鉄道ホビダス

2010年7月アーカイブ

羽衣駅

hagoromo_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府高石市羽衣に所在。明治45年3月1日開業。南海本線と高師浜線の分岐駅。2面3線の地平駅で、橋上駅舎となっている。当駅北東部にJR阪和支線(通称「羽衣線」)の「東羽衣駅」がある。

神宮丸太町駅

jingumarutamachi_nakatsukasa_sakura.jpg
京都府京都市左京区丸太町橋東詰に所在。平成元年10月5日「丸太町駅」として開業。平成20年10月19日、現駅名に改称。島式1面2線の地下駅で、快速急行以上の優等列車は通過する。

袋倉駅

fukurogura_nakazato_akira.jpg
トンネルに挟まれた山間の小駅です。
駅前に数軒の民家があるだけで商店などはありません。

明峰駅

meiho_yamaguchi_atsushi.jpg
平成元年に開業した比較的新しい駅。待合室があるだけの簡素な無人駅であるが、下りホームには自動券売機もある。

黒部駅

kurobe_sano_toru.jpg
富山県黒部市に所在。駅の売店で、ますの寿しが販売されている。駅近くに黒部市民病院や溶融亜鉛メッキ加工メーカーがある。

大麻駅

oasa_mizuno_akihiko002.jpg
外装がまるっきり変わってしまった南口です。北口が変わったのかどうなっているかは不明です。

那加駅

naka_bando_atsuya.jpg
すぐそばには、名古屋鉄道の新那加駅。本数も乗降客も見ていると名古屋鉄道が圧勝中。
少し歩くと大型ショッピングセンターへ行くバス乗り場もあります。

入谷駅

iriya_nakatsukasa_sakura.jpg
東京都台東区入谷に所在。昭和36年3月28日開業。日比谷線最初の開業区間(南千住~仲御徒町)にある相対式2面2線の駅。この区間、三ノ輪までは国道4号線の地下を走っている。

片瀬白田駅

kataseshirata_koizumi_hitoshi.jpg
伊豆急行の片瀬白田駅。手前の伊豆熱川駅からの海沿いを歩く遊歩道がある。ハイキングにオススメ。所要時間は40分ぐらい。

伊豆北川駅

izukitagawa_koizumi_hitoshi.jpg
伊豆急行の伊豆北川駅。有名な露天風呂、黒根岩風呂が近くにあります。ただし、駅までの長い上り坂があります。

伊豆大川駅

izuokawa_koizumi_hitoshi.jpg
伊豆急行の伊豆大川駅。駅前に屋根付きの足湯、足湯処(そっとこ)があります。ハイキングの疲れを癒してくれそうです。

新津田沼駅

shintsudanuma_inaba_toyokazu.jpg
1947(昭和22)年12月27日開業。2面2線の地上駅(橋上駅舎)。JR津田沼駅北口に隣接し、2つの大型商業施設に挟まれている。

京成西船駅

keiseinishifuna_inaba_toyokazu.jpg
1916(大正5)年12月30日に葛飾駅として開業。2面2線の地上駅。1987(昭和62)年4月1日に現在の駅名に改称した。駅は線路脇の細い路地を約50m入った奥にある。

海神駅

kaijin_inaba_toyokazu.jpg
1919(大正8)年10月25日開業。2面2線の地上駅。踏切を挟んだ構造で、下り線ホーム側に駅舎があり、上り線ホームへは跨線橋を渡る。

京成船橋駅

keiseifunabashi_inaba_toyokzu.jpg
1916(大正5)年12月30日開業。2面2線の高架駅。JR船橋駅へは徒歩2~3分で行ける距離にある。

船橋競馬場駅

funabashikeibajo_inaba_toyokazu.jpg
1927(昭和2)年8月21日、花輪駅として開業。2面4線の地上駅。何度かの駅名変更を経て、1987(昭和62)年4月1日に現在の駅名となった。船橋競馬場やららぽーとへの最寄駅。

