鉄道ホビダス
  • TOP
  • わが国鉄時代2

横浜線の煙

20171120150706-da8de9fb95f89d253d4331e99212e7d25f9136f9.jpg

首都圏の主要な通勤・通学路線の横浜線ですが昭和40年代はまだローカル色が強かったように思います。S58牽引の貨物列車も走っていました。 '68.2 横浜線 小机 P:原 一

◉『わが国鉄時代』vol.19原稿募集

『わが国鉄時代』vol.19の写真を下記の要領で募集いたします。国鉄当時の写真なら年代、線区、列車は問いません。
1)特集ページ
①東北地方の蒸気機関車 ②DD51形ディーゼル機関車 ③重連(機関車は蒸機・電機・DL問いません)
2)一般ページ:ブログ既投稿(含・未アップ)写真・ブログ未投稿写真問わず、印刷するためのデータ量の大きなスキャン画像データが必要となります。カラー・モノクロとも出力解像度350dpi/長辺の出力寸法380㎜が基準(モノクロJPGなら20MB程度)です。
3)ファイル名を「撮影日_撮影者名」にしてください。
4)WordまたはTextによるコメントを、ブログ「わが国鉄時代」を参考にお書きください。
5)上記をCD-Rに焼いてお送りださい。なおお送りいただいたCD-Rはご返却いたしておりません。次号以降で使用させていただくこともございますので予めご了承ください。
5)応募写真のプリント(普通紙のサムネールで結構です)を同封してください。
未アップ、未投稿のものも合わせて、奮ってご投稿くださいますようお願い申し上げます。点数の制限はありません。採否は編集部にご一任いただきます。
■宛先:〒153-8545 東京都目黒区下目黒2-23-18 目黒山手通ビル 
株式会社ネコ・パブリッシング 国鉄時代編集部 「わが国鉄時代 vol.19」係

■締切:2017年12月15日(金)(必着)



ローカル貨物列車

20171122121630-72907ff8fe57d401a25005c5e741073c6f6fba68.jpg

久大本線から分れ日田彦山線に入ったC11牽引のローカル貨物列車。背景には植林された名産日田杉の美林も見られる。 '70.8.8 日田彦山線 夜明−今山 P:中島正樹

20171122121914-6b9995ef3a95975d636cba421796030be6c717f8.jpg

近所の東北線・東大宮駅付近でいつも眺めていたキハ181系「つばさ」。当時は自分専用のカメラがないので、鉄道の写真はほとんどありません。「つばさ」最終日は父親の一眼レフを拝み倒して貸してもらい、大宮駅で撮影しました。気が小さい中学生は大勢の人の隙間からこんな写真しか撮れませんでした。 '75.11.24 東北本線 大宮 P:簗木和彦

DD51 1043

20171122122243-6bf4df8a34b54ae32a6dd32a3e49a4f8c46b050f.jpg

京阪神方面へ帰る修学旅行臨12系客車。牽引するはDD51 1043、今では人気者、しかし亀山機関区所属時は側面白帯を省かれた"ハズレ"の機関車であった。 '78.6 紀勢本線 松阪 P:楢井勝行

三重連の峠

20171116140421-eea441ec95da711eb739c4f48e0731c3cf7312a4.jpg

通常の重連の前にさらに1輌回送がついて三重連となった下り普通列車。三つのブラストが谷間に響く。'68.4.28 東北本線 御堂ー奥中山 P:中川弘一

原野の秋

20171116140229-db1a25615f06dfd63a2a213307387d1400a02b44.jpg

秋晴れの日、はじめてこの地に立ちました。樽前山を背景に、牧場の中をD51貨物が通過していきました。 '75.10.3 室蘭本線 白老−社台 P:葛巻郁夫

未明の瀬野駅

20171114141347-b5306fbd61c0064a495c9ed254cbf2e47b5882af.jpg

機関区の撮影許可を経て、隣接した瀬野駅向きに撮影した、山陽本線の上り夜行急行「あそ・くにさき」の後部補機EF59 4です。当時夜行列車や機関区がなくなるとは思ってもいませんでした。本務機はEF58だったと思います。でもいまだに貨物列車は後部補機が付きますから、西の箱根健在ですね。 '79.3.25 瀬野機関区 P:綿崎真澄

「鈍行列車の旅

20171114134642-76c524bf44bc4e053e41d23ffc20ced9c5f648fe.jpg

異なる形式を織り交ぜた6輌編成の普通列車が眼下を行く。この時代の普通列車は長編成により空席が多く、好みの車輌や位置を選ぶことができ、いわゆる「鈍行列車」の旅も私は今より好きだった。 '83.3.21 山口線 船平山−津和野 P:田中一弘

峠の番人

20171110130718-059cfc1f35da807cbfebebe44dd9fc1b67a3d901.jpg

雪の機関区構内で待機するEF16。西日を浴びたその車体側面には砂箱やつらら除けなど峠越え対策の重装備が映えている。 '61.12.29 奥羽本線 米沢機関区 P:中島正樹

峠路の春

20171109114911-0d4e28f894db1ed2ed846e345f7ab120dd21db5f.jpg

C62重連急行103レ「ニセコ3号」が暮れ行く山間部の勾配を駆け上ります。豪快なドラフト音が山にコダマして響いていました。線路脇のふきのとうが春の到来を告げていました。 '70.5 函館本線 熱郛ー上目名 P:中川弘一