鉄道ホビダス

2009年11月アーカイブ

鶴見線貨物回顧によせて

渡辺一策さんの労作である「鶴見線貨物回顧」、もうお買い求めになりましたか。
古くからこの道を極めていただけあって、他に類を見ない内容となっています。

今回は一策さんに渡し忘れた写真を紹介します。

TB01033.jpg

どこかは見れば判りますよね(笑)
貨車・貨物ファンとしては、模型にしたいような駅舎です。

昭和49年の撮影で、線路ではDD13が入換をしています。既に移動操車となっており、入換要員はDD13に乗って来ていましたので、自転車は発送する貨車に車票を入れに来た貨物係のものだと思います。

11/22、無事【隅田川駅貨物フェスティバル】での講演会を終了することが出来ました

当日はあいにくのお天気でしたが、多数の方にご参加いただきありがとうございました。

関係者に聞いたところ、予定80名のところに無理をして126名まで詰込んだのですが、30名程度の方はお断りしたとのこと。折角お出で頂いたのに立見となったり断られた方には大変申し訳ないことをしました。この場を借りてお詫び申し上げます。

講演の中身は、「RMライブラリのおさらい」と言った内容でしたので、コアなコンテナファンには物足りなかったかもしれません。とは言っても一般向け講演会でしたので、そんなところかと。

約1時間の予定でしたが15分程オーバーしてしまいした。その後の質問は濃いものが多く、「コンテナファンって結構いるんだな~」と感慨を新たにしたとろです。

司会をして下さった渡邊喜一さん(渡辺一策さんではないので念のため)の話によれば、貨車の質問をしたい方が多数いらっしゃったが、今回は時間の関係でお断りしたとのことでした。確かに貨車ファンの皆様とお話しする機会もありませんので、何か肩の凝らない歓談の場とかあれば良いのですが・・・こんどRMの名取編集長に提案してみようかしら。

ともあれ、当日ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。

番号は写真からは判り難いですがUT3-54で、川口化学工業KK所有のゴム老化防止剤専用コンテナです。

TB00072.jpg

T60形国鉄コンテナの増備が私有コンテナとなったもので、外観・構造はT60形に準じていると言って良いでしょう。
設計比重は1.1・ステンレス鋼製の楕円断面タンクは法規制で前後二室に分割されて、このためマンホールカバーや吸湿筒が二組あります。メーカーは東急でした。

昔の国鉄コンテナ(8)

人気のS90形車掌室コンテナ(←「車掌コンテナ」ではありません、念のため)ですが、今回は後姿の写真を掲載しておきましょう。

TB01032.jpg

真ん中の窓のところが便所で、左側は電池室の上に燃料タンク、右側は機関室が設置されています。脚部の衝撃緩衝ダンパが良く判りますね。

昭和51年5月越谷貨物での撮影です。

こんど、【隅田川駅貨物フェスティバル】でコンテナにちなんだ話をすることになりました。

JR貨物のページ>http://www.jrfreight.co.jp/info/container50th_event.html

約1時間の予定で、中身はファンの皆様だけでなく、プロの方々にも興味のあるようなネタ(コンテナ規格制定秘話とか新幹線貨物輸送計画とか)を考えています。
また講演時間は10:30~11:30、定員は80名と聞いています。

コンテナの話で盛り上がる(?)チャンスは殆どないと思いますので、興味のある方は是非お越し下さい。

今回もダークブルー塗装がシックな住友化学のコンテナですが、こちらは西大分駅を基地としたものです。

TB00071.jpg

オクタジエンなんて、何に使うんでしょうね。香料の原料かしら?第四石油類第二類でした。
運用区間は西大分~安治川口でした。その昔は八戸貨物だったようですが、小生が八戸を訪れた時は見たことがありません。

タンク体は普通鋼製で、熱絶縁はガラスウール200mmと厚いのは保冷状態での輸送のためでしょうか。鏡板の下が欠けているのはキセ部分が台枠端梁を逃げているためで、タンク体は直円筒形なのでご安心下さい(笑)。
UT3-267~273の7個ロットで昭和52年3月日車製、銘板の製番はNPT-FC-T0179でした。

今回はタンクコンテナを紹介しましょう。

TB00070.jpg

丸っこくて愛嬌のあるタンクコンテナですが、もともと富士重が製作したミルクコンテナから派生したもので、タンク体を内外二重にして間に硬質ウレタンフォームを充填した特異な構造を持ち、保冷性能が優れているのが特徴です。タンク車ではタキ17500形と似た構造ですね。ちなみに積荷のEVAは接着剤などの原料樹脂です。

UT1-157~166の10個ロットで昭和48年4月富士重製。内タンクはSUS製で、断熱材厚さは100mmでした。

2009年11月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
「タンク屋しんちゃんのブログ」が携帯電話でもご覧になれます。
http://rail.hobidas.com/blog/tankuya/m
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2014 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.