鉄道ホビダス

内房線の最近の記事

千歳駅

chitose_inaba_toyokazu.jpg
1927(昭和2)年5月20日開業。1面1線の地上駅。駅周辺に主だった観光名所はないが、東側の国道に沿って民家が密集している。

南三原駅

minamihara_inaba_toyokazu.jpg
1921年(大正10)6月1日開業。2面2線の地上駅。千葉県立安房拓心高校の最寄駅のため、隣接の駅より利用者が多い。駅名は「みなみはら」と読む。

和田浦駅

wadaura_inaba_toyokazu.jpg
1922(大正11)年12月20日開業。2面2線の地上駅。和田浦海水浴場の最寄駅。

太海駅

futomi_inaba_toyokazu.jpg
1924(大正13)年7月25日開業。2面2線の地上駅。仁右衛門島、鴨川松島の最寄駅。駅名は「ふとみ」と読む。

江見駅

emi_usami_yasutaka.jpg
鴨川市西江見にある相対式2面2線の地上駅。簡易委託駅で、POS端末が設置され、簡易Suica改札機がある。
駅前にはリゾートマンションが建つ。

浜野駅

hamano_nakatsukasa_sakura.jpg
千葉県千葉市中央区村田町に所在。明治45年3月28日開業。「蘇我」で内房線が分岐して最初の駅。ホームは地平だが、橋上駅舎となっている。東側駅前広場も整備済である。

八幡宿駅

yawatajuku_takahashi_masahiro.jpg
千葉県市原市所在。橋上駅舎で島式ホーム1面2線。近くに飯香岡八幡宮があります。
 駅前には小湊バスが発着しており、「千葉こどもの国」へアクセス可能。「ボートピア市原」へは専用の送迎バスがあります。

君津駅

kimitsu_usami_yasutaka.jpg
千葉県君津市にある、島式片側1面1線、島式1面2線のあわせて2面3線の地上駅。東京方面から直通で乗り入れてくる快速の終点で、当駅から館山方面は単線になる。
 画像は南口で、路線バス、高速バスが各方面に発着する。マザー牧場の送迎バスも予約により乗車できる。

姉ケ崎駅

anegasaki_usami_yasutaka.jpg
千葉県市原市姉崎にある島式2面4線を持つ地上駅。快速が停車し、上り始発もある。
 駅前から路線バスが各方面に発着し周辺は宅地開発が進んでいる。

青堀駅

aohori_usami_yasutaka.jpg
千葉県富津市にある、島式1面2線の地上駅。北口駅前にきれいな水洗トイレが新設された。
 新日鐵の技術開発本部(総合技術センター)、東京電力富津火力発電所の最寄り駅で、日東交通が特定輸送(通勤バス)を行なっている。富津海岸への潮干狩りは当駅から富津公園行路線バスで15分。シーズンは3月中旬から8月下旬。

木更津駅

kisarazu_usami_yasutaka.jpg
島式2面4線の地上駅、みどりの窓口が置かれ、コンビニ、飲食店と各ホームに待合室がある。
 発車メロディは『証城寺の狸囃子』で、「木更津キャッツアイ」の舞台としても有名。

巌根駅

iwane_usami_yasutaka.jpg
木更津市岩根にある相対2面2線の地上駅。潮干狩りができる海岸に近い駅。
 2008年10月に発車ベルが発車メロディに変更された。

袖ケ浦駅

sodegaura_usami_yasutaka.jpg
千葉県袖ケ浦市にある島式1面2線の地上駅、すべての快速が停車する。
 駅周辺は宅地、農地が広がり袖ヶ浦市役所への最寄り。駅舎、駅周辺は隣の長浦駅(同市)が整備されている。

安房鴨川駅

awakamogawa_hiraoka_mamkoto.jpg
内房線・外房線の終着駅です。駅舎は東側のみで、写真右の青いのが東西を結ぶ跨線橋です。駅前には観光案内所があり、旅館やホテルの送迎バスがいます。鴨川シーワールドへは西口からバスで。

蘇我駅

soga_hiraoka_makoto.jpg
内房線・外房線・京葉線・京葉臨海鉄道(貨物専用)の乗り入れる千葉以遠最大の駅です。2004年駅ナカも開店、乗換客中心から面目躍如です。JリーグJEF千葉の本拠福田電子アリーナへは徒歩8分。

