鉄道ホビダス

【JR東】ミツB11編成 配給輸送

藤原匡秀(東京都)
20180425123624-f394088b5409977bb21eeee24625655c7edbe622.jpg
EF81 134〔長〕に牽引されるE231系10輌。
'18.4.24 高崎線 宮原―大宮 P:吉田克也
 制御機器更新のため、秋田総合車両センターに入場していた三鷹車両センター所属E231系0番代ミツB11編成が、4月23日から24日にかけて土崎→酒田→村上→新津→長岡→高崎→熊谷(タ)→大宮(操)→新秋津→国立→豊田の経路で配給輸送された。土崎~大宮(操)間の牽引は長岡車両センター所属のEF81 134が担当、大宮(操)~三鷹間は自走とされた。
 今回の入場により、B11編成は中間の6扉車とサハ1輌をモハユニットに差し替えて組み替えられ、現在運用されているE231系500番代と同じ6M4Tの編成構成となった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.