日南駅

nichinan_seki_yoshinaga.jpg
日南市の中心駅です。

飫肥駅

obi_seki_yoshinaga.jpg
日南線の観光地の一つです。飫肥城は、この駅から1km離れています。

山麓駅

naeba_tashiro_sanroku_usami_yasutaka.jpg
苗場-田代ゴンドラ(ドラゴンドラ)の山麓駅。新潟県南魚沼郡湯沢町にある苗場スキー場とかぐらスキー場の田代エリアを結ぶ世界最長のゴンドラで、距離は5,481m。駅間を約15分で運行する。
 2001年12月に開業した当時の事業者は株式会社コクドで、その後、プリンスホテルに吸収合併された。

山頂駅

naeba_tashiro_sancho_usami_yasutaka.jpg
苗場-田代ゴンドラ(ドラゴンドラ)の山頂駅。新潟県南魚沼郡湯沢町にある苗場スキー場とかぐらスキー場の田代エリアを結ぶ。"ドラゴンドラ"のネーミングは松任谷由実によって名付けられた。
ワイヤーロープの結合部1ヶ所と定められていた索道関係規則が改正されたことにより、当ゴンドラが建設された。

宝塚駅

jr_takarazuka_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県宝塚市栄町に所在。明治30年12月27日開業。橋上駅舎化が完了し、平成22年2月20日より供用開始。2面3線のホーム構成に変化はないが、バリアフリー化とともに駅北側と阪急との連絡の利便性が向上した。

鶴瀬駅

tsuruse_anno_daiki.jpg
 この写真は東口の写真です。最近は立ち食いそば屋もなくなりました。東口再開発のことが言われているが、東口付近の工事は遅れている模様。

北長岡駅

kitanagaoka_kobayashi_yoshiaki.jpg
長岡市北部に位置する駅、無人駅である。駅周辺は工場地帯になっており、駅前には2軒のラーメン店、割烹、旅館が1軒づつあるのみ。駅舎からホームまでは跨線橋を利用する。朝、夕は、近辺の工場に勤める人や、近くの私立高校の生徒で賑わう。

先端医療センター前駅

sentaniryocentermae_kanatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市中央区港島南町1に所在。平成18年2月2日、同線の「神戸空港」延伸時に開業。昭和56年開業の島内周回区間から南へ分岐して最初の駅。ポートアイランド第2期埋立地区に立地する。

南公園駅

minamikoen_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市中央区港島中町8に所在。昭和56年2月5日開業。もともと「神戸ポートピアランド」の玄関口として賑わったが、同施設は平成18年3月に閉園し、跡地は当駅名の通り「南公園」となっている。

羽前金沢駅

uzenkanezawa_yamanaka_eiichi.jpg
短い線区に他県の県庁所在地名の付く駅名が3つあります(ただし当駅の読みは「うぜんかねざわ」)。集落からは少し離れており、周囲は水田です。

東金井駅

higashikanai_yamanaka_eiichi.jpg
北側が住宅地で、駅へのアクセスも北側からです(南側は農地)。駐車場はありません。なお、付近には行き止まりの路地や狭い道が多いので注意。

大神宮下駅

daijingushita_usami_yasutaka.jpg
千葉県船橋市宮本にある、相対式2面2線の京成電鉄本線の高架駅。付近一帯は、2006年(平成18年)11月に高架化が完成された。
歩いて5分ほどで、由緒ある意富比神社(船橋大神宮)がある。

羽前長崎駅

uzennagasaki_yamanaka_eiichi.jpg
簡易委託駅で、乗車券の販売は跨線橋を挟んだ西口(写真奥)で行なわれています。駅東口(手前)は旧駅舎老朽化のため09年12月に改築されました。待合室とトイレがあります。

上郡駅

kamigori_matsuoka_nobuhiko.jpg
山陽本線では兵庫県西端の駅。智頭急行線が分岐し、同線に乗り入れる優等列車はJRホームから発着。この駅を発った列車は岡山県との県境である船坂峠を目指す。岡山県東端の駅三石までは約10分の峠越の長旅になる。

仁保駅

niho_kouno_yoshitomo.jpg
島式ホーム1面2線の無人駅。駅舎はなく跨線橋からホームに降りる形になっている。写真は左が新山口行きの普通列車(キハ47)、右は特急〈スーパーおき〉が通過するところです。

