鉄道ホビダス

【叡電】デオ711の台車交換実施

佐野 徹(京都府)
20171102113342-4278a5022e9bc11517dab05ea3c0e17316ca0415.jpg
主電動機と台車が交換されたデオ711。(「えいでんまつり」一般公開時に撮影)
'17.10.28 叡山電鉄 修学院車庫
 叡山電鉄では、10月に行われた検査で、デオ711の台車と主電動機の交換が行われた。
 台車は従来の住友金属工業FS-511から、廃車となった京阪電気鉄道5000系5557編成の川崎重工KW-31に、主電動機は東洋電機製造TDK-818Aから同じく5557編成の東洋電機製造TDK-8120A1に変更された。
 なお、10月28日に修学院車庫で行われた「第13回えいでんまつり」では、展示されたデオ711の台車を近くで見ることができた。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.