鉄道ホビダス

2009年3月アーカイブ

JR三山木駅

jr_miyamaki_nakatsukasa_sakura.jpg
京都府京田辺市三山木田中に所在。昭和27年12月1日開業。かつては「上田辺」と称した。高架化とともに、駅東側の近鉄「三山木」駅を挟んで、近年駅前ロータリーが整備された。

同志社前駅

doshishamae_nakatsukasa_sakura.jpg
京都府京田辺市三山木垣ノ内に所在。昭和61年4月1日、同志社大学田辺キャンパスの開校に対応して開業。この区間は近鉄京都線が並行しており、当駅は近鉄「興戸」駅の真南約500mに位置する。

京田辺駅

kyotanabe_nakatsukasa_sakura.jpg
京都府京田辺市田辺久戸に所在。明治31年6月4日開業。かつての「田辺」を改称。この区間を走る車輌は207系のみで、7連のうち3連を当駅で解結。当駅から木津方面は4連のみの運転となる。

大住駅

osumi_nakatsukasa_sakura.jpg
京都府京田辺市大住丸山に所在。昭和27年12月1日開業。京橋方面から最初の無人駅。松井山手以東は単線となり、当駅は交換可能駅である。駅のすぐ東を「京奈和自動車道」がオーバークロスしている。

大牟田駅

omuta_takiguchi_takayoshi.jpg
鹿児島本線の中間駅で西鉄天神大牟田線の終着駅。
 JRは東側駅本屋と2面3線、西鉄は西側本屋と頭端式の3面3線の造り。西鉄とJRの間には広い側線が並ぶ。
 南側には貨物駅があるが、三井化学専用鉄道向け貨物列車以外はトラック便による集配基地として機能し、貨車への荷役は無い模様。

吉原本町駅

yoshiwarahoncho_takiguchi_takayoshi.jpg
工業地帯を行く岳南鉄道としては珍しく下町風情のある駅で1面1線の構成。
 近隣には商店街もあり、周辺の人通りも多い。線路はそんな町並みを縫う様に走る。通過する貨物列車は場違いな感じもあり見もの。

比奈駅

hina_takiguchi_takayoshi.jpg
岳南鉄道の中間交換駅で、1面2線のほか側線が構内に多数ある。駅西側の日本大昭和製紙吉永工場へ引き込まれる貨物線の入換えが、一日に何回か行なわれ、ワム80000有蓋貨車やコキ50000コンテナ車などが駅構内に留置されているほか、入換用の電機が常駐している。

岳南富士岡駅

gakunanfujioka_takiguchi_takayoshi.jpg
岳南鉄道の中間交換駅で南側に車庫、北側に側線がある。
 ホームは1面2線の島式で、車庫では岳南のすべて車輌の整備・検査を行なっている。北側の側線には永くED29が留置されている。

岳南江尾駅

gakunanenoo_takiguchi_takayoshi.jpg
岳南鉄道の終点。駅の北側には東海道新幹線が高架で通るが、新幹線の車窓からこの駅を確認できるのは、一瞬のため見落としがち。
 駅は島式1面2線で側線も2本ほどあったが、現在は本線にはつながっていない。終点より先もしばらく道床があったものの近年撤去され、構内は縮小された。

松井山手駅

matsuiyamate_nakatsukasa_sakura.jpg
京都府京田辺市山手中央に所在。平成元年3月11日の開業で、片町線では最も新しく誕生した駅。早朝・深夜帯以外の普通列車は当駅折り返しとなっている。ニュータウンの切り通し部に存する。当駅以東が京都府。

長尾駅

nagao_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府枚方市長尾元町に所在。明治31年4月12日開業。かつては当駅以西のみが電化区間で、電車と気動車の乗り継ぎ駅だったが、今や普通の中間駅となっている。片町線では、大阪府東端の駅。

院庄駅

innosyo_matsuoka_nobuhiko.jpg
津山市街の西の端とも言える場所に所在。近くには中国縦貫道院庄インターもある。この駅もかつては交換可能駅だったのだろうか。下り線ホーム跡には「駅名標」が残る。この駅の少し東から津山線が並行して津山を目指すが、さながら複線区間のように見え、かつてのこの地域の鉄道の栄華を物語る。

新屋駅

araya_kikuchi_yuta.jpg
秋田市西部の拠点である新屋駅の近くには美術工芸短大や入浴施設があり、周辺では川沿いの桜並木や古い街並みを活かした観光など、独自の街作りが行われています。駅近くでは市のサービスセンターが完成したばかりです。

新庄駅

shinjo_kikuchi_yuta.jpg
新庄駅は山形新幹線の終点であり、4方向から路線の集まる交通の要衝です。駅舎は山形新幹線の延伸に伴ない改築され、乗換えは平面移動だけとバリアフリー。また駅に付属して地域の交流施設「ゆめりあ」があります。

古川駅

furukawa_kikuchi_yuta.jpg
古川の駅名は、東北新幹線開業時に陸前古川を古川の市名に合わせて改称したものですが、市町村合併で大崎市となったため、再び市名と異なる駅名となっています。駅前には吉野作造の出身地である事を示す塔があります。

