、神戸線1編成(1000系1002編成)と今津線3編成(3000系3082編成・3100系3154編成・7000系7003編成)にそれぞれ掲出している。このヘッドマークには、昨年(2014年)に2連覇を達成した「ゴールドシップ」が駆ける姿が描かれている。
中村直樹(埼玉県)
20150624110346-ceb0955ea6ae73b08d8fb274e26b415642fd3e55.jpg
32204号車を先頭に走る32104編成+32105編成。
'15.6.24 西武鉄道狭山線 下山口―西所沢
 30000系2輌編成の32105編成と32104編成による4輌編成が、6月23日夜と24日に狭山線で運用についた。30000系2輌編成は通常、30000系8輌編成と組んで10輌で運用されており、2輌+2輌で旅客営業運転につくのは今回が初めてと思われる。
福田智志(埼玉県)
20150622131757-e6c9a0f2b4d88b9815352336687268d25b08187c.jpg
50091編成に「TJライナー7周年記念ヘッドマーク」を付けて運転。
'15.6.21 東武鉄道東上線 ふじみ野
 東武鉄道は、今年で〈TJライナー〉の運転開始から7周年を迎えたことを記念して、6月12日から25日まで50090系50091編成に「TJライナー7周年記念ヘッドマーク」を付けて運転している。
 〈TJライナー〉の運転開始日である6月14日から池袋駅の発車メロディがクラシック音楽に変更され、同日の〈TJライナー1号〉の出発時に池袋駅にて7周年及び発車メロディリニューアルの記念イベントが行なわれた。
田中輝幸(大阪府)
20150615172049-6eaebffd32b64519210448b6e7af2def7a34d7a0.jpg 「宇治川の鵜飼」ヘッドマークを取付けた2400系。
'15.6.14 京阪電気鉄道京阪本線 寝屋川市
 京阪電鉄は、宇治川の鵜飼いのシーズン到来に合わせ、6月14日から1000系1503編成と2400系2454編成に特製のヘッドマークを取り付けて運転を開始した。ヘッドマークのデザインは2014年に誕生した宇治川の鵜飼い「うみう」のヒナをイメージしたキャラクター「うみうのウッティー」のイラストを使用している。
見学 智(大阪府)
20150615150605-971f79bc874eff2dc10bc0a03388f8a4705caf62.jpg
懐かしの塗装で和歌山に向かう〈サザン〉。
'15.6.13 南海電鉄南海本線 粉浜 P:郷路紘史
20150615150759-c2c2fffa9bf91674b10ec3fd2fe0dc506e23c1c5.jpg
懐かしい緑色の〈サザン〉が開業当時からの紀ノ川橋梁を渡る。
'15.6.13 南海電鉄南海本線 紀ノ川―和歌山市 P:見学 智
 南海電鉄では、南海本線開業130周年と7000系の運行終了を記念して、"懐かしの緑色"編成の特急〈サザン〉が、なんば~和歌山市(一部、和歌山港)間で、6月13日なんば9:45発〈サザン〉11号より運行を始めた。"懐かしの緑色"編成は、緑色の旧塗装を10000系と7000系の各1編成に施して記念ヘッドマークを掲出し、両編成を併結して運行された。
 また、同初列車〈サザン〉11号の和歌山方先頭車を貸切とし、関西で活躍する鉄道タレント「斉藤雪乃」さんが乗車するイベントも開催され、同列車の運転開始を盛り上げていた。
 なお、緑色化されたのは、10000系10004F・7000系7037Fの編成であり、7037Fは2015年9月で引退する予定だが、10004Fは2016年3月まで緑色塗装のまま運用される予定である。
中司朔良(兵庫県)
20150611154321-052cb670ea233791bd373179e9e8bd8489f88127.jpg
車掌台側に「鮮魚」の表示を出す2610系(2711+2661+2761+2611)。
'15.6.11 近畿日本鉄道大阪線 鶴橋
 6月10日(水)の「鮮魚列車」の下り(松阪行き)から、普段使用されている大阪線高安検車区所属の2680系(2684+2683+2782)に代わって、名古屋線明星検車区所属の2610系(2711+2661+2761+2611)が代走している。これは2680系(2684+2683+2782)の検査に伴うものと思われる。
玉木裕一(埼玉県)
20150610110600-005cd800886c80b6f25e7b1a28eb3a33167d87bc.jpg
車輌撮影会では、30000系30101F(池袋線開業100周年記念ラッピング編成)、東急5000系4110F"Shibuya Hikarie号"が展示された。
'15.6.7 西武鉄道 武蔵丘車両検修場

20150610110326-f7ffabf73e650ae91576b5f6787186496ab970a2.jpg
台車入れ作業の実演には、30000系クハ32202号車が使用された。
'15.6.7 西武鉄道 武蔵丘車両検修場

20150610110740-4d5c9478f993d943f95eccf031dde5d7a7e343df.jpg
乗務員室見学には、10000系10106Fが使用された。
'15.6.7 西武鉄道 武蔵丘車両検修場

