鉄道ホビダス

米坂線(米沢-小国)の最近の記事

南米沢駅

minamiyonezawa_yamanaka_eiichi.jpg
1面1線の無人駅。近くには上杉家菩提寺で直江兼続の墓もある林泉寺、山形大学工学部、高校等があります。駅前広場は高校生の駐輪場として学校毎に区画されており、自動車駐車禁止の表示があります。

成島駅

narushima_narushima_kei.jpg
大通りから、民家の間の小道を抜けると、田んぼの中に、待合室だけの無人駅がぽつんとあります。

犬川駅

inukawa_komine_syoji.jpg
大正15年9月28日、米沢―今泉間開通と同時に開業。平成12年2月に現在の駅舎が完成し、現在は単線1面ホームの無人駅。

萩生駅

hagyu_yamanaka_eiichi.jpg
1面1線の無人駅です。駅にトイレはありません。萩生の集落の中心部にあり、近くには商店やJAの施設などがあります。
 駅の西約1キロにある農家レストラン「エルベ」では、美味しいイタリア料理が味わえます。

手ノ子駅

tenoko_yamanaka_eiichi.jpg
1面1線のホームがある無人駅です。待合室とトイレ(汲取式)があります。駅前もある程度広く、国道からの進入路も分かりやすくなっています。
 駅前の食堂「いわはなや」はメニューも多くおすすめです。

今泉駅

imaizumi_komine_syoji.jpg
大正14年11月15日開業。島式2面4線でJR社員が業務に就き、1・2番線を山形鉄道フラワー長井線、3・4番線をJR米坂線が使用する列車交換が可能な駅。駅前にはローカルな旅館がある。

羽前松岡駅

uzenmatsuoka_yamanaka_eiichi.jpg
駅前は数軒の民家があるだけで、駅への進入路も大変狭く、一見すると民家への通路のようです。
 また、国道との交差点も分かりづらくなっています。車で訪れる際は、住民の方へ迷惑とならないよう注意が必要です。

羽前小松駅

uzenkomatsu_komine_syoji.jpg
大正15年9月28日開業。2線相対式ホームで列車交換が可能。日中は民間委託の女性が業務に付いている。駅前食堂「あっさり」の牛筋煮込み定食はお勧め。

羽前沼沢駅

uzennumasawa_uono_satoshi.jpg
米坂線のハイライト、宇津峠の東側に位置する駅。保守基地が併設してあり、冬季にはここから排雪モーターカーが出動します。

小国駅

oguni_uono_satoshi.jpg
米坂線の山形県側最後の駅。2面3線のホームを有し、夜間には停泊車輌もある米坂線の主要駅です。駅の裏側には、コバレント・マテリアルの工場が広がります。

伊佐領駅

isaryou_uono_satoshi.jpg
ホームは1面1線、線路の北側立つログハウス風の駅舎が特徴です。

中郡駅

tyugun_hukayama_tsuyoshi.jpg
米坂線中郡駅は盆地の中にある1面1線の小さな無人駅です。駅前に商店や販売機も無く、冬の間は廻りは雪に囲まれています(トイレはありますが、汲み式です…)。

米沢駅

yonezawa_tsubota_nobumasa.jpg
1899年5月、奥羽南線の駅として開業。米坂線分岐駅。現駅舎は1993年11月、旧米沢高等工業学校(現山形大工学部)を模した駅舎で東北の駅百選に選定。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.