藤阪駅

fujisaka_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府枚方市藤阪南町に所在。昭和54年10月1日開業と、片町線では比較的歴史の浅い駅。島式1面2線の高架駅となっている。駅北東方に「王仁(わに)公園」「大阪国際大学」がある。

津田駅

tsuda_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府枚方市津田駅前に所在。明治31年4月12日開業。枚方市に3つだけ存在するJR駅のうちの南端の駅。府道736号線との間の狭い駅前広場に、路線バスがひしめき合っている。

朝日通電停

asahidori_seta_syuichi.jpg
周辺にはデパートや銀行等がある繁華街の駅で、西郷隆盛銅像への最寄り駅でもあります。上下それぞれの乗り場は、朝日通りを挟む形で離れています。鹿児島市電では、写真のように軌道敷の緑化を積極的に進めています。

舞子駅

maiko_yamaguchi_youichi.jpg
明治29年開業。ホームのすぐ海側には、みごとな松林の舞子公園、頭上には平成10年開通の明石海峡大橋が跨いでいる。大橋の開通で淡路島方面の高速バス乗換駅となり快速が停車するようになった。

舞子公園駅

maikokoen_yamaguchi_youichi.jpg
大正6年開業。平成10年の明石海峡大橋開通により、淡路島方面の高速バスの最寄り駅となり特急停車駅となった。駅の海側にはみごとな松林の舞子公園、明石海峡大橋を中心とした観光スポットが点在している。

天神駅

tenjin_seta_syuichi.jpg
九州一の繁華街の中心にある駅。明治通りと渡辺通りが交わる天神交差点直下にあり、コンコースは天神地下街に直結しています。西鉄・福岡(天神)駅は至近距離ですが、市営地下鉄七隈線・天神南駅への乗り換えは不便です。

近江塩津駅

omishiotsu_kouno_yoshitomo.jpg
2面4線の高架駅。簡易委託駅で駅舎内で食堂が経営されている。ここで北陸本線から湖西線が分岐し、阪神地区からの新快速や大阪発着の北陸・東北・北海道行き特急列車・寝台特急が乗り入れている。

猪谷駅

inotani_kouno_yoshitomo.jpg
JR西日本とJR東海の境界駅だが、無人駅である。2004年10月の台風の災害により角川―猪谷間はバス代行輸送だったが、2007年9月より列車による運転を再開した。

高山駅

takayama_kouno_yoshitomo.jpg
飛騨地方の主要な観光地への玄関駅、名古屋から特急〈ワイドビューひだ〉で約2時間半。駅前は観光地らしい賑わいがある。

岐阜駅

gifu_kouno_yoshitomo.jpg
3面6線の高架駅。「高架下には商業施設等が入居している。特急〈しらさぎ〉(名古屋/北陸方面)の停車駅、また高山本線の始発駅でもある。現在、北口では大規模な駅前再開発が行なわれている。

夙川駅

syukugawa_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県西宮市相生町に所在。大正9年7月16日開業。神戸本線と甲陽線の分岐駅で、甲陽線ホームは、神戸本線の北側に直角に配置されている。JR「さくら夙川」駅の開業を契機として、特急停車駅となった。

藤田駅

fujita_nakatsukasa_sakura.jpg
福島県伊達郡国見町大字山崎字北町田に所在。明治33年9月5日開業。国見町中心部の西方にあり、駅の更に西側には東北自動車道の「国見I.C.」がある。隣駅「貝田」との間は、古くからの有名撮影地が点在する。

本宮駅

motomiya_nakatsukasa_sakura.jpg
福島県本宮市(旧安達郡本宮町字丸縄)に所在。明治20年12月15日開業。2面3線の構成。本宮市街の中心部にあり、同市役所の最寄駅となっている。

五百川駅

gohyakugawa_nakatsukasa_sakura.jpg
福島県本宮市(旧安達郡本宮町大字荒井字新介)に所在。昭和23年12月15日開業。田園地帯の中にある相対式2面2線の無人駅。駅本屋は、待合スペースだけの簡素な造りとなっている。

京成津田沼駅

keiseitsudanuma_usami_yasutaka.jpg
千葉県習志野市にあって3面6線を持つ地上駅。1~4番が京成、5,6番が新京成のホーム。
 新津田沼やJR津田沼と混同防止で、案内放送・表示等は例外に「京成津田沼」と京成を省略しない。
 駅南側はセントラルスポーツC。UR都市機構の袖ケ浦団地、習志野市役所の最寄り駅。

谷津駅

yatsu_usami_yasutaka.jpg
千葉県習志野市にあって1面2線を有する地上駅、並走する国道14号からは橋上駅舎に見え、上部の北口からは地上駅に見える地形配置(大昔の海岸線)になっている、南口の国道側はエレベーター、エスカレータが完備している。谷津バラ園、谷津干潟の最寄り駅。

新習志野駅

shinnarashino_usami_yasutaka.jpg
千葉県習志野市にあって3面4線のホームを持つ高架駅、国鉄時代1986年(昭和61年)3月開業。
 内側2線は副本線となっており京葉車両センターへ。入出庫により当駅始発が設定されている。
 千葉県国際総合水泳場、ハイパーモールメルクス、千葉工業大学芝園校舎の最寄り駅。

