鉄道ホビダス

【阪堺電気軌道】161型161号車が通常の営業運転に就く

井上遼一(大阪府)
2014_01_02_inoue_ryouichi001.jpg
通常の営業運転に就く、特別塗装の161号車。
'14.1.2 阪堺電気軌道阪堺線 住吉鳥居前
 阪堺電気軌道では、1月1日~1月3日までの3日間、沿線の住吉大社への初詣客に対応するために臨時列車が増発された。増発列車には冬季限定運用で、日本最古の現役営業車両の161型が通常以上に充当されただけでなく、普段は貸切専用車両として走る特別塗装の161号車がこの塗装になってから初めて通常の営業運転に就いた。 車両不足補充のためだと思われる。この特別塗装車の161号車がいつごろまで通常の営業運転が続くのか、今後の動向が注目される。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.