鉄道ホビダス

姫新線(美作土居-新見)の最近の記事

新見駅

niimi_kawai_takuya.jpg
駅舎内にキヨスクがあり、駅前にはみやげ物店などが数軒ある。伯備線に加え姫新線、芸備線の列車も発着するため駅構内は広い。市の中心部からは離れている。

美作江見駅

mimasakaemi_watanabe_takeshi.jpg
列車交換可能で古い木造駅舎が残る。簡易委託駅。姫新線全通の碑が駅前にある。周辺人口は多いようだが、駅の利用客は少ない。駅前食堂あり。

美作土居駅

mimasakadoi_watanabe_takeshi.jpg
交換設備の跡が残る古い木造駅舎。簡易委託。『青春18きっぷ』のポスターに採用されたことも。駅舎横には鉄道官舎が健在。

美作大崎駅

mimasakaosaki_matsuoka_nobuhiko.jpg
津山市郊外の駅。旧出雲街道である国道179号線からは少し離れている。近くには「福力荒神社」がある。

院庄駅

innosyo_matsuoka_nobuhiko.jpg
津山市街の西の端とも言える場所に所在。近くには中国縦貫道院庄インターもある。この駅もかつては交換可能駅だったのだろうか。下り線ホーム跡には「駅名標」が残る。この駅の少し東から津山線が並行して津山を目指すが、さながら複線区間のように見え、かつてのこの地域の鉄道の栄華を物語る。

勝間田駅

katsumata_matsuoka_nobuhiko.jpg
姫新線津山以東の岡山県内での主要駅の一つで未だに交換設備を擁する勝央町の中心地の駅。かつては「日本原駐屯地」への最寄駅としての役目があったが、現在はその面影は薄い。がっちりとした木造駅舎にかつての栄華と現在の地方線区の経営の難しさが垣間見える。

月田駅

tsukida_seizen_keisuke.jpg
旧真庭郡勝山町(現、真庭市)にあり、木材の町らしく駅舎はログハウス風の木造です。かつては2面2線でしたが、現在は片側の線路は撤去され単式1面1線で、簡易委託駅。駅周辺には材木市場、製材所があります。

美作追分駅

mimasakaoiwake_seizen_keisuke.jpg
「みまさかおいわけ」駅。真庭市にあり、駅舎は平成8年に新築、地域のコミュニティ「キリタローの館」が併設されている。ホームは1面1線、かつては2面2線でした。駅前の追分公園は山ツツジの名所です。

坪井駅

tsuboi_seizen_keisuke.jpg
津山市にあり、米子へ向かう国道181号線(出雲街道)と中国自動車道が並走しています。大社臨での人気撮影地、出雲街道との陸橋まではこの駅から約2キロ。駅には仮設トイレ、駅前には商店、飲料自動販売機あり。

美作千代駅

mimasakasendai_seizen_keisuke.jpg
「みまさかせんだい」駅。津山市にあり中国自動車道が並走しています。昭和・国鉄時代から変わらない駅で、駅舎前には丸ポストがあり昭和の雰囲気を出しています。かつては2面2線でしたが、現在は1面1線で無人駅です。駅から少し離れていますが、「道の駅 久米の里」には全長7メートルの巨大なZガンダムがあります。

久世駅

kuse_kuze_takahiro.jpg
2面2線の有人駅。駅舎は古く、なかなか趣きがある。駅から徒歩数分のところにスーパーや郵便局があり、駅周辺は賑やかである。

中国勝山駅

chugokukatsuyama_kuze_takahiro.jpg
2面3線の有人駅。駅前にはタクシープール、商店が数件、駅前旅館がある。当駅折り返しの列車も設定されており、姫新線の津山―新見間で一番活気のある駅である。

林野駅

hayashino_matsuoka_nobuhiko.jpg
湯郷温泉の最寄駅。急行が運転されていた頃は急行も停車した。以前は交換設備があったのだが、現在は撤去。駅周辺は美作市街や大型店舗、美作インターがあり賑やかではあるが、駅はひっそりとしている。

東津山駅

higashitsuyama_matsuoka_nobuhiko.jpg
かつてはこの駅が津山市街の東端だったのだろうか。陰陽連絡のメインルートのひとつだった因美線を持つ駅。比較的最近まで通票閉塞が健在であり、急行〈砂丘〉による「タブレット通過授受」は人気を博した。

津山駅

tsuyama_matsuoka_nobuhiko.jpg
岡山県北の中心地として古くから栄える城下町の駅。但し、駅は街そのものからは少し離れている。姫新線・津山線・因美線の要となる「鉄道の要衝」ということで、広い構内と巨大な扇形庫が嘗ての栄華を物語る。桜の名所として有名な津山城跡の最寄駅。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.