鉄道ホビダス

【JR東】185系による臨時特急〈草津93号〉運転

高橋孝一(群馬県)
20160223123148-ee049db15669daf710ef460eb74f59ba1a07ddaf.jpg
2月19日は、PS33Fシングルアームパンタグラフを搭載するOM03編成が充当された。
'16.2.19 上越線 高崎―高崎問屋町
 多客期に運転される上野→万座・鹿沢口間の臨時特急〈草津93号〉は大宮総合車両センター所属の651系7輌が使用されることが常になっているが、2月12日と19日の二日間は同センター所属の185系6輌(グリーン車なし)で運転された。なお、2月26日にも185系6輌が充当される予定となっている。
 なお、特急〈草津〉は2014年3月ダイヤ改正で185系7輌から651系7輌による運転に変更された。以後185系は、臨時列車を含め〈草津〉に充当されることはなかったため、約2年ぶりに同系による特急〈草津〉が運転されたことになる。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.