城崎温泉駅

kinosakionsen_yamaguchi_atsushi.jpg
全国的にも有名な城崎温泉の中心街にある駅。駅前には足湯もあり、全ての特急が停車する。特に冬場は温泉とカニを求めて、関西はもとより全国各地から観光客が訪れる。

保見駅

homi_kawai_takuya.jpg
駅南側に無料で利用できる駐車場がある。北側には車掌車が保存されており、デッキには立てるが中には入れない。北の方へ少し歩くとコンビニがある。

八草駅

yakusa_kawai_takuya.jpg
愛知環状鉄道とリニモ(愛知高速交通東部丘陵線)の乗換駅で、リニモの駅とつながっている。駅の東側へは橋上駅舎のコンコースのほか、線路の下をくぐる通路もある。駅周辺にコンビニなどはない。

竜野駅

tatsuno_yanagisawa_akira.jpg
駅前にロータリーがあり、ジェニオ広場とされている。

戸出駅

toide_ohta_kazuo.jpg
駅舎は明治30年、開業当時のもの。
周辺で毎年7月3~7日に行なわれる"といで七夕まつり"は日本一とも云われています。

竜田駅

tatsuta_konishi_kazuyuki.jpg
この駅は日本鉄道時代ではなく、国有化後に信号場として設置され、後に駅に昇格したもの。ホームから広い田んぼ越しに太平洋が遠望できる。

湯本駅

yumoto_konshi_kazuyuki.jpg
常磐炭鉱が盛んな頃は何本もの専用線が分岐していたが、今は湯本温泉の玄関口として大きな駅舎をもち、特急も停車する。下りホームには足湯が設置されている。

木戸駅

kido_konishi_kazuyuki.jpg
Jヴィレッジへの最寄り駅(1.5km)であるが、普段の日中は乗降客もまばら、駅前にはわずかな店があるが閑散としている。簡易委託による有人駅。

内郷駅

uchigo_konishi_kazuyuki.jpg
かつてはいわき貨物駅が隣接し、内郷機関区が置かれて車輌の出入りが激しかった駅だが、今は静かな駅になった。駅舎は昔と変わらないままである。

いわき駅

iwaki_konishi_kazuyuki.jpg
水戸~仙台のほぼ中間にある拠点駅で、磐越東線の起点でもある。常磐線は当駅から北では列車本数が大きく減る。2009年に新しい駅ビルが完成、駅も斬新なものになった。

千曳駅

chibiki_watanabe_takeshi.jpg
2面2線の無人駅。駅舎は無いがホームに待合室がある。人家は見えないが駅前の道路は意外に交通量が多い。旧線を利用した南部縦貫鉄道の路盤を、近くに見ることが出来る。

大鰐温泉駅

owanionsen_watanabe_takeshi.jpg
2面3線の簡易委託駅。キオスク有り。駅から徒歩10分以内に共同浴場が幾つもあるのが嬉しい。

陣場駅

jimba_watanbe_takeshi.jpg
2面3線の無人駅。駅舎は複線化の際に建てられたものだが、内部は最近手が入れられた模様。周囲に人家はあるが、買えるのは自販機の飲み物のみ。有名お立ち台までは徒歩30分程度。

鶴ヶ坂駅

tsurugasaka_watanabe_takeshi.jpg
2面2線の無人駅。貨車改造の個性的な駅舎だったが、2007年に新築された。駅から歩いて数分のところに日帰り温泉がある。

新里駅

nisato_watanabe_takeshi.jpg
1面2線の無人駅。非常に古い木造駅舎が残る。駅舎と線路が離れているのは、貨物を積み出していた頃の名残。

大鰐駅

owani_watanabe_takeshi.jpg
1面2線の有人駅。北口と南口があるが、南口は2009年4月に無人化された。写真は南口側。

石川駅

ishikawa_watanabe_takeshi.jpg
1面2線の無人駅。旧石川町の中心に近い。トイレが無いので列車撮影の際は注意の事。

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2014 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.