鉄道ホビダス

肥薩線の最近の記事

八代駅

yatsushiro_takeuchi_masayuki.jpg
駅舎背後には製紙会社の高い煙突が聳え立ち、終日白い煙が立ち上る。駅前はタクシーのロータリーも。2面4線と多くの貨物線があり、「肥薩線0起点八代駅」の看板もホームに立つ。肥薩おれんじ鉄道は1番線。朝夕に貨物列車が荷を運ぶ。

渡駅

watari_takeuchi_masayuki.jpg
駅前の国道は木材を積んだトラックが頻繁に行き交う。駅舎は地元商工会も入り、しっとりとした風情がある。1面2線の無人駅だが、改札口横には待合室もある。ホーム上を通り抜ける風が心地良い。

一勝地駅

isshochi_nao_yuu.jpg
特急も停車する駅です。駅は観光案内所を兼ねていて業務委託されていますが、気品のある駅を大切にしている様子がよくわかります。

鎌瀬駅

kamase_takeuchi_masayuki.jpg
山の斜面にへばりつく感じの1面1線の駅。踏切を越えると有名な球磨川第一橋梁がある。

吉尾駅

yoshio_takeuchi_masayuki.jpg
山を削りコンクリートで固めた1面1線のシンプルな造りながら、ホームから眺める川幅が広くなった球磨川は絶景。無人駅。

海路駅

kaiji_takeuchi_masayuki.jpg
目の前には道路を挟んで球磨川を望むが、駅は山の斜面にへばりつく感じな1面1線の無人駅。対岸の国道へ渡る橋も近くに無い。

隼人駅

hayato_wada_sakae.jpg
駅舎は和風平屋建て!

霧島温泉駅

kirishimaonsen_mizuno_akihiko.jpg
停車時間があったので、写真を撮りに途中下車しました。霧島温泉までは距離があるせいか、温泉へ向かう客や温泉からの利用客はいなかったようでした。

大隅横川駅

osumiyokokawa_kobayasgi_tsuyoshi.jpg
嘉例川駅とともに、明治36年に設立の駅です。ホームの柱には、機銃掃射の跡が痛々しい。大隅横川駅で時が止まった様な錯覚を感じながら、静かに列車を待つ体験を味わってほしい。

人吉駅

hitoyoshi_nishimura_sadao.jpg
熊本県球磨地方の中心で鉄道の要衝でもある。くま川鉄道が分岐し、また、駅構内の西方には1911年築と伝えられる石積の機関庫が現役で残る。かつては矢岳越えの蒸機の基地として繁栄した。駅弁も健在で鮎すしの他数種あり。

吉松駅

yoshimatsu_nishimura_sadao.jpg
吉都線の分岐駅。昔日の賑わいは失せ、静かなたたずまいを見せている。駅前広場にはC55が展示されている。

真幸駅

masaki_nishimura_sadao.jpg
二段のスイッチバック駅を上段から俯瞰した。ポムの端には「幸せの鐘」があり観光客の人気になっている。

矢岳駅

yatake_nishimura_sadao.jpg
肥薩線の駅では最高所(535m)にある。駅構内のSL展示館にはD51が保存されている。
ホームにはかつての水場(水盤)の土台が残っているが、草が生え駅舎とあいまって、唱歌「故郷の廃家」を思わせる。

大畑駅

okoba_kosaka_hiroyuki.jpg
日本で唯一ループ線の中にスイッチバックがあることで有名な大畑(おこば)駅。駅構内には蒸気機関車が活躍したときに使われた給水塔や洗顔所といった往時の遺構を見ることができる。
また駅付近には桜の木があり、開花シーズン中は多くの人で賑わうところでもある。

嘉例川駅

kareigawa_kosaka_hiroyuki.jpg
肥薩線の嘉例川駅の駅舎は木造駅舎で、1903年開業当時からの貴重な建築物である。そのため2006年には登録有形文化財に指定された。
駅前には嘉例川駅開業百周年記念碑と嘉例川簡易郵便局がある。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.