鉄道ホビダス

水郡線(水戸-下野宮、上菅谷-常陸太田)の最近の記事

上小川駅

kamiogawa_nao_yuu.jpg
駅舎は公民館を兼ねたログハウス風の大きな建物です。列車交換ができる駅です。

常陸鴻巣駅

hitachikounosu_nao_yuu.jpg
ホーム1面1線の無人駅ですが、駅舎と線路の間には、とてもよく手入れされた花壇があり、花がいっぱいです。

瓜連駅

urizura_nao_yuu.jpg
最近まで木造だった駅に代わって、駅の両側を結ぶ歩道橋を兼ねた橋上駅になり、ロータリーも美しく整備されました。列車交換可能です。

常陸津田駅

hitachitsuda_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県ひたちなか市津田西山に所在。昭和10年9月1日開業。附近に「西山団地」があるものの、駅周辺はひっそりとした1面1線の無人駅である。 ※駅端の公道踏切より、安全確認のうえ撮影

常陸青柳駅

hitachiaoyagi_nakatsukasa_sakura.jpg
茨城県ひたちなか市枝川に所在。明治30年11月16日開業。「水戸」で常磐線から分岐後最初の駅。島式1面2線で、駅入口に駅名を標したアーチがあるのみで、駅舎はない。 ※安全確認のうえホーム上で撮影

玉川村駅

tamagawamura_haga_hiroaki.jpg
駅ホームには手入れの行き届いた花々が数多く植えられております。

常陸大宮駅

hitachiomiya_toda_eiichi.jpg
常陸大宮駅は5町村合併の大きな市(常陸大宮市)の中心で、通勤、高校生の通学(水戸方面)に多く使われています。常陸大宮市は他に3つの駅があります。

上菅谷駅

kamisugaya_yamada_yutaka.jpg
水郡線の安積永盛駅へ向かう本線と常陸太田駅へ向かう常陸太田支線との分岐駅です。みどりの窓口を持っていますが、駅前には向かいに小さなたばこ屋が一軒あるだけで商店街などはありません。

下菅谷駅

shimosugaya_kamotsuzaki_ryota.jpg
下菅谷駅は木造の趣のある駅舎でした。

後台駅

godai_komatsuzaki_ryota.jpg
駅周辺には学校が多くあり、平日は朝・夕通学利用が多いです。

下野宮駅

shimonomiya_kitagawa_yasuo.jpg
1930年(昭和5年)4月16日開業。現在は単式ホーム1面1線の無人駅となっている。なお駅前には大子下野宮郵便局があるが、風景印は常備していなかった。

西金駅

saigane_kitagawa_yasuo.jpg
1926年(大正15年)3月21日開業。砂利積み出し駅として長らく駅員を配置してきたが、2007年に無人化。
駅舎には公民館が併設されている。

袋田駅

fukuroda_seta_syuichi.jpg
名瀑「袋田の滝」の最寄り駅。観光客を意識してか、駅舎はログハウス風となっています。なお滝までは徒歩で片道40~50分かかりますので、体力に自信のない方はバスを利用されるのが賢明です。

常陸大子駅

hitachidaigo_takaku_keita.jpg
駅本屋に面する相対式と跨線橋で結ばれた島式の2面3線のホームを有する駅です。水郡線で使用されるキハE130系などが所属する水郡線営業所も隣接。多くの留置線や転車台などがある広い構内となっています。

常陸太田駅

hitachioota_kosaka_hiroyuki.jpg
水郡線太田支線の終点。ホーム1面1線の駅である。かつては国道を挟み、日立電鉄常北大田駅と向かいあっていたが、同電鉄は2005年に廃止となった。

水戸駅

mito_arakida_kazuo.jpg
茨城最大のターミナル駅です。JR常磐線、JR水郡線、鹿島臨海鉄道線の他、一部の水戸線の列車も乗り入れます。駅周辺にはデパートや百貨店があります。写真は北口です。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.