20150610110902-f690a99a057926ec6da07c0cad22e266026e4486.jpg
臨時直通電車には、30000系30101F(池袋線開業100周年記念ラッピング編成)も使用された。
'15.6.7 西武鉄道 池袋線 高麗―東飯能

 6月7日(日)、西武鉄道武蔵丘車両検修場にて、「西武・電車フェスタ2015 in 武蔵丘車両検修場」が開催された。会場では車輌撮影会や電車屋根上見学、台車入れ作業の実演、グッズ販売などが実施された。また、会場への交通手段として、飯能駅と会場を結ぶ臨時直通電車が運転された。
土居博幸(大阪府)
20150609165730-ce79a197aa2d8d7b201e5f730e0251332eabf138.jpg
梅雨入りした浪速の街を駆け抜ける特急〈ラピート〉。
'15.6.8 南海電気鉄道 南海本線 なんば―新今宮

20150609165851-a4373afb849be9f284e80422e0073065bf708a99.jpg
座席や床材などが張り替えられリニューアルされた車内。
'15.6.8 南海電気鉄道 車内
 6月8日、南海空港特急〈ラピート〉に使用される50501F編成がマイナーチェンジして営業運転復帰した。
 全般検査に伴う主な変更点は、運転走行機器の交換や、種別表示器・行先表示器の幕式からLED表示式への交換である。また、客室の内装床材が塩ビタイルからカーペットに変更され、車内案内表示器もLEDから4カ国語表記の液晶ディスプレイに変更された。
松田信彦(大阪府)
20150601173007-36ba56db13b297f89eac54579e76b71d0efd9c39.jpg
快晴のもと、一般車時代に走り慣れた名古屋線を行く。
'15.5.31 近畿日本鉄道名古屋線 津―江戸橋
 通常は大阪線で運転されている鮮魚列車専用の2680系3連を使用した団体列車「近鉄鮮魚列車乗る!撮る!録る!ツアー」が、5月31日に宇治山田~名古屋間で運転された。同編成は鮮魚列車化後初の名古屋線入線となった模様である。前後の助士席側には「名古屋線初入線 近鉄鮮魚列車乗る!撮る!録る!ツアー」のヘッドマークが掲示された。
大谷真弘(静岡県)
20150601131157-f649dad4af87898a7cad54b7fd773a7d428a8e5b.jpg
東京メトロ1000系が6ヶ月振りに甲種輸送される。
'15.5.30 東海道本線 菊川―掛川
  5月30日(土)から31日(日)にかけて、日本車輌製造豊川製作所で新製された東京メトロ1000系1122Fが豊川から川崎貨物まで甲種輸送された。東京メトロ1000系の甲種輸送は、昨年11月29日(土)以来6ヶ月振りとなった。牽引機は、豊川~西浜松間が愛知機関区所属のDE10 1726、西浜松~川崎貨物間は新鶴見機関区所属のEF65 2121がそれぞれ充当された。
奥地賢一(大阪府)
20150601120959-ca4dae46d8b099f4f6bc6b725b94eb9c1b0f75b2.jpg
ヘッドマークも取り付けられた。
'15.5.30 近畿日本鉄道南大阪線 大阪阿部野橋
 「吉野特急50周年・さくらライナー25周年記念キャンペーン」の一環で、吉野マルシェが大阪阿部野橋駅4番線にて開催され、留め置かれた列車内で吉野・飛鳥地域の特産物や農産品の販売が行われた。使用車輌は大阪阿部野橋方から、6620系MT26編成(吉野線開業100周年ラッピング車)、6820系AY22編成が使用された。
 なお、通常4番線から発車する急行吉野行きは、開催時間の10時から15時の間、5番線からの発車となった。
福田智志(埼玉県)
20150527151233-66c6cc7a777d7a8e3ee27611f90d1af8418d3d6a.jpg
AE形第4編成に「新型スカイライナー1500万人達成記念ヘッドマーク」を掲出して運転。
'15.5.26 京成電鉄本線 日暮里
20150527151502-9bf74dc091f174790c3abef45375f4fafb7ed9ca.jpg
側面にも、前面のヘッドマークと同じデザインのロゴが描かれている。
'15.5.26 京成電鉄本線 日暮里

 京成電鉄の新型スカイライナー利用者数が今年5月20日で1500万人を達成した。これを記念して、5月20日には成田空港駅で記念式典が開催された。また、同日よりAE形の第4編成に「新型スカイライナー1500万人達成記念ヘッドマーク」を掲出して運転している。ヘッドマークには「ありがとう1500万人」の文字と金色の翼がデザインされており、側面にも同じデザインのロゴが描かれている。
中司朔良(兵庫県)
20150526121039-57e74deef1f8d07c3996657e35ed77fd1434fd05.jpg
貫通扉などが撤去された状態のC#2313。
'15.5.24 阪急電鉄 正雀工場
 3月22日にさよなら運転を行った2300系2313Fのうち、梅田方先頭車のC#2313が正雀工場のJR側に留置されている。側面の車輌番号、貫通扉、方向幕装置などは既に撤去済。