鉄道ホビダス

矢切駅

yagiri_usami_yasutaka.jpg
北総線が江戸川を渡った千葉県(松戸市)最初の駅で、1991年3月の二期開業(仮称駅名は栗山駅)。駅名称は「やぎり」と濁るが、正式地名は「やきり」と濁点がつかない。過去に当駅の発着設定があり待避可能な島式2面4線の地下二階構造の駅となっている。名所旧跡は歌にもなっている矢切の渡し、野菊の墓文学碑、栗山浄水場(配水塔)などがあり、駅舎共に映画、CMのロケ地として登場する。
 駅に隣接して京成グループの経営による温浴施設(スーパー銭湯)「笑がおの湯」松戸矢切店が2007年4月にオープンしている。他にスーパー、薬局、ファミレスなどの商業施設がある。

2008.6.1撮影 宇佐美康貴(千葉県)

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.