鉄道ホビダス

【JR東】伊豆方面への団臨運転の話題

近藤規夫(神奈川県)
20160229161007-9eb1ca7437d957386e6d3779c1038a8dc253db84.jpg
神奈川県西部で日の出を迎えた583系による団体臨時列車(往路)。
'16.2.27 東海道本線 国府津―鴨宮

20160229161100-dd36370e2bfe351bce6e01c5634328d3186b8bec.jpg
E653系が伊東まで乗り入れるのは初めてのことと思われる。
'16.2.27 東海道本線 早川―根府川

 今が見ごろの河津桜の開花に合わせて、2月27日に伊豆方面に到着する団体臨時列車が複数運行された。
 弘前~伊東間では、秋田車両センター所属の583系を用いた列車が弘前~伊東間で運転された。この列車の往路は2月26日に弘前を出発、奥羽・羽越・信越・上越・高崎・東北貨物・山手貨物・東海道・伊東線を経由した。復路は27日夜に伊東を出発し、新鶴見信号場から武蔵野線を経由したほかは往路同様の経路で運転され、弘前には28日に到着した。
 また、新潟~伊東間では、新潟車両センター所属のE653系1000番代U105編成を用いた列車が運転された。往路は26日に新潟を出発し、信越・上越・高崎・東北貨物・武蔵野・東海道・伊東線を経由した。復路は28日に熱海を出発し、往路と同じ経路で同日中に新潟へ到着した。
 このほか、185系B6編成を用いた団体臨時列車が高崎~河津間で運行されている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.