鉄道ホビダス

2009年8月アーカイブ

芽室駅

memuro_mizuno_akihiko.jpg
2000年に立て替えられた、からくり時計つきの駅舎。壁面の“msg”は「めむろステーションギャラリー」の略。

大成駅

taisei_mizuno_akihiko.jpg
ほぼ、芽室高校通学生のための駅のようで、撮影時も高校生が列車を待っていた。

帯広駅

obihiro_mizuno_akihiko.jpg
1996年11月より高架駅となる。十勝地方の中心都市の駅ゆえ大きな駅舎である。地下の駐車場も利用しやすい。駅前広場には鹿(ブロンズ製)が佇んでいた。

稲士別駅

inashibetsu_mizuno_akihiko.jpg
ホーム下の小屋が一応待合室のようですが、時刻表や運賃表はホーム上に立てられていました。

道成寺駅

dojoji_higuchi_masami.jpg
駅から徒歩約10分の所に「安珍清姫伝説」で有名な道成寺があります。昔は駅から参道でにぎわっていたような雰囲気がありました。

伊予大洲駅

iyoozu_irie_toshimitsu.jpg
駅舎側の単式ホームと向かいに島式ホームがあり、3線の駅です。予讃線の長浜方面と内子線方面の分岐駅です。

波野駅

namino_irie_toshimitsu.jpg
JR九州で一番標高の高い駅です。阿蘇山のカルデラの外側にあります。相対式ホーム2面2線で、列車交換可能な無人駅です。

滝水駅

takimizu_irie_toshimitsu.jpg
熊本県阿蘇市にあり、開業時の木造駅本屋が残っています。かつては交換設備のあった駅でした。現在は単式ホーム1面1線となっています。

谷山駅

taniyama_irie_toshimitsu.jpg
ホームは2面2線で、列車交換可能な駅です。鹿児島市中心部への通勤通学客が多いです。鹿児島市電の同一駅名である谷山電停とは離れています。

津久見駅

tsukumi_irie_toshimitsu.jpg
特急列車を含め全列車が停車します。島式ホーム1面2線で、貨物列車の待避線もあります。津久見市を代表する駅ですが、駅前はひっそりとしています。

西大分駅

nishioita_irie_toshimitsu.jpg
駅舎は木造で島式ホーム1面2線です。貨物扱いのある駅のため構内が広いです。特急列車は通過します。

沼袋駅

numabukuro_yajima_mikio.jpg
対向ホーム2面の通過線を持つ中規模な駅。駅前の道は一方通行だが、バスも通り、中野行き逆方向は新井薬師側の中野通りを経由する。

本庄早稲田駅

honjowaseda_usami_yasutaka.jpg
埼玉県本庄市にある、JR東日本上越新幹線の相対式2面2線の新幹線単独高架駅である。「本庄早稲田」の駅名は、公募により決定された。
 当駅は、パークアンドライドを想定して計画・建設され、駅開業と同時に1,000台級の無料大駐車場の利用も開始され、現在は駅前の広場、道路整備が行われている。
 駅名由来の早稲田大学本庄キャンパスの最寄駅。長く伸びたエントランス風の屋根は太陽光発電パネルが設置され、自由通路の照明の電源に使用する。

本庄駅

honjo_usami_yasutaka.jpg
埼玉県本庄市銀座三丁目にある、高崎線の2面3線の地上駅で、橋上駅舎駅。
 本庄市役所、本庄警察署の最寄り駅。

剛志駅

goshi_usami_yasutaka.jpg
群馬県伊勢崎市境保泉にある島式1面2線の東武鉄道伊勢崎線の地上駅。2008年に新駅舎が建設された(旧駅舎は取り壊されている)。
 保泉ニュータウン 、境伊与久郵便局、群馬県立伊勢崎高等学校(元伊勢崎東高校)最寄り駅。 この駅で列車交換も行なわれる。

新伊勢崎駅

shinisezaki_usami_yasutaka.jpg
群馬県伊勢崎市中央町にある相対式2面2線の東武鉄道伊勢崎線の地上駅。駅前を発着する路線バス等は運行されていない。伊勢崎市役所、伊勢崎郵便局、伊勢崎工業高校の最寄駅。

宗太郎駅

soutaro_irie_toshimitsu.jpg
大分県に所在する山間の無人駅です。ホームは2面2線で、跨線橋も備わっています。特急列車の交換シーンがありますが、一日3往復の普通列車しか乗降できないので、列車での撮影は困難です。

