鉄道ホビダス

【JR北】キハ183系初期型先頭車の現況

石原幸司(北海道)
20180416152422-6221c881d938bfe689cfd01c6889a6899f79f80f.jpg
〈オホーツク〉のヘッドマークを掲出して留置中のキハ183 214。
'18.4.14 苗穂工場
20180416152528-f617290fffb39016185f198324127bc9d98a2c55.jpg
220号と214号が連結された状態で留置。
'18.4.14 苗穂工場
 2017年度でキロハ182を除き運用が終了したキハ183系初期型のうち、最後まで〈とかち〉色で運用されていた先頭車3輌が現在苗穂工場内に留置され、北海道鉄道技術館の開館日には間近で見ることができる。
 キハ183 214と220は追分町での保存が決まり、2輌連結された状態で工場内入口正面に留置されている。残る213もその2輌の隣に留置されていたが、愛称表示幕は抜かれていた。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.