九重駅

kokonoe_usami_yasutaka.jpg
千葉県館山市・内房線の駅。 普通列車のみ停車。古い木造駅舎が取り壊され、2007年に新しく待合所が設置された。この新設の無人駅舎タイプは他に同じ内房線で竹岡駅、千歳駅と外房線の三門駅、東浪見駅等があり、今後駅舎が老朽化しなお且つ無人化される場合の千葉支社管内における標準となるのでしょうか。設備はトイレ、ベンチ、乗車証明書発行機と着札乗車券箱がある。

大貫駅

oonuki_hiraoka_makoto.jpg
県内でよく見かける木造平屋の駅舎です。平成20年2月現在トイレの水洗化工事を行っています。富津市役所の最寄駅で天羽日東バスが駅舎と反対の東口から出ています。

竹岡駅

takeoka_hiraoka_makoto.jpg
海を見おろす坂の上にあります。平成19年2月木造平屋から新駅舎に。最近の房総の無人駅に多い和風縦格子の外観です。醤油味の竹岡ラーメンで有名な「梅乃家」は国道127号を東京方面に徒歩30分です。

長浦駅

nagaura_hiraoka_makoto.jpg
南口にはダイエーや長浦駅前・蔵波台の分譲地が広がります。対照的に北口は京葉工業地帯になります。橋上駅舎からは歩道橋が南北駅前広場や駐輪場に伸びています。

上総湊駅

kazusaminato_hiraoka_makoto.jpg
かつては富津市役所や法務局が駅の山側にありあました。今は市役所は大貫駅の方へ、法務局は木更津に移転してしまい少し寂しくなりました。駅の西500mに上総湊海水浴場があります。

安房勝山駅

awakatsuyama_suzuki_tatsuya.jpg
内房線沿線の典型的な小さな港町。港の奥の浮島は絶好の釣りポイント。見返り美人図で有名な浮世絵師・菱川師宣の出身地。菱川師宣記念館に足を伸ばすことをお奨めする。

岩井駅

iwai_suzuki_tatsuya.jpg
両隣の安房勝山や富浦と同様、海水浴のメッカとして知られている。企業や大学の海の家がたくさん存在する。また、民宿も多く、小額の追加料金で、新鮮な魚介の船盛が楽しめる。

那古船形駅

nakofunakata_suzuki_tasuya.jpg
駅名の読みは、「なこふなかた」だが、地名は「なご」と濁る。近くに里見八犬伝で有名になった崖の観音がある。あまり知られていないが団扇の産地でもある。無人駅。

富浦駅

tomiura_suzuki_tasuya.jpg
富浦駅は北海道の室蘭本線にも同名の無人駅が存在する。千葉県の富浦はびわの産地として有名。また「みちの駅とみうら」では数種類の苺の食べ比べができる。

館山駅

tateyama_suzuki_tatsuya.jpg
旧駅舎は立派な白い木造建物だったが、現在は、南国をイメージした新駅舎に変更になっている。市内にある県立安房高等学校が第80回春の選抜で甲子園に初登場する。

保田駅

hota_suzuki_tasuya.jpg
特急〈さざなみ〉の停車駅。鋸山バックの撮影ポイントへの最寄駅。保田港に新鮮な魚介が食べられる町営のお食事処「ばんや」がある。いか天丼がボリュームがあり、リーズナブルでお奨め。

千倉駅

chikura_hiraoka_makoto.jpg
2007年8月より新駅舎になりました。反った外観は「さわやかな風」・「大きな波」・「大きな空に向かってのびてゆく」という千倉のイメージだそうです。

浜金谷駅

hamakanaya_kosaka_hiroyuki.jpg
10分弱ほど歩くと東京湾フェリーの金谷港があり、三浦半島久里浜へ抜ける事が出来ます。駅前には丸型の郵便ポストがあり、懐かしい感じがする駅です。

佐貫町駅

sanukimachi_kosaka_hiroyuki.jpg
島式ホーム1面2線の典型的な千葉局タイプの駅です。マザー牧場の最寄り駅で、駅前から路線バスが出ています。

五井駅

goi_suzuki_tatsuya.jpg
五井駅は、養老渓谷へアクセスしている小湊鐵道の起点駅にもなっている。都心から近くにもかかわらず、駅構内の機関区はレイルファンには圧巻だ。両線とも島式ホームが1本ずつ。内房線のホームは、横須賀線直通の15輌編成対応のため異常に長い。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.