JR難波駅

jr_namba_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市浪速区湊町に所在。明治22年5月14日開業。かつて、関西本線の大阪口拠点として、広大なヤードを有した地平駅「湊町」が地下化され、駅名も改称された。周辺に「湊町」時代の面影は殆どない。

西府駅

nishifu_hongo_yuio.jpg
JR東日本南武線の西府駅は、東京都府中市本宿一丁目に所在する相対式ホーム2面2線の駅で、南武線では最も新しい駅です。開業は2009年(平成21年)3月14日です。川崎からの営業キロはちょうど30.0kmです。

間々田駅

mamada_hongo_yukio.jpg
明治27年4月1日に日本鉄道の駅として開業した。JR東日本東北本線の間々田駅です。現在のホームは、片面・島式ホームで2線。1番線は下り線、3線が上り線で、2番線(2、3番線で島式ホーム)は線路が取り外されています。

野木駅

nogi_hongo_yukio.jpg
JR東日本東北本線の野木駅は、栃木県下都賀群野木町丸林に所在します。島式ホーム1面2線の駅で、普通(各駅停車)しか停車しません。

栗橋駅

kurihashi_hongo_yukio.jpg
埼玉県北葛飾群栗橋町にある栗橋駅。JR東日本東北本線は片面・島式ホーム2面3線で、明治18年7月に開業です。東武鉄道日光線は島式ホーム1面2線で、昭和4年4月の開業です。
 平成18年3月からは、JR線新宿から東武線東武日光・鬼怒川温泉まで直通運転のため、デッドセクション付きの連絡線が設けられています。直通列車はそこで運転停車を行ない乗務員交代をします。

西天下茶屋駅

nishitengachaya_kubota_masaaki.jpg
南海高野線(通称:汐見橋支線)の駅。隣は、高野線・和歌山線の岸里玉出駅。2輌編成のピストン輸送には不釣合いな長いホームがあり、往時を忍ばせています。
 無人駅ですが、下手な田舎の駅よりも立派です。周辺は大阪の「下町」です。

新白岡駅

shinshiraoka_hongo_yukio.jpg
JR東日本東北本線の新白岡駅は、埼玉県南埼玉群白岡町野牛に所在。昭和62年2月に開業。東京駅から営業キロ45.9kmの地点で相対式ホーム2面2線構造です。

白岡駅

siraoka_hongo_yukio.jpg
埼玉県南埼玉郡白岡町小白岡にJR東日本東北本線の白岡駅があります。片面・島式ホーム2面3線。明治41年5月に信号場として開設。明治43年2月に駅に格上げ、開業しました。

蓮田駅

hasuda_hongo_yukio.jpg
JR東日本東北本線の蓮田駅は埼玉県蓮田市本町に所在する片面・島式ホーム2面3線の駅で、明治18年7月16日の開業です。通勤快速は通過しますが、それ以外の快速、普通が停車します。

鎌瀬駅

kamase_takeuchi_masayuki.jpg
山の斜面にへばりつく感じの1面1線の駅。踏切を越えると有名な球磨川第一橋梁がある。

南古谷駅

minamifuruya_hongo_yukio.jpg
埼玉県川越市大字並木にJR東日本川越線南古谷駅があります。2面3線構造で開業は昭和15年7月22日です。大宮方には川越車両センターがあります。

行田駅

gyoda_hongo_yukio.jpg
JR東日本高崎線の行田駅は昭和41年7月に開業しました。島式ホーム1面2線で、高崎線各駅停車と湘南新宿ラインの快速が停車します。

吹上駅

fukiage_hongo_yukio.jpg
埼玉県鴻巣市吹上本町一丁目に、高崎線吹上駅があります。2面3線で、高崎線各駅停車と湘南新宿ラインの快速が停車します。

新座駅

niiza_hongo_yukio.jpg
埼玉県新座市野火止にJR東日本武蔵野線の新座駅があります。相対式ホーム2面2線で中線1線があり、中線は新座貨物ターミナルに入る線として使用されています。

東所沢駅

higashitokorozawa_hongo_yukio.jpg
JR東日本武蔵野線の東所沢駅は半地下構造で、島式ホーム2面4線です。新座方に車輌基地があるため、朝夕は当駅始発・終着の列車が多い。

