鉄道ホビダス

いすみ鉄道の最近の記事

総元駅

fusamoto_inaba_toyokazu.jpg
1933(昭和8)年8月25日に、国鉄木原線の駅として開業。1面1線の地上駅。駅舎には、黒原公民館が併設されている。

久我原駅

kugahara_inaba_toyokazu.jpg
1960(昭和35)年6月20日に、国鉄木原線の駅として開業。1面1線の地上駅。駅は車1台分の幅しかない道の突き当たりにあり、2つの国道に挟まれている割には山深く、「房総の秘境駅」といった佇まいを見せている。
 2009(平成21)年7月1日に、ネーミングライツにより、「三育学院大学 久我原駅」となった。

東総元駅

higashifusamoto_inaba_toyokazu.jpg
1937(昭和12)年2月1日に、国鉄木原線の駅として開業。1面1線の地上駅。2008(平成20)年、テレビ番組の企画で、この地を治めていた本多忠勝の戦勝にあやかって、縁起の良い駅を造ることになり、おみくじの箱型の待合室に改築された。

小谷松駅

koyamatsu_inaba_toyokazu.jpg
1960(昭和35)年6月20日に、国鉄木原線の駅として開業。1面1線の地上駅。周辺は住宅と田畑が点在している静かな駅。「こやまつ」と読む。

新田野駅

nittano_inaba_toyokazu.jpg
1960(昭和35)年6月20日に、国鉄木原線の駅として開業。1面1線の地上駅。駅の東側には、のどかな田園地帯が広がっている。「にったの」と読む。

上総東駅

kazusaazuma_inaba_toyokazu.jpg
1930(昭和5)年4月1日に、国鉄木原線の駅として開業。2面2線の地上駅。当初は1面1線だったが、いすみ鉄道移管時に2番線ホームが増設された。「かずさあずま」と読む。

西大原駅

nishiohara_inaba_toyokazu.jpg
1960(昭和35)年6月20日に国鉄木原線の駅として開業。1面1線の地上駅。国道465号線がすぐ横を通り、周辺は住宅地になっている。

西畑駅

nishihata_usami_yasutaka.jpg
千葉県夷隅郡大多喜町庄司にある1面1線の地上駅。終点・上総中野駅の一つ手前の駅。町立西畑小学校、大多喜町役場西畑出張所の最寄り。 ※車内より撮影

大多喜駅

otaki_usami_yasutaka.jpg
1998(平成10)年の「第二回関東の駅百選」選定駅。路線内唯一の有人駅で車庫、留置線が設けられている。
 千葉県立総南博物館(大多喜城) の最寄り駅で、付近は地方の城下町の町並み、風情が各所に見られる。

城見ヶ丘駅

shiromigaoka_usami_yasutaka.jpg
2008(平成20)年8月に大多喜駅と上総中川駅の間に出来た新駅。駅名は公募され、大多喜城が見える場所であることから命名された。
 付近は大型ショッピングセンターがあり、宅地分譲「船子城見ヶ丘」として、新駅設置と相まって農村地域活性化が推し進めれれている。

上総中川駅

kazusanakagawa_usami_yasutaka.jpg
1面1線の無人駅で木造の小さな待合室がある。付近はJAいすみ中川GS、スイッチとコンセントの神保電器本社がある。

国吉駅

kuniyohi_usami_yasutaka.jpg
1面2線の無人地上駅で、いすみ市(旧夷隅町)商工会館との合築駅舎。駅前と付近を通る国道465号沿いは商店街を形成し、市制前の夷隅町の中心地域として栄えており、夷隅庁舎、郵便局、病院、小中学校がある。

上総中野駅

kazusanakano_kimura_kazuhiro.jpg
小湊鐵道の終点。いすみ鉄道との接続駅。ログハウスの駅舎。竹を切った形をしたトイレがユニーク。

大原駅

ohara_kimura_kazuhiro.jpg
いすみ鉄道の起点。1面2線のホームを持つ。外房線とレールはつながっている。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.