鉄道ホビダス

【富山地鉄】富山市内軌道線の"サントラム"にT104号車登場

宮島昌之(石川県)
20171122133127-5132f7d8b219c766888e070b0e8b01fd714a05e7.jpg
新たに増備された"サントラム"T104号車。菜の花をイメージした配色が特徴。
'17.11.20 富山市内軌道線 富山駅―電鉄富山駅・エスタ前
 富山地方鉄道の軌道線で使用されている低床車輌T100形(愛称"サントラム")にT104号車が増備され、11月13日の夕刻より運用に入った。
 側面の外装は「菜の花」をイメージした色を配し、窓の周囲にはオレンジ色と黄色のラインが引かれ、両端の四角形は緑色になっている。
 地元各社報道によると、運用開始に先立ち南富山車両基地で出発式が執り行われ、合わせて内覧会や試乗会も行われたとのことである。
 今後同車両は他の"サントラム"(T101号車、T102号車、T103号車)と同様、主に1系統(南富山駅前―富山駅)と2系統(南富山駅前―大学前)で運用するものと思われる。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.