新小平駅

shinkodaira_hongo_yukio.jpg
JR東日本武蔵野線の新小平駅は半地下構造の相対式ホーム2面2線で、小平トンネルと東村山トンネルの間に挟まれた感じのホームです。駅東方向約600m位の場所に西武鉄道多摩湖線青梅街道駅があります。

武蔵増戸駅

musashimasuko_hongo_yukio.jpg
JR東日本五日市線武蔵増戸駅。2面3線ですが、1線は柵が設置してあるため、留置線として使用しているようです。

武蔵引田駅

musashihikida_hongo_yukio.jpg
JR東日本五日市線の武蔵引田駅は、東京都あきる野市引田にあります。単式ホーム1線で、E233系の6輌、4輌編成が活躍中。

秋川駅

akigawa_hongo_yukio.jpg
大正14年4月開業のJR東日本五日市線秋川駅は相対式ホーム2面2線です。駅から東京サマーランドへは、西東京バスで5分の所にあります。

金子駅

kaneko_hongo_yukio.jpg
入間市大字南峯429番地にJR東日本八高線の金子駅がある。相対式ホーム2面2線で、同駅は入間市内で唯一のJR駅。

東福生駅

higashifussa_hongo_yukio.jpg
JR東日本八高線の東福生駅は在日米軍横田基地のメインゲートに近い。駅の入口は自由通路の歩道橋上にある。

小宮駅

komiya_hongo_yukio.jpg
東京都八王子市小宮町にJR東日本八高線の小宮駅がある。相対式ホーム2面2線で、駅周辺は閑静な住宅地です。

北秩父別駅

kitachippubetsu_mizuno_akihiko.jpg
木製のホームと駅舎からなる。裏手の築堤は深川留萌自動車道。

木次駅

kisuki_mao_yuu.jpg
線内最大の駅で、構内にはJR西日本の木次鉄道部車両基地があり、駅前には商業施設などもあります。

北八王子駅

kitahachiouji_hongo_yukio.jpg
八高線の北八王子駅は相対式ホーム2面2線で、4輌編成の205系、209系等が川越線川越まで直通運転をしている。

片倉駅

katakura_hongo_yukio.jpg
JR東日本横浜線の片倉駅は、八王子から一つ目の駅で、高架相対式ホーム2面2線です。乗車人員は横浜線で最も少ないそうです。

八王子みなみ野駅

hachioujiminamino_hongo_yukio.jpg
平成9年4月1日開業の横浜線八王子みなみ野駅(島式ホーム1面2線)は、横浜線内で最も新しい駅です。駅周辺には新しく大型スーパー、ホームセンターも開店。マンション等の新興住宅が年々増加しています。

相原駅

aihara_hongo_yukio.jpg
JR東日本横浜線の相原駅は東京都町田市相原町に所在。開業は明治41年9月で、相対式ホーム2面2線。横浜線の列車だけでなく、相模線の一部の列車もやってくる。駅周辺には法政大学、多摩美術大学、東京造形大学、東京家政学院大学がある。

御来屋駅

mikuriya_nao_yuu.jpg
行ってみると、「山陰最古の駅」という看板が取り付けてあります。木造の駅舎を非常に美しく保つように管理されており、駅舎内のガラス窓の出札口や鉄道小荷物の受け渡し口などを見ると、まるで博物館にいるような錯覚を起こします。蒸機列車が似合いそうです。

飛騨萩原駅

hidahagiwara_watanabe_takeshi.jpg
木造駅舎の残る2面3線の有人駅。旧益田郡の行政中心地。

禅昌寺駅

zenshoji_watanabe_takeshi.jpg
本線と待避線があり、待避線にしかホームがない変則配置の1面1線の駅。国道から若干入ったところにあり、個性的なコンクリート駅舎。

下呂駅

gero_watanabe_takeshi.jpg
2面3線の有人駅。下呂温泉の最寄駅で乗降客も多い。ホームに温泉が曳かれているが、手を浸す程度の大きさなのが惜しい。

安食駅

ajiki_hongo_yukio.jpg
JR東日本成田線の安食(あじき)駅は相対式ホーム2面2線ですが、駅舎のある2番線がメインのホームとなる。我孫子から営業キロ23.2kmの地点です。

小林駅

kobayashi_hongo_yukio.jpg
千葉県印西市小林に、相対式ホーム2面2線の成田線小林駅があります。この可愛らしい駅舎もいずれ近代的な駅舎になってしまうのでしょうか。