芦原橋駅

ashiharabashi_matsuoka_nobuhiko.jpg
大阪環状線でも比較的ひっそりとした駅。大和路快速・関空快速・紀州路快速は通過する。駅周辺には太鼓メーカーが並んでおり、駅スタンプにもその旨が謳われている。

関屋駅

sekiya_matsuoka_nobuhiko.jpg
かつての関所の所在地に駅名を求める。
 玉手山以東の所謂「関屋越え」の途中に位置し、急勾配に挟まれた駅。以前は国境の山間のひっそりした駅であったが、宅地開発や大阪松蔭女子大学が至近にあるなど、賑わいを増している。

深井駅

fukai_matsuoka_nobuhiko.jpg
南海高野線から分かれてからの最初の駅。「泉北ニュータウン」エリアの駅ではないものの、駅周辺には住宅・マンションが建ち並んでいる。堺市中区役所はこの駅の近く。

水族館口電停

suizokukanguchi_seta_syuichi.jpg
桜島フェリーターミナルに隣接している「いおワールドかごしま水族館」の最寄り駅。以前の駅名は「県庁前」でしたが、県庁の移転に伴い「県庁跡」と変更され、再度の改名を経て現在に至ります。

長門二見駅

nagatofutami_fukayama_tsuyoshi.jpg
山間の小さな無人駅ですが、小串駅からこの駅の少し手前まで海岸線を走り、綺麗な海を満喫できます。

小串駅

kogushi_fukayama_tsuyoshi.jpg
列車交換がある駅で、下関駅からここまでは比較的本数が多く、多くの列車はここで乗り換えになり、長門市方面に向かいます。

いづろ通電停

izurodori_seta_syuichi.jpg
デパート等の店舗が並ぶ繁華街にある停留所。上下線で乗り場が離れており、いづろ交差点の三越側が鹿児島駅前方面(写真)、山形屋側が郡元・谷山方面乗り場です。近くのいづろ高速バスセンターは21年3月末で廃止されます。

有馬温泉駅

arimaonsen_akatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市北区有馬町字ウツギ台に所在。昭和3年11月28日開業。島式1面2線の終着駅。駅周辺は温泉街で、観光地ムード満点。当駅の「有馬口」寄に、「新有馬」駅があったが、現在は休止扱いとなっている。

有馬口駅

arimaguchi_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市北区有野町唐櫃字フチネ垣に所在。昭和3年11月28日開業。有馬線と三田線の分岐駅で、当駅以西(鈴蘭台方)は複線、有馬・三田方は双方とも単線。周辺に住宅は多いが、山深いムードである。

五社駅

gosya_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市北区有野町有野字バンヤに所在。昭和3年12月18日開業。「岡場」から南は再び単線となり、風景も一転してローカルムードが溢れる。当駅は1面1線。「有馬口」寄りは渓谷で、山深い雰囲気となる。

岡場駅

okaba_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市北区藤原台中町に所在。昭和3年12月18日開業。1つ北の「田尾寺」と当駅の間は複線で、当駅は立派な高架駅。駅前の状況からしても、三田線9駅中で最も開発の進んだ駅と言える。

田尾寺駅

taoji_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市北区有野町有野字福谷口に所在。昭和3年12月18日開業。同駅の北「二郎」寄りは、神戸市内とは思えないローカルな雰囲気だが、南側「岡場」にかけては、閑静な住宅街が広がる開発地である。

神鉄道場駅

shintetsudojo_naktsukasa_sakura.jpg
兵庫県神戸市北区道場町日下部字尼ヶ谷に所在。昭和3年12月18日開業。かつては「道場川原駅」と称した。近代的な駅舎に改築されているが、単線区間の1面1線。JR道場駅までは、直線距離でも約3kmある。

フラワータウン駅

flowertown_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県三田市弥生が丘に所在。平成3年10月28日開業。北摂三田ニュータウンの核の1つである「フラワータウン」の中心に位置する。公園都市線は、まず当駅まで開業、4年半後に「ウッディタウン中央」まで延伸された。

南ウッディタウン駅

minamiwoodytown_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県三田市あかしあ台に所在。平成8年3月28日開業。ニュータウンを縦断する公園都市線の中間駅。駅周辺には、商業施設やマンションが林立する。駅北で直交する道路を東へ約2.5km行くと、JR新三田駅に至る。

桜島桟橋通電停

sakurajimasambashidori_seta_syuichi.jpg
鹿児島駅前電停の目と鼻の先に位置しています。その駅名に反して、桜島フェリーターミナルへは隣の水族館口電停のほうが若干近いと思われます。

羽床駅

hayuka_aridome_yoshihiro.jpg
羽床富士と呼ばれる堤山を望む小さな無人駅です。駅周辺は住宅もまばらで田畑が広がっていました。
 駅から南の方に15分ほど歩くと、駅名と同じ“はゆか”という讃岐うどんのおいしいお店があります。

出雲崎駅

izumozaki_yamada_yutaka.jpg
良寛堂を模した駅舎で、駅員が配置され、みどりの窓口もある。駅前には商店が並んでいるが、かつての賑わいはない。駅前広場の脇に、ジェロが「海雪」で紅白に出場したことを祝う手描きの看板が立てられていた。

藤崎宮前駅

fujisakigumae_kubota_masaaki.jpg
複合ビルの中で電車が発着。規模は異なるが、世田谷線・三軒茶屋駅とキャロットタワーに似ているかも。

