鉄道ホビダス

JR貨+小田急】30000形"EXE"4輌 甲種輸送

大谷真弘(静岡県)
20160324190005-15bdceeb4840f79682ca942cd195aa353cb1d8b0.jpg
小田急"EXE"の日本車輌入場は今年に入って2本目となる。
'16.3.23 東海道本線 菊川―掛川
 3月23日、小田急電鉄の30000形"EXE"30051編成4連が、松田から日本車輌製造豊川製作所のある豊川まで甲種輸送された。 同編成は日本車輌製造で何らかの改造を受けるものと思われる。牽引機は、松田から西浜松まで新鶴見機関区に所属するEF65 2101で西浜松から豊川までは、愛知機関区所属のDE10 1581が充当された。
 なお、3月15日には6連の"EXE"30251編成が甲種輸送されて同様に日本車輌製造豊川製作所に入場している。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.