布佐駅

fusa_hongo_yukio.jpg
JR東日本成田線の布佐駅は、千葉県我孫子市布佐に所在する相対式ホーム2面2線の駅です。開業は、明治34年4月1日で、成田―我孫子間は成田鉄道として誕生した。

新木駅

araki_hongo_yukio.jpg
JR東日本成田線新木駅は島式ホーム1面2線です。北口、南口から駅名看板の無い連絡橋を渡り、ホームに降りて改札の中のホーム内に駅出札、券売機がある不思議な駅です。日中は当駅での行き違いがないので、1番線のみを使用しています。

湖北駅

narita_kohoku_hongo_yukio.jpg
JR東日本成田線湖北駅は島式1面2線。通称“我孫子支線”は我孫子―成田間が単線で、日中は30分間隔の運転となっています。

ひたち野うしく駅

hitachinoushiku_hongo_yukio.jpg
JR東日本常磐線ひたち野うしく駅は、昭和60年3月から9月までつくば万博開催に伴ない設置の臨時駅「万博中央駅」の跡地に、平成10年3月、新しく島式ホーム2面4線で開業しました。日暮里から営業キロ54.5kmの地点です。

牛久駅

ushiku_hongo_yukio.jpg
旧水戸街道の牛久宿から少し北の牛久市内に所在するJR東日本常磐線牛久駅は、相対式ホーム2面2線の駅です。当駅の発車メロディは、上りが「オーシャンゼリーゼ」、下りが「グリーングリーン」です。

藤代駅

fujishiro_hongo_yukio.jpg
常磐線藤代駅は、取手から営業キロで6.0km離れた取手市宮和田に所在する相対式ホーム2面2線の駅。当駅は交流区間で、取手方向数百mの地点にデッドセクションが設けられている。

取手駅

toride_hongo_yukio.jpg
JR東日本常磐線の取手駅は島式ホーム3面6線。各駅停車が朝夕に発着し、上野からの快速(直流車
)は当駅にて折り返す。また土浦、水戸方面へは交直両用の電車が走る。なお特急は朝夕の上下3本が停車する。関東鉄道常総線の取手駅は島式ホーム1面2線で、下館まで総延長51.1kmの起点駅。

三郷駅

misato_hongo_yukio.jpg
埼玉県三郷市三郷一丁目に所在するJR東日本武蔵野線の三郷駅は、高架相対式ホーム2面2線です。開業は昭和48年4月1日で、当駅は埼玉県内の駅で最東端に位置します。

新三郷駅

shimmisato_hongo_yukio.jpg
相対式2面2線の武蔵野線新三郷駅。昭和60年3月の開業時は、上下線のホームが360m離れていた。これは武蔵野線が貨物線として開業し、当駅開業以前に西側に武蔵野操車場が設けられ、上下線が離れていたことによる。武蔵野操車場がなくなった後もしばらくは上下線間が離れていたが、1999年に上り線を下り線側に移設したことで、現在に至る。

吉川駅

yoshikawa_hongo_yukio.jpg
JR東日本武蔵野線の吉川駅は相対式2面2線で、8輌編成の電車が日中は10分間隔で走ります。南口には、金箔で出来た5mの親と1mの子の鯰(なまず)のモニュメントがあります。

富海駅

tonomi_mizutsu_naoki.jpg
無人駅。対向式ホーム2面2線で、中線1線を有します。近くには富海海水浴場があります。

北柏駅

kitakashiwa_hongo_yukio.jpg
JR東日本常磐線の北柏駅。各駅停車のみ停車する駅で、島式1面2線で昭和45年4月の開業。この付近の常磐線は「北」の付く駅名が多い。ちなみに、当駅の所在地は千葉県柏市根戸。

北小金駅

kitakogane_hongo_yukio.jpg
JR東日本常磐線の北小金駅は、常磐線の各駅停車のみ停車する駅で島式1面2線です。駅周辺には本土寺と東漸寺等、歴史のある寺院が多くあります。

佃駅

tsukuda_nakatsukasa_sakura.jpg
徳島県三好市(旧三好郡井川町)字西井川に所在。昭和25年1月10日開業。土讃線と徳島線の分岐駅だが、優等列車は通過するため、特急列車利用時の両線間の乗継駅は、西隣の「阿波池田」となる。