島鉄本社前駅

shimatetsuhonsyamae_kubota_masaaki.jpg
到着したのが黄昏時だったので、この様な写真になりました。島原街道と併走していますが、この駅は、見過ごしてしまいそうです。

久下田駅

kugeta_osawa_toshifumi.jpg
国鉄時代に建てられたと思われる重厚な感じの駅舎と、今だ健在の赤い円筒形の郵便ポストが”昭和”を感じさせます。

赤坂駅

akasaka_seta_syuichi.jpg
中央区役所やハローワーク・裁判所などの機関の最寄駅で、赤坂交差点付近の明治通り直下に位置しています。福岡城址にも近く、都会の中でも比較的自然が残っている地区でもあります。

一畑口駅

ichibataguchi_yamada_yutaka.jpg
電鉄出雲市駅方面と松江しんじ湖温泉駅方面をスイッチバックで結んでいる駅。かつて写真手前方向に一畑薬師へ向かう線路が延びていたため、このような形態となっている。

黒沢駅

kurosawa_yamada_yutaka.jpg
2003年に建て替えられたきれいな無人駅である。中には花が飾られたり、座布団が用意されていたり、歴代駅長の名前が掲示してあったり、感謝状の額が掛けられている。

上菅谷駅

kamisugaya_yamada_yutaka.jpg
水郡線の安積永盛駅へ向かう本線と常陸太田駅へ向かう常陸太田支線との分岐駅です。みどりの窓口を持っていますが、駅前には向かいに小さなたばこ屋が一軒あるだけで商店街などはありません。

小倉駅

kokura_yamada_yutaka.jpg
近代的な駅ビルの2~4階に在来線、新幹線、北九州モノレールのホームがある。モノレールは駅ビルの3・4階の吹き抜けの空間に、ビル正面から入り込むという形態をとっている。

松塚駅

matsuzuka_aridome_yoshihiro.jpg
松塚駅は駅の両側に堤防がある川があるため、築堤上にあります。 駅の北側は集落がありますが、南側は一面田んぼが広がります。
 また、駅の近くには、県立高田東高校とベイスターズ三浦投手の母校・大和高田市立高田商業高校があり、通学時間帯は学生が多く利用します。

長谷駅

bantan_hase_sezaki_kouseki.jpg
高い山に囲まれた山間の小駅だが、駅周辺には集落もあり寂しい感じはしない(但し小売店等は見当たらない)。
 駅自体は完全な無人駅、島式ホームで列車交換が可能。

寺前駅

teramae_sezaki_kouseki.jpg
姫路―寺前間は電化、寺前―和田山間は非電化なので姫路―和田山を通しで利用する乗客(特急を除く)は当駅で列車を乗り継ぐことになる。
 駅前はきれいに整備されていて飲食店等も数軒ある。

郡元電停

kako_korimoto_seta_syuichi.jpg
1系統と2系統の乗換駅で、2系統の終点となっています。1・2系統とも乗り降りできるダイエー前の乗り場以外に、1系統のみが使用する郡元(南側)電停が涙橋側にあり、実質的には別駅扱いされています。

小作駅

ozaku_fujimura_iwao.jpg
橋上駅で西口は住宅街。東口はロータリーがありにぎやか。河辺駅の管理で業務委託駅。初電~6:30頃までは無人のため乗車証明書発行機が稼動する。近くに工業団地があり朝、夕は乗降が多い。

西女満別駅

nishimemambetsu_fujimura_iwao.jpg
1面1線の無人駅。約2kmのところに女満別空港がある。ホームから少し奥まったところに小さな待合室がある。
 近くの跨線橋から森の間を走る列車を撮影できる。

女満別駅

memambetsu_fujimura_iwao.jpg
2面2線の交換が出来る無人駅。城を思わせる大きな駅舎だが、女満別図書館が併設されている。
 駅のホーム横の側線には緩急車が留置してあり、昔は宿泊が出来たと思うが、今は閉鎖されている。特急停車駅。

緋牛内駅

hiushinai_fujimura_iwao.jpg
2面2線で交換が出来る無人駅。広い駅前広場にこじんまりとした駅舎がある。

愛し野駅

itoshino_fujimura_iwao.jpg
1面1線の無人駅で、コンクリート板のホームにログハウス調の待合室がある。

西北見駅

nishikitami_fujimura_iwao.jpg
北見駅から地下区間を抜けて次の駅。ホーム・駅舎ともオールコンクリートのちょっと変わった駅です。

柏陽駅

hakuyo_fujimura_iwao.jpg
北見駅の隣の近代的な高架駅ですが、1面1線の無人駅です。近くに北見柏陽高校があります。

南陽市役所駅

nanyoshiyakusyo_yamanaka_eiichi.jpg
1988年10月25日開業。駅は写真のように市役所の駐車場に直接面していて、市役所利用者には便利である。隣の赤湯駅との駅間は0.9キロとかなり短い。

おりはた駅

orihata_yamanaka_eiichi.jpg
1959年6月1日開業。国鉄時代は西宮内駅。1988年10月山形鉄道へ移管時に、近くを流れる織機川にちなんで改名。周辺の道路は狭く、駅前にもスペースは全くない。車ではなく列車で訪れたい。

