鉄道ホビダス

【JR西】415系800番代C10編成が茜色に

宮島昌之(石川県)
2012_05_18_miyajima_masayuki001.jpg C10編成も茜色となり、七尾線原色は残り2本に。
'12.5.18 北陸本線 東金沢

2012_05_17_miyajima_masayuki001.jpg
原色車で最後の検査を受けると予想されるC04編成。撮影は早めに済ませたい。

'12.5.17 北陸本線 津幡―森本
 検査のため金沢総合車両所松任本所に入場していた415系800番代C10編成(七尾線用)が「茜色」に塗り替えられ、2012年5月18日(金)に同所を出場し試運転を行なった。
 415系800番代で「茜色」塗装となったのは同編成を含めて合計9編成となり、原色はC01編成とC04編成の2本を残すのみとなった。
 走行距離の絡みもあり断言はできないが、両編成の前回の全般検査年月から予想すると、検査を受ける順番はC01(平成18年12月)、C04編成(平成19年1月)の順と予想され、全般検査あるいは重要部検査のサイクルが約3年(前後数ヶ月の幅がある)ごとであることから、早ければ夏頃にはC01編成が茜色となり、続けてC04編成が同所に検査入場した時点(遅くても年内までに)で七尾線から原色が消滅することになる。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.