鉄道ホビダス

【JR西】「やまぐちSLフェア2017」開催

大下秀幸(山口県)
20171124203123-9ab5418fc27578437b7cb011c76cc8ae8fbdecab.jpg D51 200・ C56 160・C57 1の3輌が並べて展示された。
'17.11.23 下関総合車両所新山口支所 P:星出昌宏
20171124203145-924741c7c616b183c2a9272a3952a141f10ba6df.jpg 「赤プレ」に山口DC特製ヘッドマークを掲げて登場したD51 200。
'17.11.23 下関総合車両所新山口支所 P:大下秀幸
 11月23日、恒例の「やまぐちSLフェア2017」が下関総合車両所新山口支所で開催された。今年は、9月から12月末まで開催中の大型観光キャンペーン「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン(山口DC)」の中核イベント「全国SLサミットinやまぐち」のスタートイベントとして開催。25・26の両日にSL〈やまぐち〉号として本線復活運転を開始するD51形200号機のほか、従来の本務機C57形1号機、予備機C56形160号機の蒸機3形式が並んで展示された。
 いずれもナンバープレートは、C57の山口線での復活運転を再現した赤色のものが使用され、運転台を見学することもできた。また、D51には山口DC特製、C56にはJR発足30周年記念、そしてC57には通常のヘッドマークが掲出された。なお、D51とC57は有火の状態であった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.