鉄道ホビダス

【JR貨】ロングレール輸送列車の話題

大谷真弘(静岡県)
20180424154710-b87c94130ed0143d3daf0a0f24a08514fb4b1333.jpg
九州から東北まで150mレールが輸送された。
'18.4.23 東海道本線 掛川―菊川
 4月22日から24日にかけて、北九州貨物ターミナルから東北本線の岩切まで、レール輸送専用のチキ9輌に積載された60Kg150mレール28本が輸送された。
 岩切までの輸送は今年になって初めてと思われ(前回は発駅基準2017年11月26日)、牽引機は北九州貨物ターミナル~幡生操車場が門司機関区所属のEH500 47、幡生(操)~相模貨物が吹田機関区所属のEF210 106、相模貨物~岩切は仙台総合鉄道部のEH500 26がそれぞれ担当した。
 なお、西浜松まではチキ×21輌の編成であったが、12輌が西浜松で解放され、9輌が岩切まで到達した。編成は機関車次位からチキ5400-3、チキ5500-7・8・9、チキ5450-2、チキ5500-10・11・12、チキ5400-4であった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.