引田駅

hiketa_nakatsukasa_sakura.jpg
香川県東かがわ市(旧大川郡引田町)引田に所在。昭和3年4月15日開業。「ひけた」と読む。当駅折返しの区間列車もあり、2面3線の構成となっている。駅の北東方には、瀬戸内海が望める。

北松戸駅

kitamatsudo_hongo_yukio.jpg
JR東日本常磐線の北松戸駅は各駅停車のみの停車駅で、島式1面2線構造。列車は東京メトロ千代田線~小田急線へ乗り入れている。駅西方向に北松戸工業団地がある。

マリンパーク駅

marinepark_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市東灘区向洋町中4に所在。平成2年2月21日開業。同線の南端終着駅。同駅から軌道は西へ90°カーブし、「六甲島検車場」に至る。周辺には学校・遊戯施設が立地している。

アイランドセンター駅

islandcenter_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市東灘区向洋町中2に所在。平成2年2月21日開業。六甲アイランドの主要施設の集約地に立地。駅西に商業施設、東に「六甲アイランド病院」やホテルがある。駅の位置が、島のほぼ中央に当たる。

下総中山駅

shimousanakayama_hongo_yukio.jpg
JR東日本総武本線の下総中山駅は、島式ホーム1面2線(高架ホーム)で各駅停車のみの専用ホームです。明治28年4月12日、総武鉄道の中山駅として開業、大正4年9月に現在の駅名に変更された。

アイランド北口駅

islandkitaguchi_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市東灘区向洋町中1に所在。平成2年2月21日開業。駅名の通り、六甲アイランドに入って最初の駅。島内の町名は「向洋町」(洋に向く)というのが趣き深い。駅周辺は樹々が多く閑静な雰囲気である。

南魚崎駅

minamiuozaki_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市東灘区魚崎西町に所在。平成2年2月21日開業。六甲アイランドに架かる「六甲大橋」の北側にある駅。周辺は住宅と倉庫・工場が立地する「湾岸」イメージの強い地帯である。

東船橋駅

higashifunabashi_hongo_yukio.jpg
東船橋駅は島式1面2線で各駅停車のみ停車する。その横を快速線が通る。開業は昭和56年10月1日で、総武本線の中では幕張本郷駅とともに最も新しい駅の一つだそうです。

住吉駅

hanshin_sumiyoshi_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市東灘区住吉宮町に所在。明治38年4月12日、阪神本線開業時からの歴史ある駅。相対式2面2線の高架駅で、優等列車は通過する。JR「住吉」駅は、北へ約0.8km離れている。

青木駅

aogi_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市東灘区北青木に所在。明治38年4月12日開業。「おおぎ」と読む。島式2面4線の待避可能の地平駅だが、現在高架工事中。阪神本線では、当駅の前後と「鳴尾」周辺に地平区間が残っている。

打出駅

uchide_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県芦屋市打出小槌町に所在。明治38年4月12日開業。芦屋市は東西には狭く、JR・阪急は各1駅、阪神は2駅しかない、そのうちの1駅。駅所在の町名(うちでこづちちょう)も興味深い。

西宮駅

hanshin_nishinomiya_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県西宮市田中町に所在。明治38年4月12日開業。島式2面4線の高架駅。駅西方に電留線があり、当駅以東の区間列車が折り返す。全列車が停車。駅南西方に「西宮神社」(西宮えびす)がある。

王子公園駅

oujikouen_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市灘区王子町に所在。昭和11年4月1日開業。もとは「西灘」と称したが、北西方に広がる「王子公園」の最寄駅であることから改称された。相対式2面2線の古くからの高架駅である。

六甲道駅

rokkomichi_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市灘区永手町に所在。昭和9年7月20日開業。島式2面4線の高架駅。阪神淡路大震災で甚大な被害を受けたが、旧然規模の駅に復興した。周辺には再開発マンションが誕生し、震災前から大きく変貌した。

住吉駅

toka_sumiyoshi_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市東灘区住吉本町に所在。明治7年6月1日開業。快速電車の停車駅で、島式2面4線の橋上駅舎。神戸新交通六甲アイランド線(通称:六甲ライナー)との連絡駅で、こちらは平成2年2月21日開業。

青柳駅

aoyagi_fujimura_iwao.jpg
茅野駅から一つ目とは思えない静かな駅。駅舎は「うだつ」をデザインしたコンクリート造りの細長い建物で、自動券売機があるだけの無人駅です。2面3線でホームは長い。

