鉄道ホビダス

【上田電鉄】「真田丸」ラッピング電車 運行開始

加藤孝英(埼玉県)
20160225124622-367366fc56665c9ebebfbcc98ccecaa1b06245d2.jpg
「真田丸」ラッピング電車となった1001編成。運行予定は他のラッピング電車同様に上田電鉄のウェブサイトで公開されている。
'16.2.22 上田電鉄別所線 中野―舞田
 上田電鉄では、信州上田を拠点に活躍した真田家の生涯を描いた今年のNHK大河ドラマ「真田丸」のメインビジュアルをあしらったラッピング電車の運行を2月22日より開始した。この電車には、もと東急電鉄1000系である1001編成が用いられ、車体に番組のロゴのほか、俳優の堺雅人さん演じる真田信繁(幸村)や真田家の家紋である六文銭が描かれている。営業運転開始前日となった21日には、別所線上田駅構内で記念式典ならびに信州真田陣太鼓の演奏などが行われた。
 なお、「真田丸」ラッピング電車の運行は大河ドラマ「真田丸」の放映終了までを予定している。また、今回のラッピング実施により唯一、東急線時代の赤帯を纏っていた1001編成が「真田丸」ラッピング電車となったことにより、別所線で活躍する1000系は全編成がラッピング電車となり、それぞれ異なるラッピングを纏っている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.