鉄道ホビダス

関西本線(月ヶ瀬口-JR難波)の最近の記事

平野駅

hirano_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市平野区平野元町に所在。明治22年5月14日開業。2面3線の橋上駅舎。当駅西に「百済貨物駅」がある。大阪市交通局谷町線の平野駅は、当駅の南約1km。同名駅が、能勢電鉄と福島交通にもある。

加美駅

kami_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市平野区加美鞍作に所在。明治42年4月1日開業。相対式2面2線の地平駅で、駅舎は橋上。平成20年3月に開通した「おおさか東線 新加美駅」が当駅のすぐ北東に立地するが、連絡関係にはない。

三郷駅

sango_higuchi_masami.jpg
ホームは大阪方面が相対式、王寺方面が島式の2面2線。大学があるためか駅前にはスーパー、コンビニ、居酒屋など色々な店舗があります。バスも信貴山行き、近鉄線の信貴山下駅行きなど、結構便利なようです。

柏原駅

kashiwara_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府柏原市上市に所在。明治22年5月14日開業。JRには「柏原」と書く駅が3駅あるが、全て読みが異なる。当駅は「かしわら」。他に「かしわばら」(東海道本線)、「かいばら」(福知山線)がある。

志紀駅

kansai_shiki_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府八尾市志紀町に所在。明治42年4月1日開業。盛土上に相対式2面2線のホームがあり、駅舎はその下に設置されている。同音の駅が東武鉄道東上本線にあるが、そちらは「志木」である。

八尾駅

yao_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府八尾市安中町に所在。明治22年5月14日開業。近鉄八尾駅とは、1km以上離れている。周辺に商業施設が充実している近鉄駅に比べ、JR駅はいささか寂しい佇まいである。地平駅で、相対式2面2線。

久宝寺駅

kyuhoji_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府八尾市龍華町に所在。明治43年12月1日。かつては竜華操車場を挟み、上下線が完全分離した駅だったが、同施設廃止後の1997年、旧上り線側に上下線を集約した橋上駅舎が完成。おおさか東線が分岐する。

JR難波駅

jr_namba_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市浪速区湊町に所在。明治22年5月14日開業。かつて、関西本線の大阪口拠点として、広大なヤードを有した地平駅「湊町」が地下化され、駅名も改称された。周辺に「湊町」時代の面影は殆どない。

加茂駅

kamo_nakatsukasa_sakura.jpg
京都府木津川市(旧相楽郡加茂町)大字里小字東鳥口に所在。明治30年11月11日開業。関西本線西の電化区間の東限駅。ここから亀山までが非電化区間となり、ローカルムード満点。現在以東への直通列車はない。

木津駅

jrw_kizu_nakatsukasa_sakura.jpg
京都府木津川市(旧相楽郡木津町)大字木津小字池田に所在。明治29年3月13日開業。関西本線が東へ、奈良線が北へ、片町線が西へ、三方に分岐する駅。最近近代的な駅舎へ改築が完了した。

月ヶ瀬口駅

tsukigaseguchi_makatsukasa_sakura.jpg
京都府相楽郡南山城村大字北大河原小字殿田平尾に所在。昭和26年12月28日開業。大築堤上に相対式2面2線のホームがある。梅林で有名な月ヶ瀬の玄関口を示す駅名だが、月ヶ瀬は奈良県に属し、駅南方約6~7km。

大河原駅

okawara_nakatsukasa_sakura.jpg
京都府相楽郡南山城村大字北大河原小字欠ヶ原に所在。明治30年11月11日開業。かつてD51の撮影で賑わった駅。相対式2面2線の余裕ある有効長のホームを持つが、今や2輌編成の気動車しか来ないのがもの寂しい。

郡山駅

w_koriyama_yamaguchi_atsushi.jpg
2面2線の橋上駅舎で、近代的な郊外の駅。近くには金魚の養殖池が多数あり、車窓を和ませてくれる。

法隆寺駅

horyuji_murakami_fumiaki.jpg
駅名の通り、世界遺産の法隆寺の最寄駅。
 2面2線の相対式ホームを持つ橋上駅舎、そして駅舎の屋根は瓦葺になっている。

笠置駅

kasagi_nakatsukasa_sakura.jpg
京都府相楽郡笠置町大字笠置小字栗栖に所在。明治30年11月11日開業。関西本線非電化区間の最西端駅。春は周囲の桜が美しい。駅のすぐ北を流れる木津川の河原でキャンプを楽しむ観光客も多い。

今宮駅

imamiya_matsuoka_nobuhiko.jpg
お隣の新今宮とは違いひっそりとした駅。以前は環状線には駅が設けられていなかったものの、現在は、環状線にも駅が設けられている。

奈良駅

nara_matsuoka_nobuhiko.jpg
2008年6月29日から2~4番線(関西本線系統)が高架ホームになった。今後は1番線(桜井線系統)の高架化と駅舎並びに周辺整備が続く。

王寺駅

ouji_matsuoka_nobuhiko.jpg
関西本線の主要駅 和歌山線を別つ他、駅前には『育ちが違う』近鉄の駅が2駅もある。
 1982年夏、近隣の河川が氾濫した際、この駅は留置中の電車もろとも冠水。急遽、関東から廃車予定だった101系を大量にこの線に呼び寄せたことは、国鉄末期のエピソード。

高井田駅

takaida_matsuoka_nobuhiko.jpg
1985年夏開業の比較的新しい駅。近鉄河内国分駅とは大和川を隔てた対岸になる。この駅開業の年の春には、大阪市営地下鉄中央線にも「高井田駅」が誕生しているが、全く別の地域・路線である。

新今宮駅

shinimamiya_matsuoka_nobuhiko.jpg
大阪環状線・関西本線と南海との接続駅で相互の乗換え客が多い。その一方で、この駅は地下鉄動物園前、阪堺南霞町の両駅と同位置にあるが、駅名が違うせいもあってか、こちらとの接続はあまり知られていないようだ。

天王寺駅

tennoji_kosaka_hiroyuki.jpg
大阪南部や南紀方面へのターミナルとして発展した。しかし環状線・梅田貨物線を経由した、いわゆる"くろしおルート"ができて以来、紀勢線特急の大半が新大阪駅始発となり、駅弁屋の「芦の家」は廃業(現在は水了軒が営業)となった。駅名は、聖徳太子ゆかりの四天王寺から来ている。

東部市場前駅

tobushijyomae_kosaka_hiroyuki.jpg
高架橋に対向式ホームを増設した形で平成元年に開業した。駅の入り口に開業の碑がある。なお駅名となった東部市場は、今里筋を挟んだ反対側にある百済貨物駅の北側にある。

百済駅

kudara_kosaka_hiroyuki.jpg
大阪南部の貨物の拠点で、梅田貨物駅の機能一部移転のため改良工事が始まっている。

河内堅上駅

kawachikatakami_hirata_mitsuhiro.jpg
大和川沿いに位置する関西本線(大和路線)の駅で、対向式ホーム2面2線の構造となっています。駅舎は上り線側に設けられていて、下り線ホームへ行くには上り線ホームから天王寺寄りの跨線橋を利用します。また、国道が対岸沿いにあることから駅前には小さな商店があるくらいで、静かな雰囲気が漂います。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.