中之郷駅

nakanogo_fukayama_tsuyoshi.jpg
中之郷駅は近鉄志摩線で鳥羽駅の次の駅に位置し、街中あります、道路を挟んで鳥羽水族館やフェリー乗り場などがあります。

伊勢市駅

iseshi_fukayama_tsuyoshi.jpg
伊勢市駅は伊勢神宮・外宮の最寄駅で、JR東海参宮線と近鉄山田線の乗換駅でもあります。1番線から3番線までがJR、4・5番線が近鉄です。

三毛門駅

mikekado_nakatsukasa_sakura.jpg
福岡県豊前市大字三毛門に所在。昭和31年2月11日開業。駅玄関口に懸かる駅名標の字体が印象的な無人駅。駅の北には周防灘が広がる。東隣の「吉冨」を過ぎると大分県に入る。

紀伊勝浦駅

kiikatsuura_higuchi_masami.jpg
二階建てですが、駅の機能は2階のみです、駅前には足湯があります。以外に駅前はひっそりしています。

新鹿駅

atashika_yamaguchi_atsushi.jpg
駅のすぐそばに海水浴場があるため、夏期限定で一部の特急が停車する。ここから三木里までが昭和34年に開通して、紀勢本線が全線開通した。

多気駅

taki_yamaguchi_atsushi.jpg
参宮線との分岐駅。特急も停車する鉄道の要衝であるが、田園地帯の中にあり乗降客は少ない。列車撮影に最適な櫛田川橋梁は、駅から歩いてすぐ。

三瀬谷駅

misedani_yamaguchi_atsushi.jpg
大台町の中心駅。特急も停車するが、駅裏の国道42号線側が栄えており、「道の駅奥伊勢おおだい」がすぐ目の前にある。

加賀笠間駅

kagakasama_yamaguchi_atsushi.jpg
古い木造駅舎が残るが、東口は近年新設された簡素なつくり。近くには大学があり、乗降客は結構ある。長い直線区間にあるので、特急は猛スピードで通過していく。

豊津駅

heichiku_toyotsu_nakatsukasa_sakura.jpg
福岡県行橋市大字矢留に所在。明治28年8月15日開業。国鉄田川線時代は、行橋の次駅であった。相対式2面2線の交換可能な無人駅。同名の駅が、阪急電鉄千里線(大阪府吹田市)にある。

房前駅

fusazaki_nakatsukasa_sakura.jpg
香川県高松市(旧木田郡牟礼町原)に所在。明治44年11月18日開業。かつては交換可能駅だったのだろう。対向ホーム跡が残る1面1線の無人駅。 ※ホーム上より、列車の接近がないことを確認のうえ撮影

塩屋駅

kotoden_shioya_nakatsukasa_sakura.jpg
香川県高松市(旧木田郡牟礼町大町)に所在。明治44年11月18日。当駅より東隣の「房前」にかけて、電車は風光明媚な瀬戸内海間際を走る。 ※駅東側の公道踏切より、安全確認のうえ撮影

片原町駅

kataharamachi_nakatsukasa_sakura.jpg
香川県高松市鶴屋町に所在。昭和23年2月18日開業。同線起点「高松築港」から最初の駅。周辺は住宅・商店の密集地で、高松の繁華街の一角にある。 ※駅南側の公道踏切から、安全確認のうえ撮影。

あわら湯のまち駅

awarayunomachi_aridome_yoshihiro.jpg
観光地、芦原温泉のホテルなどが立ち並ぶ町の目と鼻の先にあります。
 構内は踏切で結ばれる2面の対向式ホームがあり、ほとんどの時間帯で行き違いがあるようです。このあわら湯のまち駅とJR芦原温泉駅とを結ぶバスが時折発着します。

阿倍野駅

abeno_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋に所在。昭和55年11月27日、同線「八尾南」延伸時に開業。「谷町筋」の南延長部「あべの筋」(府道30号線)の地下にある。地上部には、阪堺電気軌道上町線が走っている。

昭和町駅

showacho_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市阿倍野区昭和町に所在。昭和26年12月20日開業。「あびこ筋」下の地下駅。第二次世界大戦中に工事中断され、戦後に開通した区間。開業当初、当駅前後はオープンカットの切通しであった。

河堀口駅

koboreguchi_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南に所在。大正12年10月16日開業。関西の難読駅名の1つ。「こぼれぐち」と読む。高架の阪和線を更にオーバークロスするため、駅舎は建物2階、ホームは4階相当の高さ。

