鉄道ホビダス

根岸線の最近の記事

港南台駅

kounandai_hongo_yukio.jpg
当駅の島式2線のホームは切り通しの底にあり、半地下構造になっている。周辺には団地が多い。

洋光台駅

youkoudai_hongo_yukio.jpg
1970年3月17日に磯子から当駅まで開通し、その後1973年4月9日に大船までの全線開通しました。
 この駅の周辺は分譲の戸建住宅地と賃貸の団地群が多く、平日の朝は会社、工場、学校に通うため、沢山の人々が混雑する駅に吸い込まれていきます。

磯子駅

isogo_hongo_yukio.jpg
横浜プリンスホテルは、駅前の高台の上にありました。現在は解体されてしまい、その姿はありません。
 海側には、東京電力の南横浜火力等の工場地帯が続きます。

根岸駅

negishi_hongo_yukio.jpg
この駅の海側に日本最大規模の新日本石油の製油所が見えます。専用のタンク貨車が石油会社の専用線に沢山用意されています。
 駅から少し歩くと横浜市電の保存館があります。

新杉田駅

shinsugita_hongo_yukio.jpg
この駅から金沢シーサイドラインに乗り換えて、シーパラダイスや、横浜市唯一の人口の砂浜に行くことができます。そのため、横浜―磯子間だったJRの横浜フリーきっぷのフリー区間が横浜―新杉田間となりました。

山手駅

yamate_hongo_yukio.jpg
相対式ホームの横浜寄りに改札口があります。駅前から横浜市営のミニバスが出ており、山下公園と横浜の本郷三丁目方面に行くことができます。また、徒歩で根岸森林公園に行くこともでき、その敷地内には馬の博物館があります。

石川町駅

ishikawacho_hongo_yukio.jpg
相対式ホームの壁全面に中華街方面と元町方面出口の案内が鮮やかなブルー色で楽しく描かれていてわかりやすい。駅の南はイタリア山のトンネルが有り、その上に洋館(外交官の家)等が建つ。ちなみに当時、番地は建て上がった順に決まったため、あちこちとちらばりました。当時の配達の方、ご苦労さまでした。

本郷台駅

hongodai_hongo_sachio.jpg
横浜市最南端のJR東日本の駅。以前まで横浜市営バスが発着していました。

大船駅

ofuna_usami_yasutaka.jpg
JR大船駅は神奈川県鎌倉市大船一丁目と横浜市栄区笠間一丁目にまたがる島式ホーム5面10線の地上駅(橋上駅舎)で、1888年(明治22年)11月開業。駅ビルはルミネウィング、周辺には鎌倉市大船行政センター、鎌倉観音、鎌倉女子大(松竹大船撮影所跡地) 、スーパー、ホテルなどがある。また湘南モノレール 江の島線の乗換駅。東口はモノレール駅を含めて再開発が行われたが、西口はロータリーも無く朝夕は送迎自家用車、バス、タクシーの渋滞が発生している。現在は西口の柏尾川向こうにバス折返し所があり早期のバリアフリー、駅前交通一体の整備が待たれる。あわせて藤沢寄り(旧湘南貨物駅付近)に新駅構想もある。

桜木町駅

sakuragicho_morita_yutaka.jpg
みなとみらい21の最寄り駅でランドマークタワーや日本丸メモリアルパークなどが近くにあります。反対側は野毛の飲食店街でたくさんのお店が並んでいます。野毛動物園、伊勢山皇大神宮、神奈川県立図書館、青少年センターも最寄り駅です。
1872年9月12日に新橋と横浜とを結ぶ鉄道が開通して日本の鉄道の歴史の幕を開けました。この当時の横浜駅が現在の桜木町駅です。(新暦では10月14日)この日が後に鉄道の日となりました。
2004年2月1日まで東急東横線桜木町駅がありましたが、東急東横線と相互乗り入れの「みなとみらい線」が開業し新路線になり、東急東横線の横浜駅-高島町駅-桜木町駅は2004年1月30日の終電をもって廃線となり東急の桜木町駅も廃駅となりました。

関内駅

kannai_morita_yutaka.jpg
横浜市役所、神奈川県庁、横浜スタジアム、中華街などの最寄り駅です。

横浜駅

yokohama_morita_yutaka.jpg
JR東日本の東海道線、横須賀線、湘南新宿ライン、京浜東北線、根岸線(横浜線)京浜急行電鉄本線、東京急行電鉄東横線、相模鉄道本線、横浜高速鉄道みなとみらい線、横浜市営地下鉄と多くの線の複合駅。京急とJRは並んだ通し番号ホームになっており、東横線-みなとみらい線と横浜市営地下鉄は地下駅、相鉄線は南西側駅ビル2階に駅施設があります。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.