鉄道ホビダス

関西本線(名古屋-島ヶ原)の最近の記事

春田駅

haruta_nakatsukasa_sakura.jpg
愛知県名古屋市中川区春田に所在。平成13年3月3日開業。平成5年に信号場として開設されたが、駅に昇格した。国道302号線との交差部西側に立地。近代的デザインの駅舎を有する高架駅である。

蟹江駅

kanie_nakatsuakasa_sakura.jpg
愛知県海部郡蟹江町大字今上六反田に所在。明治28年5月24日開業。駅舎を南側に配した相対式2面2線の構成で、上下線間に中線(待避線)がある。この界隈では、近鉄名古屋線と最も離れており、その間約2km。

永和駅

eiwa_nakatsukasa_sakura.jpg
愛知県愛西市(旧海部郡佐屋町)大字大野字郷西に所在。昭和4年2月1日開業。ステンドグラスを配した小粋な駅舎に改築されている。駅の南約1.5kmを近鉄名古屋線が並走している。駅周辺は、海抜0m地帯。

富田駅

tomida_nakatsukasa_sakura.jpg
三重県四日市市富田に所在。明治27年7月5日開業。読みは「とみだ」。国道1号線と近鉄名古屋線に挟まれた住宅密集地に立地する。名古屋方面への通勤路線として、JR・近鉄の激しい競争区間となっている。

南四日市駅

minamiyokkaichi_nakatsukasa_sakura.jpg
三重県四日市市日永東に所在。昭和38年10月1日開業。駅の東側に貨物ヤードを持つ工業地帯の駅。この辺りから浜側に石油コンビナートが見え、重工業地帯のイメージとなる。ヤードのスイッチャーも魅力的。

河原田駅

kawarada_nakatsukasa_sakura.jpg
三重県四日市市河原田町に所在。明治23年12月25日開業。相対式2面2線の無人駅。伊勢鉄道との分岐駅だが、分岐点は当駅の北東にあり、伊勢鉄道の駅は関西本線から分岐した築堤上に島式1面2線のホームがある。

河曲駅

kawano_nakatsukasa_sakura.jpg
三重県鈴鹿市木田町に所在。昭和24年3月1日開業。「かわの」と読む。駅舎のない相対式2面2線の無人駅。県道を挟んで、南側に鈴鹿川が流れる区間にある。 ※列車の接近がないことを確認のうえ撮影

井田川駅

idagawa_nakatsukasa_sakura.jpg
三重県亀山市井田川町に所在。昭和4年5月20日開業。相対式2面2線の構造で、駅舎のない無人駅。駅北西側に国道1号線が並走、南東側には鈴鹿川が流れる。 ※駅の跨線橋上より安全確認のうえ撮影

関駅

seki_nakatsukasa_sakura.jpg
三重県鈴鹿郡関町新所町に所在。明治23年12月25日開業、関西本線全通時から存在する駅。東海道の宿場町として栄えた町で、駅前は国道1号線に面す。駅舎は宿場のイメージを残した建物に改築されている。

加太駅

kabuto_nakatsukasa_sakura.jpg
三重県鈴鹿郡関町加太市場に所在。明治29年9月21日開業。西隣の中在家信号場との間は、蒸機時代から有名な「加太越え」の撮影地。構内西はずれの寺社の様子など、過去の面影が今なお残る風情ある無人駅。

伊賀上野駅

igaueno_nakatsukasa_sakura.jpg
伊賀市(旧上野市)三田に所在。明治30年1月15日開業。「忍者の里」伊賀の北の玄関口。伊賀鉄道(旧近鉄伊賀線との接続駅で、伊賀市の中心街、上野城、忍者屋敷等の観光地へは、伊賀鉄道上野市駅が近い。

島ヶ原駅

shimagahara_nakatsukasa_sakura.jpg
三重県伊賀市(旧阿山郡島ヶ原村)に所在。明治30年11月11日開業。関西本線では三重県最西端の駅。駅本屋は瓦葺の木造で、対向式2面2線の構成。国道163号線沿だが、周囲に観光地もなく、閑散とした雰囲気。

八田駅

hatta_hongo_yukio.jpg
八田駅は名古屋市営地下鉄が島式2線、JR線が高架島式2線の駅です。また近鉄線は近鉄八田駅で、それぞれが意外と深い地下道で連絡しています。駅近くには札幌の時計台を連想させる建物の店がありました。

塩浜駅

shiohama_hayashi_nobuhiko.jpg
関西本線四日市駅より分岐する貨物支線の駅です。非電化のためDD51や専用機が入れ替えを担当しています。これより南にも専用線が伸びており、石油や化学成品を積むタンク車が主な貨物です。
 隣接して近鉄塩浜駅があります。

弥冨駅

yatomi_tsuchida_kazuya.jpg
地上で一番低い駅として有名です。JR関西本線と名鉄尾西線の乗り換え駅でもあります。

四日市駅

yokkaichi_hayashi_nobuhiko.jpg
幹線のターミナル駅で広い構内は工業地帯の駅らしくタンク車などが多く留まっています。駅の南東にコンビナートや工場地帯が広がりこちらに専用線や貨物線が伸びています。駅前は広く近鉄四日市駅まで広い道路が続いています。

佐那具駅

sanagu_hayashi_nobuhiko.jpg
木造の駅本屋はしっかり手入れされています。駅前には食堂が1軒、タクシーも待機しています。

新堂駅

shindo_hayashi_nobuhiko.jpg
駅舎は街中の旧道から入ったところにありますが国道25号線側からも入り口ができています。階段を上がって島式のホームに降りたところに駅事務室ができていました。信楽焼きの狸が出迎えてくれます。

柘植駅

tsuge_hayashi_nobuhiko.jpg
草津線の乗り換え駅です。駅前にはタクシーの営業所のようなものが在るだけです。

名古屋駅

nagoya_matsuoka_nobuhiko.jpg
中部の中心都市、名古屋の玄関。以前は鉄道管理局を兼ねた重厚な駅舎だったが、世紀の変わり目に世界一の高層駅舎である「JRセントラルタワーズ」として装いを一新した。

亀山駅

kameyama_kosaka_hiroyuki.jpg
関西本線と紀勢本線の分岐駅として発展しました。機関区や操車場といった鉄道だけではなく、国鉄バスの派出所を抱える国鉄の拠点ともなりました。同駅の駅弁として有名な"あさりのしぐれ茶漬け弁当"は、駅前の「いとう弁当店」で購入する事ができます。

加佐登駅

kasado_suzuki_takeshi.jpg
駅周辺に買い物できる場所は無く、鈴鹿市のコミュニティバスが1時間に1本あるぐらいでとても静かな駅。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.