鉄道ホビダス

東葉高速鉄道の最近の記事

村上駅

murakami_usami_yasutaka.jpg
八千代市村上にある2面2線の高架駅。駅前にフルルガーデン八千代(イトーヨーカドー八千代店)、ラウンドワン、ジョイフル本田等大型店舗が並ぶ。 駅1階部も店舗用地として確保されている。
 付近にマンション、住宅の建設も進んでいて今後の地域発展、利用客の増加が見込まれる。

船橋日大前駅

funabashinichidaimae_usami_yasutaka.jpg
船橋市にある2面2線の地下駅ではあるが、下り方面の八千代緑が丘駅方は駅を出ると明かり部、高架構造になっている。
 西口は日大理工学部のデザインで、「関東の駅百選」第1回選定駅となった幾何学的デザイン。画像はレンガ、木目が施されシックな「東口」。

東海神駅

higashikaijin_usami_yasutaka.jpg
船橋市海神にある島式1面2線の地下駅。取り付け道路等の駅前整備が不十分でタクシー、バスの利用は不便である。JR船橋、京成船橋駅までは歩いて10分程度を要する。
 もともと住宅密集地であるため計画道路の開通も目途がたっていないようだ。

北習志野駅

kitanarashino_usami_yasutaka.jpg
1966(昭和41)年4月に開業の橋上駅で、次いで1996(平成8)年4月に東葉高速鉄道の駅が地下駅で乗換え駅として開業。
 現在、新京成線の北習志野駅ではペデストリアンデッキと駅舎建替工事(バリアフリー化)が2010(平成22)年3月完成予定で行なわれ、将来の高架化のためにの準備も兼ねている。東葉高速の地上階用エレベーターはペデストリアンデッキに直結、連絡口は乗換改札へと、開業時から前記工事に対応した構造になっている。

飯山満駅

hasama_usami_yasutaka.jpg
千葉県船橋市飯山満町にある、相対式2面2線と留置線がある高架駅。芝山団地の最寄り駅。
 読み方は「いいやまみつる」ではなく、付近の地名から「はさま」と読む。この駅を含め東葉高速の他の駅設備もドラマ、CMの撮影地として多く登場する。

東葉勝田台駅

toyokatsutadai_usami_yasutaka.jpg
千葉県八千代市村上(一部は佐倉市)にある島式1面2線の地下駅で1996年(平成8年)4月開業。開業から1年後に京成電鉄本線の勝田台駅が地下コンコースを設置し現在は地下で接続している。
 当初計画でJR四街道駅方面まで線路が延伸される計画があり、京成側のコンコース接続方法が一時保留だった。付近はみずほ銀行勝田台支店、学習塾がある。

八千代緑が丘駅

yachiyomidorigaoka_usami_yasutaka.jpg
千葉県八千代市緑が丘にある2面4線島式の高架駅で1996年(平成8年)4月開業(仮称:西八千代駅)。
ホームは1番:東葉勝田台方面、2番:東葉勝田台方面(始発等)、3番:西船橋・大手町方面、4番:西船橋・大手町方面(回送等)。
 ここから八千代中央駅方面の途中左側に車庫線の分岐(立体構造)がある。当初計画で西船橋から八千代緑ヶ丘-車庫線-ユーカリが丘北-佐倉方面の路線と、西船橋から八千代緑ヶ丘-八千代中央-東葉勝田台-四街道方面という二つの路線計画案もあったとか。

八千代中央駅

yachiyochuo_usami_yasutaka.jpg
八千代中央駅は、千葉県八千代市ゆりのき台にある2面2線相対式ホームの高架駅。1996年(平成8年)4月開業。 東京メトロ東西線西船橋駅より相互直通運転を行なっている。東葉高速鉄道は千葉県/八千代市/東京地下鉄/京成電鉄他の出資による第三セクター会社。
 駅周辺は市役所、警察署、郵便局ほか八千代市公共施設がある市の中心地的な駅で、CMやドラマのロケ地として頻繁にテレビに登場する駅。
 西船橋から先の延伸は昭和46年都市交通審議会第15号答申「5号線」として営団の施工の予定があった路線である。但し営団の既存路線から突出したルートに問題も多く、千葉県内の大手私鉄との調整も難航し、第三セクター方式に落ち着いた経緯がある。その後、日本鉄道建設公団の直轄工事で着工したが今度は用地買収問題で開業が伸びることとなった。成田空港開港時の土地収用委員不在も相まって、千葉県内の民鉄、三セクに共通した問題点で高沸した建設費の償還に伴い、高い運賃設定が利用客にとって辛いところである。

西船橋駅

nishifunabashi_kogawa_ryo.jpg
総武線各駅停車に、武蔵野線、京葉線、東京メトロ東西線、東葉高速鉄道と、たくさんの路線が交わるターミナル駅。乗り換えの人々が構内で交錯しています。その駅構内は、近年改装され、駅ナカの商店・飲食店が整備されました。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.