美章園駅

bisyoen_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市阿倍野区美章園に所在。昭和6年6月3日開業。天王寺を起点として同線最初の駅。比較的古くからの高架駅で、相対式2面2線の構成。駅舎は地上部にある。東住吉区との境界附近に立地している。

寺田町駅

teradacho_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市天王寺区大道に所在。昭和7年7月16日開業。相対式2面2線の高架駅。駅の北東すぐを国道25号線がアンダークロスしている。駅南西方には「大阪教育大学」があるが、施設の大部分は柏原市へ移転。

穴水駅

anamizu_murakita_koushi.jpg
のと鉄道の終点であり、本社がある駅です。駅付近には保線関連車輌も見られます。

北美瑛駅

kitabiei_mizuno_akihiko.jpg
上川盆地の南端。ここから25‰の上りを経て、多くの観光客が利用する美瑛に到着する。この駅舎は小さいながら、洒落た造りである。

千代ヶ岡駅

chiyogaoka_mizuno_akihiko.jpg
1989年に改築された駅舎で2面2線。駅前には、指定保存樹木でもある大きなヤチダモの木がある。

西神楽駅

nishikagura_mizuno_akihiko.jpg
1989年に改築された駅舎。2面2線ゆえ、〈富良野・美瑛ノロッコ6号〉を含め、上下列車の交換駅でもある。近くに、西神楽中学校科学部の取組みを発端とした「ホタルの里」がある。

ドーム前千代崎駅

domemaechiyozaki_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市西区千代崎に所在。平成9年8月29日、長堀鶴見緑地線「大正」延伸に伴ない開業。かつては「大阪ドーム前千代崎」と称したが、「大阪ドーム」が「京セラドーム大阪」と改称されたことにより、現駅名となった。

伝法駅

denpo_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市此花区伝法に所在。大正13年1月20日開業。当線の旧称は「西大阪線」だが、西九条開業以前は「伝法線」と呼ばれていた。淀川左岸の住宅密集地域に存する小駅で、駅前広場らしきものはない。

千鳥橋駅

chidoribashi_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市此花区四貫島に所在。大正13年8月1日開業。なんば開業に伴ない、路線名も「阪神西大阪線」から「阪神なんば線」に改称された。4連普通のみの運行だったが、今や阪神・近鉄の優等列車も運行中。

九条駅

kujo_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市西区九条に所在。平成21年3月20日開業。大阪市交通局中央線「九条駅」が高架駅であるのに対し、当駅は地下駅。当駅の北より当線は地上高架線となる。高架区間は、橋梁部以外はチューブ構造。

ドーム前駅

domemae_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市西区千代崎に所在。平成21年3月20日、阪神なんば線開業に伴って新設された地下駅。駅名の通り「京セラドーム大阪」の最寄駅で、島式1面2線の構成となっている。

桜川駅

sakuragawa_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市浪速区幸町に所在。平成21年3月20日、阪神なんば線開業とともに誕生した地下新駅。大阪市交通局千日前線「桜川駅」より西方にあり、南海「汐見橋駅」に隣接している。

汐見橋駅

shiomibashi_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市浪速区桜川に所在。明治33年9月3日開業。大都会のまん中に取り残されたようなローカル駅。高野線の起点駅だが、2輌編成の区間列車が運行するのみ。構内に掲示された路線図に歴史が感じられる。

西九条駅

nishikujo_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市此花区西九条に所在。明治31年10月1日開業。大阪環状線と桜島線の分岐駅。島式2面3線で、桜島線から環状内・外廻り何れにも乗換えられる構成。JRを跨ぐ阪神駅は昭和39年5月21日の開業。

北金ヶ沢駅

kitakanegasawa_nao_yuu.jpg
列車交換のできる駅です。この先の海岸線を走る区間には高波を検知するセンサーがあり、波の高さが基準値を超えると、ここの駅で抑止となります。

七飯駅

nanae_nao_yuu.jpg
駅前広場がきれいに整備され、通勤通学のため、多くの乗降客が利用しています。線路はここから大沼まで、上り線と下り線が大きく別れて別々の場所を通ります。

替佐駅

kaesa_nao_yuu.jpg
旧豊田村(現在の中野市)にあり、唱歌の「春の小川」や「ふるさと」の作詞者として知られる高野辰之氏の生家や記念館は、ここが最寄り駅です。

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2014 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.