鉄道ホビダス

元青函連絡船"羊蹄丸" 新居浜東港にて最後の一般公開

赤樫翔太(兵庫県)
2012_05_03_akagashi_syota001.jpg
新居浜で最後の晴れ舞台を与えられた"羊蹄丸"。
'12.5.3 新居浜東港黒島埠頭
 元青函連絡船である"羊蹄丸"の最後の一般公開が、新居浜市制施行75周年記念及び、新居浜高専創立50周年記念事業の一環として新居浜東港黒島埠頭で4月27日より始まった。
 "羊蹄丸"は青函連絡船から引退の後1996年から船の科学館にて展示されていたが、2011年9月30日限りで保存維持する事が困難となったため閉鎖、無償譲渡することとなっていた。
 贈与先は愛媛県新居浜市の「東予シップリサイクル研究会」となり、3月25~29日にかけてタグボートより新居浜東港まで曳航されている。
 最後の一般公開は本年6月10日(日)までの予定であり、公開終了後は「東予シップリサイクル研究会」の主体で解体予定となっている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.