鉄道ホビダス

湘南モノレールの最近の記事

目白山下駅

mejiroyamashita_hongo_yukio.jpg
湘南モノレールの目白山下駅は高架島式2線の駅で、終点の湘南江ノ島駅まで0.4kmの近さです。当駅も無人駅で自動改札機も無いため、車掌さんが中間駅で降車するお客さんの切符発券・回収、定期券等のチェックをしています。

片瀬山駅

kataseyama_hongo_yukio.jpg
湘南モノレールの片瀬山駅は単式1線です。ダイヤの関係で交互に発車する時と、同方向が連続で来ることも多い(運転間隔が長短時間の時)。当モノレールは他のモノレールに比べてかなりスピードが出るため、クロスシートに乗車していると何だかジェットコースターにでも乗っているような感じです。

富士見町駅

fujimicho_hongo_yukio.jpg
湘南モノレールの大船駅から0.9kmに位置する一つ目の駅が富士見町駅です。相対式2線の高架ホームで、路線は単線です。高い所を走るので、天気良ければ富士山や丹沢等がよく見えます。

大船駅

ofuna_usami_yasutaka.jpg
JR大船駅は神奈川県鎌倉市大船一丁目と横浜市栄区笠間一丁目にまたがる島式ホーム5面10線の地上駅(橋上駅舎)で、1888年(明治22年)11月開業。駅ビルはルミネウィング、周辺には鎌倉市大船行政センター、鎌倉観音、鎌倉女子大(松竹大船撮影所跡地) 、スーパー、ホテルなどがある。また湘南モノレール 江の島線の乗換駅。東口はモノレール駅を含めて再開発が行われたが、西口はロータリーも無く朝夕は送迎自家用車、バス、タクシーの渋滞が発生している。現在は西口の柏尾川向こうにバス折返し所があり早期のバリアフリー、駅前交通一体の整備が待たれる。あわせて藤沢寄り(旧湘南貨物駅付近)に新駅構想もある。

湘南町屋駅

shonanmachiya_usami_yasutaka.jpg
湘南町屋駅は神奈川県鎌倉市上町屋に所在し、三菱電機鎌倉製作所の最寄り駅で「三菱電機前」の副名称が付く単式ホーム1面1線の高架駅。1970年(昭和45年)3月の開業。2005年(平成17年)3月、エレベータ付きの新駅舎を使用開始した。周辺は三菱電機鎌倉製作所以外は住宅地、学校、公園などで大型商業施設は無いが、ここ町屋、深沢地域と旧JR大船工場跡地に「深沢地域総合都市整備構想」があり、工場北西側の東海道本線に新駅(旧湘南貨物駅付近)と、工場跡地を含め付近一帯の大型商業施設、住宅開発、道路整備の計画案がある。

湘南江の島駅

shonanenoshima_usami_yasutaka.jpg
湘南江の島駅は神奈川県藤沢市に所在し、頭端式2面1線の高架駅でホームが駅ビルの5階にある大船駅起点から6.6kmの終着駅で1971年(昭和46年)7月開業(路線名、駅名でひらかなの江「の」島はこの駅名だけ)。江ノ島電鉄「江ノ島駅」は国道を挟んで徒歩3分、小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」は海岸方面へ徒歩15分要する。湘南江の島駅は大船駅から江ノ島への最短交通ルートで、所要時間約14分。参考にJR大船から藤沢経由江ノ電ルートでは約25分、鎌倉廻り江ノ電ルートで30分以上かかる。

湘南深沢駅

syonanfukasawa_kataoka_kazuhiro.jpg
湘南モノレールの本社及び車庫が近くにあるため、当駅を始発・終着とする運行や、大船発湘南江の島行きだが不定期に当駅で車輌交換する運行もある。この場合、1番ホームに着いた江の島方面行きの乗客は、2番ホームから大船行きが出た後に車庫から入線してくる車輌を待ち、これに乗り換えることになる。

西鎌倉駅

nishikamakura_kataoka_kazuhro.jpg
湘南モノレールの駅。周辺は住宅地で、駅直下にあるバス停名は津村。上下線が交換できる島式ホームを有する。写真は2008年2月24日に発生したオーバーラン事故で、ポイントの転轍機で停止した下り列車(5500形)と、その約20m手前で停止し衝突を免れた上り列車(500形)。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.