中津駅

nakatsu_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市北区中津に所在。昭和39年9月24日開業。阪急中津駅とは完全に離れており、連絡関係にはない。折返し用引き込み線があり、中津―天王寺間の区間列車もあるが、近年大部分は新大阪まで延長された。

横堤駅

yokozutsumi_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市鶴見区横堤に所在。平成2年3月20日開業。蒲生四丁目から今福鶴見、同駅と「鶴見通」下を東進する同線は、当駅より90°カーブし北上、更に東へカーブして「花博通」下の「鶴見緑地」に至る。

今福鶴見駅

iamfukutsurumi_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市城東区今福東に所在。平成2年3月20日開業。蒲生四丁目より北上する国道1号線に対し、東進する通称「鶴見通」の「鶴見3丁目」交差点下にある。当駅より東が鶴見区、西が城東区となる。

三島広小路駅

mishimahirokouji_irie_toshimitsu.jpg
三島から一つ目の駅で、単式ホーム1面1線となっています。商店街にほど近く、周辺道路の交通量が多いです。三島名物うなぎの老舗も近くにあります。

三島田町駅

mishimatamachi_irietoshimitsu.jpg
三島を出て最初の上下線交換が可能な駅です。JR直通の特急〈踊り子〉の最初の停車駅でもあります。三島大社や市役所の最寄り駅です。

三島二日町駅

mishimafutsukamachi_irie_toshimitsu.jpg
単式ホーム1面1線の駅となっています。三島市の市街地が一段落して周辺には工場が多く、修善寺方面を見ると田んぼも広がっています。

大場駅

daiba_irie_toshimitsu.jpg
伊豆箱根鉄道の本社と大場工場の最寄り駅です。のりばは、単式ホームの1番線と島式ホームの2・3番線となっています。ただし3番線は頭端式で、入庫の際などに使用します。JR直通の特急〈踊り子〉の停車駅です。

天文館通電停

tenmonkandori_seta_syuichi.jpg
多くの商店や飲食店が立ち並ぶ天文館地区の中心に位置しています。訪問したのは日曜早朝だったため、鹿児島一の繁華街もさすがに静かでした。

児島駅

kojima_nakatsukasa_sakura.jpg
岡山県倉敷市児島駅前に所在。昭和63年3月20日、瀬戸大橋の開通とともに開業。本四備讃線本州南端の駅で、JR西日本とJR四国の境界駅となっており、同駅で乗務員交代する。

茶屋町駅

chayamachi_nakatsukasa_sakura.jpg
岡山県倉敷市茶屋町に所在。明治43年6月12日開業。宇野線と本四備讃線の分岐駅で、島式2面3線の高架駅。2番線は基本的に宇野方面発着列車用で、両側ホームとなっている。倉敷駅の南東約6kmに位置する。

松本駅

matsumoto_kouno_yoshitomo.jpg
JR東日本が新宿から特急〈あずさ〉〈スーパーあずさ〉を運行している。JR東海は名古屋―長野で特急〈しなの〉を運行し、松本駅はその停車駅である。上高地や松本城等への最寄り駅である。

市役所前電停

kago_shiyakusyomae_seta_syuichi.jpg
鹿児島市役所の最寄り駅で、乗り場は本館の目の前にあります。以前は清水町への上町線が分岐していましたが、昭和60年に廃止されています。写真奥の建物が市役所本館で、歴史を感じさせる重厚な造りをしています。

中之島駅

nakanoshima_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市北区中之島に所在。平成20年10月19日に開業した中之島線の西端駅。同線は全線地下駅。同駅の地上への出入口の造りは、渡辺橋駅、大江橋駅と同様、ウッディな外装になっている。

多比良町駅

tairamachi_sasabuchi_takashi.jpg
島原鉄道線内では数少ない有人駅のひとつで、窓口では硬券の乗車券が発券されます。高校サッカー強豪校の県立国見高校の最寄駅。また、長洲行きの有明フェリーの乗り場が近くにあります。

長洲駅

nagasu_sasabuchi_takashi.jpg
駅構造は橋上駅舎で、ホームに町のシンボルである金魚の大きなオブジェがあります。
 ここから歩いて約30分のところに、多比良行きの有明フェリーの乗り場(長洲港フェリーターミナル)があります。

糸崎駅

itozaki_sasabuchi_takashi.jpg
糸崎駅は駅の南側に電留線を配置しており、また広島支社と岡山支社の境界とあって、乗務員はここで交代します。このように乗務上は重要な駅であるものの、隣駅の三原駅の影に潜めいた感があります。

香椎宮前駅

kashiimiya_seta_syuichi.jpg
高架化に伴い、踏切横の小駅から立派な駅舎になりました。香椎宮までは少し距離があり、「宮前」と言うよりも「参道口」と言ったところ。周辺は再開発により変貌中で、不況をよそにマンションや店舗の開発が進んでいます。

涙橋電停

namidabashi_seta_syuichi.jpg
何ともせつない駅名ですが、薩摩藩の処刑場が川を渡った所にあり、処刑者と家族が最後に涙の別れをしたという橋の名に由来するそうです。谷山方面にしばらく走ると専用軌道となり、駅間距離も長くなります。

