鉄道ホビダス

【山陽】神戸高速開通50周年記念HM掲出

廣村典彦(兵庫県)
20180410135454-b8082b40e9a800434aeea941ba1b2fa1e5df76bf.jpg
6000系に掲出されたヘッドマーク。
'18.4.7 山陽電鉄本線 大塩―的形
20180410135551-6344af138bfc9a28a728f801b82617cdc146938c.jpg
3000系に掲出されたヘッドマーク。
'18.4.7 山陽電鉄本線 妻鹿
 神戸高速鉄道では、1968年4月7日、当時ターミナル駅が分散していた阪急電鉄・阪神電鉄・山陽電鉄・神戸電鉄を結び、車輌を持たない鉄道会社として開業した。
 2018年4月7日に開通50周年を迎え、神戸高速鉄道では、記念乗車券やスタンプラリー・記念グッズ販売・各社共通デザインのヘッドマークの掲出などを行った。
 山陽電鉄では6000系(6連)1編成と3000系1編成にヘッドマークを掲出した。該当車は6000系6002号+6003号の6連と3000系3012号編成である。デザインは山陽姫路側がピンク色を基調に神戸高速鉄道の社紋・開通当時の各社の主力車輌、阪神梅田側・西代側ではブルーを基調に現在の主力車輌となっている。掲出期間は4月7日~6月30日の予定。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.