鉄道ホビダス

【JR東】山手線で〈池袋鉄道まつり号2017〉を運転

久保田健一(神奈川県)
20171120161944-542433b4ca35ebbf74b702fc6db67548efef6294.jpg
E235系デビュー以来、営業線上では初と思われるヘッドマーク掲出列車。
'17.11.19 山手線 五反田―目黒
 JR東日本では、山手線沿線の街歩きを紹介するキャンペーンの一環として、11月18日と19日に池袋駅を中心に「池袋鉄道まつり2017」を開催、両日ともに「山手線一周乗車体験」と銘打った団体臨時列車〈池袋鉄道まつり号2017〉が池袋発池袋着(外回り)で運転された。
 この団体臨時列車にはE235系トウ01編成が起用され、池袋のイメージキャラクターであるフクロウがデザインされたヘッドマークが掲出され注目を集めた。これは同系列デビュー以来、営業線上では初のヘッドマーク掲出列車と思われる。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.