鹿児島駅前電停

kagoshimaekimae_seta_syuichi.jpg
その名のとおり、JR鹿児島駅前にある停留場。行き止まりの櫛形ホームとなっており、全体が屋根で覆われています。1・2系統ともに、当電停を起点とした運行形態となっています。

宮崎空港駅

miyazakiairport_seki_yoshinaga.jpg
宮崎駅から空港へ結ぶ路線です。この区間の特急料金は不要です。

油津駅

aburatsu_seki_yoshinaga.jpg
無人駅ですが、観光協会事務所が駅にあります。100km以内の乗車券は購入可能です。

新八代駅

shinyatsushiro_seta_syuichi.jpg
2004年3月13日に新設された、現時点での九州新幹線起点駅。新幹線と鹿児島本線の駅舎は、それぞれ独立しています。写真のような〈つばめ〉と〈リレーつばめ〉の乗換風景も、あと数年限りです。

木花駅

kibana_seki_yoshinaga.jpg
WBCで有名なサンマリンスタジアム宮崎の最寄り駅です。無人駅です。

宮内駅

miyauchi_yamanaka_eiichi.jpg
1913年10月開業。国鉄時代の「宮内町」から88年10月山形鉄道移管時に改名。かつては、近くにある「熊野大社」参拝の団臨が乗り入れていた。駅前には、童謡「ないしょ話」の作詞者結城よしをの碑がある。

紀伊田辺駅

kiitanabe_takada_yasuo.jpg
田辺市は弁慶誕生の地として伝えられていることから、駅前広場には弁慶像がたっており市内には弁慶にまつわる史跡があります。
 また、熊野古道中辺路ルートへの路線バスの発着駅でもあります。

紀伊新庄駅

kiishinjo_takada_yasuo.jpg
紀伊新庄駅は純粋な無人駅です。以前の駅員室の窓などは封鎖されており、さみしいものです。

朝来駅

asso_takada_yasuo.jpg
朝来(あっそ)駅は、基本的には駅員のいない無人駅ですが、現在ディサービスセンターが間借りしています。

紀伊富田駅

kiitonda_takada_yasuo.jpg
白浜駅から一つ南に行った紀伊富田駅です。駅舎の老朽化に伴ない、地区の集会所と抱き合わせで建て直しされました。現在は無人駅です。

西大塚駅

nishiotsuka_yamanaka_eiichi.jpg
1914年11月15日に長井軽便線の駅として開業時以来の姿をとどめる木造駅舎です。1999年4月から無人駅。トイレは駅舎と別棟です。周辺は住宅地で、訪れる際は迷惑にならないよう注意が必要です。

美袋駅

minagi_okamoto_tetsuya.jpg
美袋と書いて「みなぎ」と読みます。

天王台駅

tennodai_shinjo_takeshi.jpg
駅は快速線用と緩行線用の島式ホームがそれぞれ1つずつあります。緩行線は朝晩のラッシュ時間帯の運転以外は使用されません。

鹿島田駅

kashimada_shinjo_takeshi.jpg
駅は相対式のホームで橋上駅舎になっています。発車メロディーではなく、未だに発車ブザーを使っているのもこの駅の特徴です。

平間駅

hirama_shinjo_takeshi.jpg
駅は相対式のホームですが,改札口が上り川崎方面行きホームに一つしかない、小じんまりとした駅です。改札を出た駅前の通りは平間駅前通り商店街になっています。

丹後神野駅

tangokanno_minato_yoshinori.jpg
北近畿タンゴ鉄道の駅にになり、リゾート地の玄関口ふさわしく青い空と海に映えるパステルカラーのペンション風駅舎をイメージして建替えられました。

久美浜駅

kumihama_minato_yoshinori.jpg
北近畿タンゴ鉄道になり駅舎が建替えられました。

印旛日本医大駅

imbanihonidai_usami_yasutaka.jpg
千葉県印旛郡印旛村にある島式1面2線の地上駅で橋上駅舎を有する。駅名由来の日本医科大学千葉北総病院および付帯施設の最寄り駅。病院はドクターヘリも所有し、県内外の重症救急患者を搬送し救命救急センターとして又、災害拠点病院(基幹災害医療センター)の指定を受けている。
 路線はこの先、成田新高速鉄道の工事が行われて路盤、高架の新設工事を施工中。

印西牧の原駅

inzaimakinohara_usami_yasutaka.jpg
千葉県印西市にある島式2面4線の掘割内ホームの地上駅で橋上駅舎を有する。
駅周辺は大型商業施設、ジョイフル本田、ガーデンモール印西、牧の原モア、ヤマダ電機、ファミレスなどが多数あり、休日は付近が大渋滞する。映画、CMのロケ地としても度々利用される。

君津駅

kimitsu_usami_yasutaka.jpg
千葉県君津市にある、島式片側1面1線、島式1面2線のあわせて2面3線の地上駅。東京方面から直通で乗り入れてくる快速の終点で、当駅から館山方面は単線になる。
 画像は南口で、路線バス、高速バスが各方面に発着する。マザー牧場の送迎バスも予約により乗車できる。

姉ケ崎駅

anegasaki_usami_yasutaka.jpg
千葉県市原市姉崎にある島式2面4線を持つ地上駅。快速が停車し、上り始発もある。
 駅前から路線バスが各方面に発着し周辺は宅地開発が進んでいる。

