鉄道ホビダス

JR北JR東】急行〈はまなす〉運転終了

齋藤大暉(千葉県)
20160328162439-17c859e81803334ff2684f08f8be295f2b22c49e.jpg
残雪の中、ED79による重連となった上りラストラン〈はまなす〉。
'16.3.21 津軽線 左堰―奥内
 3月26日に北海道新幹線が開業したが、それに伴い青森~札幌間で運転されている急行〈はまなす〉が3月20日札幌出発分の上りならびに3月21日の青森出発分の下りをもってラストランを迎えた。 通常、同列車は札幌~函館間を函館運輸所所属のDD51、函館~青森間を同所青函派出所所属のED79のそれぞれ単独牽引のところ、上下の最終列車は重連による牽引で運転された。上下共に同じ組み合わせの重連で運転され、札幌~函館間が(←札幌)DD51 1093+DD51 1140(→函館)、函館~青森間が(←函館)ED79 14+ED79 13(青森→)であった。
 最終運転となった3月21日青森発の急行〈はまなす〉では同駅において駅長の合図で発車となり、「津軽海峡冬景色」の曲が流れるなか青森駅を発車した。なお、同列車は青函トンネルを通過した最後の在来線定期旅客列車となった。
 また、急行〈はまなす〉廃止により、JR北海道のDD51形およびED79形の定期運用が消滅した。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.