鉄道ホビダス

【JR東】〈踊り子〉にB2編成が充当

近藤規夫(神奈川県)
20160216181310-b1598997478be33446f0811e8ff7ab01c668daa4.jpg
大宮を目指す〈踊り子176号〉。2013年に行われた組成変更以来、初めて〈踊り子〉に充当されたB2編成。
'16.2.13 東海道本線 根府川―早川
 2月13日と14日に、大宮総合車両センター所属の185系B2編成8連を用いた特急〈踊り子175号〉・〈同176号〉が大宮~伊豆急下田間(上野東京ライン経由)で運転された。大宮発着の〈踊り子〉が上野東京ライン経由で運転されたのは、2015年8月の〈115号〉・〈114号〉の延長運転以来2回目となる。なお、〈踊り子175号〉及び〈同176号〉は3月13日までの土休日に運転が予定されている。
 ちなみに、185系による〈踊り子〉は1981年に運行を開始したが、8輌編成で運転されたことと、伊豆急下田を発着する列車にグリーン車が連結されなかったのは今回が初めてである。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.