鉄道ホビダス

【JR東】吾妻線霜取り列車が時刻を変更して運転

山岸理士(東京都)
20160223121248-5e0b09e387d44aff773a264d41241762de3d5d4a.jpg
渋川駅の発車時刻が遅くなり、充分な太陽光の下での撮影が出来た。
'16.2.21 上越線 渋川―八木原
 高崎車両センター所属クモヤ145-107を使用して、冬季の吾妻線で運転されている霜取り列車が、2月21日は時刻を変更して運転された。新前橋→大前間と、折り返し大前→渋川間は通常の時刻であったが、渋川での停車が約40分延長された。詳細は不明だが、同日の上越線内では、団体臨時列車が設定されており、それらの間合い確保のためと思われる。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.