星ヶ丘駅

keihan_hoshigaoka_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府枚方市星ヶ丘に所在。昭和4年7月10日開業。相対式2面2線の構成。線路西側を流れる「天野川」とともに、周辺は「星ヶ丘」と呼ばれる天体に因んだ地名。駅周辺は住宅密集地で、駅前の道路も狭い。

村野駅

murano_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府枚方市村野本町に所在。昭和4年7月10日開業。同駅以北は枚方市となる。相対式2面2線で、線路東側にある駅本屋の前は、すぐ道路となっており、駅前広場はない。同線の中では比較的住宅がまばらなところ。

郡津駅

kozu_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府交野市郡津に所在。昭和4年7月10日開業。相対式2面2線の構成。交野市北端の駅で、次駅「村野」からは枚方市となる。郡津―村野にかけての線路際には、若干自然が残っている。

交野市駅

katanoshi_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府交野市私部に所在。昭和4年7月10日開業。駅名の通り、交野市の中心部にある。周辺は住宅密集地域。相対式2面2線の構成。同線では、データイムは10分ヘッド、4連でワンマン運転が行なわれている。

河内森駅

kawachimori_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府交野市私市に所在。昭和5年10月21日開業。駅東の山間部に「森」という地名があり、駅名はそれに因む。同駅の北約300mでJR片町線とクロスしているが、「河内磐船」駅までは徒歩数分かかる。

私市駅

kisaichi_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府交野市私市山手に所在。昭和4年7月10日開業。「きさいち」という難読駅。奈良県生駒市との境界方面にある「府民の森」へのハイキングコースの玄関口となっている。櫛型相対式2面2線の構成。

河内磐船駅

kawachiiwafune_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府交野市森南に所在。昭和10年12月2日開業。同駅のすぐ西を京阪交野線がオーバークロスしている。かつては、田園牧歌的風景が広がる小駅だったが、駅周辺は近年急速に発展した。

星田駅

hoshida_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府交野市星田に所在。明治31年7月1日開業。駅の西すぐが、寝屋川市との境界である。周辺には「星田」をはじめ、「南星台」「天野川」「月の輪滝」等、天体に因む地名が多い。

東寝屋川駅

higashineyagawa_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府寝屋川市打上に所在。昭和54年10月1日開業と、片町線では比較的新しい駅。切り通し部分に設けられた島式1面2線。周辺は駅開業後、急速に宅地化した。寝屋川市唯一のJR駅である。

住道駅

suminodo_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大東市住道に所在。明治28年8月22日開業。駅北側にはバスターミナルと2階部分のオープンデッキ、南側には駅前ロータリーがある。駅1階はショッピングセンターとなっており、この界隈では最も駅前開発が進んだ駅と言える。

幌向駅

horomui_mizuno_akihiko.jpg
隣の上幌向駅と同様、連絡橋の中にある橋上駅舎。集落の真ん中を通行量の多い国道と鉄道が横切るので、このスタイルがベストのようです。

大日駅

dainichi_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府守口市大日東町に所在。平成9年8月22日開業。大阪市交通局谷町線との接続駅で、こちらは昭和58年2月8日の開業。近年、大型ショッピングセンターと超高層マンションが建設され、特に駅東側は買い物客で賑わう。

摂津駅

settu_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府摂津市鶴野に所在。平成9年8月22日開業。南隣の「南摂津」駅とともに、永らく新駅開業のなかった摂津市に所在する駅。同駅南を流れる「大正川」の南岸に摂津市役所がある。

沢良宜駅

sawaragi_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府茨木市高浜町に所在。平成9年8月22日開業。大阪中央環状線(府道2号線)の南行車線上に駅がり、駅南端附近より府道143号線が「北大阪流通業務団地」方面に分岐している。道路渋滞の激しい地域。

南茨木駅

minamiibaraki_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府茨木市天王に所在。昭和45年3月8日、日本万国博覧会開会に先立ち開業。大阪高速鉄道大阪モノレール線との連絡駅で、こちらは平成2年6月1日開業。同駅周辺は、マンション開発の先駆けとして、早くから発展した。

宇野辺駅

unobe_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府茨木市宇野辺に所在。平成2年6月1日開業。開業時は「茨木」と称したが、JR茨木駅とは1km程離れており、利用者が連絡駅と誤解することも多かったため、所在地の「宇野辺」に改称された。

少路駅

shoji_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府豊中市少路に所在。平成6年9月30日開業。同駅から東隣の千里中央にかけて、モノレールは丘陵地の南端上を走り、大阪平野が一望できる。最近まで、同駅周辺には竹林も多かったが、今や宅地化が進行中。

柴原駅

shibahara_nakatsuksa_sakura.jpg
大阪府豊中市柴原に所在。平成6年9月30日開業。駅北に「市立豊中病院」が、更に北側には「大阪大学」のキャンパスが広がる。中国自動車道に沿った「大阪中央環状線」(府道2号線)東行車線上に駅がある。

青堀駅

aohori_usami_yasutaka.jpg
千葉県富津市にある、島式1面2線の地上駅。北口駅前にきれいな水洗トイレが新設された。
 新日鐵の技術開発本部(総合技術センター)、東京電力富津火力発電所の最寄り駅で、日東交通が特定輸送(通勤バス)を行なっている。富津海岸への潮干狩りは当駅から富津公園行路線バスで15分。シーズンは3月中旬から8月下旬。

