鉄道ホビダス

荒涼たる風景

20150803145720-9ecdb1db05e08802115314ecc8ca1fdf50a94071.jpg

桐生または神土から重連でやってきた貨物列車は足尾で2分割され、C12が1輌で牽く貨物列車2本にして足尾本山まで運行されていた。荒涼たる風景の中を、C12 263が1輌で急勾配に挑戦していた。平地の少ない山地なので、住宅等が崖の上に建っている。今見るとまるで昭和を舞台とした映画のワンシーンのようである。 '67.11.23 足尾線 間藤-足尾本山 P:高橋洋二