鉄道投稿情報局

【JR北】キハ261系5000番代(ハマナス編成)が甲種輸送される

JR北海道 2020.07.09

宮島昌之(石川県)

北陸本線内で発生した沿線確認トラブルの影響で、大幅に遅れて石川県内を通過した。

‘20.7.9 IRいしかわ鉄道 東金沢~森本

 川崎重工業兵庫工場で製造していたJR北海道向けキハ261系5000番代の第1編成(ハマナス編成)5両が完成し出場、2020年7月8日発で兵庫~米原~日本海縦貫線経由~手稲間で甲種輸送されている。
 牽引機は兵庫~吹田(貨)までは岡山機関区のDE10 1561、吹田(貨)からは富山機関区のEF510-17が担当した。
 この車両は、JR北海道が繁忙期の臨時列車や定期列車の代走、観光イベント列車などに使用できる多目的車両として計2編成の導入を予定しており、アクセントカラーとして第1編成には「ハマナス色」、第2編成には「ラベンダー色」が施される予定となっている。
 なお、7月8日夜間に北陸本線の木ノ本~余呉間で沿線確認をした影響で、同列車は米原(操)で一晩停留、翌9日の朝より運転を再開した。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加