梅ヶ峠駅

umegatou_iwasaki_ryo.jpg
1面1線の無人駅。ホームが大きくカーブしているため、列車が停車するときに車輌が傾く。

吉見駅

yoshimi_iwasaki_ryo.jpg
吉見温泉の最寄り駅。2面2線の駅で列車交換が可能。

福江駅

fukue_iwasaki_ryo.jpg
駅から海が見える小さな無人駅。駅から歩いて1~2分で海岸の道路に出ることができる。

安岡駅

yasuoka_iwasaki_ryo.jpg
2面2線で列車交換ができる駅。

梶栗郷台地駅

kajikurigodaichi_iwasaki_ryo.jpg
2008年3月に開業した、現在、山陰本線で最も新しい駅。駅舎はなくホームのみの駅。駅前には大型のショッピングセンターがある。国指定史跡「綾羅木郷遺跡」の最寄り駅。

綾羅木駅

ayaragi_iwasaki_ryo.jpg
住宅街の中にある一面一線の小さな駅。駅前の道路を走る下関方面のバスは、列車よりも本数が多く利用しやすい。赤い青春18きっぷの発売でも有名な、有人駅である。

木更津駅

kisarazu_usami_yasutaka.jpg
島式2面4線の地上駅、みどりの窓口が置かれ、コンビニ、飲食店と各ホームに待合室がある。
 発車メロディは『証城寺の狸囃子』で、「木更津キャッツアイ」の舞台としても有名。

巌根駅

iwane_usami_yasutaka.jpg
木更津市岩根にある相対2面2線の地上駅。潮干狩りができる海岸に近い駅。
 2008年10月に発車ベルが発車メロディに変更された。

袖ケ浦駅

sodegaura_usami_yasutaka.jpg
千葉県袖ケ浦市にある島式1面2線の地上駅、すべての快速が停車する。
 駅周辺は宅地、農地が広がり袖ヶ浦市役所への最寄り。駅舎、駅周辺は隣の長浦駅(同市)が整備されている。

白子駅

shiroko_ueno_ryusuke.jpg
この駅は、鈴鹿市役所の最寄り駅鈴鹿市駅よりも規模が大きく、名阪・名伊甲特急以外の全列車が停車します。
朝は、当駅始発の名古屋行き急行があります。また鈴鹿サーキットは近鉄の駅では当駅が最寄り駅になっています。

賀茂駅

kamo_seta_syuichi.jpg
以前は狭い道が多い静かな住宅街でしたが、福岡外環状道路の開通を機に開発が進み、大型電気店が目の前にできるなど状況は一変しつつあります。

黒川駅

kurokawa_sezaki_kouseki.jpg
地上から高低差7~8mの築堤上に設けられたホームだけの無人駅。駅につながる道路もあり、“秘境駅”ではないが、周辺には数軒の民家があるのみで自販機すらなかった。

なにわ橋駅

naniwabashi_nakatsukasa_sakura.jpg
大阪府大阪市北区中之島に所在。平成20年10月19日開業。天満橋から中之島線が本線から分かれて最初の駅。駅名は、堺筋に架かる「難波橋」に因む。駅西に、レトロな建築物「中央公会堂」がある。

鋸山山麓駅

nokogiriyamasanroku_usami_yasutaka.jpg
千葉県富津市にある鋸山ロープウェー株式会社(京成グループ)の高低差223m、路線長680mからなる鋸山ロープウェー(観光索道)である。
 鋸山山麓駅(標高106m)から、運転時間3分20秒で山頂へ。搬器のカラーリングは京成電車風で41人乗りが2機の複線交走式普通索道。

鋸山山頂駅

nokogiriyamasancho_usami_yasutaka.jpg
終点の鋸山山頂駅(高低差223m、標高329m)。山頂からは東京湾が見渡せ、途中真下には江戸時代の金谷石(房州石)の壮大な切り出し場が見える。眼下には金谷漁港、JR浜金谷駅、対岸の三浦半島も手に取るように見え、近くの金谷港から行き交う東京湾フェリーもどこか長閑に目に映る。

小林駅

obayashi_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県宝塚市千種に所在。大正10年9月2日開業。「おばやし」と読む。駅東側は武庫川右岸の住宅密集地。西側は六甲山系東端の丘陵地となっており、小林聖心女子学院、宝塚ゴルフ倶楽部がある。

宝塚南口駅

takaradukaminamiguchi_nakatsukasa_sakura.jpg
兵庫県宝塚市梅野町に所在。大正10年9月2日開業。宝塚を発車すると、宝塚ファミリーランドの跡地と宝塚大劇場の際を走り、右に大きくカーブした後、武庫川橋梁を渡って当駅に至る。駅の西すぐに宝塚ホテルがある。

虎ノ門駅

toranomon_hongo_yukio.jpg
東京メトロ銀座線の虎ノ門駅は、相対式2線で第三軌条の地下鉄の駅です。8番出口後方に小さな虎の像があり、さらに後方には、日本の超高層ビルの原点の霞が関ビルが健在です。現在の霞が関ビルは、33階が一般人が利用できる最上階です。

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2014 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.