鉄道ホビダス

関東鉄道の最近の記事

西取手駅

nihitoride_nakatsukasa_sakura.jpg
取手市本郷に所在。昭和54年12月1日開業。同鉄道の起点「取手」を出て最初の駅。相対式2面2線の高架駅で、同鉄道では「新守谷」に次いで新しい駅である。周辺は住宅密集地。

寺原駅

terahara_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県取手市寺田に所在。大正2年11月1日開業。相対式2面2線の構成で、駅前には同鉄道バスの営業所があり、バスの出入りで賑やかである。取手市役所の最寄駅。

新取手駅

shintoride_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県取手市新取手に所在。昭和43年4月1日開業。三角屋根のステンドグラスを配した駅舎で、外装は石貼り。線路北側に駅舎、駅前広場があり、島式1面2線のホームに構内踏切で横断する構造になっている。

稲戸井駅

inatoi_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県取手市米ノ井に所在。大正2年11月1日開業。読みは「いなとい」。相対式2面2線で、跨線橋はなく、構内踏切で横断する構造となっている。

戸頭駅

togashira_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県取手市戸頭に所在。昭和50年3月26日開業。読みは「とがしら」。相対式2面2線で、同鉄道では「新守谷」「西取手」に次いで新しい駅。この辺り、国道294号線と並行し、国道側に駅舎がある。

南守谷駅

minamimoriya_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県守谷市(旧北相馬郡守谷町)けやき台に所在。昭和35年11月15日開業。島式1面2線で、西側に駅舎がある。駅舎側から見ると高架駅に見えるが、線路は西に向けて低くなる段丘上に敷設されている。

新守谷駅

shimmoriya_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県守谷市(旧北相馬郡守谷町)御所ヶ丘に所在。昭和57年3月27日開業と、信号場を除けば同鉄道で最も新しい駅である。2面3線の橋上駅舎で、西側に駅前ロータリーがある。

中妻駅

nakatsuma_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県常総市(旧水海道市)中妻町に所在。大正9年2月1日開業。相対式2面2線の交換可能な業務委託駅。駅舎は線路西側に建っている。跨線橋はなく、ホーム南寄に構内踏切がある。

玉村駅

tamamura_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県常総市(旧結城郡石下町)小保川に所在。昭和6年11月15日開業。線路西側に1面1線のホームがある無人駅。周辺には農地が広がり、その中に住宅が点在する。駅の北すぐが、常総市と下妻市の境界。

宗道駅

soudou_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県下妻市(旧結城郡千代川村)宗道に所在。大正2年11月1日開業。小粋なデザインの駅舎が線路西側に建つ、相対式2面2線の業務委託駅。周辺は閑静な住宅地である。

黒子駅

kurogo_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県筑西市(旧真壁郡関城町)辻に所在。大正2年11月1日開業。読みは「くろご」。無人駅で、留置線を含め2面3線の配置となっている。跨線橋はなく、下館行ホームへは構内踏切で横断する。

大田郷駅

otago_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県筑西市(旧下館市)玉戸に所在。大正2年11月1日開業。下館で、水戸線から分岐して最初の駅。相対式2面2線の交換可能駅で、有効長には相当余裕がある。周囲は住宅密集地となっている。

下館駅

shimodate_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県筑西市(旧下館市)乙に所在。明治22年1月16日開業。北へ真岡鐵道真岡線が、南へ関東鉄道常総線が分岐している。関東鉄道の駅は大正2年11月1日の開業。いずれも小山方に向けての分岐である。

取手駅

toride_hongo_yukio.jpg
JR東日本常磐線の取手駅は島式ホーム3面6線。各駅停車が朝夕に発着し、上野からの快速(直流車
)は当駅にて折り返す。また土浦、水戸方面へは交直両用の電車が走る。なお特急は朝夕の上下3本が停車する。関東鉄道常総線の取手駅は島式ホーム1面2線で、下館まで総延長51.1kmの起点駅。

小絹駅

kokinu_usami_yasutaka.jpg
茨城県つくばみらい市小絹にある、2面2線の地上駅。2009(平成21)年3月14日よりICカードPASMOが使える。
 付近は常総ニュータウン絹の台、常総ニュータウンきぬの里、アミティ桜公園団地が広がり、国道294号線沿いにショピングセンターも多数あり、常磐自動車道谷和原ICにも近い。

水海道駅

mitsukaido_usami_yasutaka.jpg
茨城県常総市水海道宝町にある、快速が停車する2面3線の地上駅。取手駅からの複線区間の終わり で、ここから終点の下館駅までは単線となる。
 常総市役所(旧・水海道市役所)、ビジネスホテル、銀行が立ち並ぶ。

北水海道駅

mitamitsukaido_usami_yasutaka.jpg
茨城県常総市相野谷町にある1面1線の地上駅で、無人駅である。2009(平成21)年3月14日よりICカードPASMOが使用可能。
 駅周辺は新しい住宅、アパートが立ち並ぶ。守谷駅からつくばエクスプレス乗換えの居住者も増えているようだ。

三妻駅

mitsuma_usami_yasutaka.jpg
茨城県常総市三坂町にある、1面2線を有する地上駅で、以前は有人駅であったが、2009(平成21)年4月より無人駅になっている(PASMO導入以降)。
 付近は三妻商店街、小中学校、郵便局が建つ。
 無人駅になったが、列車無線と速度照査式ATSにより列車交換を行なう。

南石下駅

minamiishige_usami_yasutaka.jpg
茨城県常総市大房にある1面1線の地上駅で無人駅。2009年(平成21年)3月14日よりICカード“PASMO”が使えるようになった。付近は麦畑、田んぼが広がる。

石下駅

ishige_usami_ysutaka.jpg
茨城県常総市新石下にある、2面2線の快速が停車する地上駅で委託駅。列車交換がある。
 常総市役所石下庁舎(旧・石下町役場) の最寄り駅で、つくばセンター、土浦駅、下妻駅への路線バスが運行されている。

竜ヶ崎駅

ryugasaki_shinjo_takeshi.jpg
龍ケ崎市中心部にある、関東鉄道竜ヶ崎線の終着駅。単式ホーム1面1線を有する駅で、構内には竜ヶ崎線の車両基地も置かれている。

入地駅

ireji_shinjo_takeshi.jpg
入地駅は単式ホーム1面1線を有する駅です。駅舎もない畑の中にポツンとある小さな駅です。

佐貫駅

sanuki_shinjo_takeshi.jpg
佐貫駅は、JR常磐線と関東鉄道竜ヶ崎線の接続駅です。JRは一部の特急が停車する、2面3線のホームを持つ駅です。竜ヶ崎線は、龍ケ崎市中心部にある竜ヶ崎駅まで延びる全長4.5キロの路線です。

守谷駅

moriya_kikuchi_yuta.jpg
守谷駅はTXと関東鉄道の接続駅で、コンコース階の2階で両社の駅が接続しています。TXでは当駅以北が交流となるため当駅止まりの電車も多く、また関東鉄道にとっても下館方面への始発駅となる運行上の要衝です。

下妻駅

shimotsuma_kikuchi_yuta.jpg
関東鉄道の主要駅のひとつ。のどかな駅で、駅前は花壇などがよく手入れされている。

大宝駅

daihou_someya_toshio.jpg
単式ホーム1面1線を有する地上駅。

騰波ノ江駅

tobanoe_someya_toshio.jpg
対面式2面2線ホームを有する地上駅で、下館寄りに構内踏切がある。1926年の開業当時からの木造駅舎が現役で、映画「下妻物語」にも登場する。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.