鉄道ホビダス

小海線の最近の記事

海尻駅

umijiri_nao_yuu.jpg
ホーム1面1線の無人駅で、カープの途中にあるので、ホームもカーブしています。静かな場所です。

岩村田駅

iwamurada_nao_yuu.jpg
新幹線が接続する佐久平の一つ隣の駅です。列車交換が可能で、この駅には跨線橋があります。

佐久海ノ口駅

sakuuminokuchi_nao_yuu.jpg
列車交換が可能な駅で、相対式ホームで跨線橋がなく、線路を横断します。駅前には診療所や喫茶店、JAの支所などがあります。

清里駅

kiyosato_nao_yuu.jpg
リゾート地として有名な清里駅です。駅の周辺にはペンションや宿泊施設などがたくさんあります。駅前にC56形機関車の149号機がきれいに保存されています。

小海駅

kooumi_nao_yuu.jpg
路線名の由来になった小海です。駅舎にショッピングセンターが併設されています。当駅始発の列車もあり、ここから小諸方向には少し列車本数が多くなります。

中込駅

nakagomi_nao_yuu.jpg
駅舎の左に併設の建物は、JR東日本の小海線営業所です。駅前には商店街やビジネスホテルなどがあります。

甲斐小泉駅

kaikoizumi_nao_yuu.jpg
かわいい駅舎の無人駅ですが、列車交換が可能です。駅前に美術館があります。バックの山並みがきれいです。

羽黒下駅

haguroshita_kobayashi_tsuyoshi.jpg
羽黒下駅は、佐久穂町の中心地に位置する。高崎を起点にする上信電鉄は羽黒下を結ぶ予定であった。

八千穂駅

yachiho_kobayashi_tsuyoshi.jpg
この駅は、駅舎も素晴らしい姿をしているが、春の桜が見事である。
 駅を下車して造り酒屋の日本家屋を楽しむもよし、奥村土牛美術館で過ごすもよし。

高岩駅

takaiwa_kobayashi_tsuyoshi.jpg
佐久穂町の外れの駅。この駅から徒歩10分のところに有名撮影地がある。この付近は秩父事件の最終決戦の地でもあり、歴史を感じながらこの駅を楽しむのも面白い。

佐久広瀬駅

sakuhirose_kobayashi_tsuyoshi.jpg
小海線内における「秘境駅ランキング」圏内の駅。ちなみに、JRにおける最高地点の秘境駅は、佐久広瀬駅である。
 聞こえてくるのは、川のせせらぎと風の音だけ。

信濃川上駅

shinanokawakami_kobayashi_tsuyoshi.jpg
千曲川源流ほか、登山客御用達の駅。信濃川上駅は、2008年のJR東日本のCMのロケ地に採用された。
 レタス栽培では日本でも最大の生産地として有名。バスの本数は少ないが、時間を調べて川上を楽しんでほしいと思う。

北中込駅

kitanakagomi_kobayashi_tsuyoshi.jpg
小海線にも桜の名所がある。北中込駅がその中のひとつ。佐久市役所、図書館、市民プール、駒場公園はここが下車駅。

松原湖駅

matsubarako_kobayashi_tsuyoshi.jpg
以前は木造の駅舎だったが、かわいらしいログハウス風の待合室になってしまった。ここから松原湖へは2km。バスで10分だが、便は少ない。

佐久平駅

sakudaira_niigata_yoshiyuki.jpg
1997年10月1日の長野新幹線開業にあわせて新設された駅で、あわせて小海線の駅も新設された。写真は駅北側の「浅間口」で、ホテルやマンションが建ち並ぶ。一方、南側の「立科口」側には佐久平ショッピングセンターをはじめとする大型ショッピングモールがひしめく。

野辺山駅

nobeyama_iiduka_hiroshi.jpg
ご存知、JRの駅で一番標高の高い場所にある駅です(標高1,345.67m)。1935(昭和10)年11月の小海線開業と同時に開設されています。隣の清里駅との間にはJRの最高標高地点があります(標高1,375m)。

甲斐大泉駅

kaiooizumi_iizuka_hiroshi.jpg
小海線が開通した1933(昭和8)年に開業した八ヶ岳南側山麓の駅で、駅の標高はJRの駅で第3位。かつてはペンション人気とともに多くの人で賑わった。駅から徒歩約3分のところには、甲斐大泉温泉 パノラマの湯がある。

小淵沢駅

kobuchizawa_kogawa_ryo.jpg
高原列車・小海線の始発駅。ホームからは八ヶ岳の美しい山並みを望むことができます。『元気甲斐』などの駅弁もよく知られていて、ホームの駅弁売店には、『小淵沢の名物は駅弁です』とも記されています。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.