鉄道ホビダス

八千代中央駅

yachiyochuo_usami_yasutaka.jpg
八千代中央駅は、千葉県八千代市ゆりのき台にある2面2線相対式ホームの高架駅。1996年(平成8年)4月開業。 東京メトロ東西線西船橋駅より相互直通運転を行なっている。東葉高速鉄道は千葉県/八千代市/東京地下鉄/京成電鉄他の出資による第三セクター会社。
 駅周辺は市役所、警察署、郵便局ほか八千代市公共施設がある市の中心地的な駅で、CMやドラマのロケ地として頻繁にテレビに登場する駅。
 西船橋から先の延伸は昭和46年都市交通審議会第15号答申「5号線」として営団の施工の予定があった路線である。但し営団の既存路線から突出したルートに問題も多く、千葉県内の大手私鉄との調整も難航し、第三セクター方式に落ち着いた経緯がある。その後、日本鉄道建設公団の直轄工事で着工したが今度は用地買収問題で開業が伸びることとなった。成田空港開港時の土地収用委員不在も相まって、千葉県内の民鉄、三セクに共通した問題点で高沸した建設費の償還に伴い、高い運賃設定が利用客にとって辛いところである。

2008.5.6撮影 宇佐美康貴(千葉県)

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.