鉄道ホビダス

【JR西】D51 200が山口線で営業運転開始

大下秀幸(山口県)
20171127163709-4c0f86dbf58fe64bfb9f0a0277620590b171c769.jpg
山口線での復活を象徴する"赤プレ"の装いで営業運転を始めたD51 200。
'17.11.25 山口線 長門峡―渡川
20171127164155-7fbac1ebf5a00979304cc45c733ab550125f7c94.jpg C57 1と初の重連で山口線を駆けるD51 200。
'17.11.26 山口線 徳佐―船平山
 11月25日、JR西日本梅小路運転区所属のD51形200号機が山口線のSL〈やまぐち〉号として営業運転を始めた。
 同日は山口線での復活運転を象徴する赤色のナンバープレートを装着し、新造35系客車5輌を牽引した。
 翌26日はC57形1号機と初の重連で運転され、往路がC57の次位にD51、復路がD51の次位にC57が連結された。C57も"赤プレ"の装いだった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.